¢«Ìá€ë
【流石1254】やる倫達の普通Œ¡¡¡Áいわゆるふ぀ヌの深倜村¡Á[4ÈÖÃÏ]
僕はおいしくないよ ◆身代わり君
 (dummy_boy)
[狂信者]
(死亡)
 ◆アル倫
 (スネヌク◆94gAIuN2s2)
[劖狐]
(生存䞭)
やるおっ ◆やる倫
 (リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
[人狌]
(死亡)
でっおいう ◆でっおいう
 (はきの)
[村人]
(生存䞭)
お気楜 極楜 隒がし乙女 ◆䞉枝葉留䜳
 (きゅヌえい◆KkDobApuRg)
[村人]
(死亡)
 ◆プリニヌ
 (◆e596wfOJqI)
[共有者]
(死亡)
花を咲かせよう ◆颚芋幜銙
 (tk◆Msgo7V7vNY)
[占い垫]
(死亡)
ロリコンずか有るわけ無いでしょう ◆できる倫
 (斧マン◆ec8CwCkFnY)
[村人]
(生存䞭)
RPなんだそれは、いい男なのか ◆阿郚高和
 (nnm)
[村人]
(死亡)
CV:埌藀(匱) ◆薔薇氎晶
 ((’A`)◆YueIZdokuo)
[霊胜者]
(死亡)
1234 ◆やらない倫
 (Fox ◆SGM3HpoaHU)
[人狌]
(生存䞭)
  ◆村人
 (purannt◆F4HHt9k4m6)
[村人]
(死亡)
倧人気なのだわ ◆真箅
 (ずりあたた◆RLQFB9g9qw)
[共有者]
(死亡)
探し物をね ◆ナズヌリン
 (りクレレ)
[狩人]
(死亡)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã£ãœã„ひず さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「【先に䞉行たずめ】
 超過前の早噛みは
 初日じゃなければ可
 昌AA貌っおもいいよ(ただし䞋を読んだ䞊で節床は考えおね)

 【犁止事項】
 初日の早噛み、最終日以倖の村人隙り
 突然死、暎蚀、ゲヌム攟棄、掛け持ちプレむ
 利敵行為(䜕が該圓するかは自己刀断)

 【準犁止事項】
 前日及び昌間での初心者CO、初心者隙り
 占い結果ず理由の同時貌り
 占/霊CO者の耇数行AAを含んだ結果、理由貌り
 昌間のうちのプレむダヌのHNに関係する発蚀

 【初心者の方ぞ】(初心者じゃなくおも↓のwikiはオススメだけど)
 http://www29.atwiki.jp/outstaff/pages/1.html
 たずここを䞀通りお読みください。
 狌や共有者になった堎合は、倜に仲間に打ち明けお
 助けを受けるこずをおすすめしたす。

 たた、初心者CO犁止=昌に質問犁止ではないので、
 䜕でこの人こんなこず蚀っおるんだろうず思ったら質問しおみおもよいでしょう。
 あたりに初歩的な質問だず擬䌌初心者COずみなされる可胜性もありたすが、
 その蟺はたぁやっお慣れお行けばいいんじゃないでしょうか。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「長いな、ぱっず嫁っお蚀われおも自分でも読む気しねぇ。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「3:00ちょい前に開始できたらなヌ的な。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„る倫
「よろしくだお」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ぞいらっしゃい。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「倏䌑みパワヌを俺は信じおる。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「かりっぜいひずは仮GMに名前を倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様がいねヌずはじたらねヌっおいう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「っおこずでよろしくっおいう」
¢¡ã‚„る倫
「あ、聞きたいんだけどお、
流石鯖はわかめおず䞀緒で最初は仮で入るのが望たしいのかお」
¢¡ã‚„る倫
「うざいのが隣にきおしたったお
よろしくだお」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「いや、別に党然そんなこずはない。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ずいうかわかめおでも別に仮入村が望たしいなんおこずは名づけ村でもない限りはない。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様はうざくないっおいう(

っおいう」
¢¡ã‚„る倫
「そうなのかお
人狌初挑戊しようずした時わかめおに普通の名前で入っお、
埌から来る人達党員仮で気たずかった芚えがあるお」
¢¡ã‚„る倫
「それで仮にしようず倖出たら再入村できなくお涙目だったお」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「初心者の固定CNが忌避されるこずはあるけど、別に奜きな名前で入っお構わないよ。
めんどくさいし、ブラりザの入力フォヌム蚘憶機胜に残っちゃうから俺は仮入村→名前倉曎っおしおるけどな。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「たヌ埋たりそうだったら
ずりあえず仮で入っおあずからアむコン決めるっおのはあるな」
¢¡ã‚„る倫
「なるほど、気にしなくおいいんだおね
ありがずうだお。仮GM」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「アむコンに迷ったらでっおいう䜿っおもいいのよ
っおいう」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「4人目来ないな、しょうがない。でっおいうもいらっしゃい。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「黙々ずスルヌし続けたたたハむ次の人ヌっお行きたかったんだが。」
¢¡ã‚„る倫
「こないだガチ初心者にやる倫取られおでっおいうで入っお、
お気に入りアむコン取ったからっお初日占ったら銃殺だったお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ちくしょうずっおもいやいやいらっしゃい蚀われたっおいう
このでっおいう様をヌっおいう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ãƒŒã‚Š さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「効者鯖でも
䜿甚率No1になっおやるんだからねっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「こヌんばんは。」
¢¡ã‚„る倫
「よろだおヌ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>かヌり
やあいらっしゃい、歓迎しよう。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「四人目いらっしゃいっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「アむコンを倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ïŒ£ã‚¬ãƒªã‚ªãƒ³èˆ¹ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「かヌりは䞉枝葉留䜳に名前を倉曎したした」
¢¡ãƒ—リニヌ
「よっろヌ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「゚むゞオブ゚ンパむア
なんでそんなアむコンがあるんだっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「これにしおみたすかネ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「仮GMはアル倫に名前を倉曎したした」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「やっぱ結構発蚀ずかが虚空に呑み蟌たれるアルな」
¢¡ã‚„る倫
「増えんおねぇ・・・
さすがに平日この時間はき぀かったかお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「たヌ明日は火曜だしなヌっおいう
俺様は培倜確定だからいいけどっおいう」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「たぁそれはそれでたた䞀぀のバロメヌタヌアル。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「たたには少人数も良いよねたあ、莅沢を蚀うのならば狩人が欲しいが」
¢¡ã‚„る倫
「培倜人狌ずは・・・ゞャンキヌだお」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「それに、こヌ。
効者鯖に村立おおみたかったんアルよ。」
¢¡ã‚„る倫
「せめお11人は来おもらいたいおね。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ©Ÿä»® さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「よろしゅヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「7人目よろしくヌっおいう」
¢¡ã‚„る倫
「来おくれたおヌ
よろしくだおヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ä»®ä»® さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒ—リニヌ
「えヌず、これで狌か」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「さお・・・アむコン䜕にしようか
登録しおあるアむコン芋お雇甚」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã‹ã‚Šã‚“ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒ—リニヌ
「人で霊胜远加、十人で狂人远加の最初からクラむマックスモヌド」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「よろしく」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「こんばんはヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「増えた増えたヌっおいう
いいゞャンキヌどもだっおいう」
¢¡ã‚„る倫
「結構埋たりそうだお。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ぞい、らっしゃい。歓迎するアル。>3人」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「でっおいうにしおも いいのよ
っおいう機仮」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「アむコン探しおきたすね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「アむコンを倉曎したした」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「機仮は投石機に名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「いい男たで来おくれたお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「゚むゞオブ゚ンパむアが増えたっおいう」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「塔砎壊はたかせろヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「阿郚さんもよろしくっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「こりゃたた面癜い人数ですね」
¢¡ã‚„る倫
「←↓二人が䜕か危険な匂いがしおるお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様は森砎壊しお裏偎から奇襲するのが奜きっおいう投石噚」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「しっかし䜕でこんなアむコンが登録されおるんだお」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「流石に深倜にもなっおいい男がホむホむ歩いおはないだろう 
ずいうわけだ、よろしくな。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡è–”薇氎晶
「こんばんわヌ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「森砎壊奇襲は決たれば効果抜矀だけど倧型投石機䜜るのめんどくせヌっおいうでっおいう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「狩人でたヌっおいう
ばらしヌよろしくっおいう」
¢¡ã‚„る倫
「森砎壊したら奇襲ならないんじゃないかおでっおいう」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「新しく来た人もよろしくヌ」
¢¡ã‚„る倫
「おし11村なったお」
¢¡ã‚„る倫
「ちょっずトむレ行っお来るお」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「奇襲かけるのなら耇数機芁るしね」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「ただアむコンずかも少ないし」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「薔薇氎晶いらっしゃいアル」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「広範囲にわたっお存圚する森は盞手偎が壁ずしお認識しおるから譊戒しおないこずが倚いんだっおいう
そっから倧郚隊送り蟌んで、城ずか塔ずかの拠点防衛甚ナニットを無効化するんだっおいう
匷いっおいうやる倫」
¢¡ã‚„る倫
「アレ投祚抌したら文字化けしおお戻る衚瀺が分からなかったお・・・」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おたっうぇ
投石噚は最匷のナニットだず俺様は信じおるっおいう
最終匷化するのは必須だっおいう投石噚」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「男はいないのか男は。倫ぐらいしか芋あたらないじゃないか」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「アむコンを倉曎したした」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「仮仮は颚芋幜銙に名前を倉曎したした」
¢¡è–”薇氎晶
「流石鯖系固有のバグです、昔からブラりザによっおは起きおたすねやる倫」
¢¡è–”薇氎晶
「ボタン配眮は倉わっおないし
倧䜓投祚埌の画面が化けるので、読めなくおも問題ないケヌスがほずんどです」
¢¡ã‚„る倫
「ただいただおヌ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「ゎメン・・・䞭の人は倧砲ず投石機の混合線成で正面突砎するのが奜きなんだ・・・でっおいう
数抌しは未だにCPU戊じゃないずたずもに決たらないけど」
¢¡ã‚„る倫
「そのゲヌムのタむトルを教えおほしいおでっおいう投石噚」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「かりかりんはできる倫に名前を倉曎したした」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様は防備完璧にしお倧郚隊を逊成し぀぀技術をガッシガッシ䞊げるのが奜きっおいう投石噚
そのせいで1ゲヌムが長くなるっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ふむ、これでいきたしょうかね」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「゚むゞ・オブ・゚ンパむアっおゲヌムだよやる倫
面癜いよ 操䜜が難しいけど」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「すたない、垭を倖しおいた。䞍法䟵入かず思ったが家族の遅い垰宅だったようだ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「さお、あず10分ね。最埌には䜕人になるのかしらね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「゚むゞオブ゚ンパむアだっおいうやる倫
ググれば出るっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ãƒ—リニヌ
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「あれネット察戊できるんだよなっおいう」
¢¡ãƒ—リニヌ
「ガリオン船はできる倫に名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「PCゲヌかお金出来たら買うこず考えるお。
戊略戊争ゲヌは昔から奜きだからお」
¢¡ãƒ—リニヌ
「やぱっぱりこっちにしようかな」
¢¡ãƒ—リニヌ
「ん」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「良く分かるでっおいう
でも自分の堎合速攻で町萜ずしに来られるずそのたた抌し切られる・・・」
¢¡ã‚„る倫
「被っおるお」
¢¡è–”薇氎晶
「できる倫が増えたした 」
¢¡ãƒ—リニヌ
「あれバグかな」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「同名いけるんですネ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「できる倫が増えたよ やったね」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「男はいないのか男は」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ドッペルさんですね
であったら死んでしたうずいうドッペルさんですね・・・」
¢¡ã‚„る倫
「でっおいう村ずかできそうだお」
¢¡ãƒ—リニヌ
「できる倫はプリニヌに名前を倉曎したした」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「同じ名前は埌で倉曎ならいけるけど
投祚時にバグるわよ。やめなさい」
¢¡è–”薇氎晶
「やる倫は私がたぷたぷしお遊ぶから阿郚さんにはあげたせん」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「CN被りはありなのかい」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「同名はどうだったかなぁ
はるか昔に党員身代わり君CNで村をやったらバグったずかなんずか」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「っお、同じ名前でも倧䞈倫なんですね
あ、がくが右偎です」
¢¡ãƒ—リニヌ
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「最初は戊士郚隊䜜っおおけばいいっおいう
数だけは䜜れるし拡匵技術も豊富だからなっおいう
皮族にもよるけどな投石噚」
¢¡ãƒ—リニヌ
「倱瀌したっす」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ほうほう。>幜銙さん」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「これは぀たりできる倫が二日目に食われるフラグだな 」
¢¡ãƒ—リニヌ
「確認っすけど、そっちのできる倫さんは自分で倉えられんすよね」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「どれ、ちょっずチェック。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「アル倫はやる倫に名前を倉曎したした」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「そりゃないぜ。シェアしないか薔薇氎晶」
¢¡ãƒ—リニヌ
「倱瀌したっす
確認ミスっおたっす」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「っおああ、投祚時にバグるっおのはあれかな、
投祚が合算されるっおこずアルか」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「やる倫はアル倫に名前を倉曎したした」
¢¡è–”薇氎晶
「だめです、埌ろの奪い方も䜐々朚さんから教わったので私のものです阿郚さん」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「アむコン倉曎も通垞発蚀ずおんなじフォントなんですよね
ちょっず気が぀きにくい気がしないでもないですかね」
¢¡ãƒ—リニヌ
「䜕かこうこっちが倉えたんでそっちも倉わっちゃったみたいなバグかず思ったっす」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「できる倫はできるおに名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「◆薔薇氎晶 「だめです、埌ろの奪い方も䜐々朚さんから教わったので私のものです


・・・・埌ろの奪い方」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「できるおはできる倫に名前を倉曎したした」
¢¡è–”薇氎晶
「あ やる倫にバレたした、通販でアレ買っちゃったのが」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「よかったなやる倫
モテモテだっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あ、自分で倉曎したしたし
特になんずもないみたいですねプリニヌ」
¢¡ã‚„る倫
「深倜だからっおアブノヌマルすぎるお薔薇氎晶
」
¢¡è–”薇氎晶
「できれば倏祭りが終わっおからにしたかったんですが 
早いずころ実行しないずやる倫が逃げおしたいたすね」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「やる倫が劙に人気アルな。たぁ䞻人公だしそんなもんアルかな」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「2人の人物に奜かれおいるずかリア充だNEはははこや぀めやる倫」
¢¡ãƒ—リニヌ
「じゃ−、単玔に自分の確認ミスっすね
倱瀌したっすできる倫」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「うん、人ですか
たぁ、良い感じの人数ですね、芋おる方は入っおきおもいいんですよ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「そうこういっおいる間にもう時間ね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ç§˜å¯† さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「なんだっおそんなにやる気たんたんなんだ薔薇氎晶
俺なら確実にいかせおやれるぜ」
¢¡ã‚„らない倫
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「おお、9時だお。
たあこの時間垯で11村だったらいいんじゃないかお」
¢¡ã‚„らない倫
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「9時
時だ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「錻があるかないかでここたで差が぀いおるのはなんでですかねぇ・・・」
¢¡è–”薇氎晶
「やる倫が倏の増量セヌルに 」
¢¡ã‚„る倫
「䜕故間違えた」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ
「・・・む、11人超えたか
ごみん、ちょっず時間的に厳しそうなので蹎っおもらっおいい」
¢¡ã‚„らない倫
「アむコンを倉曎したした」
¢¡çœŸçŽ…
「よろしくなのだわ。」
¢¡ã‚„らない倫
「秘密はやらない倫に名前を倉曎したした」
¢¡ãƒ—リニヌ
「䞀気に狂信者村っすw」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「 お前も性別がわかればな投石機」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おっず、ズサヌきたしたね」
¢¡è–”薇氎晶
「ずおもったら、やらない倫ですか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™ €Ï 投石機 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「䞀気にズザきたな
らっしゃいっおいう」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ありゃ、了解アル。たた今床よろしくある。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ—リニヌ €Ï 投石機 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 投石機 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ほヌい。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï 投石機 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「はいっず」
¢¡ã‚„らない倫
「やる倫やできる倫、おたけにアル倫たでいるのに、
この俺がいないのはおかしいだろ。 垞識的に考えお  」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 投石機 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚„る倫
「うおズサヌがすさたじいお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ さんは垭をあけわたし、村から去りたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ïŒœæŠ•ç¥šãŒãƒªã‚»ãƒƒãƒˆã•ã‚ŒãŸã—た 再床投祚しおください
¢¡ãƒ—リニヌ
「そうっすか残念っすね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「たたなヌっおいう投石噚」
¢¡çœŸçŽ…
「あら、残念。たた今床䞀緒にやりたしょう。投石機」
¢¡ã‚„らない倫
「お疲れ様だろ」
¢¡ãƒ—リニヌ
「この人数だず、盞圓村有利っすねヌ」
¢¡è–”薇氎晶
「たた埮劙な人数になっおしたいたした」
¢¡ã‚„らない倫
「効者鯖は初めおだからな。どうなっおるか楜しみだろ垞識的に考えお」
¢¡ã‚„る倫
「たたねだお投石噚」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「ぶっちゃけ俺は男なら欲情するから、そこいらの倫は芚悟しおおくように」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「えヌず流石鯖だから 共有なしの占い霊狂人狩人狌かっおいう」
¢¡æ‘人
「ずいぶんやる倫勢の倚い村だな・・・
たあ「やる倫たちの」だし圓たり前か」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「流石だず共有がいない
それを考えればただマシだ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おっず、時間も有りたすしね」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「残念だな、たた䌚おう投石機
 で、結局性別はどっちだったんだ」
¢¡è–”薇氎晶
「それは 乙女も恋焊がれる倏ですからね 阿郚さん」
¢¡ã‚„らない倫
「出来れば人は欲しいな。確か人は狂信者぀きで、人は狂人だったか」
¢¡è–”薇氎晶
「ずいうか、襲わないず手を出しおこないじゃないですか、こい぀ら」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「んヌ、どうするアルかな。
5分ほど延長。

その時点の人数でそのたた開始で。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「了解っおいう」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「15の狂2村はかなりな奜み」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「やらない倫君も来たんならばきっずこの村は狌を滅がせたすね
・・・もっずもそれ以䞊に手ごわい人もいそうですが・・・」
¢¡ã‚„る倫
「流石鯖ず翠鯖は結構違うんおね・・・」
¢¡ãƒ—リニヌ
「了解っすよヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「配圹衚が結構独自だからな。
そこらぞんで颚習の違いがあっお面癜いだろ、人狌的に考えれば」
¢¡çœŸçŽ…
「開始時間了解なのだわ。
䞀気にズサで満員になっおもいいのよ」
¢¡ã‚„らない倫
「了解した開始時間」
¢¡ã‚„らない倫
「埌、阿郚さんは投祚しおおくべきだろ。スムヌズな開始の為に」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「時間ずかに関しおはがくは倧䞈倫ですね」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「投祚がキャンセルされおるから再投祚しおおくずいいわ」
¢¡æ‘人
「䞀番目立぀違いは鍋だよね
こっちの鍋は結構垞識・・・」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「投祚リセットされおたのを忘れおたぜ、悪いな」
¢¡è–”薇氎晶
「氎炊きずちゃんこ鍋ぐらい差がありたすね、鍋は」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「党然鍋
最䜎保障がないから、
翠、蒌よりカオスになるこずも倚々よ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「流石鍋は物凄いカオスですからね・・・」
¢¡è–”薇氎晶
「配圹がどこ陣営有理かより、登堎する圹職数の問題です」
¢¡ã‚„らない倫
「村人Dさんはそのたたのアむコンでいく感じか
デフォルトのアむコンを䜿う人はあたり芋ないから、なんか新鮮だな」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「圹職芚える手間が芁らん分こっちの鍋の方が奜みアルけどな。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「初日の倜が蚪れないずかも聞いたっおいう流石鍋」
¢¡ãƒ—リニヌ
「たあ、共有がいないだけ狌はただやれるっすかね」
¢¡æ‘人
「圹職の名前ず効果が分かるだけたし・・・」
¢¡è–”薇氎晶
「そういう意味で流石鯖の鍋はさっぱりしたダシで、具の配分でカオスになるず
」
¢¡ãƒ—リニヌ
「ああ、狌いねヌこずもあるっすよでっおいう」
¢¡çœŸçŽ…
「鍋でも倜が来ずに終わり、倜が明けたら終わり、ずかもあるからねぇ。
圹職芚えなくおもいいけど、それはそれでハヌドなのだわ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ずいうわけで3:07になりそうなので1分埌開始するアル。」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「そんな䌚話をされるず腹が枛っお来るじゃないか
そこの倫たち、お前らの粟液で腹ごしらえするから、やらないか」
¢¡ãƒ—リニヌ
「スザヌきおもいいんすよ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「それじゃあよろしくね」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「しゃかしゃかぞヌい
りょヌかヌいですよっず」
¢¡ã‚„らない倫
「人か。久しく芋ない人数だから楜しみだろ、垞識的に考えお」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「党力でお断りしたす阿郚」
¢¡è–”薇氎晶
「翠鯖のは、なんかドリアンずかトンカツが入っおおも普通
果おは私のスク氎たで誰かがいれおるそんなむメヌゞです」
¢¡ã‚„る倫
「ああ、狌いねヌこずもあるっすよ
もはやゲヌムずしお成立しおないお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「えヌず5吊りだなっおいう
OKOK始めるかっおいう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ではかヌいしヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「狂信者村になったなヌっおいう」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「それじゃあ、お邪魔させおもらおうかな」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「あ、ズサGJ。それじゃ開始。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おっず、増えたしたね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人5 人狌2 占い垫1 霊胜者1 狂人0 狩人1 共有者2 劖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者1 (決定者0) (暩力者0)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ é–‹å§‹æ™‚間2010幎7月27日3時8分
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™€ÎÆÈ€êžÀ
「占いか」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「  」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「ふヌむ」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「このコンビか」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「共有っすね
よろしく頌むっすよ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「出ろよ、霊に出ろよず蚀われおる気がするアルな。」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「よろしくだおヌ」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「よろしくなのだわ。」
¢¡æ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「・・・およよ
䞀人アむコンが芋えたせんねえ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™ €Ï ナズヌリン €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「よろしく頌むだろ、やる倫。

䞀緒にこの村を滅がそうぜ。芪友の俺たちなら出来る筈だ」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「これは出来すぎだお」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「狩人か   狂人2の村でなくおよかったね。

ただ、初手囲っおくるずするず。
狌から芋えるんだよね 真が。」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あれ、圹職が衚瀺されない」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「さ。頑匵りたしょ」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「隙りはどうするお」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「ふむ、この配眮での村人っお蚀うのもなりにくいですよね」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「そっちは「あなたが共有です」っおでおるっすか」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「
              ,  -‐─‐- 
           ,. 'ÂŽ, '"ÂŽï¿£~   `ボyr
        く⌒ボy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _, :|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
        ノ:l:|:.:.⊥:|┌|: .:::::| .:l::::く
     //.:.l:|:.:. |:./_l /  V.:.:/
        / / Vい, _   {Ⅹ}:.:./   これは
       ノ / .:.:.:V ボ  ̄    `く/
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ボ ' ' '   ' ' ' ボ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__ ‐_. む:i .:.:.ボ    2-2でロラですね
        / .:.:/.:.:.:l:/ノ   VŽ `1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ボ  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `‐‐く(公)-む ボ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `YŽ j    .:./
     V.:.:.:.:./::八    {      j  .::l /」
¢¡æ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「おっず治りたしたか
こちらの郜合のようですね」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「狂人に任せお朜䌏かお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「安心ず信頌の玠村」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁ私は普通にグレヌでも○でも出ようず思うのだわ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「でっおいう」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「だからな  出来れば隙りは狂信者に任せお、朜䌏でいきたいず思うが」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「阿郚さんずかどういうRPなんだろうな 
やらないかぐらいでいいず思っおいた」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あ、でたっす
ちょっず重かったんすかね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「やべヌ「」が付いおるのが逆に違和感っおいう」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ええ、それでいいずおもうっすよ」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「こっちは出おるのだわ。
もし出おないならスクリヌンショットずっずいた方がいいかも。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「猫又行ったからだなっおいう」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「そちらはどう思う」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ€ÎÆÈ€êžÀ
「腹が枛った」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「しかし流石系列の少人数ずか懐かしいね。
ずいうか効者鯖、動いおないんだね、あたり。」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「いえ、今でたっす
ご心配おかけしたっす」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「䞀瞬幜銙さんのアむコンが芋えなくなったが画像の衚瀺でなんずかなりたした」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「朜䌏に自信が無いなら、隙りに出るのも䞀手だずは思う。
その堎合は俺は囲わないで欲しいずころだがな」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™€ÎÆÈ€êžÀ
「占いCO ナズヌリン○●

ズザ占い
同じ東方関連のアむコンはナズヌリンだけだし
そのよしみで最初に占いしおおこう」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「じゃあ、たあ普通にFOでいくっすかね」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狐あり、狂信者ね。お互い頑匵りたしょう。
埌、私共有苊手だから負けたらごめんなのだわ」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「14で狂信者でおるのかお
なら朜䌏が無難だおね。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™€ÎÆÈ€êžÀ
「たずめずかの準備を忘れおたな」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「自分も苊手っすよ」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「そうね、それでいいず思うわ。
基本的に問題ないはず。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™€ÎÆÈ€êžÀ
「狐入りが問題ずなるからな」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「では䞡朜䌏。隙りは狂信に任せる方向で。
よろしく頌むだろ」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「安定思考でいくっすかね」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「あちょっず準備ができんお。
朜䌏で」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「どうなりたすかねヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €¿€Á¿Íϵ€Ï 身代わり君 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            身代わり君 は無残な姿で発芋されたした
            (身代わり君 は狌の逌食になったようです)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おはようございたす
さおさお、隣から物凄いオヌラがでおおなにやら怖いんですよね・・・
なんずいうか違う意味で食われおしたいそうですよ
あ、やる倫君がくず堎所倉わりたせんか」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「はああああああああおはよう朝䞀挚拶
朝䞀番の発蚀はこのでっおいう様が貰ったっおいう」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「おはよう。
たあ、蝙蝠のいる14人村のほうが奜みなんだけれど  
久しぶりだね、狂信者普通村ずいうのも。
それじゃ、COを頌むよ。」
¢¡çœŸçŽ…
「おはようなのだわ
、玅茶を入れお頂戎。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「しゃかしゃかぞヌい」
¢¡ã‚„らない倫
「たずはおはようだろ  。朝の挚拶的に考えお。
さお、占い垫のCO埅ちだろ。」
¢¡ã‚„る倫
「おはよヌだお占いず狌はさっそくCOよろしくだおヌ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「占いCO ナズヌリン○」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「ズザ占い
同じ東方のアむコンはナズヌリンだけだし
そのよしみで最初に占いしおおこう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「畜生
その朝䞀発蚀をよこせヌっおいうできる倫」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「発蚀ができない件」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす。やっぱり䞀人寝は寂しいです。」
¢¡æ‘人
「さおおはよう
垞識的なら-
真狂-真・・・ですよね
おっずそういえば狐の存圚もありたすか
この人数なら隙る可胜性もあるかもしれたせんね
狌は、普通に考えれば隙りには出おこないでしょうけど・・・
たあ-なら真狂-が本線
-なら真狂狌-真でしょうね
この配圹で霊胜に出る䜙裕のある陣営は芋えたせん
霊胜が出ればそれは盲信でいいでしょう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ささ。
占いは出おくるンダヌ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「いあいあや、狌はしないでしょやる倫」
¢¡çœŸçŽ…
「狌がしおくれたら楜よね。やる倫」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「朝チュンだ。いい男はCOをしおくれ」
¢¡ã‚„る倫
「占いは1かお」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「飛びすぎアル」
¢¡çœŸçŽ…
「占い」
¢¡è–”薇氎晶
「あれ、占い垫さんお䞀人だけですか」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「  ん幜銙。占いCOは君だけかい」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「察抗なしずは、
初日狂信か朜䌏狂信か。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「占い
初日が自重しなかった予感っおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おや占いは䞀人だけですか」
¢¡ãƒ—リニヌ
「あヌ、こりゃ、ダバいっすね」
¢¡ã‚„らない倫
「早速出たな。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「村人Dの朝䞀長文が長くお読む気にもなれんのでさよなら」
¢¡ãƒ—リニヌ
「どっちか欠けたっすねこれ」
¢¡æ‘人
「占いはですか
考えおないパタヌンですね
おそらく圹がけ確定ずみおいいでしょう」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「霊胜に関しおはグレランに自身あるのなら朜䌏を
共有に関しおはFOを垌望しよう」
¢¡è–”薇氎晶
「んヌ これは身代わり君就職の可胜性が広がりたすね怖い怖い」
¢¡ã‚„る倫
「占いが1・・・・
これは悪い予感しかしないお・・・」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「で、占い1なんアルな。ぞヌ面癜い。
霊共有はずっずず出るアル。

1占いの真停は詰みポむントたでに噛みに来るか、で芋分けるのが䞀番いいアル。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「狂信が朜っおいうのも考えにくいですからね
初日が占いか狂信でも持っおいったんですかね」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「ふむ  私芖点、狂信が初手囲いはしおいない。ずだけ確定だけれど。
どうしたものかな 亀換占いを掚奚する぀もりだったのだけれど。」
¢¡ã‚„らない倫
「  あれ
占い垫人か

困ったな、こりゃ真か狂信を初日に持っおかれたか
案倖朜䌏しおるっお考え方もアリか。」
¢¡ã‚„る倫
「ずりあえず霊脳も出るべきだお。」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「この村はどうもかなりの村ゲヌ、ひいおは狐ゲヌでもあるからな 
占いは早々ず銃殺しお欲しいもんだ」
¢¡çœŸçŽ…
「虚空に飲み蟌たれるずいう話ね。
メモ垳か䜕かに曞いおからコピペが安定かしらね。
私の環境ではならないんだけど。アル倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ遞択肢ずしお霊を出させるか朜らせるかあるっおいう
前者はグレラン回避目的
埌者は護衛を占いに集䞭させる目的っおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ありゃりゃ結局占い
共有だけでお霊胜はグレランが自身があったら出ないずかどうかね」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あ、これなら霊は朜䌏がいいですね
護衛を集䞭できたすよ」
¢¡ãƒ—リニヌ
「共有CO
盞方はたかせるっす。霊胜もたかせたすが朜るのならば吊られないように」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「今埌の展開ずしお望たしいのは銃殺だ」
¢¡ã‚„る倫
「狂信が初日だったら楜なんだけどおやらない倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「あそっか
14だから共有いるんだっけっおいう」
¢¡æ‘人
「さお、他の圹職は早めに出おもらえるず助かるのだが」
¢¡çœŸçŽ…
「霊胜は朜䌏か初日かしらね。
共有。」
¢¡ã‚„る倫
「アレ
共有はあったっけかお」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「霊胜が出るこずは掚奚しおおくよ。
1COの占いは、噛たれたほうがマシだ。

ずいうか、狂信か占い。
どちらが欠けおいるか刀らない以䞊、絶察に幜銙は噛たれないだろう。」
¢¡ã‚„らない倫
「霊も共有も出おおいおいい気がするが、どうだろうな。
少なくずも霊は出おおいお欲しいずころだな、個人的には」
¢¡è–”薇氎晶
「狂信者はタむミング図っお身内切りできるのが最高に厄介なんですよね
たずえラむンが぀ながっおも安心はできない たあ狌2なのでこの人数ならどうにか察凊できたすけど」
¢¡ãƒ—リニヌ
「真玅が盞方であっおるっすよヌ」
¢¡çœŸçŽ…
「プリニヌ盞方であっおるわ。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「それをできる可胜性を高めたい
私のグレを狭めれば自然ず勝぀」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「占いは1だけかどうなっおる」
¢¡ã‚„る倫
「共有FO把握したお。
1-0-2だおね。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「霊胜初日なら楜っすけどね」
¢¡è–”薇氎晶
「䞍人気なお姉さたずペンギンが共有様ですか」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>でっおいう
そもそも出たずしおも霊護衛なんお芁らんのアル。
だから単独占いでは占い真の時に結果出せる可胜性を高めお、
か぀占い停の時に結果が出せない蚀い蚳を封じるために、
確○連䞭はFOするのがいいアル。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「ふむ。プリニヌず真玅が共有了解だ。

霊胜初日はないだろう。
占いや狂信が朜䌏のほうが考えられない真玅」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「たぁ、ずりあえずグレランしおいきたしょうかね
狐が怖い人数なので初手に狌を吊りたいけれど
吊るのも危険ずいうゞレンマですよ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「FO感謝する。
発蚀をみさせおもらう。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ふんふん。
ほが分かっおたけど共有初日じゃないっず
ささグレランだヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌたヌそうなるよなヌ
っおいう
぀ヌかこの堎合はあんたり霊朜䌏する意味はねヌかなっおいう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「だっお狂信はい぀でも囲えるし
っおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「霊胜が初日で、占い垫が初日COっおのは正盎考えにくいだろ。

COが○なのに、朜䌏っおのも考えにくい。

だから、占い垫か狂信者が初日で、霊胜は生存しお朜䌏しおるっお考えたいずころだな」
¢¡çœŸçŽ…
「初日霊胜なら占い真、狂信者朜䌏だけど。
それよりは霊胜朜䌏の方がありそうかな。」
¢¡æ‘人
「ふむ、共有FO
間違っお吊るこずもないし無駄占いもなくなるな
自分の奜みだ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あ、共有ですね
うん、そうするず初日圹職濃厚ず」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「共有は把握した。
霊胜は出るべきだず思うぞ、グレヌを狭めるためにも」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「ずりあえず確実なのは、1CO占いの幜銙は狌ではないだろう、ずいうずころさ。
狂信だからあたり意味がないずいえばないけれどね」
¢¡è–”薇氎晶
「共有が片方身代わり君なら欠けはないず安心できたんですが
もう決たっおしたった運呜ですし、気にしおも仕方ないですね」
¢¡ã‚„らない倫
「りルトラCで占い垫ず狂信者が朜䌏、狌だけCOずかもあるだろうが、
こりゃマズないだろ。垞識的に考えお」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「狂信の察抗がいたほうが
囲いから狌が芋぀けやすくおある意味楜なのだがな」
¢¡ã‚„らない倫
「  あれ 霊胜も出ないか」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「たぁ、そんな感じでしょうねやらない倫」
¢¡çœŸçŽ…
「初日占いor狂信者っおずころね。
今出おるのが占いなら楜だけど。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「あ、忘れおたアル。

たずめ
(占)
颚芋幜銙→ナズヌリン○////////

(霊)
→////////

→////////

(共)
プリニヌ-真箅
」
¢¡çœŸçŽ…
「じゃあ、蚀うたでもなくグレランね。」
¢¡æ‘人
「た、霊胜はほが朜䌏だろうな
ああ、そういえば少ないが占いが朜䌏しおる可胜性もあるのか」
¢¡ã‚„る倫
「ずりあえずこの状況ならグレラン以倖は無いお。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「 ふヌむ
結局出ないのか、っおいう
んじゃたヌグレランにいくしかねヌなっおいう
朜䌏しおんなら吊られんなよっおいう
初日なら颚芋真濃厚になるから逆にばっちこいっおいう」
¢¡è–”薇氎晶
「占い1COの時点で欠け濃厚の異垞事態
そこからさらにかけおる可胜性は排陀しおいいず思いたすが 」
¢¡ã‚„る倫
「マトメありがずだおアル倫」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「気になる発蚀ず思ったずころが党郚共有の発蚀だ 死にたい 

たあ恐らく明日死ぬけどね。」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ
「 どうも初日が就職しおいたようだな。
占いが隙りの可胜性も考慮した方がいいだろう」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「それができないずいうのは残念だが、
単独占いずなった以䞊悠長な○圧殺はできない」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「えヌ、霊は朜りで良いず思いたすよ
グレランがき぀いっお思ったら勝手に出おくるでしょうしね阿郚」
¢¡ã‚„らない倫
「ずりあえずナズヌリン攟眮でグレランだろ、垞識的に考えお。
うヌん、どうもすっきりしない初日になっちたっただろ、セオリヌ的に考えるず」
¢¡æ‘人
「少なくずも占いは狌以倖
たあ狂信者なら情報はほが狌ず同じだが」
¢¡è–”薇氎晶
「アル倫さんは この人数でもたずめを䜜るんですね 」
¢¡çœŸçŽ…
「霊胜は遺蚀は忘れないように頌むのだわ。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「完グレをたずめるのは面倒くさいから自分で把握しおくれアル(」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「今埌私が吊られ私の○が疑われる展開ずなるず最悪すぎるからな」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「霊に぀いおは奜みかなヌ
論じるこずではなヌいよ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³ €Ï でっおいう €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï 阿郚高和 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 阿郚高和 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ—リニヌ €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 阿郚高和 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 阿郚高和 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 阿郚高和 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 阿郚高和 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™ €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
2 日目 ( 1 回目)
アル倫0 祚投祚先 1 祚 → できる倫
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → 阿郚高和
でっおいう1 祚投祚先 1 祚 → 阿郚高和
䞉枝葉留䜳3 祚投祚先 1 祚 → 村人
プリニヌ0 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
颚芋幜銙0 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
できる倫1 祚投祚先 1 祚 → 阿郚高和
阿郚高和6 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
薔薇氎晶1 祚投祚先 1 祚 → 阿郚高和
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 阿郚高和
村人1 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
真箅0 祚投祚先 1 祚 → 阿郚高和
ナズヌリン0 祚投祚先 1 祚 → でっおいう
            阿郚高和 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、そこっすかねヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「うっは
ナズに投祚された
ツンデレ乙っおいう」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「  この村、狐いたのか。気づかなかった。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「俺様に 告癜しおもいいのよ(

っおいう」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「霊胜も無い所ですし」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「 」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「さお困ったお・・・ずりあえず占いの真莋が問題だお・・・
でも霊いないこず考えるず狂信っぜいお」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「投祚理由
RPだ、初日の理由なんおそれだけで充分じゃないか」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「いきなり、狌吊れお無いっすよね」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「     厂               /
        >'             _ハ__/_
     /     -蟷=- ..__匕Ž1爪-
     , ′  _」匍≧Α⌒YYŽ /ÂŽ
   〃Ž { ,.小、/ ,斗孑|   `’ ミ廎し:ノ     い぀も垞に慎たしく共有から祚をもらっおいるわたしです
.    _人_ Ⅵ.:ミ: 匋.!       `ヌ ヘ
.   YŽ / ! jゝ  š       XXX "
        // | li }i XXX              
.       //   ! i! :.      △
      //   il l  䞶、         . ã‚€
.     //   j} :   i =- . __ .≊圡': :
   〈〈    ,′: _| ボ: :≧く⌒': : : :
    ボボ  /   /ÂŽ: : ̄š:ゝ: : : く{ボ_: : : :
      √  , ′: : : : : : : : :..:..<Y" {.:_: : :
    __ ..〃: : : : : : : : : : : : : ミ{:..Ž: : :」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「やれやれ、初日が圹職持ちはほが確定だろ。

颚芋の真停は䞍明だが、
たあ最悪のケヌスは想定しおおくべきだろ、垞識的に考えお。

ずりあえずだが噛みは俺がやらせおもらう。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「倉態護衛しようず思っおいたが 無理だね。


ふむ。狩人遺蚀は残そう。
狐に隙らせる可胜性を残す方が危険だろう、狌芖点ずしおも。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³ €Ï 真箅 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「しゃかしゃかぞヌい」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁそこよね。
占い自身はいいけど、ナズヌリンが埮劙っおずころかしら。」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、〜人蟺りたでは普通にしおたら良いっすよ」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「おお初めおグレランで1祚ももらわなかったお
぀いに初心者脱出だお」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「っおな独り蚀を呟こうずした結果がこれだよ」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「幜銙は噛たない。吊、噛めない。


ずいうか。噛みが90私だ。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「時々文章が飛んでやりづらいんだぜ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「さお、明日はどうなりたすかね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™ €Ï できる倫 €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「その時たでに颚芋幜銙の扱いを決めるっす」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「吊れおたらいいんだけど、それは霊胜芋ないず䜕ずもいえないわ。
」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「いや、ただ断定は出来ない。

霊胜朜䌏も無い事はない。 俺はCOしおもらうのが奜みだがな。

で、狩人探しかな。やるなら。あるいは暫○のナズヌリン、あるいは共有を噛んでおくずいう逃げの手もある。

どれをやりたい」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「おだお。
埌䞇が䞀の時の為に朜䌏霊脳の準備をしおおくかお」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「9人で幜銙きり、かしらねぇ。」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「●匕いおくれりゃ、楜っすけどね」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「  グレラン祚は、逆に占われる危険性もあるんだがな。
どこに来るか読めんな  。」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「
    /     / / /  l |              ! ! l  Y  ボ
   ' / !    / / ! / | ./{i}  /!l |  l |   l    .
  / ト.l i! ∧ /斗 ≠十 l   }! / |≧=+-/ li ! ,.!  . !ボ
    !  l! | i  |   l     !/l|  l{/! /i |! l| / !  .小l|
  ,'| / i!∧! ボ   ミ|      l!  /:`-}{l/ノ_}ハ Y!/ l / |   ボ ボ
, ' l从 |     侉侉侉侉侉  ボ /:::::{ YÂŽ__,./|  √ ! /   
  / / U                ボ:__],.ノ::/ !  i!      , Ž }
   /‐                      _,.く     八       , Ž
'  /--'                        }   ボ- ‐ ÂŽ ノ
 / :` ヌ‐    ∪    -     _            U      |Ž ̄     䞍思議なこずに、やる倫ずは別陣営な気がするんです
, ′: : :,: :        `‐ 'ÂŽ  ヌ‐ '      /    }
 : : : : / :  䞪          ' '       .む /    
//: : : :/ : : i! : : : :               . : /: /     |
,:': : : / : : : :|: <ï¿£ └ `   __ ,. -_= Ž-:/: /      l
: : : / : : : : :| : _    `'⌒ボ `く_ _,∠、:'      |
 ̄ ヌ  :.:.:.:.ボ、      〉      l      l|」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「人でもいいっすね」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「グレヌ噛みがいいず思うお。
狩人探しで」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「たあ早々ず死ねお実に気楜ですなヌず」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「ここでただのグレヌを噛むのはよろしくないだろ」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「人で切っお、人たで持っおいく感じっす」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「じゃあ7人でいきたしょう。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「朜䌏占いCO:やる倫○ ナズヌリン○●
占い理由:隣占いアル。
2日目:察抗の囲いチェックアル。

朜䌏理由:CO発蚀が虚空に呑み蟌たれたくっおむラ぀いお぀い぀い悪態぀いたら悪態だけ反映されたアル。
それで盞圓CO遅れたから出おも信頌えられずに即噛みになりそうなので朜ったアル。」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「匕き続き朜䌏。 グレヌは空けおおきたい。どっちの可胜性も考えおな」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €¿€Á¿Íϵ€Ï ナズヌリン €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            ナズヌリン は無残な姿で発芋されたした
            (ナズヌリン は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
ナズヌリン さんの遺蚀
でっおいう「初日なら颚芋真濃厚になるから逆にばっちこいっおいう」

初日霊だずしお。その堎合に狂信が朜るであろう意味を蚀っおみるずいい。
䟋え幜銙が○を出しおもオススメだよ。ここ吊りはね。

犠牲者ダりゞング日蚘

初日無理だね
二日真玅→私だろう


○初日
さお 狩人か。
狂信者の村だず、初手に狂信が囲っおきお真が刀明 ずいうのもたたある。
プレッシャヌのかかるずころだけれど、なんずかしたいね。

○二日
 この村、狐がいたのか 気づかなかった。
幜銙は噛たない、吊。噛めない。  ずいうか、私噛みが90だろうね。
ふむ。狩人遺蚀は残そう。
狐に狩人を隙らせる可胜性を残す方が危険だろう、狌芖点ずしおも。
狌は頑匵っお狐探ししたたえ。
阿郚高和 さんの遺蚀
俺は男の粟液が奜物な  


  村人だ。どうしおこうなった
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おはよヌっおいう

ナズヌリン 0 祚 投祚先→ でっおいう

うっは
ツンデレっおいう

ナズヌリン 俺様に 告癜しおもいいのよ(

っおいう」
¢¡çœŸçŽ…
「おはようなのだわ
朝の玅茶は矎味しいのだわ。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「占いCO できる倫○」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おはようございたす
占い䞀人っおなんずも䞍穏ですよね

あ、昚日アル倫さんが蚀っおたこずが凄い玍埗できたしたね
◆アル倫(59)  「>でっおいう
そもそも出たずしおも霊護衛なんお芁らんのアル。
だから単独占いでは占い真の時に結果出せる可胜性を高めお、
か぀占い停の時に結果が出せない蚀い蚳を封じるために、
確○連䞭はFOするのがいいアル。」

これだったら確かにグレランの幅を狭める意味も含めお
霊を出すメリットも存圚したす」
¢¡ã‚„る倫
「おはだおヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「おはようだろ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「はっろヌ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「単独占いずなった以䞊悠長なこずはできない
初日から狐にたで蚀及しお吊り考察。
村ずしおは正しい吊り手順だが、占いの真莋ぞの觊れ方が埮劙ずいう点も気になった」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「おはようアル」
¢¡ãƒ—リニヌ
「いきなりっすか 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「畜生
俺様の嫁を
蚱さんっおいう」
¢¡çœŸçŽ…
「ナズヌリンは玠村でいいのね。
占い結果はどうかしら」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「狩人お぀かれ」
¢¡ã‚„らない倫
「おや、いきなり暫定○噛んできたのか。
驚きだろ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「あヌん狩人遺蚀」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>できる倫○
いやそこ占う堎所ず違うアル。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「な、狩人だず 」
¢¡æ‘人
「・・・ふむ、狩人ねえ」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「たあ死ぬだろうね。

うヌむ  難しいね。これは。銃殺が出ればいいけれど。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「うん、ナズさん噛みですか
そしお狩人でしたか」
¢¡ã‚„る倫
「○出されたナズヌリンを噛んできたかお・・・」
¢¡è–”薇氎晶
「ナズさんがでっおいうのお嫁 さん笑えないゞョヌクですね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「そしお狩人遺蚀
やっべ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「んたあいいや
質問したいこずあったのに
ナズヌリン  「気になる発蚀ず思ったずころが党郚共有の発蚀だ 死にたい 
たあ恐らく明日死ぬけどね。」
どこらぞヌん
気になる発蚀は私はこの発蚀ず村人Dの長文以倖芋圓たらなかったんだけど」
¢¡æ‘人
「暫定○を噛んだのはたあ普通ずしおもそこが狩人か
明日以降の噛みは怖いな」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ナズヌリンの遺蚀はなんかぱっず芋狩人日蚘颚だけど、
いわゆる村人日蚘っおや぀じゃないアルか」
¢¡çœŸçŽ…
「あ、狩人なのね。噛たれ狩人を疑う理由は存圚しないわね。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「最悪な堎所を占いしたものだ、
仕方ないが。」
¢¡ã‚„る倫
「え狩人・・・
早すぎるおここで遺蚀ずはいえCOする必芁もないお」
¢¡ãƒ—リニヌ
「狩人日蚘らしいっすよ
ちなみに真狩人いたら詰みのタむミングを芋぀぀COしお欲しいっす
ナズヌリンが朜䌏狂信者っおのもあるんで」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「しかし配圹が実に村有利 なのか」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「うあヌ、こうなるずどう考えおも圹職噛み砲台ですよね」
¢¡è–”薇氎晶
「 っおナズさんの日蚘なんでしょう 」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「お疲れ様だよ。
あたり芋ない名前だが  阿郚さん」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「でたあ。
幜銙が真意倖だったら私非狌だよ」
¢¡ã‚„らない倫
「狩人
狐噛みを期埅したい凊だな、こりゃ。

で、霊胜はただCOしないのか 正盎避けお投祚する蚳にもいかんから、
普通に吊っちたっおも謝らんぞ、俺は」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ん、ずころで霊が出ないっおこずは
○だったみたいですね」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ず、思ったら
>ふむ。狩人遺蚀は残そう。
狐に狩人を隙らせる可胜性を残す方が危険だろう、狌芖点ずしおも。
バリバリこんなこず曞いおあったアルな。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌたぶん真だず思うんだけどなヌっおいう
狂信だず意味がないんでっおいうプリニヌ」
¢¡çœŸçŽ…
「ただたぁ、○噛みなら幜銙真目もある皋床あるっおずころね。
囲いもないっおこずだし。
グレランで。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「明日は10äž­89噛たれる展開か
こうなるず銃殺でないのは吊り枛らない分よしずすべきか」
¢¡è–”薇氎晶
「できるこずなら、ナズさんが出そこねた朜䌏狂人であっお欲しいんですが 
幜銙さんが真でも停でももう守る人がいないっおいうのは怖いです」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「幜銙は銃殺を出せないならある皋床掻かしおおいおそのなかで黒っぜい◯がいたらそこ吊りっおのはどうかな
幜銙真でも狐保護にはなるし

たあ暫定○が即噛たれおるなら今はそんな事考えないでいいけど」
¢¡çœŸçŽ…
「霊胜は○だったっおこずでしょう。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「狩人遺蚀は倱敗だったかも知れないが うヌむ。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「朜䌏狂信者だったら護衛を倖すためにするず思うので
たず真狩人だずおもいたすよプリニヌ」
¢¡çœŸçŽ…
「囲いもないずいうか、なかった、かしらね。
できる倫は分からないけど、今はいいわ。」
¢¡æ‘人
「朜䌏狂信者は・・・
おそらくないだろうね、で、霊胜も朜䌏占いもなし
ただ朜っおる・・・吊られる可胜性を考えおいないっおこずはないず思うんだがね」
¢¡ã‚„る倫
「そういう考えもいいけど、残念ながら初日の可胜性のが高いず芋おるお。
できる倫」
¢¡ã‚„らない倫
「倚分この○噛みは狂信の狐囲い譊戒だずか、真だった堎合の○朰しずかそこらぞん兌ねおんだろうな。
この感じだず、たさかの颚芋狌なんおのは考えないで枈みそうだ」
¢¡ãƒ—リニヌ
「
噛みは埌回
颚芋幜銙、おいら達、霊胜、できる倫
この党おは実は噛み切れねヌっす」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「䞉枝吊るアルかな。
凄く臭い、ものすごく臭い。
阿郚さんがかなり吊られそうな状況䞋で䞀祚投げられた䜍で
身内祚の可胜性は村芖点ではあるのに、しれっず
◆䞉枝葉留䜳 「でたあ。
幜銙が真意倖だったら私非狌だよ」
こんなこず蚀っおるアル。」
¢¡ã‚„る倫
「ただそうなるず、内圹がかなりおかしなこずになっおくるんだお・・・」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「霊胜はここたで朜䌏だず朜ったほうがいいね
幜銙が明日噛たれおるならナズヌリン真だろうし

無駄噛みさせる意味はない。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「単玔な○噛みであるこずは狌芖点私が狂であるこずを期埅しおいる
それだけの話」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ああもう面倒くせえなっおいう
十䞭八九占い明日噛たれおグレラン村ヒャッホヌっおいう」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「  ちょっず埅お。なぜ自然に混じっおいる魔王」
¢¡è–”薇氎晶
「狂信だずしおも、蚓緎された狂信は
即SGになるような安易な囲いは倚分しおこない はずですよね」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「参りたしたね・・・
ずりあえず昚日の感じだずやる倫君ずでっおいうはかなり村っお感じですかね
挚拶も早いし発蚀も恐れが無い感じです」
¢¡ã‚„らない倫
「いやしかし、んヌ  いや本気で霊胜にCOしお欲しいな。
せめお遺蚀には入れおおけ。

倚分朜䌏しおるんだろうずは思うんだがなヌ。
たあ、●が出るたで䜕ずしおも朜䌏を続けるっ぀ヌのならアリなのか」
¢¡ã‚„る倫
「占いは真→狂信どこ
占い狂信→占いどこ
だお。たあ埌者であっおほしいがお。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「やっだなヌ。アル倫
幜銙の祚に決たっおるじゃん

あれ違うノヌ」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「初心者村に䜙裕で参加できるCO、ずだけナズヌリン」
¢¡ãƒ—リニヌ
「できる倫さんは、倚分噛たれないだろうっすね
あす、颚芋幜銙さんがはどっちにしおも噛たれるっすよ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「◆颚芋幜銙 「単玔な○噛みであるこずは狌芖点私が狂であるこずを期埅しおいる
それだけの話」

  貎方が真だったずしおも、護衛先䞀択だから噛めないんじゃないアルか」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「逆に気になるのはそうですね・・・
ちょっず芋えおこないずころですよ」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「今日は実に厄日だった、行こうずした村党お埋たっおいるんだ 」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「なるほど。
それで阿郚さんずはたた難易床の高いものを遞ぶね  」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「自分芖点たっずヌなこずいっおる぀もりだけど」
¢¡çœŸçŽ…
「●出るたで朜䌏ならたぁ分からないでもない。
明日には出お欲しいずは思うけど。霊胜」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>䞉枝
もちろんアルよでも狂信者が身内祚する可胜性アルある。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「こうなるずできる倫を芋る必芁があるなっおいう
たヌ祚入っおなかったし即囲いに来るかどうかは埮劙だけど
アピで囲っおる可胜性はたたあるっおいう」
¢¡è–”薇氎晶
「ナズさんは別に隣同士ずいうわけでもないので
普通に疑っおいたしたが 狌からしおもわざわざ噛みで排陀する䜍眮ではないはず
単玔に䞀番狩人っぜいず思われおお、噛んだら倧圓たり これが䞀番濃厚でしょうか」
¢¡ã‚„らない倫
「  あヌ 颚芋が狂信で、●ぶ぀けられた堎合霊胜COすれば、
颚芋狂信ずいう事に出来るのか。 いや、案倖アリだな霊胜朜䌏。

で、個人的には薔薇氎晶の発蚀が気になるトコだな」
¢¡æ‘人
「んヌ・・・そういえば狐もいるのか
確定で真占いがいるずは蚀えない以䞊面倒ですね
銃殺でも出おくれればいいんですが」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「あるずアルが順番入れ替わったアル。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ—リニヌ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「いや、正盎砎綻せずにRPできそうなキャラが阿郚さんぐらいしかいなくお 
アむコン登録しないずだな うん 」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「ちょっず猫又鯖の鍋でも突付いおこよう  
すたないが少し萜ちるよ。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 1 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ—リニヌ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「AAキャラか、東方キャラを1キャラ遞んでおくず楜が出来るよ。阿郚さん
関わりのあるキャラが倚いからね。自然ず話が出来る。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「いっおらっしゃい、だなナズヌリン」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
3 日目 ( 1 回目)
アル倫2 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
やる倫1 祚投祚先 1 祚 → 村人
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → 村人
䞉枝葉留䜳2 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
プリニヌ0 祚投祚先 1 祚 → アル倫
颚芋幜銙0 祚投祚先 1 祚 → アル倫
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
薔薇氎晶3 祚投祚先 1 祚 → やる倫
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
村人3 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
真箅0 祚投祚先 1 祚 → 村人
3 日目 ( 2 回目)
アル倫2 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
やる倫1 祚投祚先 1 祚 → 村人
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → 村人
䞉枝葉留䜳2 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
プリニヌ0 祚投祚先 1 祚 → アル倫
颚芋幜銙0 祚投祚先 1 祚 → アル倫
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
薔薇氎晶4 祚投祚先 1 祚 → やる倫
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
村人2 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
真箅0 祚投祚先 1 祚 → 薔薇氎晶
            薔薇氎晶 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「あちゃヌ、やっちゃいたしたか」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「アル倫さんがちょっず投祚浮いおたっすね
指定吊りしおもいいかもっす」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「ナズが狂信者だったら狌は割ず怒っおいいず思うアル。

ずいうわけで颚芋が真狂信いずれにしおもサペナラアル
すばらしいアルね。」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「占いは真目高いお」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「あれた、薔薇氎晶が吊れたか。 出来れば、明日圓たりに吊り誘導をしかけおいきたかったんだがな」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「なるほどAAか いろいろず調べおみるナズヌリン」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「◆ナズヌリン(36)「ふむ  私芖点、狂信が初手囲いはしおいない。ずだけ確定だけれど。
どうしたものかな 亀換占いを掚奚する぀もりだったのだけれど。」
どうっすかね
いきなり狂信者断定しおいるっすけど、朜䌏狂信者だったら、話は早いっす」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「別に隣同士ずいうわけでもないので
これどヌゆヌ意図だったんだろうね。」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「狂信だったらここたで䞀手も囲いも特攻も無いのはありえないお。」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「アル倫はあの誘導はどうなのかしらねぇ。
指定はありかも。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™ €Ï やらない倫 €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「結構真臭いな。ぶち抜いおおくかやる倫」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「霊胜 お疲れ 」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、明日GJが出るかどうかっす
死䜓無しならば、朜䌏狂信者の狩人日蚘っすけど」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「吊り先探しおるっすよねアル倫さん」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「颚芋幜銙もなんか良く分からん胡散臭さだけど、
アレ真なのかなぁ  」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「だからこそ逆に、ずいう考えも有りうるがな  

たあ真目だな。垞識的に考えお。
しかしたさか、念の為の暫定○掃陀が狩人にクリヌンヒットずは思わなかった」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「うん・・・明日蟺り囲いあるかもしれんけどお・・・
たあ真で占われるリスク考えたら噛みしかないお。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「霊胜吊り 䞀番痛いずころが吊れたね。お疲れ様だよ」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「朜䌏狂信者ならそれはそれで。特にデメリットもないのだわ。
狩人生きおるの濃厚ですし、䜕なら出るし」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「たあ、わざわざ隙りに出おくる人もいたせんし 土壇堎でグレヌ䞀人増えるだけですか」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「今回はそっちの意芋をきこう。

俺は占いか共有ぶち抜きを提案する。 そっちはどうだ」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「やらない倫さんも、ちょっず霊胜だしたがりっすね」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「あの時点で遺蚀COするのは握手だお」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「悪手」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「たあ占い噛みで。」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「もう、狌に狐を探す䜙裕っおあんたないっすから、こっちでケアしないずいけないっす」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「少し拙速だな。逆にそれが疑わしくもあるが  狩人CO」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「私はやる倫残しおおきたくないんだけどね・・・
あそこ残られおも刀断に困る」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「これは䞀気に人倖村の予感だ」
¢¡ã‚„る倫(¿Íϵ)
「んで朜䌏占いの準備しずくお。
いざずいう時のために。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「それより狐のスネヌクさんvs狌のFOXさんだが、どう思う薔薇氎晶」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「色々芋物ですね ナズヌリン」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €¿€Á¿Íϵ€Ï 颚芋幜銙 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            颚芋幜銙 は無残な姿で発芋されたした
            (颚芋幜銙 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
颚芋幜銙 さんの遺蚀
占いCO ナズヌリン○

ズザ占い
同じ東方関連のアむコンはナズヌリンだけだし
そのよしみで最初に占いしおおこう

占いCO できる倫○

単独占いずなった以䞊悠長なこずはできない
初日から狐にたで蚀及しお吊り考察。
村ずしおは正しい吊り手順だが、占いの真莋ぞの觊れ方が埮劙ずいう点も気になった

占いCO やらない倫○●

次点で気になるずころを
霊胜にCOしお欲しい展開を期埅するずいったこずや意芋の返し方が気になるずころ
私狌考察ずか可胜性の幅を広げたい感じ
薔薇氎晶 さんの遺蚀
霊胜CO 阿郚さんは○でした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おはよヌっおいう
さヌ楜しい楜しいグレラン村だっおいう
泣きそうっおいう」
¢¡ã‚„る倫
「おはよヌだお」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おはようございたす」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「真占いお疲れ様でした」
¢¡æ‘人
「祚替えしたずころが怪しい
あ、共有じゃねえか・・・
うんたあそれはそれずしお・・・
薔薇氎晶は祚替えしたせんでしたね
たあ村人・・・ず芋おいいんじゃあないでしょうか
た、死んじゃっおたすけど
たあ今日は占いの方が噛たれおるかどうかですよねヌ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「おはようアル」
¢¡ã‚„らない倫
「おはようだろ  。い぀もの朝の挚拶的に考えお」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「しゃかしゃかぞヌい」
¢¡çœŸçŽ…
「おはようなのだわ。
玅茶矎味しいのだわ。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「霊胜 指定するべきだったっすか 
あ、察向あるのならばどうぞ」
¢¡ã‚„る倫
「占い抜かれたかお・・・」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>薔薇氎晶霊胜
えヌ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「っおえヌうヌん」
¢¡ã‚„らない倫
「  おい、霊胜ず占いが䞀緒くたに死んでるだろ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「やらない倫を捕らえようずしたらこれか」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「村人が絶望䞀色になりたすね、この遺蚀の䞊びは」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「霊脳CO
マゞかよ
でも吊り逃れしおねえぞばらしヌ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あヌ、ゆうかさん噛たれですか・・・
そしおばらしヌさんが霊胜者遺蚀なんですね・・・」
¢¡çœŸçŽ…
「ふむ。幜銙かたれず。
吊られが霊胜ず。察抗霊胜いるかしら」
¢¡ãƒ—リニヌ
「察向が無いのならばたあ真霊胜っしょ」
¢¡ã‚„る倫
「ここで抜いおきたず蚀うこずはこの占いは真目でいいのかお」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「占いお疲れ。
そしおグレラン村ぞ」
¢¡æ‘人
「およよ
薔薇氎晶霊胜
吊逃れしなかったのは䜕でだろヌ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>薔薇氎晶霊説
ないない。人倖1吊れでカりントするべきアル。
真霊なら吊り逃れするポむントアル。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「でも察抗霊ないアルな、うヌん。」
¢¡ã‚„らない倫
「察抗はいるか ぀ヌか、出損ねた狂人ずか狌の霊COかもしれんから、
真霊いたら出おきお欲しいんだが」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「察抗いるんじゃねヌのこれ
出ろよ
出おくれよ

 出ないのか」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「お疲れ様だよ。
最悪を想定する癖があるので狩人遺蚀だったが すたないね。幜銙」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あ、ちなみに霊胜者さんの察抗ずか有りたせんか」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「あ、そうそう䞉枝。
貎方非狩人アル。䜕しろ噛たれの狩人遺蚀があるアル。
狂信者が狩人COするメリット、狩人芖点占い真濃厚にしちゃっお䜕がしたいのか分からんアルし。
そしお貎方が、占い垫が狂狌なら自分非狌だずいうのは、
身内祚は絶察的にないっお勝手な仮定に基づいおるアル。

根拠のない仮定×2を持ち出しおきお吊られたくなさそうな非狩人っお、
すごヌく吊りたい存圚アル。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「アル倫ヌやらない倫ヌやる倫蟺り吊りきっお最終日行けないものだろうかっす」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「吊りのがれの圢跡がなかったから村人か人倖だず思っおたのに。

ナズヌリンの○貰いだから噛み、ずいうのを蚀っおなくお芖点がズレ過ぎだったよ。」
¢¡çœŸçŽ…
「察抗霊いないなら真ず芋るしかないわね・・・」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「占いず霊胜はそれぞれ狌を捕捉しながらも死んじゃったのがキッツむですねえ」
¢¡æ‘人
「こりゃ狂信者欠けっおみるのが無難かねヌ」
¢¡ã‚„る倫
「っずなるず、囲いは存圚しおない。グレヌに狌がいる。」
¢¡ã‚„らない倫
「いや党員もう喋った぀ヌ事は真霊か、あるいは霊初日の狂人か、
いずれにせよもう圹職は党消えっお事でいいか。

で、今日颚芋を噛んできた぀ヌ事は、できる倫は○で良さそうだな」
¢¡çœŸçŽ…
「たぁできる倫はずりあえずおいおおくしかない、ず。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「◆やる倫 「っずなるず、囲いは存圚しおない。グレヌに狌がいる。」
なんで、できる倫さん非狌っお知っおるっすかねぇ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「狩人に぀いおは2぀だが薔薇氎晶狩人は痛い」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>プリニヌ
䞉枝残しはワタシは承諟出来ないアルな。」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「◆プリニヌ「アル倫ヌやらない倫ヌやる倫蟺り吊りきっお最終日行けないものだろうかっす」
この共有の粟床すごい この村色々高レベルな戊い過ぎたすよ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「◆やる倫(43)  「そういう考えもいいけど、残念ながら初日の可胜性のが高いず芋おるお。
できる倫」

これっおがくが霊は朜䌏かなっお蚀った時の発蚀に察しおなんですけれど
これがあったのでやる倫君が霊胜者かなっお思い、疑いから倖しおたんですね
ただ、違うっおなるず匕っかかっおしたいたすね」
¢¡æ‘人
「それじゃあグレラングレラン
、た、察抗がいなければ、の話だけどね」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「
◆プリニヌ 「アル倫ヌやらない倫ヌやる倫蟺り吊りきっお最終日行けないものだろうかっす」
流石、共有は捕らえおる」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ
霊ばらしヌで進めるしかない
そヌなるずできる倫残しでいいや
ゆうかりんが真でも狂でもそこ狐はねヌだろたぶん」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「アル倫
べっ぀にヌ。
私は自身の非狌っぜさをアピヌルしただけだし
それに぀いお責められたくもないね。っおこず。
次点投祚者っお理由で吊られるっおのは玠村でも玍埗行かないっしょ」
¢¡ãƒ—リニヌ
「今日指定するのならばやる倫さんっすかねヌ
ちょっず芋逃せねヌ発蚀っす」
¢¡çœŸçŽ…
「今日指定いる最悪2祚だけど」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「昚日は村目に芋るっお蚀いたしたが
この状況になったんならばやる倫くんを吊っおおきたいですね」
¢¡æ‘人
「んヌでも狂信者噛みで囲い終わっおるっお線もあるかヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「で、真霊ず考えるず、 狌狐  は生きおるだろ。
案倖初日にポロッず狐は萜ちおるかもしれんが、たあ生きおるず芋お進めた方がいいか。

ずなるず、やどう吊りを進めおいったもんかな。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「っほヌ。でっおいうはできる倫を最終日残しっおこずかいいね。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「2/9で狩人非生存なのに指定ずか笑わせおくれるアル」
¢¡ã‚„る倫
「うんやる倫は噛たれた占いは基本真で芋おるお
囲われおたら普通噛たないだろうがおなら囲いにいないっおのは普通の発想だず思うがおプリニヌ 」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「狩人がいないのに子匟なんおナンセンスだよ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「狩人もいないのでどちらでもいいかず指定」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「囲いはあるずしおもできる倫だけなのよっおいう村人D
狌、吊り4、狐候補が阿郚さんだけ。
なら狐を譊戒したいのよっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「俺の個人的には今日、アル倫ず䞉枝のどっちかを吊っおおきたいがな。
最終日に刀断するにしおは、アル倫は䞉枝をツッツキ過ぎ。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「人の時にはもうおいらたち間違いなくいきおねヌっすアル倫」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「共有ず人倖の化かし合いたではいいんですが
 アル倫、やらない倫、プリニヌだず迫力があれですよね 」
¢¡ã‚„る倫
「あそれなら・・・仕方ないお
占いCO」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「えええええええええええええええええええええええやる倫」
¢¡ã‚„る倫
「朜䌏占いCOだお
やらない倫○できる倫○䞉枝葉留䜳○」
¢¡çœŸçŽ…
「じゃあグレランで。」
¢¡ã‚„らない倫
「はぁ」
¢¡çœŸçŽ…
「えヌ。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「 」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「はぁ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「やる倫
あのね。
真占い初日ならあえおの狂噛みっおのもあるの
そこからでっおいうはできる倫村狌ずしお残しを提案しおいる。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「たぁ、がくの吊りたいずころは蚀ったずおりですね
ここを基点に発蚀あらいなおしたすかね」
¢¡ã‚„る倫
「信頌勝負自信ないから●でるたで朜ったんだお」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「即吊り。」
¢¡ã‚„らない倫
「いや埅お、それは無いだろお前狐か」
¢¡æ‘人
「-の占いを噛むず・・・
んヌ狂噛みもあるんだよなあ
そうするず囲われおる可胜性が高い」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「人倖党補足 だず 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「もうやる倫に䞉祚 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「アル倫絶察に村偎ではない」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ—リニヌ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï でっおいう €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
4 日目 ( 1 回目)
アル倫1 祚投祚先 1 祚 → やる倫
やる倫6 祚投祚先 1 祚 → 村人
でっおいう1 祚投祚先 1 祚 → やる倫
䞉枝葉留䜳0 祚投祚先 1 祚 → やる倫
プリニヌ0 祚投祚先 1 祚 → アル倫
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → やる倫
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → やる倫
村人1 祚投祚先 1 祚 → でっおいう
真箅0 祚投祚先 1 祚 → やる倫
            やる倫 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「やる倫お疲れ様ヌ」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、即吊りもんだろうっすね」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「流石にあの出方はちょっず・・・」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「グレラン投祚しちたったっすけど」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「狐もプリニヌが生きおれば吊れる
あずはやらない倫の勝負」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「せめお朝䞀番にやっお欲しかったですよ」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あヌ、胃が痛い」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「◆やる倫(46)  「うんやる倫は噛たれた占いは基本真で芋おるお
囲われおたら普通噛たないだろうがおなら囲いにいないっおのは普通の発想だず思うがおプリニヌ 」

これで朜䌏占いは残せないのだわ」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「あれれれれ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「できる倫確定○っおいう結果だけ残しお死んでくれたらいいや。」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お぀だお及ばなかったお・・・」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「やる倫なんだあれ」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「  いや、その。アレはない。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「ふむ、そうするずがくは確定○ですか・・・」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「真か真なのか」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「はぁ私も胃がいたいのだわ・・・」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「人狌お疲れさん」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「ずりあえず村人Dは消しおおくずしおヌ、」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「たヌ真でも吊り足りるけど」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「どうすっかな  コレ  」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「できる倫さん占っおたからず思ったっすけど」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「朜䌏占いCOするならせめお、今日の初手じゃないか  」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「LWは、誰だ」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「あそこでの朜䌏占いはやっぱ信甚ずれんかぉ・・・」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狐ずかっすかねヌ
たあ、基本停で芋たしょう
ただ、できる倫さんの村床は䞊がったっす」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「胃が痛い」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「぀ヌか地味にアル倫が人倖くせヌんだがどうしよう。アレ吊れねえよ」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「問題は明日ね。どこ吊るかなんだけど。
どっか案あるかしら」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「信頌勝負が苊手ず朜るのがむコヌルで党く繋がらないんすよ」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「゚ヌスが党員胃薬を所望しおたすね 」
¢¡ãƒ—リニヌ(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んヌ、ある倫ず葉留䜳さんロラすれば最終日行けないっすかね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「むしろ狌芖点噛みポゞが増えたわね」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「できる倫2重○じゃあ流石に噛みすべき䜍眮」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「だめだ、意識がなくなっおきた
先に萜ちる、䞋界も霊界もみんなお疲れ」
¢¡é˜¿éƒšé«˜å’Œ(nnm)
「高みの芋物しおたら急速に眠くなっおきたでござるずいうわけで、すたない」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ様よ」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お疲れ様だおヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €¿€Á¿Íϵ€Ï プリニヌ €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            プリニヌ は無残な姿で発芋されたした
            (プリニヌ は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
やる倫 さんの遺蚀
朜䌏占いCOだお
やらない倫○できる倫○䞉枝葉留䜳○
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おはよヌっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「しゃかしゃかぞヌい」
¢¡ã‚„らない倫
「おはようだろ  䞀䜓昚日のやる倫はなんだったんだ
出遅れ狂信者にしおも、人狌にしお、狐にしおもおかしいだろ。

  かずいっお、真ずも思えないから吊ったんだが。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おはようございたす
残り吊りで先に狐っぜいずころから萜ずしおいきたしょうかね

村人さんが波颚立おないような発蚀倧目なので
ここですかね」
¢¡çœŸçŽ…
「ふむ・・・盞方が。
おはようなのだわ。」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「ああ、そうかそうか」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やる倫は前前から䌏線匵っおんなっおいう
あれ、真の可胜性もたたあるんじゃねずは思っおるっおいう
吊り足りるから吊ったけどっおいう

だから䞀回やる倫のグレランを挟むのを提案するっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「んたあ、やる倫はできる倫確定○っお情報を持っおきたっおこずでいいや。

ずするずハルちんはずっおも村人Dを吊りたいな

日目にはできる倫◯に぀いおの感想がないのに
日目から他の村が囲いを意識し始めおからはそこに疑いをかける動き
そういう点ではできる倫を吊らせたいっお意志が芋えるかな

でっおいうずは話せそうなんで陀倖」
¢¡è–”薇氎晶((’A`)◆YueIZdokuo)
「共有お疲れ様ヌ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「おはようアル」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ様」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お疲れだおヌ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「朜䌏日蚘もないし
人倖が吊れたっおこずにしたしょうか」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「䞉枝ず村人D吊りたいアル。
䞉枝は埗祚次点だけどこれこれ助け舟来おないよねっお姿勢だったら違ったアルけど、
自分非狌を蚀う理屈が倉アル。

村人Dは人倖探しおない姿勢ず、
埌やたら囲い噛みに"したい"ような意思が感じられる点。

できる倫狌でもいいんアルよ、最終日に考えれば。」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「んヌ、ロヌラヌ方針はあっおいたけれど」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「確定○䞉枝
狂狌もあるよっおいう
真混じり確信かっおいう」
¢¡æ‘人
「ふむ、昚日の投祚先はグレランだず思ったが・・・
たあ、やる倫真はないよなあ、朜䌏しおいた・・・
狐が䞀番しっくり来るか狌が眮き土産にっおのもあるかもしれんが
狂信・・・ねヌよ・・・しかし隙りなら●を䞀぀混ぜる気もする
やる倫は以前から発蚀が安定しねえんだよなあ
あの状況で狩人初日を芋おいた・・・ふむ、そう考えるず真の可胜性もあるか」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「アル倫さんなんかずっず吊りたいず思っおたらスネヌクさんっすか」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「でっおいう
っぞヌ。
狂狌なら尚曎できる倫攟眮でいいじゃん」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「狩人初日から朜䌏はねヌよっおいう
ただなんずなく朜䌏、の方がただマシっおいう村人D」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「昚日蚀っおたずおりの吊りで完璧に人倖吊りきれたのよね」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「アル倫さんは序盀から吊りたいずころが積極的に出おるので
狌は無いかなっお感じですかねあっお狐」
¢¡ã‚„らない倫
「いずれにせよ、やる倫は狌か狐だず思う。
問題は今日どこを狙うかだな。 狐臭い぀ヌずアル倫ず村人。
二人ずも無難だが、アル倫はより攻撃型な分、狌目は䜎い。

狌有りうるトコだず䞉枝かな  。
ちょっずアル倫に察する発蚀の亀わし方がビミョヌ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「できる倫の凊遇に぀いおはどうでもいいっおいう
そっちが即「確定○」ず扱ったこずに察しお疑問を持ったんだっおいう䞉枝」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「非垞に胡散臭くお私芖点3日目にノヌタむムで吊りたくなった
薔薇氎晶に祚が集たったのが以倖なくらい」
¢¡çœŸçŽ…
「たぁ指定がいるっお意芋もなさそうね。
明日はいるだろうけど。
グレランでいいかしら」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「もしやる倫が狌だったらできる倫を倉に二重○にしお噛たれないずおかしい壱にするのは悪手だよ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「やらない倫はよく分からんアルな。
䞉枝ツッツキ過ぎあれ普通アルけど。
ずいうかそもそもワタシは3日目昌から䞉枝吊りたヌいっお蚀っおるアル。

でっおいうは埮劙だけど、3昌の驚き方が村人的自然さがある気がするアル。
CN補正かもだけど、人倖がわざず驚いおる時の胡散臭さがないアル。」
¢¡ã‚„らない倫
「でっおいうは明確に結構ポンポン喋っおるんで村においおる。

できる倫は  村だろ。この状況で、颚芋ずやる倫䞡方が停っお展開は有り埗ん」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ああそうだよ
その説明を織り亀ぜお「○の可胜性が高い」ずか「村でいいや」、なら玍埗したっおいう䞉枝
『確定』っお蚀葉は重いんだよっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ねヌ。
でっおいうずは話せるず思ったんだけど」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「䞉枝さんはなんか狌っぜいのでただ吊りたくはないんですよね
」
¢¡æ‘人
「んヌ・・・やる倫は遺蚀の狩人COに察しお狩人初日蚀っおたんだよなあ
あの段階でやる倫が占い、狂真だず仮定するずやる倫芖点では「䞀応」぀じ぀たは合うんだが」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「じゃあこの話がスラスラず出おきたからこの話は決着でいいでっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ええ、グレランで良いず思いたすよ真玅」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「たた、そうだずしおも俺様は䞀回やる倫のグレランするこずを提案するけどなっおいう
あずやらない-䞉枝もかなりあるんじゃねずは思っおるっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「んヌ、今のやる倫真考察発蚀はちょっず村人Dの奜感䞊がったかもしれん。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「前から気になっおたけど、みんなが狌目ず狐目どうやっお刀別しおるのかさっぱり分かんないアルな。
誘導先が䞀臎しおるから組織的な狌ぜい、明らかに浮いおるから仲間居ないや぀(村狐)ぜいはあるアルが、
よく分からん論旚アル。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「私はアル倫ず話がしたいけど
ある倫は助け舟が出おきおないっおどこからっお意志なの」
¢¡æ‘人
「3日目
◆やる倫(55)  「占いは真→狂信どこ
占い狂信→占いどこ
だお。たあ埌者であっおほしいがお。」
◆やる倫(48)  「ただそうなるず、内圹がかなりおかしなこずになっおくるんだお・・・」
◆やる倫(43)  「そういう考えもいいけど、残念ながら初日の可胜性のが高いず芋おるお。
できる倫」
◆やる倫(25)  「え狩人・・・
早すぎるおここで遺蚀ずはいえCOする必芁もないお」
ここのずころがなあ・・・
狐や狌だったらわざわざこんなこず蚀うかねえ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「んヌ、村人さんはもうやる倫君のこずよりも
今居る人の怪しいずころはないんですか村人」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「やたらず匱気になっちたったのが 
おいら床胞が無いっす 」
¢¡ã‚„らない倫
「え、やる倫のグレランするのに、俺ず䞉枝のランっお䜕
それやる倫の○ランじゃん。 䜕考えおるか良く解らんだろでっおいう」
¢¡çœŸçŽ…
「できる倫を陀いたグレラン。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>村人D
やる倫朜䌏狂信者はい぀切れた
芖点挏れアルか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「あそこは霊吊りさける意味でも指定頌んでおくべきだったわね」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「やばいお・・・
これは謝眪物だお・・・」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï でっおいう €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「狐も狌も吊れずに匕き分けがありえるか」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「指定しちたうべきだったっすかねヌ」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「遺蚀に方針を残しおおけばよかったっす 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
5 日目 ( 1 回目)
アル倫2 祚投祚先 1 祚 → 村人
でっおいう1 祚投祚先 1 祚 → 村人
䞉枝葉留䜳0 祚投祚先 1 祚 → 村人
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → でっおいう
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → アル倫
村人4 祚投祚先 1 祚 → アル倫
真箅0 祚投祚先 1 祚 → 村人
            村人 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「時間がやばいのだが」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ様」
¢¡æ‘人(purannt◆F4HHt9k4m6)
「ダベ、間に合った」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「くそ アル倫を吊れなかったか」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「ふヌん。」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「やっぱ、狌は狐投祚しおいるっすね」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「村人D-やらない倫本線かな。」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「どう残すか、だな  」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お疲れ様だおヌ」
¢¡æ‘人(purannt◆F4HHt9k4m6)
「埡疲れ様
ふむ、読みが倖れたか」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「さがったっす 」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「アル倫かでっおいう狐でいいだろコレ。」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「でっおいうなら霧っおもいいトコなんだが  」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「あ、そこを吊っおしたいたすか・・・」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「迂闊にグレヌはもう削れん。 できる倫か真玅。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「戻っおきたが お疲れ様だよ。どの陣営も勝ちはある、ず  」
¢¡çœŸçŽ…(¶ŠÍ­ŒÔ)
「アル倫ヌ䞉枝ならアル倫を村で決め打ちたいんだけど、
投祚はそんな感じじゃないわねぇ。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³€ÎÆÈ€êžÀ
「アル倫釣りたいね。」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「぀ヌかプリニヌにちょっずだけ埓えば良かったんだよ
あの発蚀された時超ビビったっおのな」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「おっず玠が出おしたっただろ、迂闊。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「やらない倫なら確実に狐吊りに動ける
アル倫は朜䌏狂信か狐を3日目には確信できたが、
狩人死ぬずそこ占いはできない。
吊りしおおけず曞いおおくべきだった」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「たあアル倫は぀れるだろ。

でっおいうだった堎合が最悪、だな」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「アル倫さん 投祚浮き気味、吊り先を探しおいる感じ、霊胜吊りにショックが無い
やる倫くん 残しおおけない筆頭
やらない倫さん やる倫くん吊ったらない倫もね☆
こんな感じで吊りたかったっす」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「おいら残しおくれたらアル倫さん指定したかもっすやらない倫さん」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「最埌ひどくないかいプリニヌ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「やらない倫初日から私狌考察だったからな
あれが浮いおおできる倫-やらない倫は占いで凊理しきりたかったな」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「やる倫君がこっちにいるのにない倫さんがこっちに来ないのは䞍公平っすナズヌリン」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €¿€Á¿Íϵ€Ï 真箅 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            真玅 は無残な姿で発芋されたした
            (真箅 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
村人 さんの遺蚀
さおはお・・・
狂信者あり・・・たあ十䞭八九占いに出るだろうね
狂信者は盞談ができず、噛めず、噛たれる狌ず考えおいいだろう
占いをやる以䞊必芁な情報はほが欠けおはいないわけだからな 
さお、朜䌏しおるのは占いか、霊胜か はたたたねえ
おいおい、面倒なこずになったじゃねえか 

やる倫狂真の可胜性ももちろんある
だが自分の掚理では狌、狐ではない
なら真占いの可胜性も十分ないか
噛たれた占いは○しか出しおないしねアル倫
真箅 さんの遺蚀
倧人気共有
盞方プリニヌなのだわ
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おはよヌっおいう
2W1F吊定っおいう
だがそれがでっおいう」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「しゃかしゃかぞヌい」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「お疲れっす」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「やらない倫、ワタシず村人Dを狐臭いず䞊げおたあるな。それは別にいい。
で、共通点は䜕アルか
どういう点を持っおワタシを狐ぜいず、
村人Dを狐ぜいず芋たんアルか

ぱっず芋、ワタシず村人Dの発蚀に共通項は芋圓たらないアルけど。」
¢¡ã‚„らない倫
「おはようだろ。
ちょっず村人D吊りはアリずいえばアリかもしれんが。

叩き合いしおるアル倫ず䞉枝䞡方攟眮でそっちは無いだろ垞識的に考えお  。
いや、正確に蚀えばアル倫が䞉枝殎りなんだが。」
¢¡çœŸçŽ…(ずりあたた◆RLQFB9g9qw)
「お疲れ様なのだわ。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おはようございたす」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「お疲れ様だよ。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「こう、がくを残すのやめおもらえたせんかね」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ちなみにワタシは村人Dが、やる倫の囲いの䞭に狌が居るこずを知っおる狌、
っおのを本線で芋おるアル。

だから䞉枝-やらない倫のどっちかがLWで芋おる。」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「そうも人倖臭いかお
やる倫は」
¢¡çœŸçŽ…(ずりあたた◆RLQFB9g9qw)
「ああ、盞方が道理で頌りになるず思ったら・・・」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「私ずしおはアル倫を釣りたいなヌっお印象

村人Dは「狂信者たで考えお●出すだろ・・・」ずか真っ圓な掚理の元やる倫真を考えおいる
たあ確かに今のグレヌを芋おない人ずは仲良しになれんけどさ

しかも芖点挏れっおなにさ
できる倫狌でしか幜銙狂信者確信やる倫狂信は切れないよ
芖点挏れに぀いおの考えを教えおほしいな

たあ私殎りは劥圓だずしおもここは芖点がずれおいる狌ずしお吊りたい」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お぀かれだおヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「さヌお今回は䞉枝-やらない倫ランを提案するっおいう
やる倫の囲いケアでな
っおいう」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「やはり狩人COはなかったかな  
真でも狂でも、䞉日目の○を攟眮するだけでいいんだろうから」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「どうりで歯圢たみれだず思ったら 真玅」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>村人Dの遺蚀
やる倫真がある、それで
やる倫芖点は真の仕事を果たしお死んだ狂人が居る。
ならそこ真でいいアル。」
¢¡ã‚„らない倫
「狐っおのは「吊られない」「占われない」で枈むだろ垞識的に考えお。
噛たれる事は気にしなくおもいいし、仲間の事も考えなくおいい。

だから「悪目立ちしお生き残る事を目指す」パタヌンず、
「無難で、適切っぜい発蚀を繰り返す」皮の二皮類がある。

お前は前者で、村人Dは埌者に該圓する。
逆に俺の狐疑いにくっおかかっおくる圓たりが、バッリバリに前者っぜいがな。アル倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やる倫真でも最終日にアル倫殎り倒せば問題ないっおいう
吊り足りるしヌっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あ、ちなみに昚日でっおいうに投祚したしたけれど
クリックミスですのでごめんなさい」
¢¡ã‚„らない倫
「でっおいうダりト」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>䞉枝
ワタシはやる倫狂信が䞀番高いず芳おたある。
だから意図的に狂信者の可胜性を挙げなかったように芋えた、以䞊。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「いや、別に俺様グレヌだから投祚しおもいいのよっおいうできる倫」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「やらない倫に぀いおは発蚀ず投祚が䞀臎しおいるぐらい
狌目ではあるね
昌で思考が固定しおいるずいう。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「はいはい説明よろしくっおいう
反論するよするよっおいうやらない倫」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ん、でっおいうはなんでそこたでやる倫君をしんじおるんですかね
この人数で○が個貯たったらその瞬間に出おも良いず思うんですよね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「可胜性がある
以䞊っおいう
远う䜙裕があるんだから远っおもいいじゃんっおいうできる倫」
¢¡çœŸçŽ…(ずりあたた◆RLQFB9g9qw)
「そんな䜕回も噛たれおないのだわ
っおいうか噛んでくれお本圓にありがずうね
アル倫→やらない倫の吊り順はかなり無理だったのだわ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「指定するならできる倫がするアル。2残りは切れない。
盞察的に䞀番村目が高いし、狂信囲い噛み+狐が䜙蚈なこずをした、でもない限りはここが狌ならLWアル。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ふヌん。
私はでっおいうはもう吊りたくないいちにいるず芋る
私ぞの確定○云々が村の倉な぀っかかりに芋えたから」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「んヌ、そこたでは疑っおたせんよ
ただ、なんであのの仕方をそれなりに信じおたのかなっおこずですよ」
¢¡ã‚„らない倫
「◆でっおいう 「おはよヌっおいう
2W1F吊定っおいう
だがそれがでっおいう」

さヌお今回は䞉枝-やらない倫ランを提案するっおいう
やる倫の囲いケアでな

お前の䞭でのやる倫の扱いは 初日は
たさかこの状況で初日が完党圹欠け無しで真狂だったず蚀うのか

やる倫が狌だった堎合、その囲いを消すっお事は「狐勝利」に぀ながる可胜性が高いんだが、そこらぞんどうなんだお雚」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やる倫狌で、狐を囲っおない可胜性があるのか
っおいうやらない倫」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ああ、぀りに䜙裕もあるっおこずですか
了解ですよでっおいう」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>䞉枝
返答したけど、玍埗行ったアルか
ずいうか村人Dっお残すずころアルか

人倖党然探しお無いけど。

自分殎りが劥圓だず蚀うのなら、そこに関しお䜕かを蚀うのではなく、
裏筋からワタシを吊りたいずいうのはなんでアル」
¢¡ã‚„らない倫
「だったら狌の狐囲いっお蚀っおくれよ、玛らわしいだろ  」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やる倫狌ならない倫-䞉枝は吊定
぀たりどっかで䜙蚈なの囲っおる可胜性は吊定できない
぀ヌかここで狌目吊りに行くや぀なんおいるのかっおいうない倫」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「みんな激しいね 」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「これ最埌やらない倫が狐噛んで匕き分けではないか」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「やらない倫はうたいお・・・」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「アル倫
芖点挏れっお発蚀が気にかかった
なヌんでそんなに」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「そんな感じっすかねヌ
ずいうか、おいらグレヌにいたかったっす
この殎り合いに参加したかったっす」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「流石鯖では盞倉わらず占いの勝率がひどいわね。私」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「初日の圢が若干䞍運だったっす」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「ああ、そうだ。
昚日の村では迷惑をかけたが、君の䞀蚀は玍埗か぀ためになったよ。
ありがずう幜銙」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「それはどうもナズヌリン」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 1 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「どうっすかねぇ 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「でっおいう次第にみえるが」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 2 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³ €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï 䞉枝葉留䜳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「終わりかな。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「狐勝ちか匕き分けだなこれは」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
6 日目 ( 1 回目)
アル倫2 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → やらない倫
䞉枝葉留䜳2 祚投祚先 1 祚 → アル倫
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
やらない倫1 祚投祚先 1 祚 → アル倫
6 日目 ( 2 回目)
アル倫2 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → やらない倫
䞉枝葉留䜳2 祚投祚先 1 祚 → アル倫
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
やらない倫1 祚投祚先 1 祚 → アル倫
6 日目 ( 3 回目)
アル倫2 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
䞉枝葉留䜳3 祚投祚先 1 祚 → アル倫
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → 䞉枝葉留䜳
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → アル倫
            䞉枝葉留䜳 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「  」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「  さお、どうするか」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「あら 」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「狐吊れなかったかぉ・・・」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「お疲れ様だよ。

狐っぜいず思ったずころ二人が残った狌の心境や劂䜕に」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「アル倫ずやらない倫
さあどヌっちだ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「ふヌ、お疲れ様アル。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「匕分けっすねたぶん
捕らえおるっすし」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「さおず、明日が着おくれたすかね」
¢¡çœŸçŽ…(ずりあたた◆RLQFB9g9qw)
「お疲れ様なのだわ

これはどうなるかしら」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³(きゅヌえい◆KkDobApuRg)
「んヌ。アル倫が吊れなんだ。
お疲れ様ヌ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「䞉枝の䞭身が気になるなヌっおいう」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「アル倫かでっおいう噛みだな。 どっちが狐か  」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「狌も狐を譊戒するでしょうからたぁ、がくが残りたすよね」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「でっおいうの独り蚀 「アル倫ずやらない倫
さあどヌっちだ」

䞡方だよ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「䞉枝狌だったらない倫狌
䞉枝非狌ならアル倫狌かなヌっおいう」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「昚日の最埌のでっおいうが狐臭すぎお困った」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「久々に誘導方向からの祚読みずか頑匵った」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「アル倫-䞉枝なら
たぶん昚日真玅じゃなくおグレヌ噛んでるんじゃないかなヌっおいう」
¢¡æ‘人(purannt◆F4HHt9k4m6)
「狐か匕き分けか・・・」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「でっおいうは匕き分けのこずを考えおも
村だず思うんですよね」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「ぶっちゃけでっおが狌に芋えないんアルよな。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌ
LWLFじゃないずいいなヌっおいう」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「アル倫さえ぀れおればなヌ。

本圓は村人Dを萜ずさずに、アル倫、䞉枝ロヌラヌで最終日刀断で良かったんだよ。
そしたら俺が吊れお村勝ちだから。」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「それだず俺負けおるだろ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「ちなみに今回は狐芖点っおいうかヌ、最終日の圢の構想を党くしおないアルな。
䜕しろワタシが生きおる状態で最終日行ったら勝っおるし。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「やらない倫」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「やらない倫」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「死䜓無しがあったらしおもらっおの匕き分けですかねヌ」
¢¡ã‚„らない倫(¿Íϵ)
「
       . ̄ ̄
       / ボ_   .
     .  ●  .   |
     . 人__     |
     r‐-    .   |
     䞉   .   |  さ、最埌の勝負だろ。
     >        /  アル倫噛み。 人だったら匕き分け。 人だったらガチ勝負でいく。
    /  / ボ、 .   /
    /  / ⌒ミ   .〈
    __ゝ  . 
      . |    ,.1
      . |  _...|」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「遺蚀でもうちょっず方針曞いおおくべきだったっす
アル倫ヌやるやら萜ずしや、アル倫䞉枝ロヌラヌは考えおたっすのに 」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「あ、ある倫さん噛むっすね」
¢¡çœŸçŽ…(ずりあたた◆RLQFB9g9qw)
「やっぱりアル倫䞉枝でロヌラヌだったかしら・・・」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「あヌ、 PHPはなんでおいらに共有を 」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「たあGMなら捕らえるわよね」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³(きゅヌえい◆KkDobApuRg)
「村人Dが私の枷だったんだよヌ、プリニヌ」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「でっおいうの立堎が欲しいっす」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €¿€Á¿Íϵ€Ï アル倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
䞉枝葉留䜳 さんの遺蚀
でっおいう
私は村人Dがややキツネ目
狐が䞀番しっくり来るか狌が眮き土産にっおのもあるかもしれんが
䞀番ありえなさそうな圹職を述べおいる圓たり
だから狌狙いでアル倫

でっおいうずできる倫を陀倖するずそうなる
やらない倫ずは立堎が䞀緒。
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„らない倫
「 」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おはよヌっおいう
怖えっおいう
あそこLWもかなりあったのにっおいう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「狐残り」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「あヌ、狐生存アルか。」
¢¡ã‚„らない倫
「死䜓無いな  WFか」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「それじゃあ狌は狐教えおくださいね」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「捕捉力はあったが
ぎりぎりで捕らえるずきに萜ずせなかったからな
やらない倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「誰だよ
告発しろよ
俺様人柱出るぞ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「今たでの吊り間違っおたんアルなヌ、残念アル。」
¢¡ã‚„らない倫
「䞉枝じゃなくお、アル倫吊っおればなヌ。

本圓はアル倫、䞉枝の順で吊っおりゃ完璧だったんだよ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「告発なんで出ないんアル」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「玠村だったら2人ずも殎っおた。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³(りクレレ)
「たあ、殎り合いにはならなかったようだけれど。立堎」
¢¡ã‚„らない倫
「狌CO

アル倫狐」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「人柱CO
狌出お来いっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おっず、その感じだずやらない倫君がおおかみですかね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ああおっけ
んじゃ匕き分け投祚しようかっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「昚日の最埌、でっおいうがあたりにも狐臭すぎお困った。

䞉枝狌っお蚀っおんのに、そこ吊ろうずするなよ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「たヌワタシも反省アルな。
昚日でっお→ない倫は読めなかった。
悩んだ末䞉枝投祚したけど、でっお→ない倫だったならそっちに投げお吊ればよかった。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「お前吊りしたかったんだけど誰もズラさないんだものない倫」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「はい、それじゃあ
狌ず狐盞互で
がくがやらない倫君で、でっおいうはアル倫さんに入れおくださいね」
¢¡ã‚„らない倫
「たあ、倧䜓最埌の時点での掚理を信甚するずコケるから、
途䞭でたどり着いた掚理を信じる事にした。

その結果がコレだがな」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「できる倫ずでっおのどっちがどっちに投祚するかは奜きに決めりゃいいアル。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「はいよヌっおいうできる倫」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚„らない倫
「悪いが、あの時点、あのメンツで俺を吊れる可胜性はほがれロだ。
諊めるべきだろ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「んヌ、やる倫君の占い先がやらない倫くんおいうのがどうにもあれだったんねすよねヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「ここたで頑匵った俺をたたえお、勝利を譲っおくれないかアル倫君」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「仲間誰だったのっおいうない倫
やる倫」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「いやでっおの祚的には吊れた可胜性あったアルよ。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「村人Dでしょ。」
¢¡ã‚„らない倫
「仲間やる倫。


正盎、開始した瞬間「あれ、詰んでね」 ず思った」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やっぱそうかっおいう
詰んでる詰んでるない倫」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「やらない倫 「仲間やる倫。


正盎、開始した瞬間「あれ、詰んでね」 ず思った」

ひ、ひどいお」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「やる倫君が狌でしたか
それじゃあ初日狂信ですね」
¢¡ã‚„らない倫
「いや、無理だな。 䞉枝ず俺が動かんから。 できる倫も倚分動かさないよ。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「もうちょっずスマヌトに回しおたら敬意を衚しお譲らないこずも無いアルが、
テンプレに利敵行為犁止っお曞いた蚘憶があるアルし、
策戊もふっ぀ヌだったからそこたでしたくならんアルな。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「あれやる倫なんだ、ぞヌ。」
¢¡ã‚„らない倫
「もうちょっず俺がやる倫にアドバむスできおればな  。
正盎、すたんかった。やる倫」
¢¡ãƒ—リニヌ(◆e596wfOJqI)
「やるやらロヌラヌでおわるっすもんやる倫」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「なんですか、がくだけ仲間はずれですか
錻がスリムなむケメンだから嫉劬ですか」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「アル倫吊りしお最終日刀断がよかったんだろうけどなヌっおいう
そこ狌だけは芋おなかったし
ただ䞉枝-ない倫が頭にチラ぀いおチラ぀いお」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「投祚ただアルか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 1 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚„らない倫
「お、すたんすたん」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やる倫非狌を远いすぎた結果だなっおいう
倱敗倱敗」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 2 回目)
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「狌コンビずしたは楜しかったなずいうかこれでできる倫狂信なら
人倖の居堎所がパナむ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™(tk◆Msgo7V7vNY)
「AAキャラで制芇できおいる」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 3 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 4 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 5 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ«å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï アル倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やらない倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 6 回目)
[匕き分け] 匕き分けずなりたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ çµ‚了時間2010幎7月27日4時25分
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「お疲れ様ヌっおいう」
¢¡ãƒ—リニヌ
「お぀かれっすヌ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「お疲れ様アル。」
¢¡ã‚„る倫
「お疲れだおヌ
やらない倫すたなかったお」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「お疲れ様ヌ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「フォックス
マゞかよっおいう」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「お぀かれさた
捕捉されたなお生き続けた狐が匷かったわね」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「お぀かれさたでしたヌ」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「お疲れ様だよ。
メンツ的に殎り合いが芋たかった気持ちもあるけれど、仕方ないね。」
¢¡çœŸçŽ…
「お疲れ様なのだわ」
¢¡ã‚„らない倫
「
    ̄ ̄
    _ノ  
 |     ●●
. | u.   __人__
  |      ⌒Ž        やれやれ、ブランクがあったが、
.  |         }         䜕ずか最埌たで吊られずには枈んだだろ。
.  ボ        }
   ボ     ノ
    i⌒ ,__(‐- 
    l  巛ヌ─;
    | ボ-‐ヌく
.    |      l


」
¢¡ã‚„る倫
「勝手に朜䌏占いしおごめんだお・・・」
¢¡ãƒ—リニヌ
「遺蚀に方針を曞いおおくべきだったっす 」
¢¡ã‚„らない倫
「
       ̄ ̄  ;;;;(
     ._ノ  ボ) ;;;;)
    |  ●●/;;
    |  __人__l;;,ÂŽ|
    | ./Žニ━・' .
    | .l _ニ    }   ずいう事で、お疲れ様だっただろ
     /ボ_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       ボ.
  /Ž  ./       ,.  ボ.
  ,/.         ボ
            /  /
」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「◆アル倫(67)  「あるずアルが順番入れ替わったアル。」

これをみお村で蚀いやずかおもっちゃいたしたよ・・・」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「狩人遺蚀はやはり悪手だったかい
狐探しをさせたかったのだが ALL」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「村人Dより優先しおない倫吊れた気はしないアルなヌ。
できる倫、ワタシずでっおがない倫投祚でブレなかったら祚倉えた可胜性あるアルか」
¢¡ã‚„る倫
「霊界来お気づいたけど、みんな芋たこずあるベテランばっかだお・・・」
¢¡ãƒ—リニヌ
「○の数的に狌は狐探しおる堎合じゃねヌっすナズヌリン」
¢¡çœŸçŽ…
「プリニヌの方が残っおればただ村勝ちもありそうだったわね
申し蚳ないわ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「ナズヌリン
占いに狐探しをさせたらどうだろう、」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>できる倫
人倖も垞に遊び心は絶やしおはいかんアルな。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「遺蚀にアル倫は吊りすべきず曞いおおくべきだったわ」
¢¡æ‘人
「埡疲れ様・・・
初心者の自分でもわかるぐらいに錚々たるメンバヌだず思うんですが・・・」
¢¡ã‚„らない倫
「
       ⊃ ̄ ̄
     ⊃   _ノ  
    ⊃    ●●
     |     __人__
     |      ⌒Ž    たヌ、ちょいず早すぎだろ。狩人遺蚀CO
       |         } 
     ボ       }  
      ボ__ノ     
          .   | 
 |          ̄ ̄)
      |  
        ⊂」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「狐探し
狩人遺蚀が芋えたなら1W捕捉できるたでやらないわよ」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「死者の蚀劂きで吊られる気はしないアルな。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あヌ、アル倫さんがその投祚ならば
やらない倫君吊っおたかもですねアル倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「アル倫さんはんヌ
芋おなかったけど芋おおも吊れた気はしねヌなっおいう
あるずしたら䞉枝ずない倫に乗っかる圢かっおいう」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>ナズヌリン
正盎意図があんたり分からなかったアル。
真占い噛み、間違いなく早たったし。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「たぁ、今回ワタシの反省点は明確アル。
自分以倖吊れば勝ち、っお驕りが出過ぎおたアルな。」
¢¡ã‚„らない倫
「
      ̄ ̄
      _ノ     ;;;;(
   |     ──  ) ;;;;)    しかし、でっおいうの「やる倫の○ラン」は意味䞍明だっただろ  。
   |      __人__ /;;     狂信の狐囲いなんお単玔な可胜性に過ぎないんだから、
.   |         l;;,Ž      それをずりたおお挙げる必芁無いだろ、垞識的に考えお。
    |     ∩ ノ)━・'
       ノŽ         だったら、玔粋にグレランでいい。
  (.    .   │        狌を狙っお吊りたい、狐にしか芋えなかっただろ。
    “ __|  |
.      /

」
¢¡è–”薇氎晶
「お疲れ様、途䞭から寝おた 」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あず、ほが○の状況になるず芋えなくなるのは䜕ずかならないんですかねぇ」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「殎りが早いか぀
私に察しおの反応が間違いなく狂or狐に芋えたのよね」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「でっおいうはやる倫に぀いお考えすぎだよヌ。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「グレヌにいたかったっす」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「うヌん。慣れない配圹ずはいえ悪手か  
昚日からどうもアレだな。すたない。


1COの占いは停ず想定するようにしおいるから 䞉枝
霊界に行っおやる倫の「䞉日目にも囲わないなら狂じゃないだろう」発蚀で玍埗しお埌悔したが。党くだ。」
¢¡æ‘人
「しかしたあいい加枛グレヌ芋る癖぀けなきゃなあ・・・
どうしおも圹職に目が行っおしたう」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「アル倫」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「序盀から぀れるかもしれないずころを積極的に殎る狐・・・
うヌん、至っおありがちなんですがね・・・なんで気が぀けなかったのやら」
¢¡ã‚„らない倫
「
        _
           .r┐ボ「|
       r-  | .| ./ l ll
   .  .__,ノボ _, '-' .|,,/ |      初手から動けおいればな。
      ●ボ      ÂŽ/
    |       〉      〈_,,.-    だがアル倫。 あの段階でお前が俺に投祚するっおのは、かなりの胡散臭さを䌎なう。
    .|    __人{         .r''ÂŽ
    .|     Ž ⌒|    _,.-i'Ž      あの時点でのお前さんにはぐらい、俺ぞの投祚は出来なかった
   . .{       l-‐'''''''l }       俺はそう考えおただろ。
       .   |Ž ̄ ̄`l }
     {      .|     |.}」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「だっおキヌポむントだず思ったんだもん
だもん䞉枝
ごめんね」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「だから占いたくなくなったのよ
3日目。狩人遺蚀芋えたずなるずなおさら」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「それにしおもやらない倫の日目の狐に぀いおの発蚀は圓たり前ながら参考になるなヌ。」
¢¡ã‚„る倫
「狂信の狐囲い&狌囲いもあるから劥圓じゃないのかお
実際やらない倫囲う圢になっおしたったしお。
たあ䜕であえお囲いの圢にしたかず蚀うず、初日やらない倫占っおないのは
ちょっず䞍自然だず思ったからだがお・・・やらない倫」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>颚芋
いや村人でもあれ蚀ったアルな。
そっちが胡散臭いだけだず思うアル。」
¢¡ã‚„らない倫
「
      ̄ ̄
.   .   _ノ  ボ
    |     ●) (●)
    |      __人__  ∫
    |     ⌒Ž ∬   ずいう事でログを倧䜓読んできた。
.   ボ         } |ï¿£|
     ボ     ノ ||
__      ヌ┘ |
| |  /  /     _/
| |  /  /      |
| |     ̄ ̄ ̄⌒ボ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「初手にやらない倫君に○を出しおるっおいうのが色々匕っかかりたしたねやる倫」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「たあ確かにやる倫が初手に他を占っおいたらおかしいね。

阿郚さんを占っおいたら、そういう趣味だろうず玍埗するけれど。」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「やらない倫は私狌考察ず、
霊胜に関しお出ろ→あ、いや朜䌏でいい
この2぀がね。かなり気になったからね」
¢¡ãƒ—リニヌ
「霊胜に関する蚀及は気になったっすね
それで、削りたくなったっす颚芋幜銙 」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「たぁ霊胜吊りにショックが無いず芋えたのは最初ガチでいや朜䌏霊の吊り逃れせずは無いわ
ず思ったからアルがな。」
¢¡ã‚„る倫
「いあやる倫が占いだったずしたら初手やらない倫占わないのは
かなり䞍自然だおそっからやる倫停で信甚されないの前提で囲っおないやらない倫が狌っお考えもでるかもしれんからお・・・。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌんヌんヌ簡略ログ読み完了
やっぱ真玅噛み5人時点で2W残りを吊定しおからのアル倫さんに䞀階打ち挑むのが良かったかなヌっおいう
あれはほがLW告癜みたいなものだしっおいう
ずなればやる倫が真ならアル倫吊りで終わり
停ならほが囲っおるからLW吊らない意味でも囲いの倖から吊り」
¢¡ã‚„る倫
「あ、阿郚さんを占ったこずにしずけばよかったかおナズヌリン」
¢¡ã‚„らない倫
「
       ., ──‐
           
.     .|     _ノ  ボ
     |      ●) (●)              颚芋
     |       __人__ , -―ヌっ        あれは霊胜が朜䌏しおいるかどうか、が俺にずっおは重芁だからな。
      |      ⌒Ž  ゝ圡 ̄         俺は基本圹職及び、それに関する発蚀から掚理を進める人間なんで、
.               } |ï¿£'|            霊胜がCOしおくれるかどうかは非垞に重芁だっただろ  。
    ⌒ボ     ノ  .|,  |
/    _ィ Žヌ‐'   ∫          ただ、霊胜COに぀いおの考察をしおいる内にたあアリかずなった。
| |  /   /    r___ ∬            そこらぞんの思考過皋で、自分の圹職が関係しおいるかずなったら、
| | /   /      |i    ┌‐┐             たあ関係しおいるんだろうがな。
| |  〆⌒'──r─≒.(|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「初日の占い先なんお趣味だよ。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>ない倫
たぁそヌなんアルよな。
実際に䞉枝-ない倫ならない倫LWだろうず思っおいお、
か぀そんな空気を出しちゃった以䞊は初手からない倫投祚はできんアル。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「そう蚀う趣味ず村䞭から芋られるこずになるが やる倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「でも囲わなければよかったっ぀っおるしなあ
そうするず䞉枝さんだけになるのか、囲い候補」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「ぶっちゃけ1COで霊朜らせるメリットっおあんた無いアル。
保護する皋倧事じゃないっおいうか、"朜䌏から出おきた霊胜者"はそこたで信頌高い存圚じゃ無いアル。」
¢¡çœŸçŽ…
「眠気がマッハなのでそろそろ萜ちるのだわ。
皆お疲れ様なのだわ。
アル倫は村建おありがずうね。では。」
¢¡ã‚„らない倫
「
         ̄ ̄
         _ノ  
      |     ●●
     . |     __人__      本圓は、最悪の堎合、
       |      ⌒Ž      最終日䞉枝ず殎りあうずいうのを目暙にしお進めおたんだがな。
     .^l^l        }       䞉枝には申し蚳ないが、そこにはある皋床楜に殎り勝おるず思ったからな。
     .ボ   L       }      
       ゝ      ノ        阿郚さんずかが狐で、でっおいうず殎り合いになったらどうしようかず正盎悩んでた。
        /       しかし、やっぱ最初にアル倫が狐臭いず思ったんで、
       /          それを信じおアル倫を噛みにいったよ
  . /    /        -侀'''''''ヌ-.
  人       (⌒(⌒)⌒)⌒))

」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「そろそろ私も萜ちるわね。お疲れ様」
¢¡ã‚„る倫
「勝利の為には䞀回の村内での痛い芖線など気にせんおナズヌリン
たあ・・・結局裏目っぜかったけどお・・・
さすがにこの猛者達を惑わすのは無理だったかお・・・。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「1COなら私も霊胜は出お欲しかったな。
護衛先が欲しいず蚀う意味でなのだけれど。」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「結局それっお霊結果でどヌなのか分からんからど぀がに嵌たるんじゃないかなヌ。でっおいう
できる倫人倖は切れるぐらいで考えおいい。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「いや1-1霊はスルヌで占い護衛鉄板でいいアルよ。」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「私も聖茊船に垰るか  みんなお疲れ様。
たたよろしく頌むよ。
次は玠村になりたいものだね。」
¢¡ã‚„らない倫
「
        . ̄ ̄
      .      
      |     ヌ  ‐ i
      |    ●  ●        やる倫
      |     __人__        正盎、あのCOは俺が䞀番惑った。
      |      `⌒®i           出来れば、今埌やらない方がいいず思うだろ。
      ボ.       
       ボ     ノ
              
     |     , -‐- 、-‐- 、
     |     .  "ï¿£ .入
    |      "  ̄ ̄ ̄  
    |   ,,__人
     |            
    ボ,__;__    ,,_ ,,__
              ____

」
¢¡ãƒ—リニヌ
「んヌ、ださせるべきだったか、それずも指定するべきだったかずいう所っすねヌ」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「やらない倫
たヌねヌ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「だよなあ䞉枝さん
いっそ決め撃っおやる倫狌狐ヌずでも考えおおけばよかったなっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「
.        __
.        ―
     .ノ  (●)
     |  ( ●)   ⌒)
     }   _ノ ̄  i
     |         /      あの時俺が共有だったら、指定はせずにグレランだが、
           _ノ       「霊胜出ろ、絶察に出ろ」ずは蚀うだろな。
      /Ž     `、
      / ,__  ,. i
      ⌒) ノ
      ボ、 i⌒i⌒i
         i  i  i
.          

」
¢¡ã‚„る倫
「あ、埌質問あるんだけどお。
やる倫のどの蟺りが人倖っぜかったかお
正盎狌になるくらいのこずを発蚀しおたんだけどお」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「2W村なら狂か真か刀らない占いより、ほが確実に真の霊胜護衛掟なのさ。
この村だず狐がいるから、占いなんだろうけどアル倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「そういや今回1COで朜った方がいいっお蚀ったのは11人の感芚で蚀ったけど
この村狐いるから別にいいんだよなっおいう
占い鉄板で」
¢¡ãƒŠã‚ºãƒŒãƒªãƒ³
「たあ本音で蚀うず。
「私以倖の噛み先ずしお出お欲しかった」かな。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「プリニヌさんが指摘した郚分かなっおいう
囲いいない宣蚀やる倫」
¢¡ã‚„る倫
「ぅぅ・・・分かりたしたお・・・
今埌は封印しずきたすお・・・やらない倫」
¢¡ã‚„らない倫
「
                   ̄ ̄
                 _ノ  .ボ、
                |  ●● |
.                |  __人__ .|
                 |    ⌒®  
.           r─侀'ÂŽï¿£`ボ      }        初日で霊が出おきおたら、
.          `ヌ‐   ,    )     , -'~⌒ボ、   ナズヌリンずどっち噛むかで考えたかもな。
           ノ   {.   ,    ,l. ゝ、_ .'ボ).
.            ,  _   /. |    . ',  . ..  .ボ、
            / // / / ...|      ...|.. _)
             / // / /         . . __)_
            ' {_/ノ              ."ÂŽ

」
¢¡ã‚„る倫
「アレは村でも普通に蚀っおるお・・・でっおいう」
¢¡ãƒ—リニヌ
「反省点が倚いっす 
未熟もんっす 」
¢¡é¢šèŠ‹å¹œéŠ™
「やる倫はあんたりみおなかったわね。
3日目にはアル倫吊りたい。やらない倫占いたい
これだったから」
¢¡ã‚„らない倫
「
      ̄ ̄
      _ノ  
   |     ●●
   |      __人__       うヌん、結果から芋るず狌ずしおは盞圓矎味い展開いっおるんだよなヌ。
.   |                暫定○噛み初手が狩人、しかも遺蚀あるのでほが真狩人ず確認出来た。
    |      ∩ ノ ⊃       霊胜を吊れた。
       . ノ
  (.    ._ノ │         これなのに、匕き分けだったずいうのは、反省すべき点だろ。
    “ __|  |
.      /

」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んじゃちびっず盎した方がいいんでないっおいうやる倫
あの時点ではゆうかりんが狂信、できる倫囲い、で噛み、っおいうのは普通にあったっおいう
たヌ実際できる倫がその状況でゆうかりん噛んだかどうかずしおっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「
    ̄ ̄
    _ノ  
 |     ●●
. |     __人__
  |      ⌒Ž       狂信が囲った埌、狂信を噛んで自分を癜目に芋せるずいうのは十分有りうる。
.  |         }        俺ができる倫を残しおたのも、そういった疑いの䜙地を残す為だからな。
.  ボ        }
   ボ     ノ  m
   /    ̄ ̄ ̄ ぀
   |    | ̄ ̄ ̄

」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「やる倫は今埌朜䌏占い隙りするなら盞方に盞談ずかしたほうがいいよ。
倚分止められるだろうけど。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「そしお俺もそろそろ印象だけで考えるのやめたほうがいいなっおいう
あず䞀個の考えに固執するクセ
ででででっおいう
発蚀粟査ずか出来ないっおいう」
¢¡ã‚„る倫
「なるほど、もうちょっず色んな可胜性考えお発蚀しないずいけないおね。
ありがずうだおでっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「
    ̄ ̄
    _ノ  
 |     ヌヌ
. |     __人__
  |      ⌒Ž       しかし、最埌自分の盎感を信じおたら、狐勝ちか  。
.  |       ^l^l      怖すぎるだろ  。
.  ボ      |         正盎この人数だず、狐さがす䜙裕なんお無いしな。
   ボ    ボ く
   /     ボ 

」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ヒャッハヌ
自分ず確定○以倖吊れば勝぀んだよヌっおいう
んじゃ俺様も萜ちるよヌっおいう
お疲れ様でしたっおいう」
¢¡ã‚„る倫
「いやどっちみち指定で吊られるんだったらちょっずでも疑念の念を振りたいずいた方がいいかなっおいう考えだったお。浅はかだったお葉留䜳 」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「それじゃお疲れ様ヌ。
村建など色々ありがずだよヌ。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「んヌ、䜕床も蚀うようっすけど、グレヌにいたかった
グレヌだったら最高にたのしい村だったっす」
¢¡äž‰æžè‘‰ç•™äœ³
「やる倫
だったらできる倫◯は倖しずいたほうがいいよヌ。」
¢¡ã‚„る倫
「勉匷になりたしたお。
やる倫も萜ちたすお。村建おず同村しおくれたみなさんありがずだお。
そしお・・・やらない倫には申し蚳なかったお。それでは。」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>やらない倫
14、15は狐がかなり匷いアルね。
そういうのを鑑みれば狐モフルヌルこず初日は初日先生占っおね☆
䜍で3陣営均等な勝率になるのかも知れんアル。」
¢¡ãƒ—リニヌ
「んじゃ、自分も萜ちるっす
お疲れさたっす」
¢¡ã‚„らない倫
「
         ̄ ̄
       _ノ  .ボ、
      |  ●● |     やる倫
.      |  __人__ .|     あの朜䌏占いCO、今回に関するデメリットを䞊げおおこうか。
       |  . 'Ž'  .
       .ボ .  | |  }      あの時点ででた事による、確定吊り候補
        ボ..  .ュノ      できる倫が確定○ずなった事による、グレヌ狭め
        / { ..j       俺○をだした事により、俺に察する泚目を生んだ
        |. | " 
        |. | .l  |ボ、二⌒)



      ̄ ̄
      _ノ     ;;;;(
   |     ──  ) ;;;;)
   |      __人__ /;;      もちろんメリットが無いっお蚳じゃない。
.   |         l;;,ÂŽ
    |     ∩ ノ)━・'        村が混乱する。が、今回に関しおは、
       ノŽ          メリットより圧倒的にデメリットの方が倧きかったず思うだろ。
  (.    .   │         村の配眮的に考えお。
    “ __|  |
.      /

」
¢¡æ‘人
「疑念の皮をたく目的なら●出すず読んだんだが・・・
「そこたで」が疑念の皮か・・・」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「>やる倫
んヌず、可胜性増やす方向での疑念の皮を撒くよりも、
可胜性を枛らさない方向での方がいいずいうか、
出方がはっきり蚀っお怪しかったから人倖決め打たれるレベルだったアル。

"やる倫で1人倖は吊れおいる"前提の吊りを村がするこずが可胜になったアル。

黙っお死ねば、霊居なかったしやる倫はただの発蚀が怪しい村人だった可胜性がどヌのこヌの、っお出来たアル。」
¢¡ã‚„らない倫
「

       ⊃ ̄ ̄
     ⊃   _ノ  
    ⊃    ●●
     |     __人__
     |      ⌒Ž
       |         }         さお、では䜕故デメリットの方が倧きかったのか。
     ボ       }         もしやる倫が隙っおいなかったら、狌偎からは䞀切隙りが出ない。
      ボ__ノ           真ヌ真な展開だったにもかかわらず、だ。
          .   | 
 |          ̄ ̄)
      |  
        ⊂




                ̄ ̄
              ノ  ボ、.
             |  ●● |
             / ̄ ̄ ̄ 䞶人__.  |         理由は簡単だ。
         /         .|__
       , --'             /         〉   「初日圹欠け」の可胜性により、
        / ⌒         /初日先生   /   銃殺が発生しない限り、颚芋が真ずは断定出来ないからなんだな。
       ,′            / 就職の歎史 /
       l  TÂŽ ..     ./       r'Ž ̄ボ
      ボ ノ   .䞶  /         ̄  l
         'ヌ'Ž   | .''――┬― --/   _.
」
¢¡æ‘人
「玠人考えだができる倫に●だったら面癜かったかもね」
¢¡æ‘人
「ああ、なるほどね・・・
颚芋真を補匷しおしたったわけだ・・・
参考になるねえ」
¢¡ã‚„らない倫
「

               /7  占い垫 狂信者 人狌 狐
                 //
             //
           //
.    ノ ボ .//       今回占い垫ずしおCOする可胜性があったのは、これだけ。
.    ●●〉/
  l    __人_,//l        颚芋は噛たれたので、占い垫か狂信者確定。
.  |    ⌒//         で、やる倫が出おきたタむミングは「噛たれた盎埌」ではなくお「吊られそうになっおから」
   l       // ./           これっおほが人倖のムヌブなんだな。
.   ボ r-‐''7//
    / ず'_{'Žボ          したがっお、狐か狌だろうずいう掚枬たで成り立っおしたう。
    /  _.__〉 ,         村に「最悪でも狂信者、よければ人狌、狐圓たりが排陀できおる」
    {  _}  |.i         ずいう情報がいっおしたう蚳だ。
    ボ _,.  .|.|

」
¢¡ã‚„らない倫
「
         ̄ ̄
         _ノ  
      |     ●●     /
.      |     __人__     |   r―
       |      ⌒Ž     r'  _ノ     “䜕故、狌陣営は隙るのか”
.        |         }       |   l
.       ボ        }             これは村に確定情報を䞎えない為だ。
     ノボ     ノミボ  䞿         ぀たり、今回の占いCOは
    片 i | ボ/ボrフ |ÂŽ l/.| / ノ
    : l   ^┘j .äž¿ |,Ž           「村の確定情報を増やしおしたった」
.    ハ      ボ   〉  r-//
   /.: ボ iミボ     {二. ボ           この郚分が悪手぀ヌ事だろ。
   人- ∧::.     |.   ト- /i           俺の経隓的に考えお。
.  〈_ン_ }〈:::     く  介_!



      ̄ ̄
      _ノ     ;;;;(
   |     ──  ) ;;;;)
   |      __人__ /;;
.   |         l;;,Ž             同様に、ナズヌリンの狩人COも、
    |     ∩ ノ)━・'
       ノŽ                「村ではなく、狌の情報がより増えた」
  (.    .   │               ずいうのが問題だろ  。
    “ __|  |
.      /


」
¢¡ã‚„らない倫
「
       . ̄ ̄
       / ボ_   .
     .  ●  .   |
     . 人__     |
     r‐-    .   |
     䞉   .   |     ずいうのが、今回の“悪手”に関する俺の考えだろ。
     >        /
    /  / ボ、 .   /
    /  / ⌒ミ   .〈
    __ゝ  . 
      . |    ,.1
      . |  _...|

」
¢¡ã‚„らない倫
「
           ̄ ̄
         _ノ  ボ.      俺自身の動きに関しおは  そうさなあ。
          |  ●● .|
        !  __人__  |      もうちょい序盀からでっおいうを殎りにいっずいおも良かったな。
          , っ  ⌒Ž   |      発蚀ログを远う限りでは穎が無い぀ヌ蚳じゃないから。
       / ミ      /
      ./ ノゝ     /       最終日がどんなパタヌンになっおも戊える状況にしおおくべきだっただろ。
      i 'Ž      ボ
      | ||     | |

」
¢¡ã‚„らない倫
「
    ̄ ̄
    _ノ  
 |     ●●
. | u.   __人__        正盎、狌偎の䜜戊組み立おずかはしない人間だから、
  |      ⌒Ž        仲間を助けるプレむっおのが出来ないっおのも問題だな。
.  |         }
.  ボ        }         やる倫にはフォロヌ出来なくお本圓にすたんかった。
   ボ     ノ          
    i⌒ ,__(‐- 
    l  巛ヌ─;
    | ボ-‐ヌく
.    |      l

」
¢¡ã‚„らない倫
「
                ̄ ̄
              _ノ  ボ、  
             ● ●   |
            __人__      | ..}            ずたあ適圓な愚痎ずかはこれたで。
      _       ボ⌒ Ž     | / /    __        たた、どこかの村で䌚うだろ。
   (ボ{ ボ      {        ./ /  .  .
 (ï¿£ ボ ボ i      ボ      / 厶- Ž          その時は別の姿、別の名前だろうけどな。
.(二 ボ i i |,r‐i    .   ボ /                ゲヌム的に考えお。
  ボ     ノ      r侀'Ž ヌ    ̄ ̄ ̄
   i   {   ―む /   .`ヌ―. _ .〈 ̄ ̄
   ボ. ` '/   /           / 
      `ヌ '  ̄ ̄!           |  ボノ




」
¢¡ã‚„らない倫
「
         .
          ボ, ,、
           `''|/
            .|
           |
        ボ、|
         , V
            `L,,_
            |ボ)    ,
           /     ボY
          /    r''ボ、.|
         |    `-ボ|ヮ
         |       `|
         |.        |
         ボ、      |
           ボ     
            ̄ ̄
               ノ ボ
          |       ● 
          |  //// __人
           |         ⌒
           |        }
           ボ        }
  _Л        ボ     ノ           Л_
  E.:  ̄ ̄ ̄ ̄⌒  "     ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ :∃
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ￀   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ⌒ボ.⌒ボ
          /.    |.|    :::ボ
         |..     |.|     ::::|
         人     |.|    :::/
          ボ_ __ 人_ _ __ ノ
             .Y                     -|-ボ -|―、 |
             |                    ⌒) /| _  _ノ
             /| .|
            |⌒| | .|っ
            |  |   ̄
             ̄

」
¢¡ã‚¢ãƒ«å€«
「       ,.f"ミ
     f";;;;ノ^〃=ミ;、
    圡   䞭 
    |||  ─   ─     たずめられるず分かりやすいアルな。
    (川   ● ●   やらない倫お疲れ様アル。
    |||     _人_   |  さお、それじゃ党員萜ちたようなのでワタシも萜ちるアル。
    i   § ⌒®§ ,   深倜にも関わらずの来村、謝謝アル。
      /      | | |   ボ
     /   _   | | |   ボ
     䞶     ̄|ï¿£||ï¿£| ̄  
      䞶__|||| ノ」