¢«Ìá€ë
【流石1257】やる倫達の普通Œ¡¡¡Áふ぀ヌの深倜村¡Á[7ÈÖÃÏ]
僕はおいしくないよ ◆身代わり君
 (dummy_boy)
[霊胜者]
(死亡)
 ◆できない子
 (スネヌク◆94gAIuN2s2)
[人狌]
(生存䞭)
だお ◆やる実
 (trial◆iDXZwpU.VA)
[共有者]
(生存䞭)
眠れないぉ・・・ ◆やる倫
 (リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
[狩人]
(死亡)
よろしくね ◆ちゅるナ
 (リュり◆U.FlFSg2r.)
[村人]
(死亡)
よろしく ◆真理ずヒグマ
 (ケむ)
[村人]
(生存䞭)
アむコンの倚さが、鯖の性胜ではないこずを教えおやる ◆村人
 (purannt◆F4HHt9k4m6)
[占い垫]
(生存䞭)
どうぞお芋知りおきを ◆十六倜咲倜
 (ゆずどら◆UgLAnispec)
[村人]
(死亡)
スペむン補 ◆キャノンガリオン
 (IFV◆dP9jsyueYI)
[狂人]
(死亡)
だぜだぜ☆ ◆魔理沙
 (桑畑䞉郎◆gXiu.itqYk)
[村人]
(死亡)
モンゎル産 ◆砎城槌
 (砲撃兵噚◆MjW/FH8J.w)
[村人]
(死亡)
あいどる ◆高朚瀟長
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[人狌]
(生存䞭)
でっおいう ◆でっおいう
 (kei◆RCatQRvL1I)
[人狌]
(生存䞭)
やらねえっ぀っおんだろ ◆やらない倫
 (アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
[村人]
[決定者]

(死亡)
だァれが殺した駒鳥さん それは私、私なの   ◆雪華綺晶
 (角砂糖◆raPHJxVphk)
[村人]
(死亡)
咲倜さんず魔理沙さんの密䌚をスクヌプに来たしたよ ◆射呜䞞文
 (文◆Aya.SxRI6M)
[劖狐]
(死亡)
乳酞菌取っおるぅ ◆氎銀燈
 (れり◆Z3FXWxWjas)
[共有者]
(死亡)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã£ãœã„ひず さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ããªã„子
「【先に䞉行たずめ】
 超過前の早噛みは
 初日じゃなければ可
 昌AA貌っおもいいよ(小声で、ある皋床の節床は考慮)

 【犁止事項】
 初日の早噛み、最終日以倖の村人隙り
 突然死、暎蚀、ゲヌム攟棄、掛け持ちプレむ
 利敵行為(䜕が該圓するかは自己刀断)
 前日及び昌間での初心者CO、初心者隙り
 占い結果ず理由の同時貌り
 占/霊CO者の耇数行AAを含んだ結果、理由貌り
 昌間のうちのプレむダヌのHNに関係する発蚀」
¢¡ã§ããªã„子
「埋たれば開始。0:30に雰囲気芋お埋たる気配が無ければその時に䞊限蚭定。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡karidesu さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ããªã„子
「いらっしゃい」
¢¡ã‚„る実
「よろしく。」
¢¡ã‚„る倫
「よろしくだお。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã¡ã‚…るナ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã¡ã‚…るナ
「よろしくおねがいしたヌす」
¢¡ã§ããªã„子
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ããªã„子
「かりっぜいひずはできない子に名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„る実
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ããªã„子
「やる倫、チュルオプヌナもいらっしゃい。」
¢¡ã‚„る実
「karidesuはやる実に名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「たあやる倫系は人倚いからお。
倚分11は来るだろうお。」
¢¡ã§ããªã„子
「そういやこのアむコン翠系列には無いから久しぶりなんだよね、芋るのも䜿うのも。」
¢¡ã‚„る実
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「うわぁできない子さんの長いなぁ 」
¢¡ã‚„る倫
「やる倫やない倫はAAのたんたなのに䜕でシスタヌズは普通の絵なんだろうおね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é€ãšç™Ÿäººã®å¿ã³ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„る実
「アむコンの皮類少ないし、こういう村もいいかず思ったお
お兄、よろしくだお」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「よろしくお願いしたす」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「よろしくヌ」
¢¡ã‚„る実
「お兄が癜饅頭じゃなければ、それはお兄じゃないお」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「透ず癟人の忍びは真理ずヒグマに名前を倉曎したした」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「アむコンを倉曎したした」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「やっぱりこっちで行くわ」
¢¡ã‚„る倫
「むケメン敎圢したやる倫アむコンがあっおもいいず思うんだがお」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「 むケメンのやる倫っおやる倫じゃないず思うよ」
¢¡ã‚„る実
「
       /.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::,
.     /.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:..:.::/ '.:.:.:: ト:.:.:.:.:.:..:::::::::::::::::::::'
    /.::/│:: {.:.:.:. /.:.:/   '.:.::',  :.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::}
    /.::/:: |.:.: {:.:://    ボ::、 :.:.::.::::::::::::::::{  たぁ正盎やる実のAAはこういうのもあるから
..   l::/.:.::.|.:.:./ _,厶     メ ..,_ V}::八:::::::::::::、
.   |/i:.: 八:.:{ _{:::::::i `     '゛ {:::::ミ> .:.:.:.:.::::::::::}  あんたりお兄ず違っお、饅頭になりにくいんだお
.    | !:.:.:.: ` 匋:.::       ゞ::.:. ″/.:.::.:.::::::::::::}
.   │ :.:.:.:.:.:..、 šŽ        š Ž  /.:.:.:.:::::::::::::
.      八:.:.:.:.:从 こ぀   :.      こ぀_ノ.:.:/.::::::::::::/
.      ::.:::::、     ...         /.:.:/.::::::::::::人
.         {い:    '"Ž       .:::.::/::: : : 
.         | : : : : : :|䞶、   =     , む |ノ〕(: : : : : : : :䞶、
      : : : : : :|  }`  .__,   '     : : : : : : : : , =≠ミ
      八.!: : : : :│            : : : : : : : :
.       .!: : : : :            : : : : : : : :
       | 'i : : : : :|    -─ : : : : : : : :」
¢¡ã§ããªã„子
「真理ずヒグマもいらっしゃい。
よく名前の意味は分からないけどなんずなく意味ありげに感じるようなそうでも無いような。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„る実
「
                .-.;―――――-. .
              : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :; _
            : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 
          ィ:ÂŽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ:   お兄がむケメン
        Ž /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ボボ
          /: : ; : : : : : : : : : :: : : : : :ボ : : : ボ: : : : : : : :ボ  倢を芋おいいのは小孊生たでだお
          : : :  : : : |: :ト:䞶: :ボ: : :ボ: ボ_ : l: 䞶 : : : : : : :〉
  ペ        ||: : :l: : : : |:i:|:::::ミ ボ、:T l: : :l: : :ト: : : : :/
   ッ       Ⅳ : l: :l : Aミ   'ÂŽ-‐ ̄ボ: : :!: : !. : :l V
          | !: : :l; :ボ,圷、    , r 〒 ア : : l: : |/: : . 
          | : :〃Ž `┘    ┎'′:/: /: : |: : / l/
            !⊂⊃    ⊂二⊃:/: /: : /l: :.! /
                         /: :Ⅵ: :!
                 .ゝ        〃〃  |_V
                   䞶、 ィ Ž  !   /::|
                      |_i/::∧
                      人::::::::::::::::::  ボ
                     、 ̄ ̄     
          
     .   
     。ィ
     し」
¢¡ã‚„る倫
「そう考えるず兄効蚭定から無理があったずしか思えないお」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「昔々犬マナゲで行こうずいう挫画があっおですねできない子」
¢¡æ‘人
「・・・やる倫に髪の毛を生やすかやる実の髪の毛を消すかすればたぶん䌌おる・・・」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「そもそも䜕でやる実が生たれたかよくわかっおないんだよなぁ 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚ŠãƒŒ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„る実
「
              _ .:.:".:.ÂŽ.::ï¿£.:.:.:.: 䞶... 
           .::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ボ
          /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:,.:.:.:.::.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ
         /.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/..:.:.:.:/..:.:.:.:.:.:.:ボ:.:.:.:.:.:.:.:
        /.:.:.:.:.:.:..:/..:.:.:.:/..:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:ボ l.:.:.:ボ   たぁお兄 それはそれだけやる実が愛されおいる蚌拠だお
        |.:.:.:.:.:.:.:.:|:..:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.::.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|
        |..:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.::.:::|:.:.:/ | l.:.:.:.:.:.:〃 ボ:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:!
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.::.::/|:..::| |:. |::.:.:.:./    X !/| /.:.:.:.:.:!
        l:.:.:.:.:.:.:.-‐-:  |:.::」_ |:::.|:::::./    ,, -|‐l/:.:.:.:.:.:.:|
        √:::::..::..:.:|/,,-‐ボ| _ミ.{   圳::::., l ||./.:.:.:.:|=----、
           √:::.:.:::.||| |:::::::::: |  ミ   l ::::  //:.:.:/ /   ミ ̄
         √:. ::.. | 匋 ::::⊂       ` ÂŽ l:: / /     ',ミ
         rŽ ̄ ̄ ̄ ̄''` = ',       こ぀ /::.//       ', }
      /.            >   __,__,    |::/   .:::::::    } 
     ./    .,,,,.. -‐''ボ>_        む  l/   /:::::::::    //ï¿£
   /    / ` |`‐‐/ V  ̄二=Ž V    /     , .//
   ./    ./ボ  , "  V ,==, V   /. ボ/-- ‐‐ š ÂŽ
  lÂŽl'/    /    .|::.     V    .V   /   .|
  | /    /    /::       V   V     .ボ
           /       䞶 V V       ボ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「みなさた、ご機嫌麗しゅう」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「よろしくヌ」
¢¡ã‚„る実
「抂芁幎にやる倫の女版キャラずしお誕生する。
やる倫ず同じく語尟には「お」を付けお話し、性栌もやる倫ず䌌おお調子者。しかしやる倫の女版ずしお誕生した割にはけっこう可愛い顔立ちをしおおり顔はちゅるやさんのを基にしお䜜られおいる。、巚乳ず八重歯ずニヌ゜ックスずいう萌え属性を持っおいたこずからコアな人気を獲埗しおいる」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「 メむド長さんずかりヌさんよろしくヌ」
¢¡ã§ããªã„子
「      -ヌ' ,__
  _≊ヌ`__ _二<
      ̄-‐ Ž ̄'┎
 之′Ž        
   >{  ,'  |  , ,.  ,.l  ,       わ、結構集たっおきおる。
   | !{  | 寞寞T ハT} ,     あんたり賑々しい歓迎ずかはできないけど、来おくれおありがずう。
   ′,    ●  ●|ハ|
    i⌒ボ'(1. '''  '  ''' 川⌒)
.     ボ  ボx_.ノ__,ã‚€  |::::ボ
     ∧ 人l:::::l,侉|:::/| ,:::::」
¢¡ã‚„る実
「よくわからんお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é­”理沙 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„る倫
「それwikiから匕甚したのかやる実」
¢¡ã‚„る実
「
                ,,... -‐‐   ̄ ̄      ̄ボ
       /⌒l   , ‐      "    " , ボ   
       {  |  ,/   |/   /             
       |  |  {   |_「_「            ボハ    ボ   咲倜   
  /ボ │  |  !  :l |__|           i |    ボ ',
 {  `、 l   :l, |  : ! |  l        __     i|   | |   ふっ勝ったお
  `、  ボ  :_j  :{ !/ l|   `    侉侉侉     l l
     √      √|, 」. 䞉䞉             ルハ.  l l
    ゝ        ボ | ハ             こ぀ 'ノ   / 
   〃 Y⌒ ヌ─    |  こ぀ ボ人_ノ   ノ  ノ
   {{         ⌒ ‐--ボ _         むŽ   
    `t侀'Ž ̄お`         | lボ -‐ 'Žん  レ'
      ボ _         | l::::::::l  ∧√ 
           ボ,...-//::::::::V|v√/::::::::/ボ
                ミ圡-/::::::::::::::::/:::::::::::::::ボ_)
                  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ボ
                   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                      ボ;::::::::::::::::::;;;:::;;:::::::::::::::::::::
                         1゛‐-‐"ÂŽ:::::::゛:‐--:ィŽ
                    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{'」
¢¡é­”理沙
「よろしくヌっず」
¢¡ã‚„る実
「wikiからだおお兄」
¢¡ã§ããªã„子
「>真理ずヒグマ
あヌ、懐かしいね。ずいうかアレ今も続いおるんじゃなかったかな
立ち読みしたらあった気がする。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「八重歯っおふぐりに隠されお芋えないわねやる実」
¢¡ã‚„る倫
「たあ11はずりあえず確保できそうな感じだお。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ç ŽåŸŽæ§Œ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「よろしく」
¢¡æ‘人
「どちらかずいえばちゅるや化やる倫の面が匷いのかね
やる倪っおのもあったず思うが」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「あヌ、それもそうだねヒグマさん たりささんよろしくヌ」
¢¡ã‚„る実
「
          .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ィ:.:.:.::.: : :.:.:.:ボ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   .ボ:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:',  八重歯が芋えるAAっお
          .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:.:.:.:.:.      .ボ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.       __ボ:.:.:.:.:.:.:.:.:,  意倖に少ないお 
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/'"Ž ̄_   Ž,  :.:.:.:',:.: :i
          .V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ,ィ=ミ    - .',: : :l:.: :|
         :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :|!.l{:::::    Žl{:::l! i!'./:.:.:/.'.l |
          .l.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:', ボミ.      `''" ÂŽ/:.:.:/ 〃
           l..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :l:.l二       </:.:.:/
           .l.l:.V:.:.:.:.:.:.:.:.:| ボ ボ      ., 〃:/
         // l|:.:.: :/∧:.',ボ    ボ,-‐' .y'  ././
        〃   /:.:/:.:.:/      ./
           /:/',:.:/   .ボ   ,  _..
      .,..:-l '/  '.,         /_
    ..:::::(:::::::',         |',  ボ
   :::::::::::ボ:::: :',         l ボ   .ボ
  ::::::::::::::::::ボ: :::'.,       ', ',    
. 〈  .::::::::::::::::ボ:::::ボ    .~/   .l  .,‐-
  l    ::::::::::::::::::::ボ   ./l   ./ .::::::::::::::ボ
  〉  ボ :::::::::::::::::::::ボ::::: ボ /::: ::::::::::::::::/ ボ
. ボ ボ .ボ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ボ /:::::::::::::::::::::::::/  .,
  !ミボ  ボ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::/  / .l」
¢¡ã‚„る倫
「このふぐりが意倖ずチャヌムポむントだず気づいたヒグマ」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「今も続いおるかどうかは知らないけれど
私は巻ず巻だけ持っおいるわね
ちなみにこの名前はかたいたちの倜の回のネタね」
¢¡é­”理沙
「砎城鎚は砲撃兵噚じゃねヌず思うんだけどなぁ」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「だから䜕でそういうマニアックなアむコンがあるのかず小䞀時間」
¢¡é­”理沙
「しかしキャッスルバスタヌず呌ぶずなんかかっこいいな。
乙女のロマンを感じるんだぜ」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「アむコンを倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é«˜æœšç€Ÿé•· さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「来られた方々はよろしくお願いしたすわ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「さぁ アむドル発掘しようじゃないか」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「鎚なのに砲撃兵噚  䜕それわかんない」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「䞻圹の登堎っおいう」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「かりヌはキャノンガリオンに名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「ちょいトむレだお。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「こんなものを発芋したら䜿わざる終えない」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「英名はラムだけどね」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「無機物っお怖いわね 
なんで村に兵噚なんかがあるわけ」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「名前が長すぎたす」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„る実
「
             -‐ 'Ž ̄ ̄ボ
              " ボ ボ  
         //, '/     ボ   ボ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ |  │ |  おなじふぐりでもお兄ならチャヌムポむントにならないのにね
         !小 ● ●从 |、|
         ⊂⊃ _,_, ⊂⊃ | /  翠星石達はお兄のどこがきにいったんだお
            ミ.、  ゝ._   j /
             ミヘ, __ , む 
          ボボ::::::|ボ`ヌ'ÂŽ,1:::::ボ、
         {  :::::::::√yボ/::::::::::,1
         |ノ''::"::::::::::ボ::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::äž¿/
         `|1::ヌ':::::::::::::::::__,.ィ' 」」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡kari さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「・・・・・・・・機動キャノンガリオン は入らなかったか・・・・・
倉曎する堎合は文字なんだな」
¢¡ã‚„らない倫
「よろしく頌むだろ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「よろしくヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「攻城兵噚にロマンを感じる乙女ずいうのもいかがなものかず」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「ただいただお」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「よろしくねヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚ŠãŠ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„らない倫
「さお、やる倫ず俺は䞀般的に芪友なわけだが  
その垞識を投げ捚おようかず思う」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「いろんなナニットがいおこそ村ですよヒグマ」
¢¡ã‚„らない倫
「むしろ垞識があっおはこの先の戊いに぀いおいけない。逃子のようなものだず思うんだがどうか」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「アむコンを倉曎したした」
¢¡æ‘人
「垞識を捚おたやらない倫っお䜕が残るんだ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚„る実
「             -‐ 'Ž ̄ ̄ボ
              " ボ ボ  
         //, '/     ボ   ボ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ |  │ i|  倪くお熱くお堅い攻城兵噚はいいお
         !小 ≡ ≡从 |、i|
           /// _,_, /// | /  そう思わんかお咲倜
             ボ、       j /
            ヘ, __, む
          ボボ::::::|ボ`ヌ'ÂŽ,1:::::ボ、
         {  :::::::::√yボ/::::::::::,1
         |ノ''::"::::::::::ボ::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::äž¿/
         `|1::ヌ':::::::::::::::::__,.ィ' 」"」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「kariは雪華綺晶に名前を倉曎したした」
¢¡ã§ããªã„子
「        riÂŽ
       /"    _,../oボ,ゝ.,
      /     /"'.=t= ミi ~ボ,
     i     /  い,i_,.'/   `ボ,
        j'  __,,.ボ..,.,,__    `
      ボ,,."^~      ~ボ;.,,_ ボ,,            結構いろんな衚情がある  
       ,;'   _,,..,,_         ~'‐-O           できない子かわいい
     ∠'-‐''='ÂŽ~''ボ,,_  ,..-ã‚€ ノi
        | : : | : :  _,}_ ⅀N√__}N__}N.   |-、! ! ! |
        |: : ∧: l:|䞋ボ Ⅵィ卞タ厂}|   ..-'"~::::i  
        â…€:η||  ï¿£   '    ̄Ž   '/ぃ;::::::::::::::::::/
            """      """" i' i  | |:::::::::::::::::::::: 
           ::i   . _o _      | |::::::::::::::::::::::.
           :::i ! ;: '  /}      { ,{ /:::::::::::::_,.' ;
          L__,,人ゝ".; .|: :`ヌ _,ã‚€_  i i::::_,.-‐"_,.-‐®
               ゝ`ボ‐-‐_ÂŽ_,.'~   ∟.-‐"」
¢¡ã‚„る倫
「そういや歎史系にデ・ノォレラがいたのが吹いたお
どう考えおもHOI2ファンです本圓に」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「・・・衚珟に䞍適切さを感じたすがやる実様」
¢¡ã‚„らない倫
「            ̄ ̄
          _ノ  ボ_ 
          . |  ●●  |
          . |  __人__  │
            |   ⌒ Ž   |
          .  |           |
         .  ボ       /  _  ,...,__
           ボ      /_,.   'Ž   䞶、
              /,...ボ.._ / /, ′       iボ
              / ボ ‐ / '//           ! ',
           ,.  l    __ i         ,'   i
             ! ., ' Ž ,={          /  亅
     ,. -'‐==ニ_‐-v′   ^       /    ,′
      /-     ._ 〃,     ',    _,.む    / 筋肉が残る垞識を捚おた俺
    /         {/      〉   Ž  i  !ã‚€{
   i  ,`       _,,.t'      /      亅  ! ',
   ,厶        .     ,′      .' /  
    v'  / ボ     -_蟌._   {       ' ,   j
  /  䞚  __,,.. 'Ž  { šš¬       /  /
  ,′    ',  .,. 䞪___,,. }__‐'ÂŽ   v'  
  {     ',   ハ      ,,.-‐'Ž    )   V//
  √  ,ハ.  / ,{  ボ-‐'           {/」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「人狌ゲヌムには垞識なんおない。そう蚀いたいのない倫」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「モンゎル産になっずるし 砎城槌
䞭に兵隊満茉したら銬より早くなりそうだな おい」
¢¡ã‚„る実
「垞識をすおた、やらない倫はただの䞉枚目だお。」
¢¡é­”理沙
「メテオマッシャヌずか斬艊刀ずか波動砲ずかシャむニングトラペゟヘドロンずか
最埌の切り札は乙女のロマン!火力こそがすべおだぜ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「――ブりヌン  
さぁ、今宵も始めたしょう」
¢¡ã§ããªã„子
「        ボ  |
            Ž∠z‐
       ,ヘ, / √Ž
    //  /    Ž       䞶、
   _,//                
  _,//  〃   /             ボ
  ,ノ|  ′ .i  /   ∧   ボ      
   小 |   .|   |  ./     .}ボ    |
.   从 .|   .|   | N_ボ}ÂŽj ハ . |  >やる倫
   ノ小   .| 八 |:::::::::|    :::i . |  >砎城槌だずかノァレラだずか
.    从 ミミ.|   |  :.:.:    :. { |  誰埗アむコン奜きが結構居るんだよね、やる倫村。
.   ノ|  .Y|   |            i |
    ノ小 . |   | ""       " j i |
        ミ∧  ト     _  ã‚€ . 
       Ž  ボ √:::::7ニE7 f} jノ|/
            .ヘ::::/   YÂŽ っ
         /:::::::::: _>‐rく
           /:::::::::::::::/::::::::::::〉:::ボ
          ,′::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::',
.        〈:::::::::::::::::::::::_,.む│:::::::::}
」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「筋肉なんお固くおおいしくないわよやらない倫」
¢¡ã‚„る倫
「うん・・・
投祚抌したら接続䞍胜が出るし、ちょっず䞍安定だお・・・。」
¢¡ã‚„る実
「
            /     /                      ',   .::、
            /      /                     ,   .:.',
           ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,
              ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,
          ′    .:. :| :{::⊥い._l;.  .:|'.  ..:_,厶..:/| :| .:   ..:.!  どうみおもスオりだけど
          ,   .:. : { :. |八_⊥l_`::.:..:| ' ..:/ÂŽ_厶∠._ノ.:' .: .:.:.:.:i
         ,′ ..:{ :. ', .:.:小iÂŽ {し` | }/ ' {し::j/ .: ..:.:.::i  やる実だっお負けないお
         /,:..:..:..'. :. ', :.:..,. 匋::ノ        ゞ::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.::i
         /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、       i:        ÂŽ/..:/ ..: .::i
           l;..|:.:..ボ:.. :.⊂二⊃    :'  ⊂二⊃/.ィ′..:/|.::/ }
              l∧:.:.:..ボ:.:.                ..:.:/ ..:/
                :..     ‐-‐'-‐'    /.: :/
           ∫          䞶、         . Ž  :、
.             ∫          └┐'‐   .__, む       ∫ 
          人           ⌒ボ、  {ノ     ∫ : : .',
         /:::::::(_                ボr┘      : : :│」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「やる実・・・
その趣味は砎城槌だけに向けおくれ。
俺 艊船で別に攻城甚じゃないし・・・」
¢¡ã‚„らない倫
「                ;;;;;;;;;;ボ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ     ;;;;;;;;;;|
           | ● ● ;;;;;;;;;l
           | __人__  ;;;;;;;;il
            |  ⌒® ; ;;;;;;;.;;;;;ボ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ボ、 䜕故俺にはこうもマッチョが倚いのかは悩たしいずころだろ
                  ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ボ_
         )     ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-
       / :/      |;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ボ、
   ノミ `‐-"     , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;ボ,
   ボ      |    .ボ!;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ボ
   (      ボノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ボ      l/_,-‐ :;|     :;,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ボi      i;;;;;:);|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐;;;;;;;;;;/
            Ž;;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「螊る私の䞋には死䜓。
螊る貎方の䞊には私。よろしくお願いしたすわ」
¢¡æ‘人
「・・・メタでいえばRP楜だしねえ
無機物っおw」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「ポルシェのように早く動けるからなモンゎル産は」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「村人もも䜕もないよな 」
¢¡ã‚„る実
「
             -‐ 'Ž ̄ ̄ボ
           " ボ ボ  
     ̄|  + //, '/     ボ   ボ  +  キャノンガリオンだっお、熱いものをほずばしっおるお
     ::  .〃 {_{ ⌒   ⌒ |  │ i|
     ::x !小 ● ●从 |、i| .人  okだお
  ,―       ⊂⊃ _,_, ⊂⊃ |/ Ž
 | _  ::  ボ、  ゝ._   j /
 | _  ::  ヘ, __, む   十
 | _  :: ボボ::::::|ボ`ヌ'ÂŽ,1:::::ボ、
 ボ .{  :::::::::√yボ/::::::::::,1」
¢¡é­”理沙
「童垝のせいじゃないか?ない倫」
¢¡ã‚„る倫
「あ、そうそう流石鯖はあんた経隓ないんだけど、
17だず狂信が出るんだっけかお」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「城の射皋倖から攻撃できるキャノンガリオンらしくもないな」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「無機物っお実際はしゃべらないし感情もないもんねヌさん」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「力の象城。肉の鎧が纏っお居るのは、貎方の心なのでしょうか。
そんな檻は倖しお。私に貎方を感じさせお䞋さいたせやらない倫様」
¢¡ã‚„る実
「それは14あたりじゃなかったかおお兄」
¢¡å°„呜䞞文
「かりおは射呜䞞文に名前を倉曎したした」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「いえ。狂信は14人のみですわやる倫様」
¢¡å°„呜䞞文
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「出ないぜヌ やる倫
トップペヌゞの ゲヌムのルヌル 参照だ」
¢¡ã‚„らない倫
「17だずでない。14だなでるのは狂信」
¢¡å°„呜䞞文
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡æ‘人
「そ、そんなこずないだべだよキャノンガリオン」
¢¡å°„呜䞞文
「あんたりアむコンがないのですね」
¢¡æ‘人
「・・・うん、無理があるな」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ちなみに15人ですず、通垞のキチガ  いえいえ。狂人が2人のはずです」
¢¡ã§ããªã„子
「        ゞ_{ヌ- ∧{            >やる倫
       r _ ゞ ≊   ï¿£ ボ         いや、出ないよ。普通に占霊狩狂狐が各1の狌3共有2。
        |r ′   -―  ̄`ヌヌ   人数ごずの蚭定はトップペヌゞ→ゲヌムのルヌルっおずこで確認出来る。
      / / .|      ボ     ボ
      ム./  /     i ボ  i iボ
.        / /lムl   |⌒i八 jボ   i      _
      ノ川l .|   /7:::::T }r:::‐rV| |     /〉------------------
     ノ リノ川   | .::::   ::  |.    //  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
.        } 人|  .i             //                   /
      ノ   |  .|、          |.  //                  /
           八  V ,_.. む .j  //                  /
          /乙 ニE7::厶む  //                   /
            /:::::::⌒>‐く::::::::jr- //                   /
        ../::::ï¿£`7‐._))ヘ人/〈___________ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「城が射皋にあれば撃぀けど 別にそれが目的じゃないぜ。 砎城槌

・・・・・やめれヌ やる実」
¢¡ã‚„る実
「東北匁RPしたら、すごいお村人D」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ではずりあえずは普通村かず。
魔法䜿いの次は倩狗ですか。」
¢¡ã‚„らない倫
「ただ日が浅いからな。そのうち増えるだろう」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「んもう投祚しおいいのかな」
¢¡ã§ããªã„子
「どうするなんか@1が䞭々来ないけど、倧差ないし16で始めちゃう」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「にしおも、あず人がなかなかこないわね
あっさり埌人くらい来そうなものよね」
¢¡ã‚„る倫
「読んできたお
17は翠ず倉わらないず。うん、奜郜合だお。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ずさヌ期埅でカりントしおいいっおいう」
¢¡é­”理沙
「た、できたばっかだからなヌ。
趣味アむコンを移怍しようにも劙な䜍眮に入るずあずあず面倒だし」
¢¡ã‚„らない倫
「䞀応30開始になっおはいるようだが  どうしたもんかね」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「自分は賛成だよゲヌム開始」
¢¡ã‚„る実
「
         .-.;―――――-. .
        : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :; _
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 
   ィ:ÂŽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ:  倪くお堅いし、謙遜しなくおもいいおキャノンガリオン
  Ž /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ボボ
    /: : ; : : : : : : : : : :: : : : : :ボ : : : ボ: : : : : : : :ボ
   : : :  : : : |: :ト:䞶: :ボ: : :ボ: ボ_ : l: 䞶 : : : : : : :〉
   ||: : :l: : : : |:i:|:::::ミ ボ、:T l: : :l: : :ト: : : : :/
   Ⅳ : l: :l : AN::::::::::: ミ!, 〒ミ  : : :!: : !. : :l V
   | !: : :l; :ボ. ::::::::::: '′|::::j  : : l: : |/: : . 
   | : :ト::  ::::::::::  ̄Ž /:/: /: : |: : / l/
      ! ゝ:!'    ⊂二⊃:/: /: : /l: :.! /
        l:::  --  /: :Ⅵ: :!
        ミ ボト, ̄   〃〃  |_V
           ボゝ䞶、 ィ Ž  !   /::|
                |_i/::∧
                 人::::::::::::::::::  ボ
                 、 ̄ ̄     」
¢¡ã‚„る倫
「もずもず30分開始予定だおできない子」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「私は17の方が奜みではあるのですが。たぁ、どちらでも構いたせんわ」
¢¡é­”理沙
「某カメの芪玉みたいな事になったら目も圓おられん」
¢¡æ‘人
「どヌちヌらヌでヌもヌ構わねえヌでさヌ」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「投祚しちゃったし、私もカりントダりンでズサ埅ちでいいず思うわ」
¢¡ã§ããªã„子
「>やらない倫
開始は埋たったら。埋たらなかったら30分に考えよう、の意だから30分の件は忘れおいいよ。」
¢¡ã‚„る実
「村建お人に任せるおできない子」
¢¡ã‚„らない倫
「              ̄ ̄
             _ノ  ボ_ 
.           |  ●●  |
.           |  __人__  │
           |   ⌒ Ž   |
.           |           |
.           ボ       / やる倫。お前の効こんな猥談キャラだっけ
             iボ      / i
            |  ヌ-―'  _|
   ,,,,,,,....  _,,. -‐''"Ž  ゞ   ゛''‐- .,,_ __....,,,,,,,
    ""  ヌ‐---、  ヌ‐---  "''ボ   ~ボ、
./  /  ゜ゞ       Y        ゝ  ミ  ii
i  Y   〆       ミ|圡       䞉ボ   /i
ボ  人   入___      氎         》  ノボ/
￀ 䞶ヘヌ ボ_䞉    __圡|ゞ,,__      ゝ'   | |
|ボ  ||    |ヌ―┬ヌヌ''""''''''ヌ┬ヌ--‐/|   ボ、 |
|      |ミ ボ、__::;;:: ノ  圡 /     |/|」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「やめおください しんでしたいたす やる実」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「それよりもなんだかやる実がずんでもない方向に走っおいるけど 
お兄さん止めなくおいいの」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「あ 良いんじゃない 開始
適圓でヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「早く始めるにこしたこずはありたせんが・・・どちらでも、ずいうずころですね。
決定には埓いたすわ」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、16人だし開始なら開始でかたわんがな」
¢¡ã§ããªã„子
「んじゃたヌぺちぺちカりントでもしずくね。
倚分離垭者居ないよねほずんどの人の発蚀あるし投祚もしおるし。」
¢¡ã‚„る倫
「倉態やる実ずいう新時代を切り開こうずしおんだろうおやらない倫」
¢¡ã‚„る実
「やる実はただ、キャノンガリオンに぀いお話しおいるだけだお
やらない倫はちゅるナは䜕想像しおいるんだお」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「ずいうかそこの軍団 やる実止めろよ」
¢¡ã§ããªã„子
「ズサが来るたで埌10秒」
¢¡é­”理沙
「た、でもでも倧しお倉わらんしな」
¢¡ã‚„る倫
「カりントするず必ず䞀人は滑り蟌んでくる法則できない子」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「ん でたヌ ズサヌこないかなぁ ・・・」
¢¡ã§ããªã„子
「やる実が小鳥さん䞊の劄想族ずしお開花するたで埌9村」
¢¡ã‚„らない倫
「            ̄ ̄
              _ノ  
  ―-- 、  |     
  |      -|     __人__--.ゝ--䞀  ヌ- 
  |       |       ⌒           /
.  !  u  ボ |         } _    /
.   ',.     ` . ボ        }      U   /
    '  ボ   V  ボ     ノ  _/  /   /
     `     Y|u `  '__Ž′  ′ /
      `       ボ   ′     / /
       ボ   ` ヌ     ′     ' /
.                ,     { 蚀わせるなよ恥ずかしいやる実
          i     ̄  ′     !
           ',       ,       i
           ボ  u    }        .
                 ′`      
                     U  ′ `ヌ- 、
                ボ   !           ボ
                     ボ             ',.」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「カりントの間にくるさ」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「今倜時誰かが死ぬ」
¢¡ã‚„る実
「16は銃殺で吊りが枛るから、ちょっず倉わるお魔理沙」
¢¡ã§ããªã„子
「8-3は面倒になったし思い぀かないので省略。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「廻る、廻る。幕開けの時間ずなりたした。
私は今宵も聞きたしょう。汝は、人狌なりや」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「 自分が䞀番わかっおるんじゃないかなぁ」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「たぁもうずっくに時過ぎおるわよね」
¢¡ã‚„らない倫
「匵った埌に俺の脇からなんかでおるように芋えるずいうこの仕様」
¢¡ã§ããªã„子
「初日銃殺で吊りが枛るたで埌2分」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「ズサヌこねヌなヌ・・・・・・・・・」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「日はずっくに倉っおおりたすわね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「カりントも同時に枛る仕様ですわね。」
¢¡ã‚„る実
「
                     ` 、
  i;:::              /   i ボ
 .|;:::::   |::.   /   /_  ボ  |  .|
 1;::::.   |:    |  Ž /   ` 、 |: . |  やらない倫
 .l.i;::::   |:.   |   /‐-r'_ .|::i| i |
  .!;:::   |i   |   /  ミ'  '、./  きたないものを芋せるなだお
   |;::   ||:    { .⊂⊃    ,`
    |;::i::1 |!|:   |䞶.    , '     むケメンになっおから出盎せお
    .|/|'|::|:    i     ,Ž 、
    ノ  '  ハ'ゝ` ヌ- ‐'   ゝ 、
-─ボ      ヌ.-..、      
::::::::::: ボ  ` ‐― 、<  ボ:::::     - ÂŽ
:::::::::::   Y䞶ぞ_::.__
ボ:::::::::::  ゝŽ:...__ .Ž     
  ボ〉:::::. , -‐  ‐-:::::;,.       ` 、
  :::. /Ž        ボ,        .
 .;;::/;:Ž              ;::...     .::;}
ÂŽ:`:;;;:::::::             ;::::::::::::::::::::::.
::::::::::::::::::..         .:::;:::::::::::::::::::,.'
 ::::::::::::::::::::.......   ....:::::..:、::::_圡Ž
 .ボ;:::::::ボ;::::::::::::::::::::::::::::::む:::::::」
¢¡é­”理沙
「ほら来た。」
¢¡ã§ããªã„子
「埋たるたで埌1人」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「うヌし 銀様いらっさヌい 激しく歓迎」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「あら黒薔薇のお姉さた。ご機嫌は劂䜕」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「予定調和っおや぀ね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「よろしくよぉ 」
¢¡ã‚„る倫
「銀様キタヌ
よろしくだお」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「ズザキタヌ 銀さんよろしくヌ」
¢¡ã§ããªã„子
「いらっしゃい。氎銀燈の投祚確認の実時間10秒埌開始。」
¢¡ã‚„らない倫
「銃殺のお仕事お疲れさんだろ」
¢¡ã‚„る実
「うたったおヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ。埋たりたしたか」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「初日銃殺されに銀様登堎っおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「それじゃ開始。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「お銬鹿さぁん、されるのは貎方よでっおいう」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「んじゃ 改めお 皆よろしくヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人7 人狌3 占い垫1 霊胜者1 狂人1 狩人1 共有者2 劖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者1) (暩力者0)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ é–‹å§‹æ™‚間2010幎7月28日0時25分
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「すむ、決定玠村」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「よろしく」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「共有かおwwwwwwwwwwwwww」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「・・・・・狂人っちゃったよ。
・・・・・・・どヌすっかね」
¢¡æ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「うわあ・・・
めんどくせえ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「ふむ どうやら狌のようだんべ」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「氎銀燈はよろしくだおヌ」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「おお䜕か圹職来る予感したず思ったら狩人かお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「でっおいう」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「でっお-高朚で初手囲いでもしおみる」
¢¡é­”理沙€ÎÆÈ€êžÀ
「村村玠村っず」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「共有だわぁ 」
¢¡å°„呜䞞文€ÎÆÈ€êžÀ
「おい」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「玠村か。
たぁよし」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ€ÎÆÈ€êžÀ
「ん自分の圹職が芋えないわ」
¢¡å°„呜䞞文€ÎÆÈ€êžÀ
「おいおいおいおい」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「初手囲いかね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「よろしくねぇ。んヌFO」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「垞識ィィィィィ」
¢¡å°„呜䞞文€ÎÆÈ€êžÀ
「隣を芋ろヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「隙りたい奎はいるかっおいう」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「朜䌏共有掚奚するやる実ずしおは基本朜るお。
氎銀燈が○でも䌏せるお」
¢¡å°„呜䞞文€ÎÆÈ€êžÀ
「私じゃないでしょ
ここは銀ちゃんでしょう」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「グレラン回避ゲヌ始たるお☆」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「でっおいうどうする 隙るかい」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「来た玠村
参戊7戊目にしお初玠村ですわ」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「さっそく日蚘甚意だおヌ」
¢¡ã¡ã‚…るナ€ÎÆÈ€êžÀ
「村人かヌ  ずりあえず発蚀数泚意かな」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ€ÎÆÈ€êžÀ
「よかった 芋えた芋えた
村人ね、せっかくだから狌がよかったけど文句はないわ」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「氎銀燈は奜きにするずいいお。
私は朜䌏共有の可胜性をさぐっおるんだお」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「了解だわぁ、んヌ  最悪出るけど朜る぀もりでは動くわね」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「隙るなら初手囲いはでっおいうに任せる」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「誰もいないなら俺様隙るっおいう
瀟長に○囲っおいいかっおいう」
¢¡å°„呜䞞文€ÎÆÈ€êžÀ
「必死に初日呪殺の占い理由等䜜成しおいた私になんおこずばしよっずですかぁ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「私が隙るず倚分信頌コヌスになるかな。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「䜕ずなく了解したわぁ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「占→狩→狂→狂→共→狌

・・・正盎圹持ちは疲れたした」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「おなら囲うっおいう」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「初日は誰を守ろうかお
䜕か身代わり君蟺りが襲われそうだから護衛・・・・


できないお䜕故だお」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「初手 だ」
¢¡ã¡ã‚…るナ€ÎÆÈ€êžÀ
「なんずなく文きらきヌが人狌の気がするな
根拠はないよ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「じゃあその方向で。>でっおいう隙り」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「っおこずでフリヌダムに動くお
流石にグレがやばいずか初日銃殺、なら出るお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「灰芖を慣らすのにも玠村をやりたかったですのよね。
では、がんばりたしょう」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「やる実、真理ずヒグマ、村人Dで銃殺だったら私が出るよ。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「了解したわぁ
た、行きたしょうか。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 真理ずヒグマ €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €¿€Á¿Íϵ€Ï 身代わり君 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            身代わり君 は無残な姿で発芋されたした
            (身代わり君 は狌の逌食になったようです)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡å°„呜䞞文
「おはようございたす
さぁ、スクヌプをください
咲倜さんず魔理沙さんが共有でくみ぀ほぐれ぀したずいう
蚘事を曞かせおください」
¢¡ã‚„る倫
「おはよヌだお占いず狌ず狐はCOよろしくだお」
¢¡ã‚„る実
「おはようだお
むケメンがいないから、この村はキャノンガリオンで我慢しおおくお
占いはCOするずいいお」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう。垞識は眮いおきた
あい぀ではこの戊いに぀いおいけん
぀たりこの戊いは圹職党朜䌏あるな」
¢¡æ‘人
「占いCOだべさヌ
心理ずヒグマはんは○みたいどすえ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様が占い垫高朚瀟長は○っおいう」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「おはようございたす
はサクッずパリッずいっちゃいたしょう」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「占い
砎城槌○」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「おはようだね
私の事を知っおる子はいるかね
アむドル事務所瀟長の高朚だ

アむドル候補生を探しにきた」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ハンプティ・ダンプティは塀の䞊で。
だけど、ああ   時の流れは䞍可逆故に。
おはようございたすわ」
¢¡ã‚„らない倫
「そんな俺だがなぜか決定者だ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。䞍肖、メむド長ずしお
みなさたの人狌退治のわずかでものサポヌトを務めさせおいただきたく思いたす。
では、たずは占い垫のから確認したしょう。」
¢¡æ‘人
「理由
隣だし、アむコンがそっくりじゃけん占わぞん理由はあらぞんがな」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「おはよヌ あるひず蚀っおね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはようよぉ。それじゃあ圹職はCOしなさい。
皋々に適圓にいきたしょう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「
右隣の暪長はやる倫がいるっおいう
䞊は東方組だっおいう
なら残りは巊の瀟長しかいないっおいうでっおいう」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「二日目の時代に入りたした」
¢¡ã§ããªã„子
「おはよう、早起きずか無理。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「もちろん繋がりであり兵噚繋がりであるここを占うしかありえないな。
こいよモンゎル産砎城槌 そんな䞭に散兵なんお積んでないでさぁ
あ、俺は遠距離から撃぀からよろ。」
¢¡å°„呜䞞文
「さぁ、占い垫はCOしおくださいね
早めでお願いしたす
●でおたらせんぷくでもいいのよ」
¢¡ã‚„る実
「占いCOなら霊胜朜䌏はありだお。
理由は護衛を占いに絞らせる為、だお。
ただし、グレランに自信がない、霊胜おめヌはダメだ、お。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「さおさお、占いはたずねぇ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「占いで○進行、占い先はですわね。
さぁ螊りたしょうルビルンルン。霊胜、共有、共にFOを望みたすわ。」
¢¡ã‚„る倫
「でっおいうは停だおね吊ろうお」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「みたずころ
できない子 やる実 十六倜咲倜
魔理沙 文 氎銀燈 この面子だね
おずこ いらんいらん」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「占いはのようですね。
では霊胜ず共有のを䌺いたしょう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「 あぁ、やっず発蚀できた。
結構吞い蟌たれるわねぇ 」
¢¡é­”理沙
「さお、おはよヌさんだぜ」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「なんかこれずきどき発蚀が消えるなあおい。」
¢¡å°„呜䞞文
「COの占い垫を確認したした
速さ的にはどっこいしょですね」
¢¡é­”理沙
「ほいほい。占いず。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「決めるのはだァれ
それは貎方。運呜の茪を歪めるのは、貎方の自由。決定者把握したしたわ」
¢¡æ‘人
「察抗はですか 
たヌ狂狌でべさヌ」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「●無しで占いっずくれば
もっちろん霊胜さんず共有さんカモヌンっおや぀よ」
¢¡ã‚„る実
「さくさくずいくお。
○展開だしグレランだから。

共有も霊胜ず同様。
グレランに自信があるなら、䌏せおいいお。
占い即抜きずかの堎合、共有朜䌏は村の歊噚だお。
ただし、グレランに自信がない共有、おめヌはダメだ、お。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「䜕か発蚀した぀もりなのに・・・発蚀消える堎合があるな・・・
発蚀䞀回きえちたったよ」
¢¡ã‚„らない倫
「ふむ、たあ普通に3か。぀たらん
霊胜ず共有は朜䌏しおもいいのよ(」
¢¡ã§ããªã„子
「寝坊したら占いさんたちは早起きだね、元気いいね。
霊胜さんず共有さんは個々人の奜き奜きで。」
¢¡ã‚„る倫
「っず占いは3で○進行っず・・・
霊脳共有は出るお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「察抗は二人かっおいう
たあ狂ず狌が無難かなっおいう霊もでおいいっおいう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「占い3CO確認したわぁ。
それじゃあ、霊胜もよろしくね」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「トカゲや攻城兵噚は論倖だ
そしお占いは ○進行」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「で、占いず、
真はいるずみおいいだろう。
霊胜もすぐ出おくれおいいだろねえ。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「あれ 発蚀が消える」
¢¡ã‚„る実
「お兄、いきなり決めうちはダメだお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「そうですね。私も朝䞀の挚拶が消えお少々焊りたした。
の速床は真莋に察しお考慮すべきではないかず。」
¢¡å°„呜䞞文
「高朚瀟長
私はアむドルずいうよりもブン屋方面で掻躍させおください
぀たりは情報リヌク垌望っおや぀です」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「霊胜さんのは無しかな」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「おっず、倱瀌。占い先は被りナシ、ですわね。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「回ぐらい発蚀したのに消える 助けおくれ。」
¢¡ã‚„らない倫
「どヌせグレランにしかならんしな
高朚瀟長のこの䞭で誰がアむドルになれるか講座でも聞いおいた方が有意矩だろ」
¢¡ã‚„る倫
「んで霊脳出るのが遅れおる・・・
嫌な予感だお・・・」
¢¡ã§ããªã„子
「>高朚瀟長
アむドルなんお私には無理だよ。
やる実ならスタむルもいいし積極的だから出来るかも知れないけど。」
¢¡é­”理沙
「ん、なんかたたに発蚀が消えるな
たあ気にしないで行こう」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「おヌい霊胜ず共有さんはどこいったのかしら
ぱっず出おくれた方が埌腐れなくっおいいわよヌっず」
¢¡ã‚„る実
「よくあるこず、だおキャノンガリオン
倪く熱く感情を蟌めお、叫んで発蚀するんだお」
¢¡æ‘人
「んでヌ霊胜はんはおらんですかえ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「キャノン倧䞈倫かっおいう」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「霊胜ず共有もでおグレランか
ずきに朜䌏霊胜ずいうのが最近流行っおるが私ずしおは出お欲しいものだ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「朝になるず、時折あるようです。
気にせずずも良いかずキャノンガリオン様」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「霊胜はおりたせんか
個人的にはあたり朜䌏は奜みたせんが
共有も出おいいのではないでしょうか。」
¢¡é­”理沙
「霊胜出るのがおせヌなぁおい
初日か?」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んヌ霊胜いないのかしらぁ
たあ朜䌏するなら玍埗いくタむミングでのCOを頌むわぁ」
¢¡ã‚„る倫
「霊脳はCO頌むお」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「霊おっそいね。
初日ず芋おいっおいいんじゃないの
たあいいか。共有はどうするの」
¢¡ã§ããªã„子
「>キャノンガリオン
珟状の仕様。
短文にするず反映される確率が䞊がるような気がしないこずもない。」
¢¡å°„呜䞞文
「でっおいうが真じゃないこずを祈りたいですね
初日぀り逃れの䌝統が守られおいるずみお隙りに出たならかなりメタではありたすが
ありえるずおもうのです
だめですかね」
¢¡ã‚„る実
「別にどうでもいいお。
今日出ない霊胜なんお。タむミングさえ、芋蚈らっおくれればそれで。」
¢¡ã‚„らない倫
「やだ  キャノンの吐き出したもの、熱くお硬い  ///」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「よくあるこずらしい 発蚀が消えたら再床発蚀するんだキャノンガリオン 」
¢¡é­”理沙
「朜䌏なら遺蚀くらいはきっちりしおくれよ
共有も出おグレランなんだぜ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ霊も共有も出おこないっおいう
たああたり远求はしないっおいう占ったらすたんがな」
¢¡ã‚„る倫
「初日の線が濃厚だおね。
ただただ確定ではないお。䞇が䞀朜っおたら遺蚀だけはしっかり぀けずくお霊脳」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んでたぁちょっず発蚀吞われすぎおグレラン危うそうだから出おおくわぁ
共有CO、盞方生存よぉ」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「ずいうか発蚀も䞀回消えたし
今回発蚀送信しおも消えたし

あぁ 仕様なのか 了解。

でたぁ 共有ず霊胜出おくれ。 垌望だぜ。 無駄占いしたくないの
死んでから圹職だけが○でしたずか勘匁だぜ」
¢¡å°„呜䞞文
「んヌ、これ霊胜初日っぜいですね
身代わり君が就職しおいる暡様」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「霊胜が出おこないので共有も朜䌏、あるいは䞡者ずも朜䌏を遞択・・・
発蚀のたれおる可胜性もありたすし、もう少し様子を芋たすか。

どうせ、やるこずはグレランでしょうしね。」
¢¡ã‚„る実
「そんなこずはないず思うけど、
長文で消えた時は確かになけるおできない子」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「霊胜はいないっおこずかしらね
もしかしたら朜䌏そんなこずしたら嫌よ私
信じられるものも信じられなくなるじゃない
ずりあえず必ずいる共有くらいはでたらどう」
¢¡ã‚„らない倫
「朜䌏しおもいいだろ別に。たあ吊られない占われないは前提だがな
出来れば噛たれないも」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ふむ  この人数での霊朜䌏は奜みたせん。
口先だけで実のない貎方は雑草だらけの庭のよう。
たぁ、出ないのなら初日ず芋おおきたしょう。
共有者様は吊りを避ける自信があるのでしたら、片方COで●抑制も可かず。」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「ずりあえずグレランからだよね  けど霊胜いなかったらちょっず蟛いなぁ」
¢¡ã‚„る倫
「共有たで朜䌏しなくおもいいず思うんだお」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「た、占われない぀られないができるのであれば
朜䌏しおも文句はないけどね。共有さんは。」
¢¡å°„呜䞞文
「銀ちゃんが共有者ですか
把握です
そしお、FOではないずいうこずはグレヌにはいないのでしょうかね
共有トラップっお結構幻想ですし」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んでたぁ、なんにしおもグレランね。
少なくずも狩人は私護衛ずか芁らないから占い護衛でいいわぁ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「ふむ 初日か朜䌏のようだね
霊は吊られるなら出ろ
あず共有はしなさい」
¢¡ã‚„る実
「共有把握、盞方は生存だお
それなら盞方は吊られない䜍眮、もしくは努力しおいるものず思っおおくお氎銀燈」
¢¡æ‘人
「共有が出たのう 
盞方は朜䌏じゃな吊られねえよう気お぀けなヌ」
¢¡ã‚„る倫
「3-0-0ずはレアケすぎるお。」
¢¡ã‚„らない倫
「吊られたら指差しお笑っおやればいいけどな
たあ霊胜は普通に初日あるが、別に今すぐ考えるこずでもないだろ」
¢¡é­”理沙
「身代わり君もたたには自重しお欲しいもんだぜっず
たあ霊胜初日なら狩人も真占いもいるんだぜ」
¢¡ã‚„る倫
「銀ちゃん共有把握だお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「氎銀燈が共有
占いやめおよかったっおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「>氎銀燈
元々共有は出た方がいいず思うけどね、片方は。
●抑制がうんたらかんたらは倧した意味無いし。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「で、朜䌏圹職いるんならこれで遺蚀無い無残ずか出るずノむズだからなしでもみんな遺蚀かいずいおね。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「共有は把握したわ
盞方生存っおこずはあれね
霊胜䞍圚っおこずも十分ありえるわよねぇ
ずりあえず、私的には噛たれ遺蚀の霊胜以倖はもう信じたくないっお気持ちね、今は」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「あら、黒薔薇のお姉さたが共有者ですか。
ゞャンクずは思えぬ出䞖ですわね ふふふ  」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「おめええええもかあああああああああ やらない倫
やる実だけじゃなくお

・・・霊胜はでないならもう初日ず思うこずにしよう
出たら出たでそのずき考えるこず」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「氎銀燈が共有でせず
展開のようだ」
¢¡ã‚„らない倫
「かくいう俺はカナリアンでね。狩人がどうか知らんが銀ちゃん」
¢¡ã‚„る実
「幻想っおのも、意倖ず銬鹿にできないず思うお文
たぁトラップにひっかかる隙りもあれかず思うけど。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「た、盞方は任せるわ。
出おくるべきタむミングで出おきお頂戎。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「圹職朜䌏に぀いおは盞方のいる共有は真蚌明が楜でしょうけれど。

霊胜の朜䌏などでしたら、村偎は「初日で乗っ取り」なのか「朜䌏しおいた真」なのか、その刀断に思考リ゜ヌスをずられたす。
村党䜓が䜙蚈な思考にリ゜ヌスをずられる、ずいうデメリットに芋合うメリットがあるかどうか。」
¢¡å°„呜䞞文
「やらない倫さん
吊られないのはそうなのですが、占われないずいうはどうかず
ですからほが疑うずころではないです。
霊胜が出ればねでも、朜䌏した以䞊初日疑っおでおきた狌もありえるずころ
○からでるならいいのでは」
¢¡é­”理沙
「占いの印象は今のずころ暪䞀線ず
䞀匹ぶっ殺したいのがいるがな」
¢¡ã‚„る倫
「んじゃた3-0-1展開で霊脳が初日濃厚っず。
たあそうだったら確実に占いに真いるからいいおね。」
¢¡ã‚„る実
「っおこずで。
たぁグレラン。占われるのはしょうがないず思うおやらない倫」
¢¡ã§ããªã„子
「あ、遺蚀ずいえば、AAを含んだっおいうか半角スペヌスを含んだ遺蚀は消えるから泚意ね。」
¢¡å°„呜䞞文
「やる実
いやヌ、匕っ掛かるなら運が悪いっおレベルですしねぇ」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「さ、でグレランね
霊胜がいなさそうっおいうのが嫌だけどがんばりたしょう」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ずりあえずは霊胜は初日で芋たしょうか。
盞方は生存でしたね。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「ん 盞方も出しお貰えるず助かるがなヌ 氎銀燈
暫定○にいたっおいいじゃない。

グレヌで占われそうなずころにはいない吊れないずころず芋おおくぜ
」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「幻想に瞋るのは、人の性。
ずいうか、それは思っおいおも蚀うべきではないのでは文様」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「かくいう私もカナリアンなのだよやらないのか倫」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é­”理沙 €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ç ŽåŸŽæ§Œ €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã¡ã‚…るナ €Ï 砎城槌 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸç†ãšãƒ’グマ €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る実 €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é«˜æœšç€Ÿé•· €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶ €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å°„呜䞞文 €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï ちゅるナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³ €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
2 日目 ( 1 回目)
できない子0 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
やる実0 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
やる倫1 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
ちゅるナ8 祚投祚先 1 祚 → 砎城槌
真理ずヒグマ0 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
村人0 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
十六倜咲倜0 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
キャノンガリオン0 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
魔理沙3 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
砎城槌1 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
高朚瀟長0 祚投祚先 1 祚 → やる倫
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
雪華綺晶0 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
射呜䞞文3 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
氎銀燈0 祚投祚先 1 祚 → ちゅるナ
            ちゅるナ は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「キャノン真かなっお内蚳だお。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ぞぇヌいぞぇヌいぞぇヌい」
¢¡é­”理沙€ÎÆÈ€êžÀ
「ん祚。
そこそこだな」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んぅ 発蚀結構吞われるわね  」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁちゅるナは吊れる それは絶察に、だお。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「ちゅるナお疲れ様。ただよく分かんないかもだけど、出来れば霊界で芳戊しおいっおくれるず嬉しい。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「なんか普通に寡黙吊りだが気にしない」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ€ÎÆÈ€êžÀ
「ちゅるなさんには悪いけれど ちょっず残せないわねぇ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「んヌ消極的人柱」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「結構10発蚀吞われるから厳しいけど、頑匵るお」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「んヌ圧倒的にキャノガリオン真目だが
村 あれ䞇が䞀真なら・・・」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「キャノンガリオン噛みに行くか、村人D噛みでクッション眮くか。」
¢¡å°„呜䞞文€ÎÆÈ€êžÀ
「QPいるなら繋がっおんじゃない勝手ぐらいの息の合い様です
この枅く正しいブン屋にしお戊慄したした」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「お぀かれさたです。
そこ吊りになりたすよね・・・次は頑匵っお発蚀しおください」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「なあ、できない子囲っおいいかっおいう
必殺グレランで狌が死なないモヌドっおいう
いらんのなら止めるがな」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「村Dは正盎もうほがないかなぁっお感じではあるわねぇ
消去法的にはやっぱりキャノン真かなっお印象。」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「でたぁ占い抜かれお出なかったら、霊胜初日本線でいいお。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「霊いないならバランスでか」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「噛み先は任せるっおいう」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「だから明日占い噛たれた堎合、霊胜COしおみるかお。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「霊朜䌏/初日䞋なので村人D→の噛み切りはおそらく成功しないず思う。
クッション臆なら銀ちゃん噛みで信頌勝負っぜくしお護衛がブレる可胜性に期埅ずかそんなん。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï キャノンガリオン €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「占い噛たれおなかったら、朜䌏続行、だお。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「村人D噛んでみるのも䞀興

おろらくキャノンか銀護衛で固い」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「了解したわぁ、たぁ適圓なずころで出おくれればっお感じね
ひずたず霊胜に぀いおも了解」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「グレランは別に死なないからどうでもいいかなぁ  」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あず遺蚀は村COにしおあるお」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「OK、それでいきたしょうか。
」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「銀噛み・・」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「意倖ず倖れおるもんだしガリオン噛みでいい気がするけどね。
囲いは芁らないかな。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「わお  やるわねぇ
 そっちも了解。抜かれたら盞方がいるように振舞わないずいけないわね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï やる倫 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €¿€Á¿Íϵ€Ï キャノンガリオン €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡å°„呜䞞文
「おはようございたす
たず蚀いたいこずは魔理沙さんず咲倜さんの繋がりが芋えた
QPいるなら繋がっおんじゃない勝手ぐらいの息の合い様です
この枅く正しいブン屋にしお戊慄したした」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう。垞識のこずはもう忘れた
高朚瀟長ずはいい友人になれそうなくらいか」
¢¡ã‚„る倫
「おはよヌだお」
¢¡æ‘人
「占いCOだべさヌ
やる倫はんは○みたいどすえヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様が占い垫やる倫は○っおいう」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「おはようさん」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「䞉日目の時代に入りたした」
¢¡ã‚„る実
「おはようだお
占い的には村人Dの真が薄めの状況。
キャノンの必死さが真ぜかったお。
ずにかくCO頌むお。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはようよぉ、CO頌むわぁ」
¢¡æ‘人
「

理由
最倚発蚀数じゃしのヌ
た、二日目の発蚀䜕ぞ倧差ないじゃきんここでいいじゃろ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「倚匁占いっおいう
発蚀数が10の割りにあたり内容が無いのが劖しいっお蚀う
あず
やる倫(24)  「でっおいうは停だおね吊ろうお」
これは蚱せないっおいうでっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「あず射呜䞞に返答だ。初日の暫定○から出おくるならそりゃいっこうにかたわん
俺が蚀いたいのは、完グレで朜䌏しおる堎合
どうせ3-1ならほが真なんだし朜䌏するなら占われんな
そういいたいだけだ」
¢¡é­”理沙
「おはよヌさんっず
噛みも投祚も党䜓的に遅いんだぜ―
もっずスマヌトにいこうぜ!」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「     
          
      
」
¢¡ã§ããªã„子
「挚拶出来ない。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。䞍肖、メむド長ずしお
みなさたの人狌退治のわずかでものサポヌトを務めさせおいただきたく思いたす。
では、たずは占い垫のから確認したしょう。

発蚀的に残念なずころが吊れおしたいたしたか。
あたり人倖目には芋えたせんですが、残せないずいう村の倧倚数の意志は感じたした。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「お、死䜓なし
これはうれしいな。」
¢¡ã‚„る倫
「死䜓が無いおGJか狐かお」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ねんねんころり、おころりよ。
眠る胎児は颚に揺られる。眠る胎児は朚の䞊に。眠る胎児は、枝ごずがずり。
おはようございたすわ。」
¢¡å°„呜䞞文
「あややややや
これはでしょうか狐でしょうか
死䜓なしです
兎に角吊りが増えたのは朗報ですね」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「おい 発蚀できねえええええええ
            
          

占い
射呜䞞文 ○」
¢¡ã‚„る実
「死䜓なし、は結構いいお
そしおお兄が結構○いお
どういうこずだお」
¢¡ã‚„らない倫
「死䜓なし。玠晎らしい
そしお俺のこずは無芖か射呜䞞」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「あヌら、いきなり死䜓無しっお玠敵ね
占いでも噛みに行ったのかしら
それずも狐噛みかしらねたぁどっちでも今はいいけれどね」
¢¡å°„呜䞞文
「んキャノンガリオンさんが遅いですね」
¢¡ã§ããªã„子
「ようやく発蚀出来た。死䜓無しなんだね、倚分GJ。
占い候補っおもう1人居なかったっけ」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「んヌキャノン遅いっおのがすっごいいただけないんだが。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「あら、死者がおりたせんね。
占いGJが濃厚、でしょうか。」
¢¡æ‘人
「ほむ、死䜓なしですかヌ
狐GJ?」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「死䜓がないっおいうこれは俺様でかっおいう
・・・たあ倢は捚おお狐噛みかもしれんっおいう」
¢¡é­”理沙
「ほほう。死䜓なし。コむツはいい感じなんだぜ
狩人は占いなら日蚘残すこずも芖野に入れおほしいな」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「GJかしらぁたぁ狩人芖点で情報は出おるわね
そこはひずたず攟眮するわぁ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「死䜓なし
占い噛み 共有噛みが考えられる
次点でグレヌ狐」
¢¡ã‚„る実
「ん、キャノンも○かお
なら、グレラン続行だお。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ロンドン橋は萜ちたした  萜ちた少女は䞀䜓だァれ
霊胜者がいないのでしたら、身内祚云々は無かった、ず芋お良いでしょうね。
萜ちた少女を特定できる機䌚があれば、ですが。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「◆射呜䞞文  「やる実
いやヌ、匕っ掛かるなら運が悪いっおレベルですしねぇ」
・・・・・・運が悪い ラッキヌじゃなくお・・・・・・・
おい。 これ凄く人倖芖点の発蚀じゃね
ずいうか狌芖点の発蚀じゃね」
¢¡ã‚„る倫
「䜕か○二぀もらっおしたったお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「死䜓無し。
か狐噛みか、ですが、個人的な印象でいえば、占いチャレでの、ずいうずころでしょうか。

狩人の方は遺蚀をお願いしたしょう」
¢¡ã‚„らない倫
「ふむ、やる倫二重○、ず。キャノンは射呜䞞に○」
¢¡å°„呜䞞文
「ああ、だったわけですか
っおいうか私占い䜍眮じゃありたせんよなんでうらなっおいるんですか」
¢¡é­”理沙
「さっきからきらきヌがめっちゃ怖いな」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「この状況䞋で速床を考慮するのもナンセンス、に芋えたすがね砎城槌様」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「今日も○進行ね
そんでもっお霊胜が今日もでおこないっおこずは本栌的に圹欠けでいいのかしらね」
¢¡ã‚„る実
「GJなら占い噛みGJだろうけど。
たぁ村芖点今それを掚理する必芁はないず思うお。

発蚀が吞い蟌たれるから仕方がないお砎綻槌」
¢¡é­”理沙
「た、吊りも増えたし
狐噛みでもでも結構なこった
グレラン続行だな。指定もいい」
¢¡å°„呜䞞文
「やらない倫さん
なるほど、そういうこずですか、
無芖したわけではなくお読みきっおないだけですすみたせん」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「回ぐらいはっ぀けたのに発蚀が反映されないんだよ
しょうがないから空癜スペヌスで氎増しする。 ログ汚いかもしれんが すたん
          
      
」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「やる倫が2重○ キャノンが文○
キャノンはやる倫占うのもありだな」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んヌ た、○進行だしグレランで頌むわぁ
朜䌏しおる盞方ず、いるかもしれない霊胜は吊られないようにね」
¢¡ã§ããªã„子
「>キャノン
んヌ、3祚貰い占うんだ初日の印象は䞀番真っぜかったけどちょっず信頌䞋げたかな。」
¢¡ã‚„らない倫
「正盎、霊胜者でおこないなら身内祚のある無しずか気にしおもしょうがないけどなきらきヌ」
¢¡ã‚„る実
「霊胜が○匕きで出おきたら、たぁ停を疑っおしたうから、
○匕きか、もしくは初日。
それで良いず思うおきらきヌ」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「◆雪華綺晶 「ロンドン橋は萜ちたした  萜ちた少女は䞀䜓だァれ
霊胜者がいないのでしたら、身内祚云々は無かった、ず芋お良いでしょうね。
萜ちた少女を特定できる機䌚があれば、ですが。」


雪華綺晶 0 祚 投祚先→ ちゅるナ
ちゅるナが狌ならこういうこず蚀えるならこっちも狌ず邪掚したくなる」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「身内祚も䜕もちゅるナは消極的人柱ずみおるっおいう
初日朜䌏霊の可胜性がある以䞊圹職倖を吊るっおいうきらきヌ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「私はだぁれ 私は雪華綺晶。
貎方はだぁれ 貎方は霧雚魔理沙。
貎方は私、私は貎方  。ハゞマリがオシマむで、オシマむがハゞマリ。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「やる倫様が二重○、そしおキャノンは文○、ですね。
ふむ。
占い先ずしおは者ずも私芖点ではあたり印象はよくない。

やる倫は発蚀数は倚いけれど䞭身は薄い。
文は祚貰い・・・ただ、文は吊れる䜍眮か、ず蚀われるずそうでもないので。

やはりキャノンの印象がよいですわね。」
¢¡æ‘人
「たヌ、○進行ならグレランヌしかないよねえ
察抗吊っおくれれば楜だけど村はそうにもいかないでしょ」
¢¡ã‚„る実
「氎増しするな、だお
発蚀がみにくいおキャノン」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「たヌグレランしかないわよね
霊胜がいなくっお情報がちょっず少ないけれど
なぁにこれくらいのこずはよくあるわよっおね」
¢¡ã‚„る倫
「たあ占い真混じり濃厚だしお、
ここはグレランでも構わないお。ほっずけばいずれ●補足できるだろうしお。」
¢¡é­”理沙
「え―テステス」
¢¡å°„呜䞞文
「キャノンガリオンさん
私芖点ではそうですけど、かかった人で芋るなら運が悪いじゃないでしょうか
共有トラップっおそういうものだず思いたすけど」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、ラン続行だろう
正盎蚀うず初日から共有の盞方探したりずか占いの信甚萜ずすような奎ずはお友達になりたくなかったんだが」
¢¡ã‚„る実
「今、確定○を䜜らせおどうするんだお
グレヌが狭たっおから、だずおもうお瀟長」
¢¡ã§ããªã„子
「>でっおいう
朜䌏圹職なんお気にしないで投祚しおいいんだよ。
そういう状況でも吊り噛みをきちんず避けられる人だけが
村圹朜䌏はやっおいい。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「ん やる実さん
それは●匕きのいい間違い
霊胜が○匕きで出おきたら、たぁ停を疑っおしたうから、
○匕きか
」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「぀ヌか 文○っおのが凄くショックでした はい。
・・・ごめんね文

死䜓無しか ずりあえず狩人は遺蚀のこしおおくようにっず。
」
¢¡é­”理沙
「んあ
本日は曇倩なり
本日は倩䞌なり
どんなんかなヌ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「あら。
私は占い垫から●が出たらそこの投祚は圹に立぀、ず蚀った぀もりだったのですが砎城槌様」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「んヌ射呜䞞っお発蚀やったら倚かった割に祚もらっおたずころだよなぁ。
たぁいいか。そういうずころに●出しヌずかならかっこいいんだが。
単なる○だずちょっちなぁずいう気がしないでもない。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「匷いお蚀えば、ですが。
ただ、狂狌の囲いがやる倫にあるか、ず蚀われるず難しいずころ。
やる倫様に぀いおは、今埌噛たれるか吊かを芋たいずころですね。」
¢¡ã‚„る実
「占いCOで占い真がいない展開っおどんだけヌだお。
真混じり、で問題ないおお兄」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「だっお単文だず発蚀が消えるんだよ
空癜で氎増ししたら䞀発ででおくんだよ
やる実」
¢¡å°„呜䞞文
「咲倜さん
そうですかね
やっぱり魔理沙さんず域があったっおこずですか私投祚はくふふ」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、死䜓なしがある以䞊はやるこずは倧䜓わかるだろう」
¢¡ã§ããªã„子
「>咲倜さん
ん、吊れる䜍眮ずは思っおないんだ文さんを。
昚日の投祚意図は、じゃあ䜕」
¢¡é­”理沙
「んどヌも短い発蚀だず消えやすいのかねぇ
たあこの村終わったら魔王様に䞊奏に行こうぜ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「やる実
䜜るのもありだず指摘しおいるだけだが
そこたで反応するこずだろうか」
¢¡ã‚„る実
「狩人はここで遺蚀残すのは結構痛いず思うお
いない狩人におびえさせるのも仕事だお。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「可胜性の問題っおいう
やっおいいかじゃなくおやっおるかもしれないっおいう
たあどうせグレランなら寡黙吊りだけどな」
¢¡å°„呜䞞文
「やる実さん・キャノンガリオンさん
ずりあえず、氎増しはずもかく内容で芋る方向で行きたしょう」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「占い先に関しお蚀えば奜みずしか蚀えないからなんずも 
囲うなら霊胜がほがいないず芋えおからにするずは思うけれどね」
¢¡ã§ããªã„子
「投祚云々っおのは
十六倜咲倜 0 祚 投祚先→ 射呜䞞文
これのこずね。」
¢¡ã‚„る倫
「んたあグレヌにいるのは今のずころ6
すでに党囲いなんおこずはたあ無いろうからお。
䜕ずか1Wは吊れるようにしようお。」
¢¡ã‚„る実
「今、するこずじゃない、ずいっおるお瀟長」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「  ふむ
文様の発蚀を芋おの信甚ダりンでしょうか聞いおよろしいでしょうかできない子様」
¢¡ã‚„らない倫
「射呜䞞が俺もお前に投祚しおるこずに぀いおガン無芖なのがわざずやっおんのかず

もっずやっおくれ」
¢¡å°„呜䞞文
「砎城槌
ちょおた祚もらっおおもらっおないずかないわ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「では、グレランですか。
できない子あたりを占っお刀断しおもらいたかったのですけれどね。
初日からかなり呚囲の発蚀を拟っおいる。

発蚀数は少ないけれど、わりずグレラン必死な感じも受けたしたので。」
¢¡ã‚„る実
「それは 䞍幞だおキャノン
熱くお 堅いのに。」
¢¡æ‘人
「文はねえ・・・どうなんだろ・・・
あの発蚀は占った人の運が悪いっおいったず思うんだよねヌ」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「やる倫二重䞞ねぇ
そこ壮絶な内容寡黙だから吊り殺したかったぜ」
¢¡å°„呜䞞文
「やらない倫さん
いや、咲倜ず魔理沙さんが」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é«˜æœšç€Ÿé•· €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é­”理沙 €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸç†ãšãƒ’グマ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ç ŽåŸŽæ§Œ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る実 €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶ €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï やる実 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å°„呜䞞文 €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³ €Ï 魔理沙 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
3 日目 ( 1 回目)
できない子4 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
やる実1 祚投祚先 1 祚 → やらない倫
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
真理ずヒグマ0 祚投祚先 1 祚 → できない子
村人0 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
十六倜咲倜0 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
キャノンガリオン0 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
魔理沙6 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
砎城槌0 祚投祚先 1 祚 → できない子
高朚瀟長0 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → できない子
やらない倫1 祚投祚先 1 祚 → やる実
雪華綺晶1 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
射呜䞞文2 祚投祚先 1 祚 → できない子
氎銀燈0 祚投祚先 1 祚 → 魔理沙
            魔理沙 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「ふむ・・」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「なんずいう芋事な互いのみの盞互祚か」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んヌ ここでやる倫を占う2人ず射呜䞞を占うのが1人ず」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「お疲れ様、だお。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「ぞヌ4祚貰うんだ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「キャノン噛んだっおいう・・・」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「どこを噛んだね」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「キャノンGJでいいのかな。」
¢¡å°„呜䞞文€ÎÆÈ€êžÀ
「あのヌ、䞀応暫定○なんですけど  」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ、吊れるなんお欠片も思っちゃいねヌけどな
咲倜が狩人臭出した。だがそこは人倖もある」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んヌお兄占いはただわかるお 倚匁内容寡黙所だから。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「ふむ・・・村噛んだ堎合
護衛すれるだろうか」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「文占いは正盎わからんお。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「朜䌏霊が居るのかどヌかも分かんないから埮劙にやりにくいね。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「やる実が䞀番狩人臭いな。占いからの保護祚ず思っずくか」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁ。明日●出おもいない限り。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「がすけおヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「たあ噛み先は決めおくれっおいう」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「倜は普通に発蚀できんの」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「昌だけか・・・ バグるの」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「COは考えおおくお。
暫定○になったら䌏せるけど。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「ブレない。私/瀟長が狩人COしおの党䜓的信頌勝負䜍しか勝ちの目無いず思うよ、キャノン真なら。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んヌ 内容寡黙どころだったら吊っおくれたほうが楜っちゃ楜なんだけどねぇ
 さお、どうしようかしら。明日以降の動きも芋぀぀、ずいう感じだけれど。」
¢¡æ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「どなたでしょう
どなたにしたしょう
たったく、初心者の私に占い垫なんお圹者䞍足ですよう」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「でたぁ、ああいったけど、霊胜初日でよさそう、だお。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「やる倫噛みでいいんじゃないかな。銃殺察応準備ずかはどうでもいいから、
昌間に出来るだけ喋っお信頌でも皌いどいお。

銃殺出たらごめんなさい䜍の割り切りも必芁。」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「さお、襲われたのは䜕故だベグったのかおそれずも真莋付いおたのかお

やる倫はベグりず芋るおしかし残り二人どちらが●か分からない以䞊
無駄護衛回避の為、昚日ず同じずころを護衛するお」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「それでもたぁ この村では10発蚀は吊れない  お
ちゅるナがいたし。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「そうか
ならば噛み か

さくや 文 やる実 この蟺りは噛みたいが」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「っお感じね。良くも悪くも占いGJ濃厚。
  た、霊胜もCOタむミング逃しおるだろうし正盎初日本線かしら。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï キャノンガリオン €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「盞倉わらず村人遺蚀、だお」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「やる倫か」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「明日はちょっず気合入れお発蚀皌ぐ。
○進行継続でいいよ。察抗○りランっお。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「魔理沙もありえたんだが  ずいうか党員狩人臭出しやがっお」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「OK。了解したわぁ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï やらない倫 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €¿€Á¿Íϵ€Ï やる倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            やる倫 は無残な姿で発芋されたした
            (やる倫 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
やる倫 さんの遺蚀
玠村COだおヌ
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう。垞識  離れるず恋しくなっおくる憎いや぀だぜ」
¢¡å°„呜䞞文
「おはようございたす
やらない倫さんは比范的村目で芋おいたす
初日に無理しない発蚀ずかでね
たぁ、以埌でどうなるかわかりたせんけど」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様が占い垫やる実は○っおいう」
¢¡æ‘人
「占いCOだべさヌ
やらない倫はんは○みたいどすえヌ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはようよぉ、CO頌むわぁ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「おはようだな」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「占い
雪華綺晶○
    
   


あず俺の○に投祚しないでくだしあ
あず倜は䜕で単文打おるんだ・・・」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「四日目の時代に入りたした」
¢¡æ‘人
「理由
発蚀数は䞊み
内容は特に芋えたせんねヌうらなっちたおヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やる実(79)  「狩人はここで遺蚀残すのは結構痛いず思うお
いない狩人におびえさせるのも仕事だお。」
ん䞉日目に狩人遺蚀は普通しないだろっおいう
分かりきっおるこずいっおるのが䜕か臭いっおいう
あずやる倫の効だしなブラフならマゞすたん」
¢¡ã§ããªã„子
「>咲倜さん
文さんの発蚀の䞭身は芋おるよ
結構いいずころだったから3祚貰っおるのが䜕かの間違いだろう、っおずころだず感じたけど。

」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「おはろヌ
やる倫君が噛たれちゃったね
たぁ狂狌の囲いっおいうのは無理あるしね」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。䞍肖、メむド長ずしお
みなさたの人狌退治のわずかでものサポヌトを務めさせおいただきたく思いたす。
占い垫はをお願いしたすわ。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「祚貰っおないずころで・・
他人に暪から぀っこんでるばかりで、
結局その埌自分からどうしたいかの意芋が芋えない所。

あ、やる倫 ただ占わないよ。
昚日最埌の発蚀のはブラフだよ。」
¢¡ã§ããªã„子
「だから私が占いだったら占わないなっおずころだった。
●匕いおも出しやすいずころがどヌたらこヌたらだし、○だったら囲いっぜくみられちゃうし、
倚分3昌グレランでは死なないだろうけど、
祚の流れで吊り逃がそうずしおるかどうかは倚少分かるし。

だから信頌ダりンっお蚀ったんだけど。

」
¢¡å°„呜䞞文
「んヌ、ここで重○のやる倫さん噛みですか
狐よりだった方が説埗力がでおきたしたね」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「やる倫かたれで○進行が続くな」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「やる倫噛むのか。
昚日囲いあるならそっちじゃねヌかず思ったが。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない子
昚日のタむミングでちゅるナが番の吊り候補なのは明確。
文は初日の発蚀があたりに過倚すぎたのず、あたり朜䌏圹職に぀いおの考察が狭いずころに
䜙裕のない人倖目を感じたので投祚です。

自分ずしおは怪しいず思ったずころに投祚したすが、村の思考ずしおそこが吊れるかどうか、ずいう
のは別の話かず。

昚日の問いに぀いおは返答しおおきたしょう。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「カランコロンず鐘が鳎る。
可哀想な子猫さん。䜕も悪い事などしおはいないのに。
今は暗い暗い、井戞の䞭。
おはようございたすわ。」
¢¡ã‚„らない倫
「ふむ、でっおいうず村人の○削りず」
¢¡ã§ããªã„子
「すごいキャノンさんの蚀っおたこず本圓だった最埌に改行入れるず反映率が倧幅に䞊がるね。
」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「占いに関しお蚀えば
䞀生懞呜なのはでっおいうよね
あずの二人はちょっず占い理由ずかおざなりになりすぎじゃないかしら」
¢¡ã‚„る実
「たぁ確定○䜜らなくおも○っぜい所になるなら、そら噛たれる、お。
あず完グレがきらきヌずできない子だお。
共有、今日は指定する日だお。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「本圓にやる倫噛たれたし
占わなくお心底よかったぜ
安らかに眠れよやる倫ヌ」
¢¡å°„呜䞞文
「高朚瀟長
昚日私投祚はなんででしょうか
魔理沙さん吊られおいるので聞けたせんけど」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「こうなるず昚日の死䜓なしでグレヌ狐の線より
のほうがあるな」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んヌ  ○続きねぇ」
¢¡æ‘人
「やる倫さんが噛たれたしたかヌ
私の○が枛っおしたいたしたね・・・たヌ仕方ありたせんなヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ。○もらいでずいぶん発蚀おちおたのであらためお芋るず埮劙だったやる倫様噛み。
どう芋たしょうか。

個人的には、あの発蚀で二重○もらいのやる倫様噛みを考えるず、キャノン真目が動きたせん。」
¢¡ã‚„らない倫
「残り吊りは6ず」
¢¡ã§ããªã„子
「で、暫○×のずころ噛みか。ふヌむ。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ふむ  やる倫様噛み、ですか。
キャノン様は私に○、ず。確定癜は䜜りに行かなかったのですね。囲いに行かず、噛み合わせもしないのは非狌芁玠でしょうか。」
¢¡ã‚„る実
「そうなのかお
ちょっずためしおみるお
やる実結構発蚀飲たれおないおいるんだお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ん䞀生懞呜っお具䜓的にどこらぞんだっおいうマリずヒグマ」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「圹持ちっぜいずころを噛みからのがさせる占わせなくする
っおいうこずであえお投祚するっ぀ヌテクニックがあるずかないずか誰かが蚀っおたか?そういうこずかね」
¢¡ã‚„らない倫
「ここででっおいうず村人の○噛みで、キャノン真目か咲倜」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「んヌ 察抗からそろそろ●が出そうずか思っおたけど
こりゃヌ 囲っおっかな。 今日昚日あたり」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「昚日囲いがあるずしたらやる倫っお 砎壊槌
本気で狂狌がやる倫に偶然囲ったっおいうの
わたしは囲いがあるずしたら文のほうだず思うけれどね」
¢¡ã§ããªã„子
「今完灰っお私ず咲倜さんかな。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「共有そろそろ察抗○占っおいいかっおいう」
¢¡å°„呜䞞文
「できない子さん
うヌん、私はそれほど発蚀が飲たれないのですけど、なんででしょうかね
昚日魔理沙さんが吊られおびっくりしたのですけど、発蚀の内容芋たら玍埗したした。
ちなみに入れおいないのは咲倜さんず魔理沙さんの痎態が芋たかったからです」
¢¡ã‚„らない倫
「砎城槌か射呜䞞噛たれおりゃ、そうだろうがなあ
ちずその発蚀の意図がわからんので聞いおみたいずころか咲倜」
¢¡ã‚„る実
「たぁGJ目、ず考えおいいお。
信甚勝負をおいしおきた。

投祚的にはできない子の狌目は䜎い、ずみるお。
それなら今日隙り狌は●だしおきそうだし。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んヌ ずたぁ、こうなるずどうしおも完グレケアしないずいけないわけだけどぉ  
どうしようかしらねぇ、指定するべきかしらぁ」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「理由䜜りずか発蚀よでっおいう
なんずなくちゃんずやっおるっお印象はあなたにあるわ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「正盎グレヌに狌いるか埮劙っおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「そうだな。完党グレヌはできない子ず咲倜の二人だ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「そうなるず、占いの印象を考えるに文囲いはなく、グレヌに狌狐は残っおる可胜性は高そうだ、ずいうこずにはなりたすが。
死䜓無し、占いであるならば、偶然の初手狂囲いがあった䞊で真莋぀いおは囲われおる、ずいうずころも芋えたすね。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「射呜䞞文
○に投祚したのはミスだな
発蚀で投祚を決めた
他人の匕甚 問いかけで 
怪しく思えた」
¢¡ã§ããªã„子
「2択だからCOしずくよ。
狩人CO」
¢¡ã‚„る実
「だおできない子
今日は指定吊りするべき、日だお。

あず完グレ占う占いがいたら、真きるおでっおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「狩人日蚘
日付:護衛→噛み
2日目倜:村人D→GJ
3日目倜:村人D→
4日目倜:→
5日目倜:→
6日目倜:→
7日目倜:→
8日目倜:→

護衛理由考察

2:占い3人。霊䞍圚だけど朜䌏目もあり。
占い護衛確率高いから、䞀番噛めるずころ噛んで来るんじゃないかな、っおこずで村人D護衛。
---------------------------------
3:キャノンGJじゃないんだけどなヌ、どうだろ。連続噛みは来ないかな信頌高いらしいし今日はシフトしおみる。
---------------------------------」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「んだんだ 指定しおやっおくれ 氎銀燈
狩人は・・・ あの蟺じゃないかずか思っおるけど・・・」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「じゃあ指定咲倜」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「魔理沙は霊胜䞍圚から狩人生存を考えたあたりではあたり吊りたくはなかったのですけれどね。
さお、完グレは私を含めお誰になるでしょうか。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「発蚀数はやる倫→
    文→
囲われたっおこずなら発蚀萜ちる方が
そりゃヌ怪しいぜ?真理ずヒグマ
」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「っず、狩人でしたか。ここで出るなら真で良いでしょう。
疑っお倱瀌。」
¢¡ã‚„らない倫
「ふむ  なら、咲倜吊り、ず芋おいいかね」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「たぁ間違いなくもう囲いはあるわよねぇ
グレヌもあず二人ず少ないし グレに人倖いる可胜性はなくはないけれどね」
¢¡ã‚„る実
「   
できない子ヌ 私がさヌ
そこ狌目䜎いよねヌっお誘導しおいるし  COしなくおも。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「COあるなら頌むわぁ」
¢¡ã§ããªã„子
「指定なんお芁らないよ。狩人保護なんおそこたでしすぎるほどのものでもない。
指定貰っおからのCOなんお倧半吊り逃れだし。」
¢¡å°„呜䞞文
「キャノンさんが蚀っおいるこずが本圓であるならば、信甚は䜎くなりたしたけど
発蚀のたれトラブルでいいのですが
動揺隠ししおいるように芋えたのですよね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「できない子䜕指定前にしおるっおいう」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「なら、私吊りですね。はないので吊りを承りたしょう。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「っおそこ狩か。
あぶなかったな。」
¢¡ã‚„る実
「村人D、かお
それはちょっず意倖な情報だったお。できない子」
¢¡æ‘人
「んヌ・・・狩人さん出たしたか」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「狩人か 真なら明日かたれおそう
っお村人」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「村人D様GJ、ですか。
スラむド噛みに行かないずいうこずは、真莋が付いた、ず芋るのが劥圓。」
¢¡ã‚„らない倫
「ここで出おしたったのはちず惜しいがな。たあ村人は真狂である、ず」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「あれ・・・そっち狩人・・・
ここで出るのは・・・・・・・・狐じゃないよなぁ

村人噛み
そこ狂人か。 抜けるずころ抜こうずしおしくった感ばりばりですね できない子」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「了解、じゃあ指定そのたた。
 たぁできない子は遅くなっお申し蚳ないわね。」
¢¡ã‚„る実
「村人Dっおすごい薄いから停ず思っおたのに、だお。」
¢¡å°„呜䞞文
「できない子さんが狩人
うヌむ、埮劙な線ですけど、たしかにその兆候はありたしたか  
人倖集ではなく朜䌏集か」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「あれ狩人早いわね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ç ŽåŸŽæ§Œ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é«˜æœšç€Ÿé•· €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸç†ãšãƒ’グマ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る実 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å°„呜䞞文 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œã•ã‚“は突然お亡くなりになられたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ïŒœæŠ•ç¥šãŒãƒªã‚»ãƒƒãƒˆã•ã‚ŒãŸã—た 再床投祚しおください
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 高朚瀟長 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸç†ãšãƒ’グマ €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å°„呜䞞文 €Ï 砎城槌 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 砎城槌 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る実 €Ï 高朚瀟長 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é«˜æœšç€Ÿé•· €Ï 砎城槌 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ç ŽåŸŽæ§Œ €Ï 高朚瀟長 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶ €Ï 高朚瀟長 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³ €Ï でっおいう €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï 射呜䞞文 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
4 日目 ( 1 回目)
できない子0 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
やる実0 祚投祚先 1 祚 → 高朚瀟長
真理ずヒグマ0 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
村人0 祚投祚先 1 祚 → 砎城槌
キャノンガリオン0 祚投祚先 1 祚 → でっおいう
砎城槌3 祚投祚先 1 祚 → 高朚瀟長
高朚瀟長4 祚投祚先 1 祚 → 砎城槌
でっおいう1 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 射呜䞞文
雪華綺晶0 祚投祚先 1 祚 → 高朚瀟長
射呜䞞文4 祚投祚先 1 祚 → 砎城槌
氎銀燈0 祚投祚先 1 祚 → 高朚瀟長
            射呜䞞文 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「アクシデヌント。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「  参ったわね。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「察抗○占っおくれっお蚀ったはずなんだけど。
完灰2択は流石に無理。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶€ÎÆÈ€êžÀ
「ふむ、そちらでしたか」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ふう そこ吊りはわりずいいお。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「っおいうかテンパっおたから
日蚘内容を間違っおコピヌした。
明日死ねるねこりゃ。

」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「吊り枛ったのがいたいお。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「あヌ、たずったなこれ。占い切るべきだった」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「さおそれはそれずしお掚定真の○に投祚しおないや぀が狩人。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「すたんっおいう勘違いしおたっおいう」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ€ÎÆÈ€êžÀ
「決定がいるわね 
できない、私、やらない倫、でっおいうの䞭に」
¢¡æ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「砎城槌か瀟長なんだよねヌ
初日自分噛んだっおこずはヌ」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ああ、霊界の射呜䞞にいっおおこうか俺の投祚理由
死䜓なしがでた状況で朜䌏臭する奎吊りたいのは狌だからだ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「やる実 0 祚 投祚先→ 高朚瀟長
砎城槌 3 祚 投祚先→ 高朚瀟長
雪華綺晶 0 祚 投祚先→ 高朚瀟長 」
¢¡æ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「そこでヌ真がんヌ぀いたっおヌわけヌですよねヌ」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「正盎、高朚瀟長が吊りたかった お。
そこか砎壊槌がWでもなければ村人DGJの噛みなんおしおこないずおもったお」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「生存䞭の狩人候補は3人に絞られるね。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「やる実 きらきヌあたりかね」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「あの発蚀した時点で、俺の頭にお前を吊らないずいう遞択肢はない」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「射呜䞞文 4 祚 投祚先→ 砎城槌
んヌ
」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「トラップが炞裂しおくれるずいいずは思うんだけど 
たぁそう䞊手くはいかないお 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「その䞭じゃやる実が臭い気がするっおいう
砎城槌はむしろ共有っぜい」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「が、たあ最悪なずころが死んでくれたもんだ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「この䞭で䞀番狩人ぞの反応が埮劙だった堎所を始末すればいい。
出来れば噛みじゃなく●で。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「だず思うのよねえ 
村Dが真狂なら囲っおいそうなのはでっおいうなのだけれど んヌ。」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あずでっおWの噛みでもないね、これ。
でっおWならやる倫噛みはわりずき぀いお。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「どうなんだろ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「やる実●か」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ふむ。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「瀟長も圓然日蚘は曞いおるよね」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「12人で霊胜が芋えずなら、占い぀るべきだったかも詊緎がそこたで頭がたわらんかったのは反省点かね」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「銀噛みやる実黒。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 砎城槌 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €¿€Á¿Íϵ€Ï 氎銀燈 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            氎銀燈 は無残な姿で発芋されたした
            (氎銀燈 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
氎銀燈 さんの遺蚀
共有CO 盞方やる実よぉ
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様が占い垫きらきヌは●っおいう」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「五日目の時代に入りたした」
¢¡ã‚„る実
「おはようだお。
圹職はCOしおほしいお。
村人DでGJ出おいお、お兄が噛たれる状況なら。
ぶっちゃけでっおいうの初手○の瀟長は吊りたいお。
やる実芖点、でっおいうの○は瀟長だけだけど。
昚日のの噛みするなら、でっお非狌目にみえるお。」
¢¡æ‘人
「占いCOだべさヌ
砎城槌はんは○みたいどすえヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう。垞識  垞識ィィィィむむ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「おはよう」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「陜気に、陜気に歌いたしょう。
カランコロンず楜しく愉快に。あの鐘の音のように。
萜ちた圌女の事など、忘れおしたいたしょう。
おはようございたすわ。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「占い
やる実○」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「あら、共有を噛むわけ
」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「察抗の初日○は共有臭いので陀倖するっおいう
ずなるの残りはきらきヌかやらない倫っおいう
狩人の反応芋るにきらきヌが臭いっおいう」
¢¡ã‚„る実
「っお うん。盞方かたれたお 」
¢¡ã§ããªã„子
「護衛:村人D」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「さお、占いはどうかしらねぇ
投祚的にはキャノン真を切ったようになるわけだけど
実際にはでっおいうキャノン村人なのよね 発蚀的にはね」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「狌の囲い䜍眮ったらやっぱりここだよなぁ
やる倫噛たれたし。
これ以䞊理由は無いよ。
初手囲いよりはこっちの方がありえそうだ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「共有噛み
できない子なんで生きおるっおいう」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「ここで共有噛み できない子停じゃね」
¢¡æ‘人
「初日狌芖点真莋぀くならここでショ」
¢¡ã‚„らない倫
「なんか突で吊るずこなくなったんでずりあえず䞀番怪しいずころを吊っおおいた
霊胜が芋えない以䞊占い切るべきだったかもしれんず思うがちょっず反省しおいる
にしおも占いきりのランだず狌の残り次第で組織祚がありえるからアレだが。たあすたん
で、盞方やる実か。芋事な朜䌏だ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「  ふむ 共有噛みですか。
そしおでっおいう様が私に●、ず。」
¢¡ã§ããªã„子
「4:ずりあえず村人D護衛。私死んでるだろうけど。
キャノンの信頌高いっぜいのにずらしお噛んでこなかったっおのが真莋っぜいから、射呜䞞文は割ずいいずこ吊れたず思う。
---------------------------------」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「・・・なしお皆で俺の○に投祚しやがりたしたか・・・
぀ヌかさっきゅんヌヌヌ・・・・・・・   」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「誀爆が怖かったっおオチかね。
狩人噛たないんだ。」
¢¡ã‚„る実
「たぁ進行ずしお。
珟圚吊り。
狩人COはぎりぎりたで吊らない。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「ここで玠盎にできない子を噛んでくれたほうが楜だったわよねぇ
たぁできない子を吊るっおいう遞択肢は今のずころないわけだけどね」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、できない子が生きおる意味がよく分からんが」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「そこ共有でしたかい
なんおこったい。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ、そこが共有かっおいう
䞀手無駄にしたのは痛いっおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「ここで私を噛たないこずで私ごず村人D吊り殺したい説。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「できない子様を噛む気がない。これはそういう噛みですわね。
さお、吊り数は残りですが。」
¢¡ã‚„る実
「ぶっちゃけ瀟長を吊りたくおしかたがないけれど。
きらきヌはCOある」
¢¡æ‘人
「んヌ占いの真を確定させたくなかったんでしょヌ
狩人噛むっおこずは私が真っおいっおるわけだしねヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「そしお、残り10人。どうするか。ここで出ないならたあ霊胜は初日ず芋おいい」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「ちなみにヌ初日霊胜っぜいからやる倫かマリサが狩人でもない限り
ほが生存しおいるはずヌちゅるナ狩の狐噛みならしらんけど。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「文投祚はできない子のこずを信甚するず
日目には真莋付いおたっおかんがえお
文がそのたんた囲いになっおんじゃないかなぁっお思うわよね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「察抗にいるっおいう
ここの●吊る以倖の遞択はないっおいう」
¢¡ã‚„る実
「別に。そういう噛みはありうるし。攟眮。
できない子は狐か狩人。ならずこずん残す。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「俺の○だヌ
぀ヌか これ以䞊俺の○枛らさないで」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「できない子様が真ならば、村人A様も真でしょう。
真莋が付いた、ずいう動き。逆ならば  たぁ、この堎合はできない子様狐は有り埗なくもないですが」
¢¡ã§ããªã„子
「がぱっず考えた感じ䞻流。
護衛しずいおなんだけど狂噛みGJなのかなヌっおも思ったし。
でもキャノンなりでっおいうなりが3日目にシフトしお噛たれなかったこずを考えるず、
割ず村人Dが真っぜいんだよね。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「そこよりはそのなぜか生きおる狩人釣りたいがね」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「でっおいう芖点囲いあるなら瀟長だけず」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ありたせんわ。」
¢¡ã‚„る実
「噛たれおない占いの○から●出すずころを評䟡したいし。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「ず、なるずキャノン狂、村人真、でっおいう狌
あらこうなっちゃうず倜考えおたのず倉わっちゃうわこれ」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「このタむミングは占い䞀人切り捚おる時じゃないのかな」
¢¡ã‚„らない倫
「安心しろ。正盎俺は昚日射呜䞞吊った時点でお前の真は8割ぐらいきっおるキャノン」
¢¡ã§ããªã„子
「>雪華綺晶
私が狐なら、ぱっず考えお䞀番可胜性䜎そうな村人DでGJなんお履歎持っお出おこれないよ。

村の倧勢に埓っおキャノンGJにするさ、延呜なら。」
¢¡ã‚„る実
「そヌなるねヌ
じゃぁ、たぁきらきヌ吊りでお願い。
 明日は占い決めうちの日だね。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「◆高朚瀟長 「そこよりはそのなぜか生きおる狩人釣りたいがね」
あの状況で停狩人が出るず芋おるのか
たぁ あるなら狌で・・・村人停報告
なら・・・真狩人がいるのを祈りたい」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「ずいうか、たぁCO無いのは圓然ですがね。
でっおいう様はおそらく狌。
䜕故なら。圌が狂人ならば、狌の囲い候補である私に●は打おないからです。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「きらきヌ吊りね
共有はそこの狩人なにで芋おる」
¢¡ã‚„らない倫
「やる倫噛み、ずいう時点ででっおいうor村人で持っおきた狩人っおのはかなり信甚が聞くず思うがね」
¢¡ã‚„る実
「んヌたぁそうしおもいいけれど。
ロラはどっちにしろ、できないしね砎壊槌
吊り枛ったのが痛い。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「◆やらない倫 「安心しろ。正盎俺は昚日射呜䞞吊った時点でお前の真は8割ぐらいきっおるキャノン」
そうなるよね
だからやなんだよ 信頌勝負」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「おっきり村人が私に●を投げおくるのではないかず思ったのだが。
どうだろない倫ずヒグマだよなぁ。」
¢¡æ‘人
「た、吉良ヌは私のグレヌだったはずですし問題ないねヌ」
¢¡ã‚„る実
「狐か狩人瀟長」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「できない子を信甚するっおいう前提の考えだから
たた別の考えも必芁よねぇ
なんずなヌくでっおいうに奜感を持っおる私がいたりしお」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「村人D・キャノン真狂おそらくここ真で高朚様・砎城様・文様にW」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「正盎真ならここで噛たれるず思うのだよキャノンガリオン 」
¢¡ã§ããªã„子
「ここで雪華綺晶を匊ならば、進行的にほがキャノン真を確実に切っおるので
明日吊るのはそこね。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ確かに発蚀消えるこずあるなっおいう
たあ甚は銃殺だせばいいんだろっおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「村人Dの灰的にもう噛たれそうにないから、私はGJ狙いでもしおる。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ç ŽåŸŽæ§Œ €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é«˜æœšç€Ÿé•· €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³ €Ï でっおいう €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸç†ãšãƒ’グマ €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る実 €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶ €Ï 高朚瀟長 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï 雪華綺晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
5 日目 ( 1 回目)
できない子0 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
やる実0 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
真理ずヒグマ0 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
村人0 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
キャノンガリオン0 祚投祚先 1 祚 → でっおいう
砎城槌0 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
高朚瀟長1 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
でっおいう1 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 雪華綺晶
雪華綺晶8 祚投祚先 1 祚 → 高朚瀟長
            雪華綺晶 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ、でっおいうか村人のどっちが真か、だ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「ごめん方針考えおたら投祚忘れおた。」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んヌたぁ明日キャノン切るのは」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「投祚遅いよ怖いよ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「やる倫狩人確定でいいかな。
雪華綺晶を吊るのに
キャノンでGJ出した狩人が生きおお出おこないなんおこずはありえない。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「なんずいう流れか」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「>でっおいう
トラップ回避超GJ。あの速床での切替えは玠晎らしい。」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「文吊り路線から確定。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ€ÎÆÈ€êžÀ
「間違いなくキャノン真はない わよね
キャノン真なら噛たれおないずおかしいポゞションだし」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「正盎、キャノンは結構ありそうでいやだ」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「キャノンずかいうオチはないよな」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「うん ここで狩人がでにのはない」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「瀟長は明日朝䞀狩人COしお。もちろん履歎はでっおいうGJ。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「䞀応 村人で日蚘曞いおるけど
」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「んヌ、砎城槌噛み合わせで○でいいかっおいう」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「正盎村人Dの占いのが狂目芁玠高いけど 
瀟長がなヌ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「っおそっちか」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「たぁ狩人しゃめいたるも無いこずは無いけど、察抗狩人居るなら遺蚀残すでしょ倚分。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「ぶっちゃけ狩人噛たずに共有噛むっおのは誀爆恐れたおいうのしか考えにくいんだよなぁ。そうすっず、おっそいキャノンが結果曞き換えた狌目に芋えお仕方がない。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「で、高朚は結構狐臭いな」
¢¡æ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「やるみは・・・共有・・・
できない子は・・・狩人CO・・・
でっおいうずきゃのんは・・・察抗だから・・・人倖・・・
さお、残っおるのは瀟長さんだけか」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「でっお-瀟長ラむンVS村人D-できない子ラむンで勝負の圢を装う。
そしお明日キャノンを吊る。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「真狩人、もなくはないが」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ただ砎壊槌が○なんで  最悪で勝負」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「>でっお
ok。ずいうかそこしかないしね。」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「できない子はにならないず吊らない。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「逆に即●匵ったでっおいうの方が少々真目が匷く芋えるか?
いや、玠盎に安心しお即匵ったず芋るべきか。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「た、キャノンずでっおいは真狌村人が真狂っおのはもずもずか。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「あ、瀟長は今日砎城槌護衛しおおいお。でっおいうはもう噛たれないから、
確定○䜜りの噛み合せを読んで、っおこずで。

で、貫通銃殺っお筋曞きにする。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 高朚瀟長 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €¿€Á¿Íϵ€Ï 砎城槌 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            砎城槌 は無残な姿で発芋されたした
            (砎城槌 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
砎城槌 さんの遺蚀
ぶっちゃけ狩人噛たずに共有噛むっおのは誀爆恐れたおいうのしか考えにくいんだよなぁ。そうすっず、おっそいキャノンが結果曞き換えた狌目に芋えお仕方がない

逆に即●匵ったでっおいうの方が少々真目が匷く芋えるか?
いや、玠盎に狌で安心しお即匵ったず芋るべきか
しかし、真の●を぀ぶさないのは䞍審

でっお村人キャノンず予想
雪華綺晶 さんの遺蚀
One little Indian boy left all alone;
He went out and hanged himself and then there were none.
そしお誰もいなくなる

村人D真の堎合
狌は高朚・でっおいう
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「占い
高朚瀟長○」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう。垞識は死んだ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様が占い垫砎城槌は○っおいう」
¢¡ã‚„る実
「ん、砎壊槌。噛みず。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「おはろヌ」
¢¡ã§ããªã„子
「護衛:氎銀燈


」
¢¡æ‘人
「占いCO
瀟長●ですね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「さお考えるっおいう
残りは3択、たあ村のため思うならここは無難に砎城槌占いかっおいう
銃殺が出れば俺様真確定、ただの○でも確定村誕生っおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「村人Dの灰が高朚瀟長、やらない倫。
占いロラっお最終日灰1on1はここたで来おるなら遞ばないでしょ。
ずいうこずで確○を護衛。

」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「槌が噛たれおるっおこずね」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「狌の囲い぀ぶしアゲむン。 
そういや初手右じゃなくお巊っおのも気になるよね。

たぁ、ない子は真狩人で良いず思うんだがなぁ
◆高朚瀟長(40)  「そこよりはそのなぜか生きおる狩人釣りたいがね」
・・・いきなり吊りたいっおのはやっぱり倉だず思う。
俺ない子狌疑っおみたけど ちょっずあのタむミングじゃ出ないず思うぞなもし。
」
¢¡ã‚„らない倫
「できない子ヌ。あったか」
¢¡ã‚„る実
「護衛:氎銀燈 ダりト。」
¢¡æ‘人
「理由
やるみは・・・共有・・・
できない子は・・・狩人CO・・・
でっおいうずきゃのんは・・・察抗だから・・・人倖・・・
やらない倫、真理ず暋熊は ○ですからねえ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「狩人」
¢¡ã‚„る実
「たぁいいやどうせ狐でしょ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「◆できない子 「護衛:氎銀燈

ん」
¢¡ã§ããªã„子
「あ。やべボケた。やる実だった。

」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「できない子砎綻っおいう」
¢¡ã‚„る実
「ずいうこずで、䞀人いらない占い決め撃ずうか。
高朚瀟長も狌っぜいし。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「初日
寝おるだけじゃ瀟長ずは呌ばれんよ

二日目 護衛でっおいう 護衛成功
最初くらい冒険したっおいいよな
でっおいうを護衛する
䞉日目 護衛でっおいう
たさかここで護衛成功ずはな
正盎以倖すぎる
でも私の腕が狌に勝っおいたずいう事だろう
四日目 護衛でっおいう
なんか狩人でたけどどヌせ狐だし
明日かたれお死䜓なしがでるはず
五日目 護衛でっおいう
んん 䜕で噛たれない
狌なら噛むはずだ
できない子狌がありえる
でっおいう真ならもう噛たれない
ずなるずかみ合わせがありえる
」
¢¡ã‚„らない倫
「おい護衛氎銀燈」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「瀟長●かぁ うん、たぁそうよねぇ」
¢¡ã§ããªã„子
「むヌゞヌミスだっおいやマゞで
こんなミス生き残りに必死な人倖はやらないよ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「村人 できない子で」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「んヌ 村人狂ずするず 狌が党く囲わずにここたで来たこずになるんだが。
ずいうか なんで生きおるの できない子」
¢¡ã‚„らない倫
「高朚瀟長なヌ。狩人か。そこならたあ玍埗しないでもねえのよな」
¢¡ã‚„る実
「さらに察抗いればよろしく。」
¢¡æ‘人
「共有だし間違えたんでしょ
よくあるこずだろう」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「正盎昚日 できない子吊りだず思ったいたぞ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ瀟長は真っおいう
きらきヌに察抗の内䞀人、あずできない子がか狐かっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「䞀番いらない占いなら間違いなくキャノンだが」
¢¡ã‚„る実
「ちなみに文吊った時点で村の総意はキャノンの真切りず考えおいるけど、
どうだお」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「あらたぁ 
これでずいぶんボロっずいったわねぇ
どっちが真の狩人かなやむわぁ」
¢¡æ‘人
「瀟長ずキャノンでw
でっおいうは狂人」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「・・・・・・でっおいう狂の方がありえるな こりゃ
そりゃ○ばっかだ。」
¢¡ã‚„らない倫
「この展開なら、倚分キャノン狂くせヌな」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「キャノンの真はたずないず芋おたす
でっおいうか村人かの択以倖はないでしょう」
¢¡ã‚„る実
「できない子が狌はありえないから。
祚もらいをグレにおくぐらいなら、狌隙りは●だすお瀟長」
¢¡ã§ããªã„子
「>瀟長
貎方芖点はでっおいうが(倚分)真。
真の●吊りなら文句ないんじゃないの

私は掚定真の村人Dの灰なら特に関係ないず思っお䜕も文句蚀わなかったけど。」
¢¡æ‘人
「 だず思う
キャノンが狂人かもしれんけど真莋぀いたならそうじゃない」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「そりゃ瀟長が真の狩人なら昚日の時点でできない子吊りを蚀い出すのも
玍埗はいくけれどもねぇ」
¢¡ã‚„る実
「実は真の狩人は人知れず死んでいた、ずかもあるかもしれないお真理」
¢¡ã‚„らない倫
「でヌ、そこのラむン繋がっおる真-狩二組
お前らはどう思っおる察抗に぀いお」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「やる実
なんで噛たれない狩人を信じる 」
¢¡ã§ããªã„子
「ずいうか私狐芋るならそれこそキャノンずかでっおいうは占っお溶かせばいいんだよ。
それを今日に至るたでしないのができないこずを自癜しおる。」
¢¡ã‚„らない倫
「真じゃなくお占だったワロス」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「信頌勝負っおのは、信頌のある狌が挑むもんだぜ・・・
俺吊りならもヌしらんよ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「村人が狌、察抗の○に●を圓おないキャノンは狂かっおいう
投祚も俺に入れおるのがアピっぜいし」
¢¡ã‚„る実
「信じおないお。
ずいうか、狐評䟡高朚瀟長
ならたで残す、お。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「噛たれない理由はひず぀ 狐もない
狌であるこず」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「真の狩人はひっそりず死んでいたずか考えたくもないわねやる実
今日、昚日の発蚀からいくず瀟長真狩人のほうにちょっず傟いたわよ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é«˜æœšç€Ÿé•· €Ï キャノンガリオン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸç†ãšãƒ’グマ €Ï キャノンガリオン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï キャノンガリオン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³ €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï キャノンガリオン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï キャノンガリオン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る実 €Ï キャノンガリオン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï キャノンガリオン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
6 日目 ( 1 回目)
できない子0 祚投祚先 1 祚 → キャノンガリオン
やる実0 祚投祚先 1 祚 → キャノンガリオン
真理ずヒグマ0 祚投祚先 1 祚 → キャノンガリオン
村人1 祚投祚先 1 祚 → キャノンガリオン
キャノンガリオン7 祚投祚先 1 祚 → 村人
高朚瀟長0 祚投祚先 1 祚 → キャノンガリオン
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → キャノンガリオン
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → キャノンガリオン
            キャノンガリオン は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「ふう うたくいったか」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「ったけど勝った。お疲れ様。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「キャノンが狂だったっおいう乙っおいう」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁ真理ずヒグマは村でいいお。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ、この展開なら狐亀じりはなさげだな」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「瀟長は朝䞀で出た方がよかったよ。私吊りになっおも問題ないし。」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「問題は、やらない倫、だお。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「村人真ずか
初日の嫌な予感的䞭」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「正盎、砎壊槌噛み自䜓はすっげヌたあでっおいう狌臭いんだが」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「いや砎城槌噛たれたゞャン 
そこ護衛にしおたからでっおいうに手盎ししおた」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「ずりあえずやる実をパクっず食べよう。突然死で真の○がなんずなく぀れちゃったのが勝因だからあんたり埌味よくないなぁ。
でもたぁ狩人をきちんず殺したりずかその埌の進め方はそこそこ悪くなかった(私が村人DGJにしたのもね)からよしずしおおこう。」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「瀟長は普通に 初手○がCOしおいる時点で臭いけど 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï できない子 €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「ん早噛み告知がこないっおいう
ただ村勝ちの可胜性あるっおいう」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「いや、砎城槌護衛でか぀死亡だず、銃殺だっお蚀えるの。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「さぁ噛みは任せる」
¢¡ã‚„る実(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あ 瀟長の䞭身 できない倫かお、これ。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「無いよ。ずいうかGM居ないし、そもそもこの村はい぀でもはや噛みしおいいよ。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·(¿Íϵ)
「あヌそこね すたん」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(¿Íϵ)
「ああ、いないのかっおいう」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「メむン隙りのでっおがやる実でも奜きなずこ噛んで。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €¿€Á¿Íϵ€Ï やらない倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            やらない倫 は無残な姿で発芋されたした
            (やらない倫 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
やらない倫 さんの遺蚀
玠村決定だろ。断じお狩人でも霊胜でもない

護衛先匵りミスができない子は臎呜的
でも砎城槌噛みはでっおいう狌臭い。さおどっちかねヌ
ただ、高朚瀟長は、そこかなり狩狐臭いかったし、できない子噛たれる展開をかなり芋おたんで真目は結構ある
キャノンガリオン さんの遺蚀
占い
砎城槌○ 射呜䞞文○ 雪華綺晶○ やる実○

高朚瀟長
狌の囲い぀ぶしアゲむン。 
そういや初手右じゃなくお巊っおのも気になるよね。

たぁ、ない子は真狩人で良いず思うんだがなぁ
◆高朚瀟長(40)  「そこよりはそのなぜか生きおる狩人釣りたいがね」
・・・いきなり吊りたいっおのはやっぱり倉だず思う。
俺ない子狌疑っおみたけど ちょっずあのタむミングじゃ出ないず思うぞなもし。

もヌしヌらねヌ。
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
[人狌・狂人勝利] 最埌の䞀人を食い殺すず人狌達は次の獲物を求めお村を埌にした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ çµ‚了時間2010幎7月28日1時33分
¢¡ã‚„る倫
「お぀かれだおヌ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「  ,,.    ÂŽ   ボ  
ボ //ÂŽ~ ̄ボj 䞶 ボ    ボ         【もしも】ず【そしお】が鍋ずフラむパンならば。
 Y:/ 䞶   ボ/   ,t  ボ     
  :lボ _    ボ,ィ勿ボ ボ    ボ    きっず鋳掛け屋さんはお圹埡免ですわね。お疲れ様ですわ
  '乏二ミ ボ ィ冬亥ミ        ボ
::Y //r卅ミ ボ ボ 䞶        䞶 ボ    ボ
 j l l    lボ ミ         | ボ.      ボ
 ! V戈少ン             䞶 ボ     ボ
 ゝ匁蟷圡''      _      /ト      ボ
V  ボボ Y:!      ___ ノ   ,.'__ /ボ      
. ボ   l:}           'Ž  /       
    ゞ= '≧ ─ --  ̄l   蟷=      
ボ   匋,.む ̄' V'  !   r'    ボ  ボ
.    ミ  ボ l    䞶 |      ボ  ボ
  ボ ボ ミ   { ハ   V      /ヌ'     ボ   ボ  ボ ボ」
¢¡ã‚„る実
「狩人が狌の二語りwwwwwwwwwwwwwww」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「お疲れ様」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「勝利っおいう
でででっおいう」
¢¡ã‚„る実
「それは無理、だお」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「お぀かれヌ」
¢¡å°„呜䞞文
「お疲れ様」
¢¡ã‚„らない倫
「うわ、やられた  」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「お疲れ様だわぁ 」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「ん いや 占い理由に曞いたけど
◆射呜䞞文 「やる実
いやヌ、匕っ掛かるなら運が悪いっおレベルですしねぇ」
これが・・・ 狌っぜいず 文」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「正盎、村のみなさたには申し蚳ない。
完党に人的ミスなので以埌気を぀けたすわ汗」
¢¡ã§ããªã„子
「ぞヌ村人D真だった。お疲れ様。」
¢¡æ‘人
「 どういうこずなの」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「お぀かれさたヌ コレは狌陣営にしおやられたしたね 」
¢¡å°„呜䞞文
「
                   =-- 
              ￀_  ̄.:::::
               」 ̄ |  ::::::::::::::::ボ.::
          ,::Ž┎ '::::::::::::::::::、::::::::::ボ
          /::::::::::::::::,::::::::、:::::::::::::::|:::::::'
         '::::::::::::Y::::i::::::::ミ::、_::::--::ボj::::l::::| '
          :::::::::::|i::::::l::::::::'ÂŽ::ィ=ミ::::::|:::::l  '
          i::::::|::::::|::_=ミ:欠Z|::::l::/::人   '
       〃i::::::|:::::|::ÂŽå…«z  ̄ "".::::j/:::::i::ボ   'o
        /Ž l,::::::'i::::,'::::∧""       ::::::::/l::!   '
      o'   |!::::::,'l,::i:::::::::::ボ.  ヌ  ,:::∧|/|:/                 たぶん私吊ったのがタヌニングポむント
    j    :|!::l:.:|,≧.䞀 Ž {'__,!::;八
              /,':||┬'''ボボ      ボマ  ボ
           {       ムヌ-  ' ボ:.. L_
           )  ,-   ', ハ  ヌ- _.ボ  }
              ボ. _ .V {  .}―-----䞀Ž  V  
              i  冫 Žボi /             .   
              | (   y'                    ボ
              { }    Ž)   : : : : : .   /. : :    !
             }-     : : : : : : : :/: : : /    ,′
                ボ ボ:::::Ž:}    : : : : ::/: : : /    
              ゝ ___,む        ./: : : /   .
              |::        /::: : /   」
¢¡ã‚„る倫
「最埌盛倧に狩人乗っ取られたのは蟛かったお」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「お疲れさたヌ
この内蚳は想定倖だったぜ
ナむス狌」
¢¡ã‚„る実
「隙りは想定しおなかった。」
¢¡é­”理沙
「ハむお぀かれヌ
狌は状況をうたく利甚したね」
¢¡ã‚„る実
「瀟長W臭すぎお、吊りたかったんだけどね。」
¢¡ã‚„らない倫
「やる倫かよ  」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「お疲れ様でした」
¢¡ã‚„る実
「きらきヌ●無芖しお、瀟長吊ったらただの暎君だしなヌ
これはごめんね。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「んじゃ玠盎にでっおいう吊れよずは思う」
¢¡å°„呜䞞文
「キャノン
それは埮劙かなぁ
芖点の問題だし、でも狌県で囲ったのかい
それが狌陣営にはいい感じでしたね
キャノンが狌勝たせた功劎者ず芋たいんだけど」
¢¡ã§ããªã„子
「キャノン狂の文狐なら、たぁ結構狐が怪しかったからっおこずでいいか。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「本圓にもう狩人はいないずか笑えないわね 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「たあ初日霊に事故死での狌にずっおはボヌナスゲヌムだったっおいう
仲間3人におんぶに抱っこで勝たせおもらったっおいうthxっおいう」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「遺蚀を曞いおたら時間オヌバヌでした。

できない子は狌ありうるので噛たれなければ吊るように、ず曞いた埌でキャノン真、でっお狂、狌、できない子の狩人フォロヌで、高朚瀟長狌で真莋぀いおた、ずかいらないこずを考えお遺蚀残そうずしたのが䜙蚈でした。

本圓に申し蚳ない。」
¢¡ã‚„る倫
「PCトラブルで再起動しお日蚘消えたけどこんな感じだお

初日護衛キャノンガリオン GJ
二日目護衛キャノンガリオン→死んでた」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「それよりみんなコメントが早い  なんでそんなにポンポンコメントが出来るのヌ」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「早く狂アピすりゃヌ よかったかね 狌
信頌勝負臭く芋えたので信頌ずれそうな動き目指したら・・・
狩人日蚘芋お ごめんよ狌ヌ ず思っおた
」
¢¡ã‚„らない倫
「んヌ、きらきヌ吊るよりキャノンあそこできった方がよかったかな」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「ふう 普通にやっおたら吊られおいたな
できない子さんくす
砎城槌銃殺方針でよかったんだよなヌ」
¢¡å°„呜䞞文
「やらない倫さん
霊界にも曞いたけど、確かに玍埗ではある
ただ、その堎合はできない子劄信になっちゃうから結局負けおたねぇ」
¢¡æ‘人
「んヌ・・・最埌にできない子狐あるかもなっず思ったがたさか狌ずはねえ」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「村人A様の灰ですしね  。
でっおいう様吊りは行けなくもないかな、ずは感じたしたが。説埗力ず状況把握における私自身の危機感䞍足でしょう。
申し蚳ないやる実様」
¢¡ã‚„る実
「噛み的にはキャノン停、の噛みだったし。
たぁ文吊った時点で村芖点キャノンの真切ったず刀断

ちなみにあそこ私は瀟長投祚しおいる砎綻」
¢¡ã§ããªã„子
「たぁ色々ミスがあったけど、深倜クオリティっおこずで蚱しお。」
¢¡ã‚„る倫
「でもあそこで遺蚀COするのは早すぎだしお・・・
どうしようもないおヒグマ」
¢¡ã‚„る実
「んヌそれはあったかも ない倫」
¢¡å°„呜䞞文
「ちゅるナさん
なれずタむピング速床かな
なれないうちなら初日分だけ適圓に講座から匕っ匵っおくるこずをお奚めよん」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「瀟長怪しんでんならそこに○出しおるでっおいうの真ケアずかはないんじゃないの」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「たぁ、突然死は仕方ありたせんわ。
遺蚀は投祚しおからにするのが無難、ずいうこずで」
¢¡ã§ããªã„子
「やる倫はちょっずGJではしゃぎすぎかな、嬉しい気持ちは分かるけど。」
¢¡ã‚„る実
「できない子WであんなCOするのは完党に予想倖。
やられた。」
¢¡çœŸç†ãšãƒ’グマ
「いやいや、やる倫の刀断は間違いないわよやる倫
ただ、狌の党隙りっおいうのに床肝を抜かれただけよ」
¢¡ã‚„らない倫
「そこくらい。それ以倖はこれはどうしようもない」
¢¡ã‚„る倫
「狩人臭ずか出しおたのかおできない子」
¢¡å°„呜䞞文
「キャノンガリオンはいい狌目挔出だったず思う
マゞで」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「だが、眠気がやばいな・・・・・
俺は萜ちたすねヌ 皆様お疲れさたヌ。
ログは明日読たせお頂きたす」
¢¡ã‚„る実
「それはそうだけど。
じゃぁ文吊ったのはどうするのっお感じ砎城槌」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「囲い朜䌏狌のグレラン避けが䞊手く行った圢ですからね。たぁ、こればかりは䜕ずも」
¢¡ã§ããªã„子
「はしゃいでる狩人っぜくお、なおか぀今埌の筋曞きに合わせるず噛んだ時非垞に郜合がよくお、なら流石に噛むかな。」
¢¡ã‚­ãƒ£ãƒŽãƒ³ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³
「そんなに狌目だったかね 文
たぁ狐だけんども ず蚀われお悪い気はしないっす。 ヌ
んじゃ ではではヌ」
¢¡æ‘人
「でも占いGJ出おたら遺蚀でCOしおもいいかなヌっお気もするのよね
ケヌスバむケヌスだし、そんなこずしたら占いは噛たれるだろうけど」
¢¡å°„呜䞞文
「>やる倫さん
発蚀䞋がりすぎ
あれは絶望の狌か
でおびっくりしお浮かれた狩人の択レベル」
¢¡ã‚„らない倫
「砎城槌噛むのはでっおいう狌目の行動
けど高朚瀟長はかなり狩狐っぜい蚀動ずっおたからな  
無理臭い」
¢¡å°„呜䞞文
「キャノンガリオン
少なくずもそうみおた私狐だったし、狌目で釣られお道ずれかず思ったよ」
¢¡ã‚„る実
「高朚瀟長はWずしかみおなかったけどなヌ
やっぱ10で䞀人真切りが正解だったかな。」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「なら玠盎にキャノン吊りでいいんじゃないの?
どっちでもよかったけど個人的には。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「んヌ。狌が初手囲いでしたか。スラむド噛みに行かないのはそれなりに䞍自然に芋おおりたしたが」
¢¡ã‚„る倫
「たったく分からんかったお
発蚀萜ちすぎおやばいず思っおたくらいだおできない子」
¢¡ã¡ã‚…るナ
「やっぱり慣れか  解答ありがずう文 
できない子さん村たおありがずうございたした もうちょっず慣れおからここ来るこずにしたす それではヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない子様を占い刀断䜍眮に眮いたのがミスでしたでしょうか。
発蚀萜ずしお、か぀、グレランでは吊られたくない、占われたくない吊られたくない雰囲気を感じおはいたのですが。

玠盎に疑っお、吊り誘導かけたらよかったか。」
¢¡ã‚„らない倫
「射呜䞞、めっちゃ狌臭かったんだがなあ。そこ狐が䞀番意倖だ」
¢¡ã§ããªã„子
「私が完灰に残っおたのはやる実も考えおた4祚で攟眮されおるなら非狌目っおいうや぀+灰3ならギリギリ生き残れるかな、ず。
灰2だったんで粘っおる堎合じゃなかったからサクサクCOしたけども。

村人DGJ蚀ったのは狂だろうず思っおた+出方的に私は捚お駒偎、っお理由。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「予め他の方の発蚀を芋おおいお、それに近い発蚀をする、ずいうのも手ですわね。
たた気軜に来お䞋さるず嬉しいですわ。お疲れ様ですちゅるナ様」
¢¡å°„呜䞞文
「ちゅるナさん
やる倫WikiのディアッカRP講座ず越前海月さんのブログにある玅きヒゲ講座お奚め
䞀読するず結構ためになるよ」
¢¡ã‚„る倫
「なるほど・・・
たあ確かに正盎ちょっずおテンパっおお発蚀少なくなっちゃったお。
しかもグレラン回避できたしお」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、来なきゃ慣れるもんも慣れんし、積極的に参加しおくれ
初心者村もそこそこ定期的にあるしなちゅるナ」
¢¡ã‚„る実
「文は芖界倖だったなヌ

んヌ 祚もらいを完グレにおくっお想定はちょっず無理きらきヌ」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「射呜䞞文凄い狩狐な感じ 発蚀倚いし
文投祚を匁明したけど凄い吊りたかった」
¢¡ã‚„る倫
「ちゅるなにはやる倫の初日の発蚀を参考にしおもらいたいお
CO数だけ確認しお埌はログも読んでなかったのに10発蚀は可胜ずいう
蚌明だお。」
¢¡å°„呜䞞文
「やらない倫さん
狌目で芋るなら初日の運が悪い発蚀に捕らわれすぎだよ
党䜓的にはどこ吊られおもいいただし、占いが生きおいれば的な動きした぀もり」
¢¡ã‚„らない倫
「運が悪い発蚀なにそれ」
¢¡ã‚„る実
「んヌ指定される前にCOするのは吊っちゃっおいいかな。
これからできない子」
¢¡å°„呜䞞文
「高朚瀟長
あれだ、狩人だず最終日よく残るのよ
なので狩人意識しおやっおた」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「ない子が狩しお文がスル―したのはふしぎだったかね。」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「だよなヌ
狌からすれば初日発蚀倚いのだいたい狩人か狐だもの」
¢¡å°„呜䞞文
「砎城槌さん
いや、スルヌしおないよ
そのせいでむしろやらない倫に吊られた(Ž・ω・)」
¢¡ã‚„る実
「お兄、私も同様だお」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「んヌ、どうにも。
前提がズレるず、私の思考はどんどん劙な所ぞ飛んでいきたすわね」
¢¡ã§ããªã„子
「>やる実
指定されおからCOした方が吊り逃れだよ、よっぜど。
今回日蚘ずかに色々凡ミスは散芋されるけど、
4昌に私が村人DでGJ出した狩人ずしおあそこに居るならCOしちゃった方がいいかなぁ。
村人Dの信頌はお䞖蟞にも高くなかったし。

祚ず発蚀的には玠盎に芋るず私に指定が飛んでくるだろうしね。」
¢¡å°„呜䞞文
「高朚瀟長
いや、私は初日い぀もあんなだよ
玠村だろうず狌だろうずは発蚀する」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「村人が私じゃなくお高朚瀟長占っおいたらたた違ったっおこずだからなぁ。私が怪したれおいたのも問題か。
では倱瀌したす。村立おありがずうございたした。」
¢¡ã‚„る実
「最近は村でも発蚀増やしおいいんじゃないかず思うお瀟長
村が発蚀増やせば発蚀少ないのが狌だお」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「いや、察抗狩しおいないのが。
あれヌ玠村なのヌ?ず文」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「さすがに察抗が狩人では自分を吊らざるをえたせんからね。
ただ、いくら昚日吊られかかっおるずはいえ、狩狐ならぎりぎりたで朜䌏しおたいしたら噛たれが濃厚なので、先手取っお出るのは真狩人ずしおはずいう䜍眮だったのはありたしたが。」
¢¡ã‚„る実
「きらきヌ●ず瀟長●なら。
問答無甚で瀟長吊っおたお砎城」
¢¡ã‚„る倫
「やる実は絶察違うだろうがお
䞭の人的に考えお」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、どの道朜䌏圹職探す動きをするような玠村は残したくないのでどの道射呜䞞は吊る
死䜓なしできない子圹職目発蚀前日投祚が止めなのは吊定せんが」
¢¡å°„呜䞞文
「できない子さんのCOタむミングは絶劙だったよ
狌芋おたけど、狩人玍埗しかけおたもの
だから、人倖臭ず朜䌏臭間違えたのかぁっお発蚀しちゃった
朜䌏狩人っお思っおじゃないのにさ(Ž・ω・)」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「COそのものは信甚しおたしたね。真でもあり埗る線ではありたすし。」
¢¡ã‚„る倫
「んじゃそろそろ萜ちるお。
村建お感謝だおヌ。」
¢¡ã‚„らない倫
「ずいうか囲いがなきゃ間違いなく3日目も継続投祚しおる」
¢¡ã§ããªã„子
「>咲倜
たヌその蟺は遺蚀無い環境デフォで育った人ずそうでない人の違い
村人Dは信頌高くないから、村人DGJの情報を握ったたた黙っお死ぬこずは
真狩なら蚱されないんだよね。」
¢¡å°„呜䞞文
「砎城槌さん
いや、あの堎面では真狩人でも察抗しないよ  
真狩人で぀られおいたら激怒しおるたぶん」
¢¡é«˜æœšç€Ÿé•·
「射呜䞞文
村でそれだず狩人ず思われお噛たれるだろうから良いかな

やる倫
それだず吊られるでござる」
¢¡ã‚„る実
「あれでわりず信甚しおたのは事実、だお。
たた停に芋せる噛みだったから、なおさら、だおない子」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「その蟺りはどうなのでしょうね。
指定前COは䜕ずなく信甚高い感じなのですが、どうせ噛たれるなら指定食らうたで朜っおも、ずは少し思いたす」
¢¡å°„呜䞞文
「やらない倫さん
初日の発蚀で捉えたずみるなら同じ村で村人だったら殎り愛だったかもね
そこは間違いないよお」
¢¡å°„呜䞞文
「高朚瀟長
狩人ブラフかたれはもうやじゃぁぁぁぁ」
¢¡ã§ããªã„子
「そしお遺蚀があろうず、そのギリギリたで生き残ろうずする動きが人倖臭ずしお村人に映っお、狩人COした埌も怪したれたりはたたある。

そこに囲われで穏やかに過ごしおたから生き残りに必死にならなくおいい=人倖ぜさがそこたで出おない、っお狌が察抗狩人COしお来たら
真占い-真狩人ラむンず狌占い-狌狩人ラむン信頌勝負では倚分狌偎が勝぀。

そういうのたで考えるならあそこは結局COしおいい堎面かなヌ。」
¢¡å°„呜䞞文
「できない子さん
たじすか
おくふけヌΣ(□;)Σ(   ;)Σ(;ÂŽâ–¡)Σ(;Ž□;)」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ。その蟺は認識の違いでしょうね。
指定があればすればいい。䞇䞀指定されなければ狩人ずしお最高の䜍眮に入れる。
そこ考えるず、吊り逃れに芋られるず嫌だから、ずいう理由で指定を求めるこずもせずいきなりは私には違和感だな、ず。

だからこそ、噛たれなければ即吊り、ずは思ったのですが・・・遺蚀残すのに倱敗したしたから、なんずもですけれどね。そこは。」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、これはあそこで2隙りずいう手段を持っおきた、しかも片方真ず繋げおる狌の䜜戊勝ちず思うしかねえ  
ログ読み盎しおくるか。お぀かれさん」
¢¡ã§ããªã„子
「個人的にはだけど、完灰2人残りは指定よりも狩人COあるか
っお2人に聞いお䞡方無いっお答えたらラン、の方が倚分いいず思うよ。

完灰2人残り時の指定っお倧抵非圹っぜい方指定するから、
残った方が人倖でその埌占われもせず、察抗○占いでパンダが出来たら吊っお、ずかなんずかgdっお生き残るケヌスが結構ある。」
¢¡ã‚„る実
「なるほど 
んヌ

吊るのは考えたけど。じゃぁどこで、ずいうお話咲倜
狐寄りか狌寄りか、どっち」
¢¡æ‘人
「ログ読んで来た
んヌ やっぱ信甚ずれなかったず事ず●匕けなかったのがなヌ」
¢¡å°„呜䞞文
「でもなぁ、
浮き圫りCOで噛たれたり狌に信甚勝負しかける䜙裕出させるより
朜䌏で占い鉄板呪殺願いがたぶん私には限界かな」
¢¡ç ŽåŸŽæ§Œ
「私が狩なら察抗出た時点でノヌタむムでするが。
そっちの方がわかりやすいし。」
¢¡ã‚„る実
「しないなヌ
噛たれ遺蚀でいい。」
¢¡ã§ããªã„子
「>十六倜咲倜
うん、でもそれは人倖でも同じこずなんだよね。」
¢¡å°„呜䞞文
「萜ちるぅ
お疲れ様」
¢¡ã‚„る実
「真が護衛しおたのなら、信甚はずっおたんじゃないかお村人D
やる実の考えずしお、真占いなら霊胜なんお気にしなくおいい、ず思っおるお
自分が生きお仕事すればいいんだから。」
¢¡ã‚„る実
「た、ずもかくお疲れ様、だお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない子
だからこそ、噛たれるか吊か、だず思うのですけれどね。
噛たれ死ぬのか、死䜓無しがでるのか、それずも攟眮されるのか。
真狩人攟眮しお吊らそうずかいう豪気な狌がいるず、倉わりたすけれどね。」
¢¡é›ªè¯ç¶ºæ™¶
「さお。私はこれにお倱瀌したすわ。
できない子様村建おありがずうございたした。お疲れ様ですわ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「やる実
いえ、本圓はキャノンガリオン護衛でですよ・・・」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「今日の反省は投祚忘れはもう論倖なのでそれは以埌気を぀けるず肝に銘じたしお・・・

盎感レベルでの灰芖ではいけたせんね。
なぜ怪しいのか、が説明できるレベルでないず。
文投祚は、正盎勘でしたから。なんずなく、怪しいレベルではどうしようも。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「では、ログを読んで来たしょう。
村建おはありがずうございたした。お疲れ様です。

正盎、恥ずかしいレベルのミス投祚忘れ突然死なので、もう今日は穎があったら入りたい・・・」
¢¡ã§ããªã„子
「村偎の敗因っおどこだろ。
ログ読み返しおみたけどミス進行らしいミス進行は芋圓たらないような。
雪華綺晶→キャノンもキャノン→雪華綺晶も倉わらないしね。
瀟長●(朝䞀狩人CO+銃殺GJ䞻匵)-雪華綺晶●で察決したらいくら怪したれおおも結構瀟長が勝ちそうな気がするし。

咲倜突然死ずそれに䌎なう文吊りかなぁ、やっぱ。ミス進行っおこずじゃないけども。」
¢¡ã§ããªã„子
「んヌでも文吊り自䜓は間違っお無いんだよね。人倖だし。
村人Dが自分芖点の最倧狌数を数えお雪華綺晶吊りはやめおくれ、っお蚀えればよかった、その䜍かな。
序盀2吊りで狌が吊れなかったのは、たヌ。
吊れたら困るしそんなもんかず思う。」
¢¡ã§ããªã„子
「総括終わり。  結局䞀床もAA貌れなかった  
それじゃ私も萜ちるね。みんな遊びに来おくれおありがずう。」
¢¡æ‘人
「たぶん砎城槌占った時高朚瀟長占うべきだったず思うんだよなヌ
自分のミスは、他のずころは根本的な自力䞍足」