¢«Ìá€ë
【流石1256】やる倫たちのゆうどき普通Œ¡¡¡Á晩ご飯前にひず぀。¡Á[6ÈÖÃÏ]
僕はおいしくないよ ◆身代わり君
 (dummy_boy)
[狂人]
(死亡)
面劖な ◆貎音
 (いぬふく◆YixbbUXD7E)
[村人]
(死亡)
さヌお、じゃあがんばりたしょっか 垞識的に考えお ◆やらない子
 (りマノホネ◆GNJMJEisMY)
[村人]
(死亡)
仮ず玫の境界を操る皋床の胜力 ◆八雲玫
 (MGHS◆jXNWJAsN9Q)
[村人]
(死亡)
銃殺ずは ◆氎銀燈
 (tk◆Msgo7V7vNY)
[霊胜者]
(死亡)
あらあら ◆あずさ
 (かたん)
[人狌]
(生存䞭)
初効鯖参戊にゃヌ ◆ネコカオス
 (゚ビみりん)
[共有者]
(死亡)
さくら色 ◆桜逅
 (DS)
[村人]
(死亡)
䞉枝 葉留䜳はダクタタズからゞョブチェンゞした ◆䞉枝葉留䜳
 (◆e596wfOJqI)
[共有者]
(生存䞭)
䞉分の䞀の確率で狐匕きたす。 ◆烏賊
 (mutuki◆t.kMeYlHIk)
[村人]
(死亡)
雛苺なのヌ ◆雛苺
 (ザンブロッタ)
[占い垫]
(死亡)
玅茶が欲しいのだわ。 ◆真箅
 (きゅヌえい)
[劖狐]
(死亡)
ゲヌムの攻略は俺に任せろ ◆TASさん
 (eight)
[村人]
(死亡)
ねおおきたら ひだりおがいいかんじに ◆そうせいせき
 (アズ)
[狩人]
(死亡)
ですですぅ ◆翠星石
 (trial◆iDXZwpU.VA)
[人狌]
(死亡)
でっおいうwwwwww ◆でっおいう
 (アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
[人狌]
(死亡)
 ◆できる倫
 (汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
[村人]
(死亡)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「お芋事なのだわ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「これはドヌルズ同士の面癜い闘いなのだわ
誰がアリスになるのかしら」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「ん、たあ。
䞍慣れな真ずいうのはこうしお速さず理由の必芁さ埌者は自分はいらないず思うけどを知るのだわ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「ありがたく貰っおおくのだわ名誉
さ。狌勝ちしか芋えないこの状況」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「雛苺:占い
氎銀燈:霊胜
蒌星石:狩人
翠星石:人狌
私:狐」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「お疲れ様なのだわ。」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「・・・雛真かヌ」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「できれば共有には明日撀回しお欲しかった・・」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「ここで雛噛みか
さおさおどうなるか」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「おっず雛苺噛み
これは雛苺の胃には優しいのだわ
来たらうにゅヌあげたしょ」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「優しい狌だねヌ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「雛苺は倧䞈倫かしら。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「ここで突然死が起こったらシステム的に」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「ううう、䞍甲斐ないのよヌ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「お疲れ様なのだわ。」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「お぀かれなのヌ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「人狌初めおなのよヌ 占いっお厳しいね」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「お疲れさんさ これも経隓だ雛苺」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「次こそはなのよヌ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「たあ。初日銃殺ずいうのはあんたり巡っおこないものなのだけど。
次こそは、ず蚀っおくれるなら心配はなさそうね。」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「ちょっず勉匷䞍足だった
ログ芋ただけじゃ䞭々うたくいかないね」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「䟋えば、だ
出るのが遅すぎたなら
朜䌏しお●を探すのもちょっずだけある
もちろん信甚されるかどうかは厳しいず蚀わざるを埗ない」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「埌はグレヌランなら狌祚あわせで楜なんだろうねぇ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「なるほどなのヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「でっおいうを䌝統で吊れれば楜なのだけどね」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「そううたくはいかないか
お疲れ様なのだわ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「うヌん、雛がこの村を窮地に萜ずし蟌んだような気がするのよヌ」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「狩人しぬねぇ」
¢¡TASさん(eight)
「吊られたねっ戞」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「お぀かれさたなのよヌ」
¢¡TASさん(eight)
「たああそこたで芋事に銃殺察応決められたからこの勝負は負けで良いよ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「ん。狩人囲うみたいね。」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「雛噛む理由なんお真以倖ない
だっお雛ちゃん正盎吊れるし」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「初日で吊られそうになっお
ガクガクしおたのよヌ」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「翠真ならそれこそ雛噛みしおる䜙裕はない
狩人探さないずいけないのだから」
¢¡TASさん(eight)
「たああえおの狂人噛みっおのもあるけどね
それならグレヌ噛んで狩人捜したほうがありだからね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡TASさん(eight)
「ず思ったら雛の人は初かたあそれならドンマむずしか蚀いようが無いね」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「狩人○がどう䜜甚するか
これかな
」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「狩人が生きる
お疲れ様なのだわ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「占いの結果がどこにあるのか分からなかったのよヌ 」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「そりゃあそうよね」
¢¡TASさん(eight)
「お疲れさんっずきれいにドヌルズが就職しおいる村だね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「私が狂を匕いおおきたかった村ね
ノヌタむムで出おたわ」
¢¡TASさん(eight)
「たあこれに懲りずにどんどん参加しおほしい
次は無双占いを目指すんだ>雛苺」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「お぀かれさたなのヌ」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「おれ狂人なら無理
朜䌏しお吊り皌ぎくらいしかできんね」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「雛苺を切っおの氎銀燈ヌ翠星石の勝負になっおたでしょヌね。氎銀燈が狂人」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「あずさが翠の○でそれ蚀い出すのはたずいわねぇ」
¢¡TASさん(eight)
「初日銃殺のむレギュラヌなんおそんなもんでしょ>桜逅」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「ですよねヌTASさん」
¢¡TASさん(eight)
「なんにしおも占い垫は非ドヌルズならドヌルズを占うな
これ鉄則だね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「おおう、マゞで真狌かよ。」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「俺占い垫なら烏賊かさんだもの」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「さおあずミス
どこで䜿われるか お疲れ様なのだわ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「お぀かれさたなのヌ」
¢¡TASさん(eight)
「お疲れ前方埌円墳党滅だ」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「あの遅さはかんべんしおくれよ・・・」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「狙っおるんじゃねず蚀わんばかり」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「TASさん」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「真狌ずかあずから考えるっ぀ヌに。」
¢¡TASさん(eight)
「雛の人は初めおだそうだ、たあ倧目に芋おあげおね>烏賊」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「霊界はできる倫の子芝居でも芋おいよう」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「申し蚳ないなのヌ烏賊」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「初心者真でケアできるのはこれが限床」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「ずいうか烏賊吊るタむミングはTAS吊りの時だろよ・・・」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「明日翠●だしかねヌ」
¢¡TASさん(eight)
「消極的人柱が裏目に出たスマヌ>烏賊」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「やっぱり初心者村行った方がよかったのよね 」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「翠を吊っおもでっおいうずあずさ䞡吊りは無理」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「翠ず含め2吊り消費できるし」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「初心者村は倧抵マトモな進行にならないのでオススメしない」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「たあ。村は最悪ではない。
狩人がある皋床安党䜍眮だし朜䌏狂ずいう䞍安芁玠もないのだわ
グレのでっおいうを指定できるかどうかぐらい。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡TASさん(eight)
「狩人のノルマは2GJちょっずき぀いね>銀ちゃん」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「あずさは・・翠停に思うなら吊る䜍眮
でっおいうは そうせいせきず争うならでっおいう吊れそう」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「だから指定早過ぎるんだよ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「おっず噛たれたかお疲れ様」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさたぁ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「お぀かれなのヌ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「たあ。お疲れ様なのだわ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「あヌあヌこれはあれだムラき぀いわ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「正盎蚀っお無理ね
私ずGMの圹職を亀換しお欲しいくらいに」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「明日やらない子あたりに●を投げたらチェックメむトでしょうね。」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「コレ故に初日呪殺は狌有利なんだよ・・・」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「察応した堎合ね
今回の翠は申し分ない」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「た、狌が匷かったっおこずでいいさ雛」
¢¡TASさん(eight)
「いや、普通に初日銃殺は狌有利じゃたい>烏賊」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「んヌでっおいうはあずさ殎るか
そうせいせき蟺り殎っおおくのもありじゃないかなず」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「うむ普通に狌有利TAS」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「もっずうたくなれるように頑匵るのネコカオス」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「初日銃殺は狌有利ですがな 狐いないし察応があずあず䞍芁」
¢¡TASさん(eight)
「ぶっちゃけ雛が朝䞀番に占い結果出しおも五分五分だったから
今回は狌の察応が䞊手かったそれだけで良いよ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「た、俺も蚀うほど経隓積んでないし慣れだにゃヌ
お互い頑匵ろうぜ雛」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「あいお疲れ。」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「銃殺だしお噛たれる占い垫は沢山いるさ
俺もあったはず」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「お疲れ様なのだわ」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「お疲れ様です。」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「朜䌏狂人いるならここで いないけど」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「お疲れ様」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「ふむ、最悪展開ですね。
雛苺はどんたいですよ。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「 ズレたしたか。玫狌のあずさ村ず芋たしたが。」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「真狌考えおねぇっお蚀われたけど共も考えおねぇだろ・・・」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「皆の優しさが心に痛いの」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「7人時には必ずケアしろず
私の遺蚀が無駄になるわねぇ」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「ふむ、正論をいうずころが狌、ですか。」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「YES俺は少なくずも考えおなかったです
お蚀うかそれよりも予想道理ずいう発蚀で俺は吊りたかった二ダヌ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「できる倫の霊界サヌビスでも芋お楜しむのだわ。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「あなたは考えお、それを進蚀したのですか烏賊」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「たさにそれ 狌は正論しかいわないでありたすよ貎音」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「この堎合狌は勝おるゲヌムだからねぇ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「所でできる倫はさっきから䜕しおるんだにゃ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「できる倫は本圓にアレなのよヌ」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「普通に狂真しか考えおなかったさぁ☆」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「ふむ  停の可胜性の蚀及から考えるず私は吊られるわけにもいきたせんでした。
甘かったですね。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「本気で狂人よこせ、
翠ずの信頌勝負しお村を絶望させおやったのに」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「ならそのこずをいうべきですよ。
正盎、RPだけなのであれば぀られおしかるべき、
あずは吊られる発蚀しかしおいたせんからね烏賊」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「銀チャヌんRPそげおるよヌ」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「真狌は䌚っおいた。ず
そのうえで初日狂 」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「氎銀燈
ずなるず真玅の次どこらぞん占っおたかな」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「話すこずなかったしなヌ、できる倫ずでも絡んでりゃ良かった。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「そうねヌ
できる倫が雛盲信しおお面癜いからそこに●ぶ぀けおたず思う」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「ん・・・これさヌ
明日翠真を芋お念のため でっおいう吊りにならんん」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「できる倫か そこ○のほうが良さそう
流石に狌にあのムヌブ無理氎銀燈」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「でっおいうは吊りするず思う
最終日にやらない子を吊りするかどうか」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「でっおいうはグレヌにただいたすよね
ん グレケアしおそのうえで占いを぀るかどうか。」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「元々あずさずでっおいう
どっちかが残れば勝ちの戊いなのだわ桜逅」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「私に重芁なのは狂人アピよ
狌に●あおないこずが重芁桜逅」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「貎音-でっおいう-烏賊そんな内蚳いやぁああああああああああああああああああああああああ」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「だろうねヌ 囲いのあずさ グレヌのでっおいう
片方逃げ切り策」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「蒌星石がもうGJ出せたらいい勝負にはなるでしょうけど。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「だからできる倫に村確信しお●投げただろうず」
¢¡TASさん(eight)
「埌1回GJでたら勝負はわからないね
でっお明日吊れそうだし」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「ふむふむ アピ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「できる倫は正盎狩人ずは思っおいたな
アンだけハッチャけおるんだからどうだろうず思ったにゃヌ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「翠狌なら
翠芖点なおさら私真じゃない」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「ずころで村らぁめんよりも むらぁめんの方が発音がいい気がするのは私だけかしら遺蚀」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「䞉枝葉留䜳はおそらく翠星石盲信路線。
なにもないならこのたた終了。慣れない真の可胜性をずれない
村の責任、そういうこずですね、」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「蒌星石が狩人で、初日狂ですかヌ」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「それで狌䞀人囲った䞊で噛たれたなら最高かな氎銀燈」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「お疲れ様」
¢¡TASさん(eight)
「ずいうか初日の察応がすべおでしょ>たかね」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「お疲れ様です。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ様」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「そうせいせきはアズさんか。
なんかこえヌず思ったですよ。
狂もあるかず思ったんですが。」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「䞉枝葉留䜳(共有者) 「たヌ、でっおいう吊りかなヌ」
ふむふむ 最終日は確定  」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「お疲れ様なのだわ」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「ふむ  ケアで吊りしたしたか。」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「たぁケア吊りはしにゃヌず」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁケヌスずしお確認ですね。
真狂なら 狩人始末すれば、占いの性胜次第で、勝おる、ず。」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「あずさ(人狌) 「うヌん、狩人しおみようかしらヌ」

おや狌の様子が・・・
最終日狩人ラン」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「ケアで぀るですよ、圓然ここは。」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「狩人COするなら、でっおに任せおヌずころです」
¢¡TASさん(eight)
「同䞀占いの○から狩人COが2名出るっおのはちょっずね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「あずさが狩人COしたら翠砎綻なのよねぇ狂になっお」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「たぁ本気は今日のうみゃたん村でだそう。」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「朜䌏狂が十分あり埗るのが面癜いわね明日あずさヌそうせいせきが狩人CO」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「なんですよねヌ」
¢¡TASさん(eight)
「あずさが狩人COするっお蚀うのはない子狩人決め打ちずほが䞀緒だからね」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「それでも翠星石狌かしら」
¢¡TASさん(eight)
「それ以倖はたったく意味がないよね」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「あヌ蒌星石自䜓は狂ありそヌでしたしね。」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「確かにそヌなるですねヌ るヌらヌるヌ」
¢¡TASさん(eight)
「朜䌏狂人はありえるけどそれなら雛は䜕になるっおこずになるから
どっちにしろ翠は狌っおこずになるね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「お疲れ様なのだわ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ様ぁ」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「ロリコン乙」
¢¡TASさん(eight)
「お疲れ様っず寞劇面癜かったよ」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「できる倫お疲れ様、ですぅ。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「できる倫お疲れ様です・・・
その倉態道、感服いたしたす。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«(汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
「やはり雛たん真ですね間違っおなかった」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「お疲れ様、そしお自重」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「ずいうかなぁ、朝䞀指定はちょっず感心できんわな。」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「狩人日蚘だしおくれたほヌが面癜かったですぅでっお」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「できる倫お぀かれさたなのヌ」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「最初、ハルカが占いだず思ったからびびりたくりだったですぅできる倫
今回のケヌスは占い真がぬけそヌにねヌ時のいいケヌスになるんじゃねヌですか」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ずいうかここででっおいうが狩人COしないのは䞍備ずしか蚀いようがないのだけれど」
¢¡TASさん(eight)
「たあ遅い指定よりたしでしょラスト1分ずかで指定がくるより>烏賊」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「これでLW確定ず。
䞉浊あずさが狩人COしお、狩人決戊でしょうか」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「たあ。でっおいうを吊り予玄しおやらない子を぀るか吊かを考えようっおこずでしょう鳥賊」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「おそらく即指定の理由は自分の思考をたずめるためでしょうね。
䞭途にやっお結果有耶無耶な指定になるよりはよほどたしです。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「蒌匕きずり出しおでっお吊り→蒌噛みで最終日勝負が楜すぎる」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「狩人CO決戊か、蒌星石がGJだしお。やらない子吊っお、
私停の勝負か、どっちかですよ。」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「蒌が噛たれなかったらの話だがな貎音」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「たぁ最終日決戊。」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「しょうじき、今日でっおが狩人日蚘無かったのはもったいなかったですね氎銀燈」
¢¡ã§ãã‚‹å€«(汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
「早いCO盲信はコリゎリだからね。
今回だず頑匵れば残った占い隙りは芋えるんだけども、ちょっずキツいですね翠星石」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「囲いしよヌず思ったですけどね。
やめた、ですぅ。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«(汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
「ではご飯に行っおきたす。
勝おるずいいですね。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「その堎合は狩人日蚘露出。真玅
最終日の灰がどんな感じになるかですか。
䞉浊あずさは最終日刀断だずは思っおいたしたが。」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「ふむ 狌は正論で攻めるか
なるほど、勉匷になる」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「いっおらっしゃい。お疲れ様です。」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「真抜いた堎合、正論で殎るのが楜ですからねヌ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「できる倫いっおらヌ」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「信甚勝負だずかなり苊しくなる、ですぅ」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「しっかし真抜き芋えなかったわなぁ。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「こういう圧倒的狌ゲヌの村では狌は正論しかいわないわよ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ様ぁ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「で、逆に正論が䞀週回っお怪しくなるず、なるほどなるほど翠」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「だから怖くもなりたすけどね、正論過ぎお 
すいせ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「んヌ、狩人日蚘甚意すべきだったな」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「ずいうかそろそろ狌匕かせろPHP」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「さヌっおっず。
お疲れ様なのだわ」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「翠星石停の可胜性をみきれたせんか。私も。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「お疲れ様です。
最終日ですか。」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「お぀かれさたなのヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあお぀かれさんっおいう」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「あの展開で私停可胜性考慮はいヌですけど。
停断定はやらない子吊っお倜がこねヌ限りダメだず思うですよ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ずいうかそろそろ玠村匕かせろ
この村なら狂人」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たヌ、そうだねっおいう停断定」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「この村なら狂人したかった、ですねヌ」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「たあ。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「これ狌負けたら
本気で狌の䞍手際ずしか蚀いようがないんだけれどねぇ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「倚分俺は隙りたいよう無理だから玠盎に霊胜ロヌラヌに出たね狂人匕いたら」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「私の吊られも結構埮劙ですね。
たぁ぀り易いずころ぀れずいっおる時点でだめですか。
 ん、吊られのずきの印象をあずで聞いおおきたしょう。」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「玫が噛たれたら匕き分けっぜいのだわ。」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「烏賊は吊られに行くものヌっず。」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「初日銃殺時、霊胜に出る狂人は悪い子ですぅネコカオス」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「そうせいせき、やらない子→あずさ
葉留䜳、あずさ→やらない子」
¢¡TASさん(eight)
「狩人吊れないからね>翠」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「ネコカオス
ロラだず狩人吊れないから狌からしたらアりアり」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「なるほど、そこは出ない方が良いのかメモメモ翠」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 8 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「せめお、朜䌏狂、ですねヌ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「真玅銃殺なら間違いなく倚少遅れおでも占いCOず理由を貌ったわね
開始前からドヌルズの分は䜜っおたし」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「ナむス狩人抜き、ですぅ。」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「お疲れ様ヌっず」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「噛みで十分凊理できるからねヌ、狂人の呜浞かっおたで殺しに行くこずはない霊胜」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「蒌星石お疲れ様です。
さお、狩人露出の最終日、ですか。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「お぀かれさんっおいう」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「あヌずお疲れさんこれで狌勝おなければ盞圓あれだな」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「さおこれでわからないわね
お疲れ様なのだわ」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「私はあずさが隙るず決めお、せめお銃殺察応ぐらいは、でしたねヌ
ぶっちゃけ蒌星石が圹もちの感がちずあったです
占いだず思っおたですけど。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「ふむ  こ
この面子だず䞉浊あずさ吊りずなるか埮劙な気がしたすね。」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「たヌ。玫ずあずさかけるならあずさだよねえ」
¢¡é››è‹º(ザンブロッタ)
「お぀かれさたなのヌ」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「皆が皆非狩宣蚀するから、僕の呜がマッハ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«(汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
「ただいたです。さお、最終日ですが」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「俺様圓たりなんだがねっおいう」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「たぁ狌が勝぀べき村。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「狩人しなかったのが本気でたずったなヌず」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「この村で非狩人宣蚀する村はそれだけでダメ、ですぅ。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「やはり私狌に芋られたすか 少々凹みたすね。」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「これでひっくり返ったらやらない子すげぇな」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「2残りだったんだから、そっちのが確実だった」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「もう䞀床䜍吊り増やしおおけばよかったかなヌ
途䞭村っぜく芳おたんだけど」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「玫の心蚌をひっくり返せるかどうかね」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「ずいうかこれでひっくりかえったら、初日銃殺時の占い真盲信に察しお。
狌が喜ぶですよ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「あヌこれは良くお匕き分けか
た、圓然茶圓然だが」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「䞉枝はひっくり返らないわねぇ」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「そそそ、吊り増やすのがうれしいよね蒌星石
最終日ぶれる展開がかなしヌです」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「ふむ 八雲玫、䞉浊あずさず䞉枝葉留䜳の最終日であればどうだったでしょうか

  この構成だず確かにやらない子を吊らない未来が芋えない。」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「あずさが今ずっおも必芁のないこずをしゃべっおいるのは霊界芖点」
¢¡ã§ãã‚‹å€«(汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
「この展開は元より、普通狌が勝ちたす。」
¢¡TASさん(eight)
「ずいうかこの展開なら狌勝ちでいい気がするね
今埌の村を考えるず䜙慶にね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあ、初日で信甚が狌真だったしなあ
勝おなきゃ狌がランで匱すぎるかっおいう」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「あずさwwwwwwwww」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「だよなぁできる倫」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「あれ、これ村か぀」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「生き残っおたら話は倉わるんだけどさヌ
なんで僕に狩人なんお枡したんだよヌ党く」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「あれ。」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「おいwww」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「葉留䜳が動かないず負け。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「この぀の投祚臎呜的よ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「んヌ、あずさやらない子に入れるず思ったけど玫に入れるのか」
¢¡ã§ãã‚‹å€«(汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
「雛苺を真で芋る ずいうには雛苺が噛たれた理由
翠星石を噛む事をないがしろにしおいる

ずいう点に気が぀かないず真実には蟿り着けない」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「あずさの投祚もわりず臎呜的。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ず考えたけど無理ね」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「でも八雲がやらない子入れおる時点で無理だろうな」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「おわた」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「あ、勝った」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「共有がどこにいれるか。
 やらない子からずらせばすごいですね。」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「はいお疲れヌ。」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「氎銀燈噛みされたずきに護衛移そうかなヌっお思っおたんだよね
ただ、ここで翠星石噛たれたらバカバカしいじゃない」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「おっず終了」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「あずはやらない子が玫にいれなければ 」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「お疲れ様ヌ」
¢¡ãã†ã›ã„せき(アズ)
「おっずお」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「っず」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「おお。」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「おわったねヌた、圓然っ茶圓然だけど」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「なに・・」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「入れおるし」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「あれ匕き分け」
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「祚ずらしね」
¢¡TASさん(eight)
「ちょ」
¢¡ãƒã‚³ã‚«ã‚ªã‚¹(゚ビみりん)
「あれぇ」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「あれ」
¢¡ç¿ æ˜ŸçŸ³(trial◆iDXZwpU.VA)
「ずらすでしょ 流石に。」
¢¡è²ŽéŸ³(いぬふく◆YixbbUXD7E)
「しかし䞉浊あずさはずらせるずいう。」
¢¡çƒè³Š(mutuki◆t.kMeYlHIk)
「そこ狌は祚倉えおいいじゃん」
¢¡ã§ãã‚‹å€«(汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
「早い話、CO速床ずいう先入芳を撀廃しないず翠星石盲信路線になるのは必然だよね」
¢¡æ¡œé€…(DS)
「たぁ あずさずらすか」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ずらすわよねえ狌は」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…(きゅヌえい)
「狌が遊んでいるのかしら。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 9 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >