¢«Ìá€ë
【流石1253】やる倫達の普通人狌Œ¡¡¡Áひゃっふ¡Á[3ÈÖÃÏ]
僕はおいしくないよ ◆身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
ひゃっふ ◆䞭玚村人
 (12346)
[村人]
(死亡)
党囜䞇人の金糞雀ファンお埅たせかしらヌ ◆金糞雀
 (かたん)
[共有者]
(生存䞭)
乳酞菌ずっおるぅ ◆氎銀燈
 (>>76◆IDOL/ort6.)
[人狌]
(死亡)
金糞雀マゞプリティだよな ◆兄者
 ((Žω)◆pcrASEHD1U)
[村人]
[決定者]

(死亡)
みなさた埡機嫌よう ◆十六倜咲倜
 (ゆずどら◆UgLAnispec)
[人狌]
(死亡)
新鯖ずな ◆Cガリオン船
 (砲撃兵噚◆MjW/FH8J.w)
[占い垫]
(死亡)
銀様最高だぞ兄者 ◆匟者
 (友◆m7sLy.lips)
[人狌]
(死亡)
無理だから ◆できない子
 (trial◆iDXZwpU.VA)
[村人]
(死亡)
CV埌藀匱 ◆薔薇氎晶
 ((’A`)◆YueIZdokuo)
[村人]
(生存䞭)
パルパルパルパル ◆氎橋パルスィ
 (リコ◆RengelsnNs)
[村人]
(死亡)
クッパ寞前にいる  あのひずりもんだぜ   ◆ハンマヌブロス
 (シルク(仮))
[村人]
(生存䞭)
だわだわ ◆真箅
 (ぬヌん)
[狩人]
(生存䞭)
 ◆ドクオ
 (れり◆Z3FXWxWjas)
[劖狐]
(死亡)
䞻人公の登堎だお ◆やる倫
 (アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
[共有者]
(死亡)
いくかい ◆星熊勇儀
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[狂人]
(死亡)
次鋒カタパルトン いきたヌす ◆カタパルトン
 (アズ)
[霊胜者]
(死亡)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž­çŽšæ‘人 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡äž­çŽšæ‘人
「「【犁止事項】
 無益な村人隙り時における、最終日の村人による狌CO等を陀く
 システムメッセヌゞのコピヌペヌストによる胜力結果CO、
 突然死、暎蚀昌倜、霊界䞋界問わず、ゲヌム攟棄、掛け持ちプレむ
 人倖の村人隙り隙り
 ※これらの行為が発芚した堎合、通報の察象ずしたす。
【準犁止事項】
 初心者CO、初心者隙り
 超過秒になる前の狌の噛みできれば超過分は埅っおあげおください
 昌間の犁止村立人が蚱可する限りはこの限りではない
 ※基本的に泚意・譊告のみですが、GMが悪質ず刀断した堎合通報もあり埗たす。
【参加者党員ぞ】
 リア狂、完党ステルス防止のため事件前日に䞀蚀ご挚拶をお願いしたす。
【占い垫候補ぞ】
 最初の発蚀は䞀行の占い結果のみ。占い理由は二蚀目以降にお願いしたす。
【初心者の方ぞ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重芁たず初心者の方は䞊蚘URLを必ず䞀床お読みください。
 (巊端目次の「ゲヌムの基本ルヌル」から「さっそく参加しおみよう」たで
 たた、初心者の方はゲヌム䞭に初心者であるこずを明かす行為は犁止ずしたす。
 ※狌の倜䞭の䌚話ではOKです。


【芳戊者の方ぞ】
 このゲヌムはやる倫板・「人狌 in やる倫達の村」の掟生ゲヌムずなっおいたす。
 参加垌望者は、䞋蚘のURLから芳戊スレやを確認しおみおください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


初心者の方ぞ
初日から䌚話が殺到したす
それにあたっお、䞋蚘のようにしようずするず必ず吊られるず思っおください


党郚読む→䞊手い返事を考える→実際に曞く


これができるのはベテランさんだけです。
ずいうかベテランでも倱敗したす。
たずは特定の人ずの䌚話に集䞭したり、党文読むのは倜の間だけにしたしょう。
誰が占いで・・ずかなんかのたずめも投祚䞭に十分できたす
」」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「たおた・・・じヌん」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡äž­çŽšæ‘人
「いらっしゃい」
¢¡é‡‘糞雀
「ちょっず早かったかしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「構わないですよヌ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「入村どうぞヌ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「MLいるかなヌ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「アむコンがさ、迷うんだよね。ちょっず登録お芋合い状態」
¢¡é‡‘糞雀
「䞁床良いからここにカナの垝囜を建囜するかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãªã‚‹ãš さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡äž­çŽšæ‘人
「たった垝囜」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「にょりにょり」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「いらっしゃヌい」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「意倖ず集たらないのか。
ふむ、今日特殊村あるもんねヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å…„者 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ずりあえず時分分点呌
理由
特殊村の事を考えおやや早め」
¢¡å…„者
「兄者遞んだず思ったら䞡方぀いおくるずか流石だよな」
¢¡å…„者
「アむコンを倉曎したした」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「いらっしゃい兄者」
¢¡å…„者
「金糞雀マゞプリティ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「アむコンを倉曎したした」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ぶっちゃけ即埋たるず思っおた。
んヌ翠デビュヌの人ずか流石きずらいずかないよね」
¢¡é‡‘糞雀
「, -                        , -――- 
  !   ',                   く ̄'ヌ  ,rz:ェボ
  ボ.  ボ     __            /.:ト  ヌ-{ r_}ハ
   ボ     /Ž            / '}   䞶 ボ,:'ボ.〉 li
   ‐ボ.  ボ   /          l.: /     ‐ゝ〃ボl |
  r |   {:. ,     九、         l: /-    ' ,f  l :!
. ', l    }'            ボ!:y=     :りj  YÂŽVl
 l ボ〕   _〕Žl       _:り 、    ŽxXx  fボj
  ヌ '--む  __jŽ  _}     //⌒ミ  _, -'Ž   ,
     ⌒KŽ '  ボ、   ボ、__. ̄ ボ Ž  r 'Ž ̄ ̄šボ
     厶ィ       |   ボ 䞶 -  V ト-ã‚€_VÂŽ . 二 _ 、
     /  .  䞶{         ボ      _} Y-―‥:〉
      └ '.          /‐―     ボ,   l: , -_{
        / ,  l   ' /    /  _ ,    fŽ ̄| 匕.-'‐i|
       ÂŽ} 'Ž  / {         /     ≩侉}   ≧!
        šŽ ハ フ |       /     └'   /ハ  l
         {.ノ} し'j'       /          ボ }'ÂŽ :|

そこでこの村を芋おいる貎方もカナの千幎垝囜の囜民になるかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「なるずは氎銀燈に名前を倉曎したした」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡å…„者
「そういえば翠鯖の村䞀芧には乗っおなかったな、ここ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「えっ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「埡機嫌よう。お邪魔したすわ。
正盎、翠星石鯖ずただ盎通しおおりたせんので、こちらぞは䌺いにくいのですよ」
¢¡å…„者
「気のせいかも詊緎、確かめおみるか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚ŠãªãŸãˆ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ざぁんねぇん。
金糞雀の千幎垝囜はしゅうりょヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã‚“ずう さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡äž­çŽšæ‘人
「本圓だ、翠からみれない」
¢¡Cガリオン船
「こんばんは」
¢¡é‡‘糞雀
「乗っおなかったかしら。スレでそのこず報告しおきたらどうかしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「報告しおくるヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡å…„者
「確認した盎通しおないなほんずに
これは仕様か」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡åŒŸè€…
「仮で入る時は性別遞択に困るね」
¢¡é‡‘糞雀
「スレに建おたこず曞き蟌めばそのこずが翠から芋お状況を把握するかしら」
¢¡å…„者
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã§ããªã„子
「 できない子のAA長いね。
よろしく。」
¢¡åŒŸè€…
「翠から芋るのはあくたで反映させおいるだけだから薔薇GMがするかどうかだず思うけど」
¢¡è–”薇氎晶
「千幎垝囜なんおありたせんでした
あったのは䞉日倩䞋だったず歎史曞にはありたす」
¢¡ã§ããªã„子
「仕様っおより、ただPHPに反映されおないだけかず。
それは薔薇GMの察応埅ち」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ほっずけばそのうち修正するでしょ」
¢¡å…„者
「うるさい金糞雀の千幎垝囜はただ終わっおないんだ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「そこら蟺は期埅しお埅っおるこずにしよう」
¢¡ã§ããªã„子
「性別男で入ったずきに、女性キャラやりたくなったり、
女で入ったずきに、男性キャラやりたくなるこず、倚いよね。」
¢¡é‡‘糞雀
「お姉さたきたかしらヌこの垝囜にも氎銀党員によるむデオロギヌの䟵略が始たるかしら
共産䞻矩者みたいにわらわら沞いお出おくるかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ぱるぱるぱるぱる」
¢¡ã§ããªã„子
「それ、無理兄者」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「よろし」
¢¡é‡‘糞雀
「       !/     l! ,. -―‐-  、
    ,. -!|‐- r‐ ''Ž Ž  ̄  、`' -――‐_‐_,,┐
  '"-― ||, ぞ、、 . _     ,べ,. ‐'⌒'⌒L _  |
   ',   ミ'、,ボ、  - ̄二r‐'_r-孑~ボ  l
    ',   / `/ /  ` 、` ヌ〈 ,} __, 䞋 ,}ニ,! !
.   ボ  l. / /       `' .,,_} 「rc_>''t¥ノ !:K/
    䞶.l '//  ,. --    └,, ィ:F^!::!`_t'/
       !i. !              └く{::|,、`^ .l:::!
      {| |  ,.          {__{, YY1:::!
       ∧!,/{:::::::::!      ,.  、  }川 7''
       ,,ハl.匋,ク      1:::::::, !,.'"
     /,ハ,_!""     ,.   匋, , !
      {く 'ゝ,    ,    "",_',. },
     {〈Ž 䞉圡 , ,      ,_ 、
     ,.「'Ž  r`,,/,/‐r‐i_ÂŽL、䞉)ノ   , - 、
   r {    ,ボ/ /{.ボボ,   ボ,≊   /  
   ,.{!.  r ' `⌒!  ミ ÂŽ,     √  ,'  ./
  ボ  `i__  ), -ボY        .}   !   !
    Ž   ,ゝ  〉!o liŽボ  i     ,,  ',   ',
  /       〉  ,」,〉__'} ミ,,, r '" '‐'   ボ  ボ
  !       ゝ ノ介 ,/   |,介!-┐_    ',.  }
  䞶        ,,);l l:.l     l l l}}ヘ,. /     |
      _(ÂŽ __!_!1l!/     `Tl1  ,/    ,'   ,!

             うにゃ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「劬たしいわ自分の人気ランクを知っおいおなお
千幎王囜建築なんお野望が持おる金糞雀が劬たしいわ
パルパルパルパルパル」
¢¡ã§ããªã„子
「       { ,_   ,
     -ヌ' ,__
  _≊ヌ`__ _二<
     ̄-‐ Ž ̄'┎
之′Ž        
  >{  ,'  | , ,.  ,.l  ,              ミレニアム
  | !{  | 寞寞T ハT} ,   そもそもそんな垝囜ないから。
  ′,   匋歹  代歹|ハ
     |'(1    /    |
     Tィ.,_   ―   _ノ
r     rミ ̄䞋ヘ
ボミ 䞉 |:l1ボ/__ .ィボ
 >ボ/ |     n_n| |
   lノ `'     l ω| |
   /Ž  /      ̄|. |
   .     |  |
       |      l |  |
     | |      i:|  |」
¢¡å…„者
「たず金糞雀を王劃ずした女暩政治から始たり
そこから13のカナリアンの円卓の階士を将軍ずした13の軍が呚りの諞囜を統䞀し
そこから氎銀党やらを倒しおいく䞀倧スペクタクルロマンスは今倜攟送だから芋逃すな」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「倚分アむコン登録皆お芋合いしおるず思うんだ・・」
¢¡é‡‘糞雀
「         :::::::::::::::::::/::::jL
            /:::/::/::::::蟻-く仁
         i::::i::/__   ヌ  _∧ /{
         l::::.ボ   ィ_'
            : Ž蟌  .  蟌 i::/
         /∧  ̄ r==┐ ̄ ∧ボ
      , -- {!`ボ.   ___  メ' i}
      ̄>-::_:_:_-:i┬!:-:_:_:_:」i
   /   / 7∠む::i⌒i:::iボ:::ノ
  ボ       ÂŽ/ __:::!  i:::l〉=:. .ボ   
  ___     /r=_ _i::!  i:/{!侉:`' i ,,  l
   z{:::: /::Y <<.     r=_ノ .::i.:/ 

ずもあれ、兄者は良く分かっおいるかしら。䞀等囜民に昇進させるかしら」
¢¡å…„者
「できない子  よくわかった、お前は初日でカタを぀ける」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「あヌあヌおすおす」
¢¡Cガリオン船
「アむコンっお勝手に登録したらやっぱたずいのですかね。」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「赀いじヌん」
¢¡å…„者
「よっしゃああああ
これで金糞雀の抱き枕の補造を蚱可されたぞ

うひょひょい」
¢¡è–”薇氎晶
「うちの囜の歎史曞にはこうありたした

かの参謀
逃げ足のはやきこず颚の劂く
存圚感のなきこずこず林の劂く
凞の光り方火の劂く
叞什宀から動かざるこず山の劂し

ダメ颚林火山ず 」
¢¡é‡‘糞雀
「副賞ずしお カナのおや぀の卵焌きの端っこをあげるかしら」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「          , -─-   '"Ž ̄ ̄  
                          
       /       !    、      
         む ‐-'Ž、 ─十 Ž l    
       / | ィ┃  | |l┃ }  |     l   ぶっちゃけ、東方アむコン登録した人の根気は劬たしいわね
        l ⅀{ ┃        ┃ ゞ  L_   |   私も倧量に移動させたけど、流石に䞀気にあれだけは無理だったわ
        | </              Y } >  |
        xwx         xwx |  Y   ハ
      む      , -     ノ  |
     (   | ト  ィ≊む   j
      Ž √ⅥN > Žゝ-{-  / Ž  /
           / /   |/   _」
           ゝYÂŽ:/  |__ Ž
            f, 二二)  }
           し:::ノ ::::::::>r乙)
           / YÂŽ:「:ボ二ィW
           NWNWN Ⅵ 
               し’  J」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「                       ,.-
                    __,、
            , -   むŽ : : :ド7
     ̄Z=:ヌ―-‐       -  ;:!│
    '. え=-: : : : :  : : :: ::::::::: : : !: :  ボ
      ;.  ;'ÂŽ: :   l  : : ::| ',:::l :|',: :l: . ',
     √';: : : : :   : :|': :: ::|'ÂŽ,:.l|:! l: l: :  i
        √ / : : : : :: : ::| ボ:: :! |:|;= i:|: l: : |
   ,    l::: :: :i   . : : ::l  i:::| 〃  l:|/!: ::l
   /{.    |:: :. :.',  l. .: .::|, = :'   、 '|' : :l
   !;:;:    l::: :. ::.  ボ: .:li        . -┐l/
  i:;:;:;:;   :|::: :. ::.、: :. .::::   ï¿£ | 
  |;:;:;:;:;.  ';: : :. ::| i:.: .::ボ     l|
 |;:';:;:;:;:;:;:;.,  ボ: :. ::| :..: .:::. --- む i     ,:'{
 䞶:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,. . :| / ̄ ̄ 䞶::.ボVr'〉:.',ボ  /:;:;
    ;:;:;:;:;:;:;:;:}. : :; :}. : : : : : . r'Ž ̄š䞶|;:;:;: 
   _ ノ:;:;:;:;:;:;': .:/ l: : i:: :. : .:.  |ï¿£lšボ    √!:;:;:;:;:;:;:
  ;:;:;:;:;:;:;:;:;/: :/ /|:: :.|::: :. :.l|:ボ. |  _   _;:;:;'
    䞶:;:;:;:/: :/ /: {:: :.ボ:. : : . V' └1' _,‐〕/:;:;7
    ;:;:i: .:;' .. . ::.:ヌ-|ボ〉:. . √'Ž〕' _, -};
       l. ::| l:: ;. : :. ::i  : :.  . :; -√'ÂŽ}i┘  |

               にゃあぁん」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ããªã„子
「
                    _,
              __, Ž'ヌ-
             >        ≧_
,  ,r'                    
!_ '‐r.        >               野望っおより
 _) (     .  / <             <
 (⊂⊃     ,  ボ          ノ   珟実を知らないだけ
   (,⊂二Ž    |ハ | |<,YŽ入  ,/
    ̄ )      `| ノ      /|/      無知っお眪だよねパルスィ
    .;;         , ._.,r''r
   . ,.l]           _.:`䞉`_:ニ:'r
   ず,      ;_:_: :ニ,ÂŽ: : : : : : :
   ず_'Z,     ,r' : : :  : : : : : : : :
   っ-'-─r.    .,r' : l : : : : : :: . :.:.:.:.:.: : |
     厂:::     l: : : :l: : : ̄゛'' ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      YŽ ̄ L:_:_:_: : :-─- :.:.:.::.:.:.:.:|
       : :,r'⌒l: : : : :::: : : :_.l::.::.:.::.:.:|
        : : : :| : : : : :::: : : : : : :l::.::.:::.::|」
¢¡åŒŸè€…
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「でっおいう」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「陰雷はどうなるの薔薇氎晶」
¢¡å…„者
「むダッホオオオオり」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã‚Šã‚Šã£ã‚Š さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡äž­çŽšæ‘人
「んヌ、同じゞャンルはたずめお登録したいっおいう
敎理敎頓願望ずの狭間でみんな揺れおるんだずおもうかりなたえ」
¢¡åŒŸè€…
「かりんずうは癜プリニヌに名前を倉曎したした」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「やっぱり名前ずアむコンぞんこうしようかなっおいう」
¢¡é‡‘糞雀
「アむコンの登録の仕方が分からないからなれないカナでいいやずか、誰かが蚀っおいたかしら。
倱瀌かしらカナをメむンアむコンにするべきかしら」
¢¡çœŸçŽ…
「よろしく」
¢¡åŒŸè€…
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「なににしようかっおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「
                      _,        ,.ぞ
  ___           __, Ž'ヌ-        .i   Qでっおいうがやっおきた
 「 _i〉         >二_ __`ヌ≧_   ゝ...〈
  ノ         ┎'Ž ̄ ‐- ̄      i:::::l   Aでっおいう初日吊り
 i::::::{                ボ ′之   |::::ボ
 i::::::::i       /  ,  l、 、 ,  |  ボ }<     .i::::::::}
 |:::::::::i        , {Tハ T寞寞 |  }ノ |   {:::::::::i
 |:::::::::::l .    |ハ | ● ● / / ,/    ,ノ:::::::::;!
 i:::::::::::ゝ_      `|    ボ   「)'/|/| ,. 'Ž::::::::::::::;!
. ボ、:::::::::::::` ,_ _ボ_ ―   _,.ィT/"::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::l 7 Eニニ::::::::::::::::::::::::::::::
       ボ::::::::::::::::::::::::':::: ボ:::::::::::::::/:::::::::::;: "
        ` :::::::::::::    ::::::::::::::::'"」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「よろしくっおいう」
¢¡çœŸçŽ…
「アむコンを倉曎したした」
¢¡çœŸçŽ…
「かりりりっりは真玅に名前を倉曎したした」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「アむコン倉曎はアむコンナンバヌを打ち蟌んで発蚀メニュヌで
アむコン倉曎を遞択
そしお発蚀よ」
¢¡çœŸçŽ…
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã§ããªã„子
「前みたいにシリヌズごずに登録する人決めお。
順に倉曎しおいけばいいのにね。」
¢¡åŒŸè€…
「癜プリニヌは匟者に名前を倉曎したした」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「来られた方々は埡機嫌よう。
でっおいう様は癜いのですね」
¢¡è–”薇氎晶
「付け加えるなら、郚䞋を顎でこき䜿うこず雷霆の劂し でしょうかパルスィ」
¢¡åŒŸè€…
「アむコンを倉曎したした」
¢¡é‡‘糞雀
「皆はアむコンの画像をどうやっお持っおきおいるのかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã† さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「アむコン登録適圓にしおくれれば誰かが登録するわ金糞雀
これを移動させおヌず蚀っお眮けばいいんじゃないかしらね」
¢¡åŒŸè€…
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡å…„者
「匟者よ  」
¢¡åŒŸè€…
「銀様最高」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã‹ã‚Šãã‚“ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「アむコンを倉曎したした」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「薔薇氎晶の前にもげろアむコン登録したのだれよぉ」
¢¡å…„者
「兄匟ですら戊わねばならないこの恐ろしい村  」
¢¡ã‚„る倫
「よろヌ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「流石兄匟の争いが始たるわ  ごくり」
¢¡åŒŸè€…
「兄者  そこのデコの䜕がいいんだ  」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「アむコンを倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Š さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡çœŸçŽ…
「アむコン移動っお結局䞀぀䞀぀手打ちなのかしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ただ、マむナヌ䜜品ずか、党郚登録する必芁あるのっおのもあるんだよね」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「かりうはドクオに名前を倉曎したした」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「でっおいうはハンマヌブロスに名前を倉曎したした」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「あ、うたた」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡é‡‘糞雀
「くっ、我が垝囜に氎銀党員が珟れたかしら こうなったら戊争になるかしら」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「さんしかいない氎銀燈
私が登録しおる最䞭に被ったのね」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「よろしくな」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「党員投祚よろしくヌ」
¢¡Cガリオン船
「アむコンを倉曎したした」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「あ、アむコン倉曎もね」
¢¡Cガリオン船
「かりなたえはCガリオン船に名前を倉曎したした」
¢¡é‡‘糞雀
「投祚点呌かしらヌ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「郜垂襲撃ⅠⅡⅢ  どんどん行くぞおるァヌ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「さんを劬たないで
私が登録をちゃっちゃず終わらせなかったのがいけなかったのよ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「埋たったようですね」
¢¡ã‚„る倫
「アむコンを倉曎したした」
¢¡åŒŸè€…
「そのたたでいいのか䞭玚村人」
¢¡ã‚„る倫
「かりかりくんはやる倫に名前を倉曎したした」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「俺のケツで
 溶 け な い か」
¢¡ã§ããªã„子
「マむナヌは䜿う人がいれば、移怍、でいい気がする。」
¢¡ã‚„る倫
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡çœŸçŽ…
「皆よろしくね」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「劬たないで、ずか、お前停物だな」
¢¡è–”薇氎晶
「戊争 持倫の利でお父様ずの倕飯に囜産うなぎを 」
¢¡ã‚„る倫
「ここは䞻人公のやる倫でいくべきだお」
¢¡é‡‘糞雀
「        |      _            ,.. ...
         |   _.. -| ボ ̄ šボ.     r  ,. -- ボ 
         | ,'ÂŽ   │  .       ' 「     ミボ
         |    むボ,. |   r_=_ l i  ( )   l }
         |   , '   i  ゝr_7  __ゝ-^'      'ノ
         |      ゝ  {_j __>ryj  ,| }ボ - ‐' ÂŽ
         |ÂŽ ÂŽï¿£       ボ::_ ゞラ;:く7
         | ,.-= ボ    --  j_  ,.>:ノ
         │t_r    ‐   _Y_r'ÂŽ
         |  -'      _Žミ   |  /
         |/ l ボ  ,   匋t r= v'
         |       / l ボ  ハ /
         | >       __ _∠-ã‚€
         |─_`r -‐くゝ_,ノ
         | ã‚€:/ T:::: : :.ゝ=く
         |/::/ :.|-┘f_ ̄ボノ ボ.
         |::/。:..:|!: : :/ _フ.ノ   l
         |: :: : : ゝ=二=-‐'′   |

カナリアが囜民になっおほしそうにこっちを芋おいる カナリアンになりたすか

二アはい
  む゚ス」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「かりは星熊勇儀に名前を倉曎したした」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ 」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「アむコンを倉曎したした」
¢¡å…„者
「む゚スむ゚スむ゚ス」
¢¡åŒŸè€…
「>パルスィ
仮にも昌にHNを出すのはどうかず思うぞ」
¢¡çœŸçŽ…
「他の人が劬むのはダメなんじゃないかしらカタパルトン」
¢¡åŒŸè€…
「絶察にNooooo!」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「じゃあカりントするよヌじヌん」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「投祚したぜ  」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「はい金糞雀」
¢¡åŒŸè€…
「  ぎ、銀様  」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「䞭玚村人様はそれでゆくのですね」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「えぅ氎銀燈」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「え参加者の話じゃないでしょ匟者
アむコン登録した人の話よ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「         
    ─    ─
    ●  ● 
|       __人__    |
./     ∩ノ ⊃  
(    ノ |  | お前さんはい぀からアンれロットになったんだお金糞雀
. “  |  |
    」
¢¡å…„者
「銀様は我が金糞雀千幎垝囜の瀎になったのだ 」
¢¡çœŸçŽ…
「ふん、露骚な勧誘ね
そんなこずではこの私の人気には勝おないのだわ金糞雀」
¢¡è–”薇氎晶
「                     l',  /}         ',   ,,
                    ', 'i /  - ŽŽ Ž  -'! 
                 -― ┘!人Ž,  ,     ',  ', ミŽヌ-
                   Ž(_','  ,' l   ', -',=ÂŽ-
                 ,ィ ,Ž  i  l ÂŽL__゛=N  ', ミ、
              , ィ,Ž  /    i'ィ=  {〈!薇人 ',   ミ、
                     {   |ミ匋゜   ミ=≊〈 !     > ゝ   なんかすごく私、定䜍眮にいる感じです
           <  <Ž     ,'    v⊂⊃      ⊂⊃   , - ,ÂŽÂŽ
            ボ    /    人__      , - 、    
      ,ゝボ      / ,,/,ボ>-_   Ž , む_l_Y <-__
      䞶 --――---X,, -   ボ'>'Ž  ヌ '     ~ 、ヌ--=
       䞶䞶,, --― ŽŽ ", ィ Ž , : : Ž         ボ   
        〉ボ     ,, Ž ,'  : :     ,    、      ,    ボ
      /  䞶',      ,' /_,, -,/     / /::::::ボ       {:::::::i i  、
        {   ', ', /    ,'  <: : /     {  {::::::::: !     ! 䞶::::    ボ
      䞶_ ,> ,! {    ,'  //      䞶  Ž ノ      ヌ-- Ž    ボ
       ,ÂŽi-、ゝ ,'  ,'  / /        ヌ‐ Ž          ボ      }
       i   ,'  ,';  ,!: :{           /                 !
     /   {   ;   ;, : :           !、     人    , Ž      /
    〃     ! ,_;: : : : 䞶          i 二--二Ž       /
   〃      √: : : : : : ,: : : : : : 䞶、         Ž      Ž    ,, ã‚€!
  /       {: : : : :  : : : : : : : : l ヌ __            _,ィ ÂŽ/  ll
          䞶、〈-‐ ̄ボ, 䞶,      /Ž -__,, , Žヌ'   ll    たぷたぷたぷたぷ
            ゝ': : : : : : : : '7   , ノ- -Ž‐Ž   / 7   ボ   l
             i: : : : : : : : : : : : /  Žヌ-         Ž      
             {: : : : : : : : : : : /                       
」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡é‡‘糞雀
「したった、姉さたは垰化しおから、合法的に囜を乗っ取る぀もりかしら」
¢¡åŒŸè€…
「んヌ新芏の人ずかそういうのが嫌いな人云々の話になるがな。」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ぱるぱるぱるぱるぱる」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ほら、私効倧奜きだからぁ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ やる倫もげろ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「もげろ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「んヌ連続発蚀が反映されにくいかも」
¢¡åŒŸè€…
「そんな銀様も玠敵だぁ」
¢¡ã‚„る倫
「女の子にくっ぀かれるのは嬉しいけど乗っからないで欲しいお  
ずいうか銖が絞たりそうだおばらしヌ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「狌匕きそう」
¢¡è–”薇氎晶
「やる倫の銖は、倪すぎお締められたせん。倧䞈倫ですよ
」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「スタヌト」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ もげろ、っ぀ヌかみんなもげおくださいおねがいしたす」
¢¡å…„者
「金糞雀 バンザむヌ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「フラグ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「           , ∠        .
                     
.             ボ.   ボ       
      /  ,.      ハ      ,   ),
.      /  , l       |      h . : ∧    幞せなカップルほど劬たしいわ  
    /   { |       |: .    :  八 : : : .   パルパルパルパル
    / /  '. jV     .{: :!: .  i.  h〈  i
   ,ⅹ: .  '.,: . . :| | V{: :_ |. .  }ィ  |
   Ⅵ   廎{: :Ll斗f=-r}j: :  ∧: . )
    {乂 | : :{v=ミx{' Ž代z' 〃 ,厶jノ}く: :'(
    j}从:{:蟌cvヅ///)  ず぀ 〃 /: :-く乂V : : ),
    〃/j {  ≧z  '     //. : .  }. .//
   / / 人_: :) ≧z.。_-rャ .ィ〔{: !/ ///: :/: :/く
.   /{ .:: : 〃 蟌..__,r‐| 〔__,.人√//.ã‚€  :ノ
  / /乂: :し/人{f''=-┘〔≧x__ボ Y乂{. j/_ _
. {. {   ).} {ハ) {    √___rくノ 「 ̄^`'く
. 乂z._圡′ ,      √{L |  |.     ^:
       ,   》x,      V〃 ̄|ï¿£/      
       |  〈. .     √ j__/        
        j   l|h    / l          :
.      /     l|//    'v′j⌒'  /  i
     /  ∧  √|///     √[{ ̄/ / |
      /    j}  〈/!///(∧    √  } ̄了V   !」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「あ、ごめんテスト」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「えっ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ 」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「䜕で増えるのよぉ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「開始」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ 䞭玚もえもえ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人7 人狌3 占い垫1 霊胜者1 狂人1 狩人1 共有者2 劖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者1) (暩力者0)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ é–‹å§‹æ™‚間2010幎7月26日19時14分
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「玠村ね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「よろしくぅ」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「  銀様ぁ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ き぀  ね 」
¢¡äž­çŽšæ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「初戊は玠村だね」
¢¡Cガリオン船€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌ占い垫ですか。」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「おい圹職画像厩壊」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「やる倫ず共有者かしらよろしくかしら」
¢¡ã§ããªã„子€ÎÆÈ€êžÀ
「なんだろう、圹職」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「なんだず だわ 」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€€ÎÆÈ€êžÀ
「狂人、か」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「狌ですか。よろしくお願いしたすわ」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「よろしくだ。」
¢¡ã§ããªã„子€ÎÆÈ€êžÀ
「衚瀺されない。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡Cガリオン船 €Ï カタパルトン €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「だわ だわわ 」
¢¡ã§ããªã„子€ÎÆÈ€êžÀ
「された。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「
霊→脳→だぁ↑」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たさかの共有。しかも盞方金糞雀かお
別にやる倫はカナリアンじゃないので王囜建蚭には協力も劚害もしないお」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「決定者はわかるが圹職なんだよ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「隙りはどうしたすか」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「2:00たでに隙り垌望者がいなければ出る」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「お、埩旧」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「じゃ、たヌ
のんびりやりたしょう」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「で村人ず」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「薔薇しヌずいっしょじゃなくお残念だったけど、カワむむカナが慰めおあげるかしら」
¢¡ã§ããªã„子€ÎÆÈ€êžÀ
「村」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「しかし、どうにもなんか圹職衚瀺のずころが×になりがちだお
画像の衚瀺ですぐ出るけど」
¢¡ã§ããªã„子€ÎÆÈ€êžÀ
「  発蚀飲み蟌たれる。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「匟者よろしくぅ」
¢¡ã§ããªã„子€ÎÆÈ€êžÀ
「怖いね。」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、やる倫は朜䌏するほど床胞があるわけじゃないから基本でいきたいお
そっちは」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「もちろん、初日は私囲いよねぇ」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「圹職わからないず焊るよな」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ゲヌムが始たったらカナリアンだろうが容赊なく吊り䞊げるから安心するかしら
軍垫は私情では動かないものかしら」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「兄者○で行くが
銃殺察応は基本的にしない。1:30で噛むぞ。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「では、おたかせしたしょうか。
先ほど、バヌボンで隙り狌しお疲れたしたので・・・」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「了解した、銀様囲いだな。」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「              ,  -‐─‐- 
           ,. 'ÂŽ, '"ÂŽï¿£~   `ボyr
        く⌒ボy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _, :|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
        ノ:l:|:.:.⊥:|┌|: .:::::| .:l::::く
     //.:.l:|:.:. |:./_l /  V.:.:/
        / / Vい, _   {Ⅹ}:.:./   たあ、これで玠村以倖取れおたらフラグですし
       ノ / .:.:.:V ボ  ̄    `く/
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ボ ' ' '   ' ' ' ボ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__ ‐_. む:i .:.:.ボ
        / .:.:/.:.:.:l:/ノ   VŽ `1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ボ  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `‐‐く(公)-む ボ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `YŽ j    .:./
     V.:.:.:.:./::八    {      j  .::l /」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「それはそれでひでヌ気がするおカナリアンでも容赊なく」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「分くらい様子芋お喋れそうなら朜っおみたいかしら 朜䌏ずかカナは策士かしらヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「了解したした。
パルシィず星熊に銃殺察応はしおおきたすわ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「RP囲いが䜿えるなら䜿うべきでしょお」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「かなばらしんくでいくわぁ」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「た、やる倫は出るけどそっちが朜りたいならあんた文句は蚀わんお
吊られない、占われないように頌むお」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「                    !               
          ':,    ',    l                      __/_/_ š ̄
         ':,       l                     く_  /|ï¿£|
       ':,                      .  .人.  ||
          ' ,    _,.‐,―                
             .i' /-‐''šššš=.             -┌-
              ノ š           ミ            -┌-
 '            .               ボボ.,___   ':, .     α^ボ
.  ,           ,' ,i   l  ,.,_   ',.   >l   ボ.      i
  l ボ /ÂŽ|   ,'   l. ―トボ  l -r.''iT i! ./ .j     l      l
  ボ  Y  l    .l   ボ,,i-rT ボ.l  ',_,  | j  / l',.ボ .      ボ
l ̄ ̄  .l   | ,..... l   l '_      ⊂⊃ .,.=ボ. く.     l  _
. ̄   l  (, ボヌ.⊂⊃         r.l   }      .l
 ボ--i  ., l   i!.= l.   i'Ž  ボ ._ノ l  l.    } .     ボ
   ̄ t‐' Ž    i.!  ',ヌz. ―=ŽむŽ ri    _j.  /   __| ,--
      ',      l  l  /ボ,............ Y ボ= .ノ i! . /       |/  l
      ボ-r--_.l   ,'  | l::::::::   _',    ̄  l /     /|  ノ
 --―    ',    ,'  ,' l . l l::::/  ._,.ri .     .        ├‐
           ',.    _ノ __.',_|_/._   .l, . ボ---,  /      .__|
.          '‐'''šŽ ir二==ミ.  ', .,  š'   ï¿£|   _䞿
           __,,.. 厂i__ ボ.,_〉l__‐'Ž     /
        _,.-‐''"Ž      ノ ,'::l ボ "'''ミ/九._      /     l  l 
              .':::::'. ボ     "'''-._   /     |/ .|/
  ̄ ̄ボ          ,':::::::l',   ボ        ボ フ     o  o」
¢¡äž­çŽšæ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「狌今日はひきたくなかったからいいやヌ」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「    / /     〕 | {/i ィjハ ̄',
     / , / ボ  ヌ- { く:::::::} Y厶゜ }ミŽ l|
     /!   /   䞶   ボ/ミ二ヱむ::::
    ,' |  /         Y      ボ
    |! l l/       'Ž二Žゝく 「 䞁,-_」
     V / ï¿£ ミ.   / , ::T:::ボY  ̄  l /
     /r'{ _, l  l   ゞじノ }⌒Y /
      { |.r┐ ̄ r}ヌ‐{j   ̄ ̄ / jÂŽ リ キリッ
     // / 䞀' 〈、 ` ヌ䞀〃, --むボ
    li∠_   _ ,   |{::::::::::::::::
 /}__  _ヌ┘  ィ V}䞉≧圳
ã‚€ l/'┐  r__>」::| lヌ} |l {__} |:::::::::::::::〉― 、
ボ |ヌ {:::::::}ボ二ノ!ト--'≧䞉圡'   
tボ. 蟷」䞉/  | / j | 「:::::::::::;〉
 └.ボ. 廎   j_| {. 〔::::::::::
 └ ボ._ 了 /   / ゞ='ï¿£
    └.ボ/ /  /   |
  _ - '  / r―r‐r―┐ ̄   -―
ÂŽ        |   }}  |     --  
_ - 'ÂŽ /   ̄    ̄     / |      Y
      }              }      |
たあ、お互い頑匵るかしらやる倫には期埅しおるかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €¿€Á¿Íϵ€Ï 身代わり君 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳おはようございたす」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「朝日が劬たしいわ劬たしいわよ
圹職すればいいじゃないパルパルパルパルパル」
¢¡ã§ããªã„子
「おはよ。占い垫はCOしおね。
あず、発蚀結構飲み蟌たれるね。
発蚀する前にコピヌ掚奚。」
¢¡å…„者
「金糞雀垝囜の歩み 序章

ある時、倩から金糞雀ずいう絶察矎少女が遣わされた
その時民衆の半分が歓喜で涙し、残り半分は嬉しさで発狂しかけたずいう
時の王は金糞雀を王劃にするこずを提案するが、それが原因で暗殺される
そこから金糞雀の独裁政暩ず千幎垝囜は始たったのである   」
¢¡é‡‘糞雀
「おはようかしらヌ
占い垫は早くカナのために氎銀燈お姉さたを銃殺するかしら
良いお姉さたは死んだお姉さただけかしらヌ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ おはようさん、CO頌む。
       た、適圓にやろうか」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「うほっ」
¢¡åŒŸè€…
「占いCO氎銀燈○」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。
人狌退治の時間がやっおたいりたした。
たずは占い垫のを確認させおいただきたしょう。」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「このあたし 星熊勇儀が
占い 䞭玚村人は○」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはよぉ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「吊 ら な い か」
¢¡çœŸçŽ…
「おはよう、ね
誰か玅茶を淹れお頂戎
あ、氎銀燈溶けおたりしないかしら(」
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお。今日も刺身の䞊にタンポポを茉せる䜜業が始たるお」
¢¡åŒŸè€…
「理由
銀様最高」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「占い」
¢¡ã§ããªã„子
「倢は倜だけにするこず。
今は昌金糞雀」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ 20。2COか」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「モンテスマ戊で鳎らした俺たちカタパルト郚隊は
䜿い捚おられおノァルハラぞず旅立ったが
再生産されお郜垂に駐留した
しかし、軍事郜垂でくすぶっおいるような俺達じゃあない
隣接マスにさえ蟿り぀けば攻城兵次第でなんでもやっおのける呜知らず
防備を粉々に砕き巚倧な敵スタックを粉砕する、俺達、特攻野郎カタパルトン・ブラザヌズ」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「理由
初日くらい自分のフィヌリングに
任せるもんさね
その自己䞻匵なさそうで埮劙にしおる
そのアむコンのあんた初日にいくよ」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす 朝からたぷたぷするのはちょっず和みすぎで䞍謹慎でしょうか たぷたぷたぷたぷ」
¢¡åŒŸè€…
「銀様愛しおいるぅ」
¢¡ã‚„る倫
「んヌ占い2かお」
¢¡Cガリオン船
「占い垫の研究が完了したした。
カタパルトは○のようです。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「占いは、でしょうか。
では霊胜ず共有もを。」
¢¡çœŸçŽ…
「匟者
氎銀燈が溶けおいないですっお 」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「よし  いいこず考えたぜ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「発蚀が䜕床か虚空にのみこたれちたう
占いはCOか」
¢¡é‡‘糞雀
「占い垫は人出おきたかしら霊胜もたのむかしら」
¢¡åŒŸè€…
「察抗は1か
些か怖いずころだな。」
¢¡Cガリオン船
「ふむ このカタパルトさんは
投石機ずいう職業の方のように芋受けられたすね。
どこずなく私目ず近しい雰囲気があるので占わせおいただきたす。
」
¢¡å…„者
「占いにか
それで○のみ、ず」
¢¡ã‚„る倫
「ずおも倧事なこずなので二回蚀ったんですねわかりたす匟」
¢¡ã§ããªã„子
「占いなら 朜䌏霊胜掚奚する私も霊胜ふせは掚奚できない。
霊胜はCOお願いする。」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「玅茶を淹れお貰うだなんおお嬢様な真玅が劬たしいわ劬たしいわよ
そしお占いね」
¢¡è–”薇氎晶
「おかしい、䞀番䞊の姉さたが溶けおない」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「金糞雀ぁああああああ
こヌんなに銀ちゃんが愛しおるのにぃいいい」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ ふむ、もう察抗はいねえかな。○進行だ、霊胜共有はCOしおくれ」
¢¡çœŸçŽ…
「占いずはいきなり䞍穏な感じね
霊胜の数次第かしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
占いはか、ふたりずもやや
様子芋しおる感じの出方ですね
霊胜はでるずいい、占いででない霊胜なんぞいらぬ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「今日はずりあえず俺のケツに投祚しろ」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「察抗は䞀人っず
霊脳の数で察抗の䞭身を想定しようじゃないかい」
¢¡åŒŸè€…
「>真箅
銀様が人倖のはずないだろう」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「Cガリオンも占いCOしおいるな」
¢¡Cガリオン船
「すみたせん。䜕故か倧文字の発蚀が出おきたせんでした。
出遅れは申し蚳ない。」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「霊胜の数を芋たいわ
霊胜するずいいわよ」
¢¡å…„者
「぀たり圹職出おきお金糞雀以倖ランだな」
¢¡ã§ããªã„子
「銀様最高ずか理由ひどい匟者」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 霊胜おそいず」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「䜕で私が溶けなきゃならないのよぉ
最近は溶けるのは真玅の圹目でしょお」
¢¡Cガリオン船
「テスト」
¢¡çœŸçŽ…
「おかしいわよねぇ、こんなの薔薇氎晶」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「霊胜が人でるか人でるか、で圹の内蚳の芋方ずこれからの行動も倉わっおきたすね。

・・・少々、霊胜が遅いようですが」
¢¡é‡‘糞雀
「すっかり芖界に入っおいなかったけど需芁薄(真箅)も来おいたかしら。」
¢¡ã‚„る倫
「んあ、ほんずだ。次から倧声で頌むおガリオン」
¢¡åŒŸè€…
「んあ、察抗2か。
霊共有COしおくれたら助かる。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「あずみんな、遺蚀も忘れるなよ」
¢¡ã‚„る倫
「共有」
¢¡Cガリオン船
「ああ、でるようになりたしたか。
䞍手際すみたせんでした。」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「あ、ガリオンも占いね
これでず」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ あヌ。よく芋たら3COだな。ガリオンもいる」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「倧䞈倫だ。俺様も䜕床か発蚀が虚空に飲み蟌たれた
CO確認 霊胜COダァ」
¢¡ã§ããªã„子
「ん、䜕結局3COなの
占いがなら、霊胜は朜䌏するのもあり。
どうせ、流石系列遺蚀あるしね。
ただし、グレラン回避に自信がある人に限る。
無理なら、COしおね。」
¢¡è–”薇氎晶
「カタパルトやガリオンに攻められるハンマヌブロス様 胞が熱くなりたすわね」
¢¡åŒŸè€…
「銀様  この村で生存したら、オレず結婚しおくれないか  」
¢¡çœŸçŽ…
「あ、COいたのね
小さいず気付かなくおごめんなさい
悪い癖ね」
¢¡å…„者
「占い3か、次から倧文字で頌むぜ

ずいう事は霊胜に隙りはないず考えおいいな、吊られない地震あるなら明日出おも構わない気がする」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ。ガリオン様も占いでしたか。
䜕かトラブルでしょうか倧䞈倫です」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳ガリオンもでおたか、どっちにしおも霊胜が䜕故出ない。
朜䌏はいらない、そう思いたすよ」
¢¡ã‚„る倫
「盞方生存。霊胜は朜䌏か初日か知らんけどここたで出ない以䞊今日は出ないず刀断
盞方もでたけりゃ出るお」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「っおありゃもう䞀人しおるわ
た、いいけどね
その分楜だし」
¢¡é‡‘糞雀
「やっず霊胜出たかしら、ちょっず遅いかしらヌ共有もするべきかしらヌ」
¢¡Cガリオン船
「で、察抗二人。霊胜者も出おいただきたいのですが
この時点で出ないのなら初日でしょうかね。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「◆薔薇氎晶 「カタパルトやガリオンに攻められるハンマヌブロス様

お前も参加しお いいんだぜ」
¢¡åŒŸè€…
「霊共有了解、ず。
片COっお䞭途半端だからFOしおほしいずころだが。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ OK、霊胜共有確認。共有は盞方生きおんのか」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「◆Cガリオン船 「占い垫の研究が完了したした。
カタパルトは○のようです。」

あ、あった。」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ね
やる倫が共有だなんお劬たしいわ劬たしいわよ
パルパルパルパルパル」
¢¡é‡‘糞雀
「やる倫の共有は把握かしらヌ。人気投祚開始かしら」
¢¡çœŸçŽ…
「3-1ならFOでいいんじゃないかしら
霊胜はほが真、占いにも真がいるでしょう」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「朜䌏も考えたがたあ、いいや」
¢¡ã§ããªã„子
「共有把握。たぁ共有盞方ずか朜䌏させおも良いず思うよ。
●抑制に。
ただし、吊られそうになければ。」
¢¡è–”薇氎晶
「無事に3-1ですか 2-1や3-0なら乳酞菌ゞャンキヌのお姉さたが
ある日突然朜䌏占い垫に占われお溶けおいたずかありたすのに残念な限りです」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「Cガリオンに囲いなし
これはいい情報ね
あずは共有のきいおっず」
¢¡ã‚„る倫
「ず思ったら出るのかお。たあいいかお。グレランよろしくだお」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「3-1りょうかぁヌい
んじゃ真玅に投祚したわぁ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ハンマヌブロスが女性を誘うの
凄い意倖だわ男でも女でもオッケヌな懐の深さが劬たしいわ劬たしいわよ」
¢¡ã§ããªã„子
「遺蚀あるんだし、別にいいず思うけど匟者
䜕、トラップ怖いの」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡å…„者
「31で共有も片方出おきた
こりゃあグレランで確定だな、明日以降はどうなるもんか」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳カタパルトン 「Cガリオンも占いCOしおいるな」
その前たで占いCOだずおもっおお出なかった理由を聞きたい
そう思っおたのは発蚀をみるず明らか
」
¢¡çœŸçŽ…
「どういう蚀語なのかしらそれ 䞭玚村人」
¢¡é‡‘糞雀
「共有の盞方は出さないのかしら朜䌏ずかカナみたいな策士でなければ
吊られたり占われたりするだけかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「霊胜も確認したした。
共有ややる倫様お人で
盞方朜䌏は共有の策の範疇ですので倚くは申し䞊げたせんが、グレヌならにしおグレヌを狭める方が、埗策かず愚考したすわ。」
¢¡Cガリオン船
「あなたですか。
正盎今の時点ずいう非垞に遅い状況で出られるず
私の信頌がさらにマッハになるのだが。カタパルト
」
¢¡è–”薇氎晶
「やる倫が共有 じゃあ埌半たでは
確実に毎日たぷたぷできるんですねヌ、やったヌっ」
¢¡åŒŸè€…
「兄者の発蚀ず某の発蚀が色で同色で芋難い
かかったなこれが流石兄匟トラップだ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「俺が背䞭しか芋せない理由はな
男は背䞭で語るずかいうかっこいい理由だけじゃねえ

前を向いたら逮捕されるからだ」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「氎銀燈が共有ずかなら出おおいおよ
それなら占う必芁もないし」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「いいんじゃなぁい朜䌏
ただノむズっおほどでもないしぃ」
¢¡çœŸçŽ…
「私はCOなら出お欲しいわね霊胜
た、ありがずうず蚀っおおくわ」
¢¡ã§ããªã„子
「薔薇氎晶  
レアケは無理。やめようよ。」
¢¡å…„者
「ん霊胜いるのか」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「皆、長文を出すずきはたず、メモ垳に貌るこずをおすすめしよう
そうでもないずにょろんな気分になる、ぜ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「共有片方でいいじゃない
奜きにやらせなさいよ、自信があるんでしょ
その自信が劬たしいわ金糞雀
パルパルパルパルパル」
¢¡åŒŸè€…
「>ない子
占いも吊りも消極的になるだろ
それは避けたい」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「('A`)y-~~ んヌ た、朜らせるなら吊られず占われずで頌む。毎床のこずだけどな。
      じゃあたぁ、今日はグレランだな
      ガリオンの占い先が霊胜っお事でグレヌが1぀広い圢になったな」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「え、それ、お前が蚀うのガリオン」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 真玅 「どういう蚀語なのかしらそれ 䞭玚村人」
䞭玚だから解説぀き、䞊玚村人ずの違いをさりげなくアピヌル
優しさ仕様」
¢¡Cガリオン船
「たぁ、疑わなくお枈む分ただマシか。
仮に今日私が抜かれたずしおも。」
¢¡ã‚„る倫
「なんか盞方朜りたいずかいっおたし、その蟺は盞方に任せるお
朜っおる以䞊盞方の自己責任だからあんた気にしなくおいいお咲倜」
¢¡é‡‘糞雀
「囲いもらった狌が霊胜する必然性が無いから、囲いは少なくずも無いずいう意味で
むしろ、護衛されやすいかしらガリオン船
その感想はちょっず倉だずおもうかしらヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「霊胜はずりあえず真で芋およいかず。
あなた芖点、狂しかありえないのでは
の霊胜ですし、信じおよいず思いたすよ。鯖の状況もありたすからね。
ガリオン」
¢¡ã§ããªã„子
「たぁその蟺は考え方の違いだしね。
占いに護衛集䞭させたい、っおのがメむンの理由だもの真玅」
¢¡é‡‘糞雀
「残念な盞方も居るものかしらヌ教育が必芁かしらヌ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「埅ちなさいいちゃいちゃするなんおこの橋姫が蚱さないわ
パルパルパルパルパルパル薔薇氎晶」
¢¡çœŸçŽ…
「ん、発蚀を远えばそれほど䞍自然じゃないず思うわよガリオン
寧ろそんなこずを気にする方が䞍自然ね」
¢¡è–”薇氎晶
「身代わり君が未定ですので、占霊3COなら垌望がありたした ぐすんできない子」
¢¡å…„者
「共有は朜䌏か
たあ朜䌏するなら地震があるんだ、そうそう吊られないだろう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ちゃんずみなさいよぉ兄者」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡Cガリオン船 €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 金糞雀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï ドクオ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン €Ï ドクオ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å…„者 €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž­çŽšæ‘人 €Ï やる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 氎橋パルスィ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï ドクオ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€ €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï ドクオ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï ドクオ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「あら、0祚」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「噛み先を決めおくれ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「やるわねぇ。」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌ、できれば占われるくらいが良かったのだけれど。
これだず占われないかしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「なんでこんなRPしたんだろう」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「た、寡黙吊りになるかお。ずりあえず初日は抜け
占われるずアレだけど無理ず思ったらい぀でも出おいいお」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「狌が吊れた気はあんたしねヌけどたあいいや」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「信甚勝負コヌスにするぅ」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「オレに銃殺察応は難しいが」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「んぅ」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「         _,  -―‐- 
       /    , -- _ 
     '     {   , -   }'、
    /Ž ̄ ̄䞉二ニ  ゝ゜  ,'ハ
    ァ 
―‐ -----  䞶.
     /_       _ - 'Žš  ボ l
    l |!  ̄ _     ,     V┐l!
  ∧ .  /šボ   ' |, -‐侃Y り l!
   r', -―   _ / ヌ‐' ノ 〃/
  √  |  {䞶  ̄Ž:::. šŽ  '/ ̄ボ
     / / 倧 šŽ  - '  ∠/  ̄
     〈    V_ 、_  ã‚€| l ̄-
      V  |!ヌr‐__j「 T   ',
    、 . ! 〈š〉  l    ',
    入Ž |   ハ     |    ',
   ,'    /ボj          l     ボ
   /   ボ  |  ハ         
   l      !           

むしろ、寡黙吊っお欲しいから朜䌏かしら。初日から䞋手に狙われおも
のこっお良いこず無いかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「祚ですか。
逆を蚀うず占われる䜍眮であっお埮劙ではあるのですけれどね。」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、朜りから予想する占いは氎橋占うかもしれないけど」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「ハンマヌブロスの発蚀が他の発蚀ずたざっおツヌルに蚘録されるわね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「んじゃベヌグリたしょ」
¢¡Cガリオン船€ÎÆÈ€êžÀ
「私が噛たれるのであれば霊胜は信頌しおあげおくださいね。」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「あ、そっか
分かったわ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「                       __
                 , -- ã‚€  ヌ─-ミx,
                   /  ′   䞀 ̄ミミ,       やる倫も薔薇氎晶も
               /         、      人気者は劬たしいわ
               ノ Ž   Y√   ゝ,.斗l|  ハ i ミ'
               /7{    i  >匌ミ ヌ, ボ
             (//    ボ  Ž仟刄 }}Y |二ニ=)} 
               l人   ‐䞉ボ  V少  |l i|ノ  ÂŽ |
               /  √ Ž r心         j厶む ノ )
                 N Ⅵ V ′ __    /{__∠  ̄
               f⌒ 䞪      ÂŽ Ž   / 乂:.:.䞶、
                 '   ゝ卞 ヌ─≊r='  }):.:/.:.:..:.ゝ、
                    /   )  rfæ–€ Ž / >ÂŽ:.{:.:.}.:.:.:.:..:
                   八  _入_ノく_{ノヌ' Y「/:.:.く:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.ゝ
               {   _,}     x圳X!:.:.:.:.:.:x}-─┮─'くXXミ、
                む ̄ ̄  ':::{X:.:.:.X>--fŽ ̄ ̄Y
                  }く ̄ {:::::i::::Y∧.:.:.:.:.ヌ-r─fŽ/ ̄L__
                    7 /.:.Y!:::::::{:::::√X}:.:.:.:.:.:.:.:.:..l  {  'Ž   
                     {_人:ミ::::::√入:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 䞶       、
                 r─-xヘ、:.:::::::::Xゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.:}   Y      ミ  
                   }f-〈Ž}i} /l:.:.:Ⅵ>─fXX/-─--‐くノ   䞶     }}    、
               く_f_ミ_」」 l ゝ、む{{_}蟷  ̄ >厂: : /: : : :> ̄ ̄ _」|   , __
         -   XX{ 「 ̄>く_/ : } /ノXX く: : : : :/: '"ÂŽ, -r─' f/::::: } Y ゝ-}ト {
         }八 ミ  YX{≧xテ─ 圡むXXXj: :  䞀圡む::::/r=x〃:::::::{<}} ゝ-'} lã‚œ
         ミ ボ /:x}}X:X --XXXX」: : :     /:::::::::::f」〃--- }l:::: ̄}f‐7 ∧Yj
           Y:::::〃::::--侀'⌒ヌ-XXXX'─ゞ- ã‚€X:::r=ヌ{」{    ミ:::::}l::::し'_J{
               }}::>く::::::::::::::::::::,::-r:::::::::::XXXXXXXXX:::::::/::::::::::l|:::〉     Y::i::::::::
            /}f::::::::ヌŽ ̄::::f8}::>::::::: ̄ ̄ ̄ ̄「::::::::::/:::::::::__/      〃}::::::::::/
              //{ヌ:::-┐::::::::x==キ'®⌒:::::::::ヌ-::::::::::':::::::::::::::::::{:::::      /fÂŽ:}:::::::/l
          〃{{_」 -==≠'ÂŽï¿£:::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::/:f′      l 八::::::ゞ::::::|
          j}_,圳:::::::}∞==x::::::::::::ミ:::、:::__:::::::::::::∠::::::,:::v'ÂŽ:::|        | } ゝf 
         Y::::::」L〃:::::::ゝ、::::::〃x:::::::「_,ノ∞:::::j:|::〃:::::::::',        '䞪
          キ'ÂŽ::ヌ‐:::::::-j:::j}:::::l|:::::', //⌒ボ:j}斗::/j}䞀::}            「_」
             ヌr─{ÂŽ  _/x癶 ̄}:::::ox=7ゝ-'ト ::::::::j}            |
                 f} ̄ ̄    Ⅵ::::::「   {l0,  | ミ ̄八           |
                        -,        |     ̄l         |
                              ̄   ,        l       }            |
                                '.       |       |i          |
                                 l         |       |l          
                                       }       l          
                                }       j      '            } ',
                             {      /        √         l }
                                   _ノ}         √          /  
                            /    ,む         ト        /    
                              /i                   ──‐ ′      }
                              八         j              Yヌ─── '  i       _
                             ,′       /                          }
                          ハ       {|                               
                          ,′     八                l         :::l
                          l     ハ               __   ̄_, ::::::|
                          L_         l                 ,∠ ノ:::::::::::::::l
                                  j                     ゝ={f≊圡Ž::::|
                             Y::ヌ─-む                     }:::::::::::::::::::::::::::::::|
                                |::::::::::::::::::::                   /::::::::::::::::::::::::::::::::j
                               ',::::::::::::::::::::::j                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/
                               ヌ── 'Ž                      /::::::::::::::::::::::::::::::
                                                    {:::::::::::::::::::::::::::
                                                        ヌ──䞀 '」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「              ,  -‐─‐- 
           ,. 'ÂŽ, '"ÂŽï¿£~   `ボyr
        く⌒ボy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _, :|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
        ノ:l:|:.:.⊥:|┌|: .:::::| .:l::::く
     //.:.l:|:.:. |:./_l /  V.:.:/
        / / Vい, ィ‐1   {Ⅹ}:.:./    キム姉さた 
       ノ / .:.:.:V 代zツ     `く/     信者ず䞀緒になっお私吊り支持は汚いです
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ボ ' ' '   _' '  ボ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__ï¿£ _.. ã‚€:i .:.:.ボ
        / .:.:/.:.:.:l:/ノ   VŽ `1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ボ  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `‐‐く(公)-む ボ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `YŽ j    .:./
     V.:.:.:.:./::八    {      j  .::l /」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「どっち噛みか決めおくれ。
朜䌏圹の意芋を優先する」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ずもあれ、明日にはするかしらヌ。遺蚀は無職にしずくので
カナが噛たれたら盞方は死んでない振り続けお欲しいかしらヌ
死せるカナメむ生きる狌を走らすかしらヌ」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「た、占いが仕事するず楜だし適圓に芋おいくお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 星熊勇儀 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「了解死んでない振り」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「真目ならガリオンの方でしょうかね。
護衛されおそうなのもこちらですが。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「Cガリオンならかめるでしょ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡Cガリオン船 €Ï できない子 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €¿€Á¿Íϵ€Ï Cガリオン船 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお。今日も刺身の䞊にタンポポを茉せる䜜業が始たるお」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 おはようございたすノ」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「占い できない子は●」
¢¡åŒŸè€…
「占いCOできない子○」
¢¡çœŸçŽ…
「おはよう、ね
誰か玅茶を淹れお頂戎」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「ハンマヌブロス、カタパルトン、十六倜咲倜、できない子、真玅 → ドクオ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ドクオをカタパルトに茉せお敵郜垂に突撃したずころ、結果は◯だぁ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはよぉ」
¢¡åŒŸè€…
「片COをやめおほしい発蚀で真っ先に眠怖いの、が出おくるあたり挑発的で共有はないだろう。
占いされるような突っ蟌み方なので村目だが終盀残りやすい䜍眮なので占い」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす 兄者様は完党にキム姉さたの信者なんですね 儲かるずいう字は信じる者ず曞きたす」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「理由
たず初日に以䞊の発蚀は圹職もちの傟向が匷い
さらにも混じるず䞭々吊られない
グレヌ匷そうな印象
なら朜䌏掚奚 なら
他の人に問いかけする䜙裕たである
占っおおく堎所ね」
¢¡é‡‘糞雀
「あれ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 星熊勇儀(84)「Cガリオンに囲いなし
これはいい情報ねあずは共有のきいおっず」
これをいうからにはここは霊胜を真確信、ここが狌ならあの霊胜は真目」
¢¡ã§ããªã„子
「おはよ。
た、の定番の朝は圹職抜き暫定○抜き完グレ噛み
さお、誰が噛たれたかな。
吠えが10ず枛っおたから、圹職チャレンゞするかなず芋るけど。
  占いの信甚はただ埮劙。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「できない子がパンダ、か  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。
人狌退治の時間がやっおたいりたした。
圹職はをお願いしたしょう。

あ、あず申し蚳ない。リアル事情ですが、雷がき぀い。
䞀瞬、郚屋の電気が切れたした。
もし、突然死出たら申し蚳ない。」
¢¡ã‚„る倫
「ふヌん。ガリオン抜きでパンダ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「朝日が劬たしいわ劬たしいわよ
圹職すればいいじゃないパルパルパルパルパル」
¢¡åŒŸè€…
「おいぃぃぃ」
¢¡é‡‘糞雀
「おはようかしらヌ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「死んだ奎もできない子占い予定かァ」
¢¡å…„者
「テステス」
¢¡çœŸçŽ…
「そこ抜き、真停぀いたか昚日の発蚀で抜けるず思ったかどうかね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「占い候補が噛たれおパンダねぇ」
¢¡ã‚„る倫
「たあ、できない子のを聞くかお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「・占いの印象

ガリオン船匟者星熊勇儀

玔粋に発蚀を芋る限りですずガリオン船がよい感じですね。
星熊勇儀は寡黙すぎ、ず芋たす。

・・・ず思ったら早速抜かれおおりたすね。
どう芋たしょう。」
¢¡åŒŸè€…
「察抗噛たれで狌が●出しパンダずか噛み切り路線じゃねヌか」
¢¡é‡‘糞雀
「占い候補が抜かれおいるかしら。でもパンダもできおいるかしら」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「そしお占いが抜かれおいるな」
¢¡å…„者
「発蚀できねえ俺の金糞雀幎代蚘が」
¢¡è–”薇氎晶
「たあ、芋事にパンダですわ しかも占い抜きをされた状態で。
たぷたぷたぷたぷ。」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「狂人噛み お疲れ様狌さん
囲いをしようずしたみたいだけど無駄よ
そこは占ったから」
¢¡çœŸçŽ…
「たあいいわ、パンダ吊りたしょう
先に占い吊りもなくはないけど早い気がするのだわ」
¢¡ã§ããªã„子
「なんか、占い噛たれの䞊、ペグられお、パンダになっおるんだけど。
たぁCOなし。
占い噛んで●出し的には星熊勇儀は狌目だね。」
¢¡å…„者
「金糞雀垝囜千幎玀 第二章

その埌隣囜の王氎銀燈ず和平を結んだ金糞雀は察岞の囜䞍人気に察し宣戊を垃告
䞀説には䞍人気から仕掛けおきたずもあり、詳现は定かではない
カナリアンず称される13の階士長率いる階士団の知略ず兵により䞍人気は蚎ち滅がされた
これが䞖に蚀う金糞雀マゞプリティ戊争である
この戊争が時代を動かす䞀倧事件ずなるずはこの時誰も思っおいなかった
埌金糞雀が愛甚しおいた䞋着の色はきい」
¢¡é‡‘糞雀
「噛みきられおも狂人吊り䜿わないですんだず考えれば䞊等かしらヌ匟者」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「たヌ◯䞀぀少ない点で護衛いきやすそうでもあヌるっお堎所ではあるんだけどよ
ただ抜きやすそうだった占い候補だったこずに間違いはねえな」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳ふむ、いきなり即占い抜き
のこった占いの真の目をきるには早い
理由ずしおは昚日のガリオンの態床がやや匕っ蟌み思案だからかな」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ガリオン噛たれね
護衛が぀きにくいポゞションだったから仕方ないかもしれないわ
ただ、これで占い残りになるわね明日ある皋床は真莋぀くのだし」
¢¡å…„者
「ずりあえずパンダ吊っお霊胜色芋ようぜ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「霊胜は真狂でよさそうだな」
¢¡ã‚„る倫
「たあ、別に狩人に霊胜鉄板させお占い吊りっお手段がないこずもないお
どっちがいい」
¢¡çœŸçŽ…
「できない子はCOあるかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「たぁ、昚日は察しお占い候補らしいのはいなかったからねぇ
ぶっちゃけ発蚀倚い順からでもいいぐらい。もしくは䞭玚村人」
¢¡åŒŸè€…
「狂死んでいおここでの●出しは狌だからな
パンダ吊りは避けれないだろうが噛み切りされたら癜1しか残らないこず考慮しおくれ」
¢¡è–”薇氎晶
「ガリオンさんは護衛を自分に惹き぀けたいオヌラを
ずおも露骚に出しおおられたしたが 仇になったみたいですね」
¢¡é‡‘糞雀
「カナはパンダ吊っお霊胜芋に行きたいかしら。
ガリオン噛んで来る以䞊霊胜はたず真かしら。
狐占い垫でもいなければ狂人すらありえないかしら」
¢¡ã‚„る倫
「ずいっおもたあ、できない子にを聞いお無しいっおる以䞊吊るけど」
¢¡å…„者
「パンダ吊っお霊胜結果芋だな

発蚀が異空間に飲み蟌たれお寡黙吊りされそうだぜ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「薔薇氎晶ずるいわずるいわよ
そのたぷたぷ感独り占めだなんお劬たしいわ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
そしおパンダず。ふむ。
吊るしかないな、村アピよろ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない子様は昚日の霊胜朜䌏発蚀が非垞に興味深いものでした。

ただ、逆にあそこで目立぀のを人倖がするかず蚀われるず埮劙であったのも事実。
占い䜍眮、ずは思いたすけどね。

無しであるなら吊るかどうか。
結果を芋る䜙裕はあるずみたいですが。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「兄者はその劄想やめなさぁい」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「こうなるずガリオンはもういい
あずは察抗の○おっかけするだけでいいわ」
¢¡ã§ããªã„子
「たぁここで占い吊るのはたずない。真玅
で、ガリオン真の堎合、党く情報のないグレラン村。
結構き぀い状況。

  占いで護衛ありそうなのは無駄占いしおいるガリオンなのだけど、
よくチャレンゞした者ず評䟡。」
¢¡é‡‘糞雀
「でも、噛たれたガリオンもできない子占っおいるずかすごい人気かしら」
¢¡çœŸçŽ…
「ずいうか霊胜は真でいいわよ
特に䞍審でもないし3-1だし
噛たれ占いの○ずか関係ないのだわハンマヌブロス」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「んヌ。ちょっず気になるなパルスィ
たあ、明日生きおたら突っ蟌むぜ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
投祚は玠で間違えた、蚀い蚳はしない、それが䞭玚道、あず
カタパルトン(62)  「倧䞈倫だ。俺様も䜕床か発蚀が虚空に飲み蟌たれた
CO確認 霊胜COダァ」
乗っ取りする人間特有の緊迫感はない、ぶっちゃけ文句いい぀぀も真目
カタパルトン噛みか。むう。たあいい
」
¢¡ã‚„る倫
「たあ、できない子悪いけど吊られおくれお」
¢¡åŒŸè€…
「>カナリア
オレ、オレの生存願っおくれよ
オレが信甚取った䞊で生きおいれば勝おるんだっお」
¢¡è–”薇氎晶
「●出しが狂偎なら、狂誀爆。
実はベグっただけずいうオチが぀く可胜性もありあたすし
COがないなら霊胜さんがご健圚なうちに吊っおみるのがベタヌだず思いたすが 」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「ふむ  」
¢¡ã§ããªã„子
「たね、その進行は共有ずしお間違っおないやる倫」
¢¡å…„者
「31で隙りだったら霊胜初日で狌隙りずかになるな
レアケじゃないか今のずころ考える必芁はないず」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「できない子金糞雀
くらいの人気の差があるわね
劬たしいわ劬たしいわよパルパルパルパルパル」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「いや、噛たれたのガリオン村人」
¢¡ã‚„る倫
「んで䜕で皆やる倫をたぷたぷするんだお  
メタボをいじめおそんなに楜しいかお  」
¢¡åŒŸè€…
「ここで即べぐりするっおこずは狌は占われ易い䜍眮にいるず思うんだよな」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
ふむ、咲倜さんは真をCガリオンずみおいたんですね」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ガリオン真だず霊胜○しかない状況。
ただ、ここでパンダを䜜るのをどう芋るか、ですね。
ここでの●出しは狌目よりは狂目かず芋たいですが。」
¢¡ã§ããªã„子
「の霊胜は基本乗っ取り考えなくお良いよ。
別にカタパルトンの出方に䞍振な点ないし」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ずりあえず村っぜくふるたいなさぁい
昚日のログも芋おあげるから」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「䞭玚村人か氎銀燈が狌で刀断぀いた可胜性はあるな  」
¢¡è–”薇氎晶
「それ、黄色に染めた䞋着ではなく実は無粟者なだけ 兄者様」
¢¡çœŸçŽ…
「たあ、遺蚀芋る限り○狙い、っおわけでもなさそうだしね
そういうのは圓おになるず個人的には思うのだわカナリア」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「あず䞀匹ず狐か
倧䞈倫でしょ あたしに任せればね」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「たヌ。俺抜かれたら仮に真占い生きおんなら銃殺頑匵れよっお所だ
匟ヌ匟ヌおたえさんの◯぀られそヌですよ」
¢¡ã‚„る倫
「ああ、盞方でおもいいよ。どうせ残りが真蚌明するなら銃殺しかないお」
¢¡é‡‘糞雀
「カナはそんな悪口くらいでめげないかしらパルシィ」
¢¡ã§ããªã„子
「私、人気取りなんお無理パルスィ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ガリオンは霊胜占いで信甚ダりンだなヌっお蚀っおたあたりが護衛぀きにくかったんじゃないかしら
無駄占いで萜ち蟌んだり、これで護衛くるなヌっお喜ぶなりするものだず思うし
パルパルパルパル」
¢¡åŒŸè€…
「思うに、さくやずかパルスィらぞんの䞭庞どころだろうか。
オレ噛たれたら察抗を10くらいたでキヌプで頑匵れ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「どちらにしおも、霊胜結果から真莋は぀くでしょう。」
¢¡ã§ããªã„子
「今埌指定進行になるから、やめおおいたほうがいいやる倫」
¢¡è–”薇氎晶
「だっお、たぷたぷし心地はやる倫が䞀番いいんです やる倫」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳ああ、ガリオン噛みでしたね
兵噚の名前ずかすぐ綺麗にいえないのはちかたないカタパルトン」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「明日の噛みみおからでもいい
俺抜かれたら共有護衛鉄板にするでもいいさやる倫」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「護衛ねえ バランスなら情報が薄いガリオンだったっおのはあるかもねぇ。
発蚀からの信甚差はどっこいだけど」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「氎銀燈が共有なら出おね
十分占い察象なので」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「やる倫の肌觊りは楜しめるわよ
いじめじゃないわパルパルパルパル」
¢¡å…„者
「共有は生きおるのか
たあ霊胜抜きはないだろ、よっぜどじゃない限り」
¢¡çœŸçŽ…
「グレラン村に備えお朜䌏させた方がいいんじゃないかしらやる倫」
¢¡ã‚„る倫
「ふむ、たあ別に䌏せおもいいか。奜きにしおいいお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å…„者 €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž­çŽšæ‘人 €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「できない子倧人気だお」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€€ÎÆÈ€êžÀ
「やべヌな 狌に誀爆ったっぜい」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「良い狂人だ。
噛み先はどうする」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 星熊勇儀 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「真玅にもこのくらいの人気があれば  惜しいずころだお」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「぀ヌか、狩人居ないんじゃないかず思えおきたお。そこ抜かれるなら
厳しい」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「星熊勇儀護衛でいいんじゃね。攻めで」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€€ÎÆÈ€êžÀ
「占い噛みなら○あるべきだったか」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「真抜き完了。
あずはグレラン村ですね。
狩人を探したいずころですが」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「さおず」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「共有もあり。」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「どうせ、占いの真莋が付いおいるから
真いるなら噛たれるかしらヌ。カナ占い操䜜しおいおも
噛たれたら関係ないかしらヌ、だから出なかったかしら。」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「ネタ付きそうだな」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「た、出ないなら指定ゲヌ展開にするから嫌なら出なくおいいお」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「霊界から既に倧人気コヌルが聞こえる気がするのだわ



 悪い意味で」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「初日狩人の可胜性は高そうかしら」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「あヌでもどヌだろ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「狩人は霊胜べったりず予想
だったらほっずいおいいかしら」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「超埮劙」
¢¡äž­çŽšæ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「十六倜咲倜(26)  「・占いの印象
ガリオン船匟者星熊勇儀
玔粋に発蚀を芋る限りですずガリオン船がよい感じですね。
星熊勇儀は寡黙すぎ、ず芋たす。
・・・ず思ったら早速抜かれおおりたすね。
どう芋たしょう。」
ずりあえずここ狩人はない、かなりきになる」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「匟者狌ずしおできない子囲いするか Yes or No」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「明日は霊胜芋れれば砎綻占い。霊胜噛たれたらロヌラヌするしかないから
出る予定はないかしら。でも遺蚀は共有にもどすかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「共有は真玅か薔薇氎晶
狩人目は金糞雀かパルシィ・・・くらいでしょうか。
狐目はちょっずただ埮劙ですね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「狐ケア入る前に確定○は削りたいかしら」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「た、明日は霊胜結果芋お、砎綻しおるほう吊り
霊胜抜かれたら狩人居ないず断定しお占いロヌラヌ開始
䞀応●出した星熊のほうからかお」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€€ÎÆÈ€êžÀ
「あヌどないしよう
これなかっむらおおかたみ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「䞭玚村人は噛んで眮いお損はない盞手、ず芋たす」
¢¡ã‚„る倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「お」
¢¡äž­çŽšæ‘人€ÎÆÈ€êžÀ
「パルシィ狩人くさいな」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「了解した、やる倫を噛もう
0:45目安で行く」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「ハンマヌもちょっず気になるかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「ただ、氎銀燈が浮きたすけどね」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「んむヌ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「パルパルパルパル」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「䞭玚村人は真莋䜍眮だ
噛むず間違いなく氎銀燈吊られる」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「           ミ:∧ . -──-  ∧/
            >{`>'        ボく)ァ
           `′          Y-‐'
              .′  |        |_ l  たぷたぷで発蚀安定です
           { Yl ,厶-| 入} '. 
           ∧/!く匋:ボ/{`{Y1:YV'} |   
           / r'   `}   ボ二〃 ボ! |    }}
            |.   o    /{,.む .   〃
          | |  |  ⌒)⌒/ |  l  {{
         | l  !  `'廎_/ÂŽ,}   |   !   」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €¿€Á¿Íϵ€Ï やる倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡å…„者
「金糞雀垝囜黙瀺録 第章

卵焌きの王女が珟れし時
空に青が戻るであろう

その埌千幎間の平和ず卵焌きがもたらされ神に感謝し
人々は金糞雀マゞプリティず叫ぶだろう

しかし金糞雀倱われし䞖は荒み、぀いに1999幎䞃の月暎虐の䜿埒ず化したの䜿埒が哀しみを力に倉えおしたうであろう」
¢¡åŒŸè€…
「占いCOパルスィ○」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「朝日が劬たしいわ劬たしいわよ
圹職すればいいじゃないパルパルパルパルパル」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「おやん」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす 䞀日䞀たぷたぷ ずりあえず心が萜ち着くのでやりたすね」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「占い 氎銀燈○」
¢¡é‡‘糞雀
「おはようかしらなんか、コピペをそのたた発蚀しようずするず
倱敗するかしら」
¢¡å…„者
「なん  だず  盞方金糞雀」
¢¡åŒŸè€…
「RP倧目で終盀の残りそうな䜍眮、䞭庞な発蚀しかしおいない。
刀断付けづらい堎所で残したくないので占い」
¢¡çœŸçŽ…
「おはよう、ね
誰か玅茶を淹れお頂戎」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「理由
匟者狌なら初手囲い
真っ先に぀ぶすずこよ
共有ならもう知らないわ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「そこが共有ずは思わなかった」
¢¡é‡‘糞雀
「かしらヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。
人狌退治の時間がやっおたいりたした。
圹職はをお願いしたしょう。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「できない子をカタパルトに茉せお敵スタックに突撃したずころ、結果は◯だぁ」
¢¡åŒŸè€…
「カナリア共有かよ」
¢¡è–”薇氎晶
「たぷたぷできないので、代わりに今日からはキム姉さたのおでこ磚きたすね 」
¢¡é‡‘糞雀
「しょうがないから共有かしら盞方はやる倫だったかしら」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「あヌよかった そこ共有」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはよぉ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 おはようございたすノ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「金糞雀が共有盞方なのね
そしお共有噛み
なんか、既に占いに真がいない気配よ」
¢¡çœŸçŽ…
「ん、○っぜいけど䞀応霊胜は」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「かし ら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「共有噛み・・・
䞍思議な噛みをしたすね。
で、金糞雀様が盞方ですか。了解です。」
¢¡å…„者
「そしお霊胜は○、匟者がラむン繋がったか」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
この発蚀をがそっずいうからには
ハンマヌブロス(75)  「䞭玚村人か氎銀燈が狌で刀断぀いた可胜性はあるな  」
真が抜かれたず確信しおる可胜性がある、ひゃっふ
」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ナりギが砎綻ね
吊っちゃいたしょう」
¢¡çœŸçŽ…
「じゃあ占いロラしたしょうか
砎綻からで」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「んヌじゃあ、星熊勇儀吊っお◯なら匟者吊ろうず」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「やっぱりここは星熊勇儀を凊刑でいいのではないだろうか」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「さお 」
¢¡åŒŸè€…
「できない子の遺蚀に惚れた。」
¢¡é‡‘糞雀
「それじゃあ、砎綻占い吊るかしらヌ」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「霊脳のっずりずかマゞかんべん
狐か狌」
¢¡å…„者
「金糞雀マゞプリティ把握」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「䞭玚村人真が抜かれたず確信しおる可胜性がある、ひゃっふ
普通そう考えるだろう」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「確かに、今日の噛みを芋るず真はもういないず取れるわ䞭玚
それを昚日のうちから蚀えるのは気になるわね」
¢¡çœŸçŽ…
「ラむン繋がったっおのを○で蚀うのは違和感なのだわ兄者」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「定れリフあざヌっす星熊勇儀」
¢¡é‡‘糞雀
「たあ、霊胜●芋えない限り。占いはロヌラヌかしらヌ。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない子○、砎綻ですね。
さお、ここを吊るかどうか。

ここが狌なら急いで吊るより、グレランを挟んでみたいずころですが。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡åŒŸè€…
「察抗砎綻しおいるしここでオレが噛たれおない以䞊はもう噛みに来ない気がするな
察抗黒なら残しおくれるんだろう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「星熊吊りには賛成、ただし○だったら吊るのは䞭玚がいいわぁカタパルトン」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
んヌ、共有噛みで霊胜結果◯、劥圓だね
昚日の発蚀がかなり村いのずあの遺蚀、必死さがにじみでおる。
ならずりあえず砎綻占い吊っお色をみる」
¢¡è–”薇氎晶
「これ 残った占いがたず人倖二人っぜい気がしたす」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「金糞雀マゞプリティ

ここで霊にやられるわけにはいかない
カナリアン吊る気なの」
¢¡çœŸçŽ…
「しかしなんずいうか狩人狐探す気が党く感じられないのだけれど
朜䌏盞方を匕きずりだしたかった、っおこずかしら」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「察抗は貎方芖点黒しか出ないはずだけど
その蚀い方は匕っかかるわよ匟者」
¢¡å…„者
「そうか違和感あるならすたない真玅」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ずいうかだなヌ
匟者狌ずしおできない子囲いするかどうか っおいうのを昚日冷静に考えおみたらNoが出たのでなんずなく予想がですね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「いい蚀葉よねぇ霊胜乗っ取り」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「霊胜が狌ならな、ガリオン船は狂人ずわかっおお襲われおいるこずになる」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
十六倜咲倜(26)  「・占いの印象
ガリオン船匟者星熊勇儀
玔粋に発蚀を芋る限りですずガリオン船がよい感じですね。
星熊勇儀は寡黙すぎ、ず芋たす。・・・ず思ったら早速抜かれおおりたすね。どう芋たしょう。」

信甚にいたる根拠が雑、ざっず芋でもいえる発蚀。抜かれたのがガリオン、ここが狌目。そう思う。もしくは匷い村人、刀断が必芁である堎所
疑うずいうよりよくお話をすべき」
¢¡åŒŸè€…
「真玅マゞ埡寿叞
銀様最高」
¢¡é‡‘糞雀
「心苊しいかしら、でも初日の倜に真の策士は味方でも必芁ずあらば切り捚おるものだず
宣蚀したかしらヌゆうぎ」
¢¡è–”薇氎晶
「にしおも、キム姉さたがやる倫の××××なんお、
この村 䞍人気お姉さたがそれだったよりはるかに高い確率で滅びそうな気がしたす」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「無いずは蚀い切れないけれど
可胜性は限りなく䜎いわねハンマヌブロス」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「霊乗っ取りがあるわ
いたこそ出番よ 朜䌏霊脳」
¢¡å…„者
「カナリアンは呜乞いなどせず
ただ金糞雀に埓うのみよ星熊」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「倚分そうじゃね
俺あたりずかに護衛動いおる事考えおさ、今のうちに◯削っずきたかったんじゃね真玅」
¢¡åŒŸè€…
「>パルパル
霊乗っ取りを考えおいたす(」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「たあ、吊っお色を芋るのがいいでしょう。
ここの色を芋お、匟者の凊遇が決められたす。

霊胜結果○なら匟者狌ほが確定。
霊胜結果●なら匟者真狂・・・狂真ですが。
ずにかく即吊りしなくおもいい。」
¢¡çœŸçŽ…
「初手囲いにWずは思えないから残しおもいいず思うのだけれどね
氎銀燈も䞭玚もそこたで臭くはないのだわ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「あず、星熊●だったら私吊りなさぁい
私は村だけど、䞍安芁玠は残したくないでしょう」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「初日霊ずかじゃねヌのかよ」
¢¡è–”薇氎晶
「 どうせ私はパチモンドヌルですよヌだ ぐすん」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「ガリオン船が狐なら  
普通にあるかその堎合は  
なんでガリオン船か星熊勇儀が襲われおいないんだ
わっ぀はっぷん」
¢¡é‡‘糞雀
「たあ、匟者狂人ならほっずく方針かしらヌ。」
¢¡çœŸçŽ…
「ちょっず屋䞊にいくのだわ匟者」
¢¡å…„者
「霊胜乗っ取りの堎合初日圹職で隙り
昚日も蚀ったがチャレンゞ粟神ず運に恵たれおるな」
¢¡é‡‘糞雀
「狩人初日考えるず。先に指定吊りのタヌンの方が良いず思うのかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んじゃずっずずいくわよ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「䞭玚村人
発蚀内容が星熊勇儀は寡黙すぎ、匟者は匷めで䞭身が芋えない。
○もらい霊胜の態床を気にしたりするあたりは䞀番発蚀的には真に芋えたず思いたす。

ただ、バランス護衛を考えるにあたっお、いきなり噛みにいける䜍眮かどうか、ずいうのが
私の初日の印象でしたね。」
¢¡è–”薇氎晶
「いじられるだけ䞍人気お姉さたは敵察認識されおたすよ 」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
さお、どっちが狌なんおわかりたせんよ。
霊胜結果みたしょう。ここ●なら匟者が舐められおる真もあるかもしれないしね、もっずも昚日の反応で真目薄そうだけど。
」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「定れリフあざヌっす。たあ真か隙りかただしらねヌけど匟者」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「ただのむ゚スマンはカナリアンにあらず」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ドヌルズは金糞雀ず雛苺以倖人気者よ
劬たしいわ劬たしいわよ」
¢¡åŒŸè€…
「だが断る
オレが聞くのは兄者のくだらない話ず銀様の話だけだ」
¢¡çœŸçŽ…
「貎女が仮に村なら、ならばこそその発蚀はやめお欲しかったのだわ氎銀燈」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んヌ 狩人いるの」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳倜読む咲倜さん」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「た、このなかで、䞀番いいケツしおるのは俺だぜ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€ €Ï カタパルトン €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å…„者 €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž­çŽšæ‘人 €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 星熊勇儀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「ごめん、ログ呌んでた」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「              , - ─‐- 
              ,'ÂŽ.:ボ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ボ
             .:.:.:.::::::.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            /.:.:.:.:.:::::::::::::.:`.:.:.:.ボ.:,rr‐- い
         /.:.:.:::::::::::::::.::入:.:.:.:.:{〈 ⌒ボ L
          !.:.:.::::/:::::::,.  `ミ .:.:.:{〈   介⌒)}
          !.:./:/:.:.:.:.:.      ミ无圡化 ノ
         V.:/:.;.         `に__ノYÂŽ
          V.:.:.7   _ ノ    ボ __  爪VÂŽ
          V⌒                /.:.:.
          ム.__ =   r/^!ÂŽ
         ̄7/ )/////   , ///ノ!く
       ,∧: : : :  `- t--   ノ//: : 〉
      /  V二入    ボ 二 む  ∧ V`ボ
       /    :_:_:__ _ ノ介(^~^Ž_」    ボ
      〈      /:| _ノ.::::く.:.:7:::ML     〉
           /l:::|  ̄`1く.:7::::::: /:;  
         `y′ |::|  く.:::1く7:::::: /:/  VÂŽ
         /ÂŽ   |::|    `:く.:::: /:/    ボ
          |.    |::|   く.::::く7:: /:/     |
         |:    |::|     `7:::/:/      

カナは今間違いなく村の䞻圹かしら 」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「たった䞀぀のシンプルな答えだ

おめぇはカナに逆らった」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「次の噛み想定」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「朜䌏共有は歊噚なので

ごめんなさい」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「さお、どうしたしょうかね。
私はしばらく䞭玚村人ず戯れおたしょう」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「困ったな灰で噛みたい䜍眮がない」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「䞭玚村人ず氎銀燈でWはあるか吊か」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「FOずは違ったのだわ わ 」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「グレヌor共有」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「
       ___ .≧ゝ,≊䞉:._ï¿£ 䞶:
         ̄:;  ヌ-        ボ
       .:,フ   , .:  .:.          
      .: / .:r/ | .:i .:.:.i   .:   ミ: .:.:.:
     /.:  / .:/_/]!_. :| . : .:.i! . : .:`.:`-
.    /.:/  ./ .:/`j厂ⅥL! .:/ ト_|__. .:. .:.:/:::
   /.:/  .//  ●   √`厶-Ⅵ-!ï¿£7 ! .:/べ   この村  2W+狂人生存のたたPP食らうかもしれない
.  〈 /   .'ÂŽ ′       :::{く匂/ミ|  ′
   ミ:.   }! ""           ミ蟷圡’j}
    〉.:  i       _    ,, ,,` 1 :.      ただ䞍人気お姉さたが共有だったほうが安党
   /  l  ボ                  | .:.:.:.
   ミ:、  ,′.:.:.:.䞶、            _ . .:.:.:.     ベストは乳酞菌ゞャンキヌお姉さた
     ボ /   .:.:.:.:.:.:.お圊ュz=圡'".:.:.:.:| .:.:.:.:.     (狐疑惑完党払拭できるし)
    `ヌ __;.:≊䞉=く`' ̄ス.:」_:.:.:.:.:.
     / 「 rt―ィ  , Yく及 i   ̄šニ
.     /   " `く ,.ィ/ }≠く |!  r: _r-ミ
   ,′ 〈二ミ:  šŽボ./ボ√Ž  `" ,ィ䞉圡」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「党郚吊れる気がするから困る
少し狩人っぜいのは薔薇氎晶だが」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ匟者抜いおこないなら真狂目もないでしょう」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「真玅が空気だな」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「しかしグレヌの発蚀が薄くお守れるずころが芋圓たらないのはどういうこずなのだわ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「薔薇かハンマヌかしらねぇ」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「   , .-=- ,、
 ボr'._ r.'   ',
 //Y. , 'Ž ̄ボ
 i | äž¿. i ノ '
 ボ>,/! ミ(i. ヮ   真玅吊りたいかしらヌ
   -(kOi∞i぀ 
      ,,( ),,
.       じ'' 」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「たぁ、私ずしおは共有を削りたい」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「私が吊れる可胜性もありたすけどね。
狩人日蚘は甚意したせん。
あの発蚀しおおいお、ガリオン抜かれる狩人はおりたせんでしょうから。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「匟者が俺にすげヌ喧嘩売っおる占い方した気がする」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「叞什塔は残したくないわぁ」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「流石に囲い䜍眮は噛んでくれたらラッキヌなので護衛できない」
¢¡åŒŸè€…(¿Íϵ)
「護衛がある気はするが、了解した。
共有を削ろう」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「              ,  -‐─‐- 
           ,. 'ÂŽ, '"ÂŽï¿£~   `ボyr
        く⌒ボy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _, :|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
        ノ:l:|:.:.⊥:|┌|: .:::::| .:l::::く
     //.:.l:|:.:. |:./_l /  V.:.:/
        / / Vい, _   {Ⅹ}:.:./   たあ、噛たれお死んだほうが色々楜なんですが
       ノ / .:.:.:V ボ  ̄    `く/
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ボ ' ' '   ' ' ' ボ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__ ‐_. む:i .:.:.ボ  倚分盞手はもう狩人抜きすらしおこない
        / .:.:/.:.:.:l:/ノ   VŽ `1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ボ  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `‐‐く(公)-む ボ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `YŽ j    .:./
     V.:.:.:.:./::八    {      j  .::l /」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 金糞雀 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €¿€Á¿Íϵ€Ï 金糞雀 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡åŒŸè€…
「おはよう」
¢¡é‡‘糞雀
「死䜓なしかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはよぉ」
¢¡å…„者
「ドヌルズむかしばなし かなりあ

むかしむかしあるずころにかなりあずいうそれはう぀くしいおなごがおったずさ
それはもうたいそうう぀くしく、たちをいけば「かなりあたじぷりおぃ」
ず、かけごえがたえなかったそうじゃ
あるずきかなりあはお぀かいにでかけるずそこでいきだおれおるこどもをみ぀けたずさ
「えヌんえヌんおなかがすいたよう」
かなりあはかわいそうにおもいもっおいたたたごやきをわけおやりたした
するずどうでしょう、こどもはすくすくずせいちょうし立掟な豆の朚になりたした
かなりあはよろこんでのがっおいきたす

するずそこには     埌半に続く」
¢¡é‡‘糞雀
「狩人ず狐のどっちかがただ生きおいるかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「霊胜結果は」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「GJかな」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「朝日が劬たしいわ劬たしいわよ
圹職すればいいじゃないパルパルパルパルパル」
¢¡çœŸçŽ…
「おはよう、ね
誰か玅茶を淹れお頂戎」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。
人狌退治の時間がやっおたいりたした。
圹職はをお願いしたしょう。

さお、霊胜結果が気になりたすね。
ここの結果次第で今日以降の動きが決たりたす。」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす デコ磚き二日目にしお、
遮光サングラス抜きだずキム姉さたのおでこを盎芖できたせん
真倏の日差しっお本圓に匷力ですね」
¢¡å…„者
「死䜓なしか、GJか狐噛み

倚分圹職狙いでGJか」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「カタパルトんたちなんだが」
¢¡çœŸçŽ…
「死䜓無し、霊胜はどうなのかしら」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「星熊勇儀をカタパルトに茉せお敵スタックに突撃したずころ、結果は◯だぁ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「死䜓なしね
どっちかは分からないけどいいこずよ
パルパルパルパル」
¢¡é‡‘糞雀
「霊胜おっそいかしら」
¢¡åŒŸè€…
「兄者、流石にひらがなはカナリアをおちょくっおないか  」
¢¡å…„者
「○だから、匟者は狌確定ず」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 おはようございたすノ」
¢¡é‡‘糞雀
「じゃあ、ロヌラヌかしら」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「はヌい。今私達の目の前には遞択肢がありたす
䞭玚村人吊るか匟者吊るか」
¢¡çœŸçŽ…
「ここで●ずかなら結果隠しありうるわね
匟者に真目が残るかもしれない」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
咲倜さんにお返事、正盎、わからない、ずいうのが貎方の感想
でも返事によどみないから、吊りにいくこずはいたんずころ考えないこずにした咲倜さん」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「死䜓無し。か狐か。
なら狩人は遺蚀をお願いしたしょう。
どちらかずいうず、霊胜鉄板ず芋たすから狐噛みの可胜性の方が高めでしょうか。」
¢¡å…„者
「童話だから仕方ないだろう匟者」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「匟者は占いする気も無いみたいだし
隙り確定ねず思ったずきには霊胜があったわ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「んじゃ、匟者、十六倜咲倜、真玅、䞭玚村人を吊らないか」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ふヌん、霊胜結果○
んヌ 」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 今日霊胜結果どうなるかわからないけど
氎銀燈(65)  「あず、星熊●だったら私吊りなさぁい
私は村だけど、䞍安芁玠は残したくないでしょう」
氎銀燈(43)  「星熊吊りには賛成、ただし○だったら吊るのは䞭玚がいいわぁカタパルトン
これいえちゃっお●だったら私貎方吊れない、◯ならんヌどヌだろう
」
¢¡é‡‘糞雀
「隙りを続けるこず攟棄しおいるのでしかたが無いかしら。」
¢¡è–”薇氎晶
「10回ぐらいコピペしおやっず挚拶できた 。
さお死䜓なしですか キム姉様が守られおおGJなら
䜕も情報が揃わないのでそれ以倖であっお欲しいですね」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「䞭玚吊りたいわねカタパルトン
真莋぀いおの噛みに芋えるのだし」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 ハンマヌブロス 「䞭玚村人真が抜かれたず確信しおる可胜性がある、ひゃっふ
普通そう考えるだろう」

぀たり確信しおるず認めおるいうこず占いが噛たれたずきに
即真抜きず確信それは「普通じゃない」」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ちなみに、吊りたい堎所は ハンマヌブロスず咲倜
匟者のぱるぱる占いは䞻に私に喧嘩うっおる気がする」
¢¡çœŸçŽ…
「○ じゃあ狐噛みかしら
告発あればどう匟者

ずいうか昚日の態床で真目あるず考える方が間違っおたのだわ
お寿叞ずかいうし」
¢¡é‡‘糞雀
「面倒だから先に砎綻占い吊るの先かしらカナに埓うかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「○なら狌3残りかしら
ず、するず狐探しず芋たいわねぇ」
¢¡åŒŸè€…
「ちぃ、ここで死䜓無しか。
面倒だ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ずなるず、匟者が狌で間違いないですね。
私自身ずしおは、䞭玚村人は発蚀を芋る限りではちょっず残しお刀断したい䜍眮ですが。

私ぞの぀っこみ具合はあたり吊り先を探しおる人倖目には芋えたせん。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「た、ドクオ投祚だったしな俺は
だが俺は人間だぜカタパルトン」
¢¡å…„者
「そうだな、狌に結果を聞いおみれば䞀番早い
嘘を蚀う可胜性もあるがな」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「1197531
3吊り」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「面倒だからっお理由だず埮劙だけど
砎綻占いをさっさず吊るのね
分かったわ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ここで圹職噛みする玠敵な狌ずか居たらお䌚いしたい
私ならやる」
¢¡çœŸçŽ…
「ふヌん、疑い返しではなく私はあなたが吊りたいのだけれどねハンマヌブロス
芖点が村ではないのだわ」
¢¡è–”薇氎晶
「3W生存のたた進んでたすし 確実な手を先に行うべきです」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「そりゃそうだ匟者をたず凊刑」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
倧事な事だから回蚀う
ハンマヌブロス 「䞭玚村人真が抜かれたず確信しおる可胜性がある、ひゃっふ
普通そう考えるだろう」

日目に占いが噛たれたずきに
即真抜きず確信それは「普通じゃない」」
¢¡é‡‘糞雀
「正盎、生きお朝迎える予感がしなかったかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「いや、4吊りかしら
んヌず、ポゞ的に残せないのは私ず䞭玚
なのでここ2吊り䜿いたいわねぇ」
¢¡çœŸçŽ…
「たあ遺蚀で告発でもしおおいおくれればいいのだわ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「狐噛みで非狐を告発なんおしたら狌の銖が絞たるだけだよ

え、いや、ドクオ投祚だったずかじゃなくおなんか芋えないから吊りたいハンマヌでもなんかちょっず思い盎しそう。」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ハンマヌブロスず䞭玚は吊りたいわ
䞭玚は噛みから芋お真莋぀いた噛みに芋えるので、真莋䜍眮だし
ハンマヌブロスは真ぬかれず確信しおるあたり
だけど吊りきるには䜙裕が無いのでどっちかだけになるわね」
¢¡è–”薇氎晶
「ずいうか キム姉さた、面倒だからじゃなくお
本気で知的の䞀欠片があるような支持理由をお願いしたす 」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「
吊りが増えたから床グレランを挟むのも぀の手段かもしれたせんけどね。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「䞭玚村人がどうしようもなく人倖な発蚀したくりだな  」
¢¡åŒŸè€…
「>仲間ぞ
今日の噛み先は事前に蚀ったずおりだ。
倉曎はしおいないのでよろしく。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「銀ちゃんの村アピ攻勢が蟛い、蟛いです  」
¢¡çœŸçŽ…
「寧ろ狌に噛たせたいず思っおいるのだけれど氎銀燈
グレヌの発蚀みおもそこで2人倖なら負けでいいくらい他が埮劙なのだわ」
¢¡é‡‘糞雀
「朜䌏狌が遺蚀残しおくれる事を期埅かしらカタパルトン
の霊胜結果みせたら玠盎に信じおも良いのかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ブレヌはどれもこれもかしらねぇ
ハンマヌはちょっず信甚しおいいかしらぁ
疑問質問がそこそこあったの圌だけ」
¢¡è–”薇氎晶
「たあ、あくたで圌は䞭玚であっお、䞊玚村人じゃありたせんし ハンマヌブロスさん
」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
氎銀燈はならたず自分から぀られお芋せおくれ
そこで過「剰に自分吊っおもいい」ずいうなら
お前が◯なら私が吊られおもいい
䞍安になっおきた」
¢¡å…„者
「狌はもうグレヌ噛み難しくないか
狭たったら自分を銖絞める事になる真玅」
¢¡çœŸçŽ…
「だからこそ人柱発蚀はやめお欲しかったのよ」
¢¡åŒŸè€…
「銀様最高、カナリアプリティ、真玅埡寿叞、ばらしヌすばらしヌ」
¢¡é‡‘糞雀
「狌芖点、狐吊らせるこずは自分の吊り逃れにもなるので考えおおいおくれるず嬉しいかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å…„者 €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŒŸè€… €Ï 金糞雀 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž­çŽšæ‘人 €Ï 匟者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「グレヌから吊りは厳しいかしらヌ」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「兄匟で争うなどしおはならなかったのだ  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「さお、ですね。
狩人探したしょうか」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「おめぇ匟ぉぉぉぉ
かなりあんの癖にカナリア投祚ずか」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「ここからGJを無理には狙わない」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「匟者はお疲れ様です」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「                  ボ-―-  _
                  |     ボ、
                 {, 'Žい  //⌒ボ   
               /  ム {_r行⌒ボ   
                   'Ž ボ、V_圡. ノ    l
               ノ ,  ミボ _圳    |
                  xxï¿£xx  _V    l     l
            lr‐1         》⌒!    /
            ボ/7┐ ミ==圳_,ノ      /
            _r/ /     r'⌒ボ、 
         __/'ÂŽ äž¿r{ï¿£ _〕仁  
       {{くボ.,.ィ-‐兀/l:―ヘ  ̄- 
   _, -‐'Ž  ||厶|ï¿¢t┮ / /└r,        
  「      l ノ|く rこ7 //{䞉ヲ l       n
        ||ボj‐'⌒7    匞  |     |く
   ボ.     || く ∧   く   ┬.   
      ボ、   |ィ> ノ‐rrŽ       {       
        ||_>く::.ボ. ::         ボ、      |
        |>‐'š,、   ノ          'Ž       |
        /  ,ã‚€Xボ          =        |
          / ┘└、       ィ  ミ、   

たあ、霊界はカナの名探偵っぷりをごらんあれかしらヌ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「倚分かなりあんよね」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「あ、スリヌ途切れおしたた」
¢¡çœŸçŽ…€ÎÆÈ€êžÀ
「霊胜停っお実はなくないけどそれはもうスルヌで」
¢¡å…„者€ÎÆÈ€êžÀ
「狙っおなかったが残念」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「ありがずねぇ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「匟者が初手囲い  
うヌん、しないず思うわね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「噛み先を考えたしょ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「狩人ぜいずころはありたすか」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「氎銀燈村ず芋お
䞭玚ずハンマヌは殎りあいしおるからどっちか吊り」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「真玅、薔薇氎晶あたりは芋えないけど」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「個人的には兄者」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「              __  , -―==--==‐- 、  __
              く必}廎__     _,     .. ≧必}䞉=
          -=ニ䞉竺勹    ̄ ̄    「   ボ ボメ≧≒=-
         ,必ナ /    ,,  / ;   |        ミ
        厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ',   ミ ボ.
            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   ￀   ボ ボ
        〃/  / ! ! ボ、l|  | }|  | |∥ !  :    !    〉 }
         〃/  ,′| | ￀ボ、 ||  ! }i|| |￀  :   ハ     /
        {{..__,′ { { {___≧l|{ }、|| || | }l ,′ . / /  たぷたぷ分が足りない
.        `ï¿¢7メ、  云匌 从メ≪卅从   √/
          ,′} i   l}{戈::::!:::}    ボ≧≪乂i| |ハ  / /    䟝存症状でしょうか、指先が震えおきたした
          ,′ }i  i 从 ///    ///| | ï¿€  y /ハ
         ,'    l/ |ボ、          ナ| |   / / ハ
    ⌒ヌヌ ̄ヌ ̄⌒ ̄ヌ⌒ヌ⌒ヌ⌒ヌ⌒ ̄ヌヌ ̄ヌ ̄ ̄ヌ ̄ヌ ̄⌒ヌヌ
                   。  ゜ ゜。 ゜   」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「兄者かしら。
私は勘が圓たらなくお有名よぉ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「じゃ兄者噛みねぇ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 金糞雀 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「私も、あたり目はよくないので」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「氎銀燈(62)  「ブレヌはどれもこれもかしらねぇ
ハンマヌはちょっず信甚しおいいかしらぁ
疑問質問がそこそこあったの圌だけ」
この誀字わざずらしいかしらあざずいかしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €¿€Á¿Íϵ€Ï 兄者 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「朝日が劬たしいわ劬たしいわよ
圹職すればいいじゃないパルパルパルパルパル」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす デコ磚き3日目
さらに反射ず収束率が䞊がっお 専甚に䜜った明るさを軜枛する逆暗芖スコヌプでも画面焌けが起きたす」
¢¡çœŸçŽ…
「おはよう、ね
誰か玅茶を淹れお頂戎」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。
人狌退治の時間がやっおたいりたした。
圹職はをお願いしたしょう。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはよぉ。
吊りコヌスは昚日提瀺したずおり。䞭玚ず私の囲い疑いで吊るのがいいわよねぇ。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「た、カタパルトンは真霊でよさそうだなこれ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「匟者をカタパルトに茉せお敵スタックに突撃したずころ、結果は●だぁ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳 おはようございたすノ」
¢¡é‡‘糞雀
「おはようかしら。カナリアンがたた䞀人逝ったかしらヌ」
¢¡çœŸçŽ…
「そこ噛むのかしら
昚日は狐じゃなくおGJだった 」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「OK.グレヌが䞀人消えた」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「えヌ 」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ。倉なずころを噛みたすね。
ずいうより、そこ噛みは正盎ありがたいのですが。
発蚀から䞭身が芋えなかったので。」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
蚳ずりあえず
私は釣りたいずころはハンマヌブロス、ここが村ずは考えたくないな
グレヌを芋おないし。村目は真玅、パルシィかな、咲倜さんは、結論はでなかった
安易に村認定できないし恐いのは銀ちゃん
本圓にわからないずしか蚀えないここは
」
¢¡è–”薇氎晶
「珟圚2Wが最䜎存圚しおいお、悪ければ远加で狐もいる、ず」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「昚日匟者は最埌に金糞雀、アンタに投祚しおた
奎はきっずカナリアンじゃなかったんだな」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「パルパルパルパル
ハンマヌブロスが疑い先倚すぎるわ
人も吊りたい所をあげおるのだもの
その根拠を蚀っお欲しいわね」
¢¡çœŸçŽ…
「ずいうこずで吊りたいのは囲いの○より先にハンマヌブロスかしらね」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「
残り吊りでを想定したす。

吊り凊分䜍眮・・・薔薇氎晶、兄者

正盎初日から発蚀内容が芋えたせん。䞀応、今日の発蚀を芋おみたいのですが
もいいですが、疑い先や吊り先が芋えないようでしたら吊るべき䜍眮ず刀断したす。

保留䜍眮・・・氎銀燈、䞭玚村人

狂狌の囲い䜍眮ではありたすが、個人的に䞭玚村人はあたり人倖目には芋えない感じもしたす。
噛たれるかどうかを芋たい。
噛たれなければ吊りを考えたいず芋たす。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「た、いっか。疑っおたずころだし
グレヌ噛んでくれたならそれはそれであり。」
¢¡é‡‘糞雀
「さあさあ、どんどん自分の掚理を口にするかしら
カナはそれ芋おどうするか決めるかしら楜しお指定できるかしら」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「䞭玚村人→真玅ず十六倜咲倜でロヌラヌ、が垌望だな
ただ金糞雀ははやめの指定を」
¢¡è–”薇氎晶
「カナリアンは、キム姉さたの倱態を埋めるために玉砕しおいくものだっお
倉態玳士なお姉さたが蚀っおたした」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「咲倜「保留䜍眮・・・氎銀燈、䞭玚村人」
たずもじゃないな」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
なんおいうか狩人探しっぜくないかな
あの発蚀噛むっおこずは、昚日GJじゃない咲倜さん」
¢¡çœŸçŽ…
「ありがたいのは同意、ね十六倜
そしお私は貎女が噛たれないのが若干怖くもあるのだわ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「䞭玚村人は昚日も蚀ったけど
噛みから芋るに占い真莋぀いおそうで、真莋぀いた䜍眮
残すのは怖いわね」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
狩人目が倚いから
今珟圚非狩人だろうずいえるのがハンマヌ、狩人のそれじゃないし
っおいうか人倖っぜすぎお䜕をいえばいいのかわからない」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「埌は、党䜓の疑い䜍眮を芋たしたが、ハンマヌブロス真玅・パルシィ、ずいう疑い先が芋えたす。
ハンマヌブロスの詳しいグレスケを芋たいですが、ハンマヌブロスが村であるなら真玅・パルシィのどちらかにずいう可胜性を芋たい。」
¢¡è–”薇氎晶
「私のグレスケは 
䞭玚村人氎銀燈お姉さたハンマヌブロスその他完党グレヌ

理由は 䞭玚さんやっぱりどうしおも囲いに芋える」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「んヌあヌれ
誰からも疑われおる雰囲気がないずいうか
空気だったから噛たれたのかず」
¢¡çœŸçŽ…
「あら、私もそれでいいず思っおるわよハンマヌ
発蚀的に、だけれどね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ハンマヌねえ。私はそこ、かなり村っぜく感じたんだけどねぇ

◆ハンマヌブロス  「ガリオン船が狐なら  
普通にあるかその堎合は  
なんでガリオン船か星熊勇儀が襲われおいないんだ
わっ぀はっぷん」

ここでガリオン狐ずか人倖に出来る発想じゃないず思う」
¢¡é‡‘糞雀
「じゃあ、グレランするかしらヌ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「咲倜ず䞭玚村人ずブロスこえヌなヌ
俺パルパル逆転しそう」
¢¡é‡‘糞雀
「ちなみに、党員グレヌなのは圓然かしらヌ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「真玅の理由は䜕なのハンマヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「䞭玚村人
なるほど。ずなるず昚日はの公算が高い狩人探し、ず。
ただ、ここで狩人探しでグレヌを噛むずなるず、実のずころ○もらいを疑いたくなるのですけれどね。

倜の掚理を翻すようで申し蚳ないですが。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「俺の掚理はずっくに披露枈みだぜ
いたはアむスコヌヒヌを颚流に嗜んでいる」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
いや、狩人いる可胜性あるから
指定のほうがいいぞ、この噛みみるずカナリア」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「投祚みなかったのか氎銀燈」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「グレランするぐらいなら、アタシず䞭玚ずハンマヌのランお勧め」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「困ったな
ブロスも逆転しそう」
¢¡çœŸçŽ…
「吊り先ずしおは貎女ず私ず非垞に被っおるのだけれどそこに぀いおはどう思うかしら十六倜」
¢¡è–”薇氎晶
「ずいうか グレヌがあたりに怪しくない 
䞍人気お姉さたなんお本圓に毎日寿叞呌ばわりしかむメヌゞ湧きたせんし」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「ずいう蚳で
䞭玚村人かハンマヌブロスどっちかは吊りたいわ
䞡方残すなんお絶察無理よ
その䞊で、さあどっちず問われたら私はハンマヌかしらね
ベヌグル→真莋぀いたっお可胜性もあったのだし」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「氎銀燈はそこでハンマヌ擁護ですか。ふむ。

今日はずりあえず薔薇氎晶の発蚀を芋お私は刀断。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「げ、ブラりザ飛んだ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「なぜ狂人だった星熊勇儀をほっずいおガリオン船を襲えたのか  
やっぱり自然ず䞭玚村人が狌ではないかず掚察される」
¢¡çœŸçŽ…
「霊胜が生きおいお、ただ人倖飜和には䜙裕がある
グレランするなら今日がギリギリね」
¢¡é‡‘糞雀
「どうせ、狌は霊胜噛めないから狩人保護する必芁性感じないかしら。
ここでカナか霊胜噛みにこれない時点で昚日のはだけど
それなら狐探ししなければならないはずかしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「ひゃっふ
なんで自殺したがるんだろうずおもっちゃう
村アピがすぎるよ、過剰すぎるんだけど・・・氎銀燈」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「◆金糞雀 「じゃあ、グレランするかしらヌ」
あのな」
¢¡è–”薇氎晶
「私の発蚀を 芋お、ですか たあいいですが 」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「たあ、日目の占い結果で狌芖点真莋は぀いおたのよね
だけど日目にさらっず真抜き確定だなず蚀えたハンマヌが怖いわ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ばらしヌは保留

っおかRP発蚀しかみえない 」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ただ、あたりみなの芖界倖のようですね。
薔薇氎晶。
ふむ・・・やはりここを吊っおおきたい気がしたす。」
¢¡é‡‘糞雀
「そんなわけで、ずっずずグレランかしら。村の働きに期埅かしらヌ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「◆金糞雀 「どうせ、狌は霊胜噛めないから狩人保護する必芁性感じないかしら。」
おいおい  」
¢¡çœŸçŽ…
「私もパルスィに完党同意ね」
¢¡è–”薇氎晶
「キム姉さたに知的な刀断を求めないでください、もう頭から煙でおるんですよ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「色芋たほうがいいでしょおお話」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž­çŽšæ‘人 €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 氎銀燈 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†æŠ•ç¥šã«ãªã‚ŠãŸã—た( 1 回目)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡äž­çŽšæ‘人 €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ €Ï ハンマヌブロス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 䞭玚村人 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「ばいばい」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、霊胜に合わせるず思ったかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「明日たでには狐候補を発芋するか぀りたい。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「薔薇氎晶が祚倉え、ず。」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たさか、こんなカナを護衛する狩人は居ないから。
霊胜鉄板だず思う狌はチャレンゞはできないかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「あ、パルスィいたのね。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「今のずころパルシィず薔薇氎晶が村芖点ではやや芖界倖。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「どヌかなヌ。さお」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「ん」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「私から、ね。」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「䞭玚先吊りね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 金糞雀 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狩人死んでいおも霊胜をかたせなくするカナの策が炞裂かしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「真玅もね」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んふふ、たっぷりあなたたちの蚀動ず投祚を芋させおもらうかしら
珟行䞍䞀臎はいないかしら
あず、どうせハンマヌあたりのこせないしほっずいおもそこが吊れるかしらん」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「
     厂               /
        >'             _ハ__/_
     /     -蟷=- ..__匕Ž1爪-
     , ′  _」匍≧Α⌒YYŽ /ÂŽ
   〃Ž { ,.小、/ ,斗孑|   `’ ミ廎し:ノ    私が吊られるわけないじゃないですか
.    _人_ Ⅵ.:ミ: 匋.!       `ヌ ヘ
.   YŽ / ! jゝ  š       XXX "
        // | li }i XXX              か぀お狐ケア察象が服を着たような存圚ず蚀われた人ですよ
.       //   ! i! :.      △
      //   il l  䞶、         . ã‚€
.     //   j} :   i =- . __ .≊圡': :
   〈〈    ,′: _| ボ: :≧く⌒': : : :
    ボボ  /   /ÂŽ: : ̄š:ゝ: : : く{ボ_: : : :
      √  , ′: : : : : : : : :..:..<Y" {.:_: : :
    __ ..〃: : : : : : : : : : : : : ミ{:..Ž: : :
」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「この3択でいいず思う。
そろそろケアしたいもの。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「噛むならパルシィでしょうか。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「パルスィ。狐あるならこっちかなあ 
ばらしヌは䞋流に芋える」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「ブラりザ消えおログ飛んだんだよなあ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「うあヌ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「困っちたった」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「ではパルスィで
噛みは私やっおいいかしらぁ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「家の窓の盎ぐそこに雷が  」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス€ÎÆÈ€êžÀ
「玠村だ
━━━━━━━━━━━━━━
ドクオ投祚者リスト

俺、ハンマヌブロス
霊胜者、カタパルトン
吊った、できない子

グレヌ、真玅
グレヌ、十六倜咲倜
━━━━━━━━━━━━━━
ちなみに俺は匟者の投祚先なんだがそれに぀いおはどう思う
もちろん身内切り投祚疑うのもわかるがそりゃちょいずした奇策の類だろ
た、俺のこず絶察狩人でないず思っおの投祚かもしれないがな
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
䞭玚村人  星熊勇儀の○
金糞雀  共
氎銀燈  匟者の○
十六倜咲倜  
薔薇氎晶  
氎橋パルスィ  匟者の○
ハンマヌブロス  
真玅  
カタパルトン  霊
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆身代わり君
▌ドクオ  霊胜の○
☆Cガリオン船  占
▌できない子  匟者ず霊胜の○ 星熊勇儀の●
☆やる倫  共
▌星熊勇儀  占
▌匟者  占  霊胜の●
☆兄者   決定者村人
」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ€ÎÆÈ€êžÀ
「パルパルパルパル」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ(¿Íϵ)
「130で噛み」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「ええ。どうぞ。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン€ÎÆÈ€êžÀ
「䞭玚村人をカタパルトに茉せお敵スタックに突撃したずころ、結果は◯●だぁ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €¿€Á¿Íϵ€Ï 氎橋パルスィ €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é‡‘糞雀
「さあ、朝かしら」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「た、䞭玚村人凊刑ならたず霊胜は生きおいるだろうが  」
¢¡çœŸçŽ…
「おはよう、ね
誰か玅茶を淹れお頂戎
あず狌目だず思うなら昚日吊る必芁なかったず思うのよね䞭玚
ずいうか真停付きなら氎銀燈じゃないのかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはよぉ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「䞭玚村人をカタパルトに茉せお敵スタックに突撃したずころ、結果は◯だぁ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「ずおも狌くさい遺蚀だな」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「  たじっすか䞭玚村人」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。
人狌退治の時間がやっおたいりたした。
圹職はをお願いしたしょう。

残り吊り。今日の霊胜結果を芋たいですが。
正盎、初日からの発蚀のやり取りの感芚で、あたり䞭玚村人は人倖には
芋えなかったのですけれどね。」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす 本日でデコ磚きも4日目です
お姉さたの額に乗っけた保冷剀が、䞀瞬で溶けお沞隰、砎裂するんですが 䞀䜓䜕床あるんでしょう」
¢¡çœŸçŽ…
「パルスィ噛みねぇ
GJだったのは確定っぜいわね」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「んヌ。狐探しおる」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「完璧に予想倖だ
脳みそがフリヌズした」
¢¡é‡‘糞雀
「んヌ、なかなかキツむかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「おはよぉ。
今のずころの芖野倖は薔薇氎晶、パルスィ、真玅が芋えない。
咲倜、ハンマヌは最終日たで残したいかしら

この䞭では薔薇氎晶がちょっず臭いかしら
RPばかりなのよね 昚日の私投祚はたあいいけど、なぜ䞭玚にしたかは理由聞きたいかしらぁ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「どヌすっかな
兄者パルパル噛たれお真玅噛たれおない謎」
¢¡è–”薇氎晶
「んヌ、䞭玚さんずハンマヌさんにちょうど二分されたしたよね」
¢¡çœŸçŽ…
「狐だったずも正盎思えないのよね
氎銀燈より優先しお吊りに行った人は䜕を考えおるのかしら」
¢¡é‡‘糞雀
「たあ、ハンマヌは狩人ならするかしら。
ヘむト集めすぎおおどう頑匵っおも吊られる未来しか芋えないから
しょうがないかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「7531
●が1぀。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「䞭玚村人○ですか。

なら、今日は氎銀燈吊りを提案したす。
囲いの○を片方吊った以䞊、もう䞀方を残すわけにはいきたせん。
個人的には非垞に䞍本意な昚日の吊り結果ではあったのですが、囲いを朰した䞊で、グレヌの䞭から人倖を考えたい。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「で、咲倜が党然みえない
なんかハンマヌず咲倜二人で残そうぜ。ずか思う。うん」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「玠村だ」
¢¡çœŸçŽ…
「私なんお共有に投祚されおるじゃないカタパルトン
そもそもそんなに村目だず思っおないけれど」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ず、いうわけで、もう吊られるわけにはいかないわよ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「かたれおくれねぇ 狐疑いでハンマヌ」
¢¡é‡‘糞雀
「氎銀燈、真玅、ばらしヌ吊っおカナがアリスになれば倧勝利の啓瀺が来おいるけど」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「日目の俺のケツに投祚しろは狩人など保護だったんだぜ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ハンマヌよりは薔薇氎晶」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「狐生存だず䜙裕ねヌんですよね
䞭玚村人が狐圓たりだず超愉快なんですが」
¢¡è–”薇氎晶
「それキム姉さたあたり抜きで。
どっちかが狌どっちかが狐、狌の祚が片方に乗っかっお真っ二぀になったような気が」
¢¡çœŸçŽ…
「ん、その提案は非垞に理にかなっおいお捚おがたいのだわ 十六倜
ハンマヌは䜙裕があるずきに吊りたかった」
¢¡é‡‘糞雀
「議論が掻発なのは良いこずかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「真玅
狂の勇儀の初手○、ずいう理由でしょう。

ここでパルシィ噛み、ずなるず・・・真玅村目、ハンマヌがやや狌目にはなりたすが。

ずいうか、氎銀燈残す遞択肢がこうなった以䞊ないず思うのですが。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ずころで銀ちゃん
ログぶっずんじゃったんだけどさヌ
自分吊り切りも含めた吊り提案しおなかった」
¢¡è–”薇氎晶
「無駄吊り 1回できるんでしたっけ
今たで吊った人に絶察狐がいるずいうなら甘んじお受け入れおもいいですが」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「私぀りは反察させおもらうわ」
¢¡çœŸçŽ…
「仲良くする遞択はないのかしら カナリア」
¢¡é‡‘糞雀
「やっぱり、ドヌルズロヌラヌしたいかしら反察する人居るかしら」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「もう俺、唯䞀の非女性であるカタパルトンずトむレでよろしくやっおくるわ」
¢¡è–”薇氎晶
「真噛んだず埌日刀断できたずすれば、銀姉さた怪しいんですけどねヌ、すんごく」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「なぜ急に手のひらを返したすね。氎銀燈」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「うん
ずっず自分ず䞭玚含めた吊り切り提案しおたのに
䞭玚◯だった堎合の展望もっおなかったの銀ちゃん」
¢¡çœŸçŽ…
「䜕でここにきお反察明日人倖飜和があるからかしら氎銀燈」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「残せないずころでしょ
私は䞭玚狌あるからリスクを承知で提案したんだけど」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「いやあああああああああやめおえええええええええええ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「もはやさっぱりわからん  」
¢¡è–”薇氎晶
「キム姉さた 流石自称頭脳掟 汚い、自分は高芋の芋物ずか 汚い」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 氎銀燈 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 氎銀燈 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 氎銀燈 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン €Ï 氎銀燈 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「おねヌさたは残念だったかしら。」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「やっぱり真玅ずばらしヌで良いような気がしおきたかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「さお」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス€ÎÆÈ€êžÀ
「ああ  次はカタパルトンでションベン発射だ  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「氎銀燈は申し蚳ない」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ハンマヌも正盎吊りたくっお仕方が無いかしらヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 金糞雀 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「でも吊りが足りないかしらヌ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス€ÎÆÈ€êžÀ
「ものすごい嚁力で発射されおいるな  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「狩人は確定で生存。出させたしょうか」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス€ÎÆÈ€êžÀ
「連射性胜もたずたずだぜ」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、カナ噛たれるタヌンだから明日の指定ずか考える必芁が無いかしら。
なんお、楜な仕事かしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「真玅か薔薇氎晶狩人。どっちが狩人かず蚀われたら薔薇氎晶」
¢¡é‡‘糞雀(¶ŠÍ­ŒÔ)
「さくや、ハンマヌが䞀番おっかねヌかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「ただ、狐ケアだず私が吊れそうな気配が濃厚ね・・・どうしたしょうかしら。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス€ÎÆÈ€êžÀ
「撃ち出す匟の回転具合もいいぜ
これがあるから軌道が盎線からぶれにくいんだ」
¢¡è–”薇氎晶€ÎÆÈ€êžÀ
「
                                     , - 
              Ž          ボ∧              ボ
       〈ボ                  i 》 〉__     , '      
       ∧ /               䞶l /!           
    匋ヌ‐ - ,ボ/                ボ'ボゝ      :',     ノ
      ボ__ /                        ‐--‐'ÂŽ
         〉      }     i   / / /  i . !       ∫
  ⌒       / /|     !{    |ヌ-/-/! /!  /  i|  
 ,  ,, )   / /iミ!   、   ! (f必}_〉/!、/    }     もう、青くなりたしたよ 
.       / /. | |  i !!==、ミi   ゞY//  !    |       狐死んでないなら私吊ったら絶望村か壊滅ルヌトです
  ∫   / /  i' !V匋     ::::::ミ-‐'{  !.   |   
       / /   〉 √ボ!  :::::::::    u   》 _,, ⌒ボ、 /    !  
  ⌒ .  i  |   !ボ         U /     |   / /   銀姉さたの発蚀は、3-1で霊胜刀定停を疑うのに
      ,. !       -`ŽŽ   u     !      |   / /
      ,'  / /|   ,Ž ̄ ̄ Ž   ,          |ボ     ! / /    それ以倖の箇所を吊ろうずしおるように聞こえたすからね
     ボ、                     ̄   ÂŽ  ̄ `   
         ̄     二䞉   ≡= -   ‐-  ニ䞉   ノ
」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(¿Íϵ)
「真玅狩人なら、薔薇氎晶吊りも芋えたすが。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €¿€Á¿Íϵ€Ï カタパルトン €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 8 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡çœŸçŽ…
「おはよう、ね
誰か玅茶を淹れお頂戎
氎銀燈は意芋翻しで吊るしかなったのだわ 」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「人間か劖狐を吊ったような気しかしないのだが  」
¢¡çœŸçŽ…
「狩人CO」
¢¡é‡‘糞雀
「止めるかしらヌカナのこすなかしらヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす。
人狌退治の時間がやっおたいりたした。
圹職はをお願いしたしょう。

え・・・霊胜噛たれ、ですか。」
¢¡çœŸçŽ…
「真玅の倧人気狩人日蚘

初日 守れないのだわ だわわ 身代わり君は犠牲になったのだわわ 

二日目 護衛星熊勇儀 噛たれCガリオン船

䞉日目 護衛星熊勇儀 噛たれやる倫

四日目 護衛金糞雀 噛たれ無し(護衛成功)

五日目 護衛金糞雀 噛たれ兄者

六日目 護衛金糞雀 噛たれ氎橋パルスィ

䞃日目 護衛金糞雀 噛たれ
―――――――――――――――――――――――――――
以䞋名探偵の考察なのだわ

二日目
ガリオンは信甚がマッハ、匟者も察抗1を埮劙ずいうのはよくわからないわね 
ずいうこずで消去法だけど星熊勇儀護衛、霊胜は噛んでこない気がするのだわ

䞉日目
なんずなくベグっぜいわね
できない子の反応も埮劙だし、霊胜は噛みに来ないでしょうから継続護衛しおおきたしょう
共有抜きならごめんなさいね

四日目
本圓に共有抜かれたのだわ だわわ 
倉態護衛したいけのだけれど 
結論護衛したくなるようなグレヌが暫定○のみ
なので共有護衛

五日目
これは狩人いるかどうか確認に噛みにきた感じかしらね
もう霊胜は噛たせおもいいず思っおいるので共有護衛続行で

六日目
指定しないずか 
霊胜噛めないどうこうより蚌明手段を持っおる○を吊ったらどうする぀もりよ金糞雀 
しかも貎女だけ私に投祚しおるし 護衛継続するけど 

䞃日目
霊胜噛む狌なら知らない
盞倉わらず投祚されおるけど共有護衛続行」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「氎銀燈が遺蚀なしで霊胜が抜かれおいる  」
¢¡è–”薇氎晶
「おはようございたす デコ磚き5日目。
日焌け止めがそろそろきれそうです でもきっず明日はやっおくる。
無胜なフリしお土壇堎たで蟿り着かせるのがキム姉さたですから。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「真玅狩人。察抗はいたすか」
¢¡è–”薇氎晶
「あず キム姉さた、私のお父様はお姉さたず違っおロヌれン様じゃないので
厳密にいうず、私は倚分ドヌルズロヌラヌ察象倖になるのですが」
¢¡é‡‘糞雀
「察抗居るのかしら」
¢¡çœŸçŽ…
「狌に霊胜噛む利点あるかなっお思ったけど噛んで来たのだわ だわわ 」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「䞉日目 護衛星熊勇儀 噛たれやる倫
たじか」
¢¡é‡‘糞雀
「真玅狐はありえるから刀断に迷うずころかしら」
¢¡çœŸçŽ…
「共有GJだから狐把握はしおないわ
しおたら告発来おるでしょうけど」
¢¡è–”薇氎晶
「倧人気お姉さたの日蚘からするず どうやら狌は狐を把握しおるようですね」
¢¡è–”薇氎晶
「っお、詳现じゃなくおマトメ読んだら護衛成功ですか」
¢¡çœŸçŽ…
「だっお私できない子黒いずおもったし星熊真目で芋おたんですものハンマヌ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「四日目 護衛金糞雀 噛たれ無し(護衛成功)
  わからんでもないが  
霊胜GJが自然だよなあ  

ずはいえ、人倖ならこのタむミングの狩人が埮劙なのも事実」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「察抗がいなければ、真玅が真狩人でいいでしょう。
そうなるず、ここで霊胜噛みは䜕か、ずいうこずになりたすが。」
¢¡é‡‘糞雀
「んヌ、じゃあ。ハンマヌはやっぱり吊っずくかしらぶっちゃけどこでもいい気がするかしらヌ」
¢¡è–”薇氎晶
「敎合性が埮劙な曞き方しないでください、倧人気お姉さた。
わたしたちには、もう勘違いしおすっずがけおる時間もないんですから
」
¢¡çœŸçŽ…
「ずいうかい぀から遺蚀残せずか指瀺だしおなのだわ・・・
私が聞いたらモロバレなのだわ・・・」
¢¡é‡‘糞雀
「あそこででたならカナしかないかしら。
あのタむミングは霊胜安定ず誰もが考えるからカナ噛みは実行しやすいかしら」
¢¡è–”薇氎晶
「それにしおも 本圓にキム姉さた護衛成功ずか、すごく残念ですね
どこが狐か狌も把握しおないオチが本圓になるなんお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「んやる倫は共有ですよね
間違っおはないず思いたすが。
なんで霊胜護衛しおないのかは少々疑問ですが・・・金糞雀でなら、たあ、噛み筋から考えお共有連噛みした、ずいうこずでしょう。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「◆金糞雀 「あそこででたならカナしかないかしら。」
どういう思考法」
¢¡çœŸçŽ…
「䞀応W残りはあるから指定しお頂戎共有」
¢¡é‡‘糞雀
「グレヌ噛むにはただ早いかしら。あのタむミング」
¢¡è–”薇氎晶
「ずりあえず お姉さたたちを信甚しお、
私はハンマヌさんず咲倜さんを吊ればいいだけです。
問題は順番だけ」
¢¡é‡‘糞雀
「じゃあ、指定しろっおいうなら咲倜かしらぶっちゃけ、
自分は空気の逆に行く乙女かしら」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é‡‘糞雀 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「氎銀燈か䞭玚村人が狩人くさくあるな  
あヌこりゃ負けたくさい」
¢¡è–”薇氎晶
「私の勘では、初期に村の男性から祚を貰おうずしたハンマヌさんが
どちらかずいえば狐目なむメヌゞがありたすが 誀差の範囲ですね」
¢¡çœŸçŽ…
「LWCOずかあるかなず個人的に思ったり十六倜」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「金糞雀
残りを想定するならハンマヌブロス吊り
霊胜噛みをあえおやった色隠しを芋たいならハンマヌは今日はずりおくべき。

その堎合、私ず薔薇氎晶でラン、がよいず芋たす。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è–”薇氎晶 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 薔薇氎晶 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
[村人勝利] 村人たちは人狌の血を根絶するこずに成功したした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ çµ‚了時間2010幎7月26日20時35分
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「おっ぀かれヌ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「あれヌ」
¢¡åŒŸè€…
「埡疲れ様だ。」
¢¡å…„者
「金糞雀たじ名探偵」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「たじっすか」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「いいんじゃなぁい。勝ちは勝ち」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「おっ぀ヌ
狩人さたさた勝利」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「お疲れ様よ」
¢¡çœŸçŽ…
「お疲れ様、やっぱりね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「お぀かれさたぁ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「凄い逆転したくった俺間違いない
ばらしヌ 可愛いからいいじゃん」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「やるな、金糞雀  」
¢¡ã§ããªã„子
「お疲れ様。
なんか村䞍利だず思っおた勝っおる。䞍思議。」
¢¡é‡‘糞雀
「                            -─   ̄ ̄  ヌ-
               二ニ_                   、
                      〈ト ̄ヌ-、 _「ボ,.ィ      ボ
                /         __ ̄ヌ_ï¿£|      }_,むボむi|ボ,
            | /     〇      j   ヌ- l ̄  f⌒-u┐人 ,_  ' 7
            |f          / /        〈  (⌒   7〈 倧  ボ
            |{            〈 /           fi 仏 √  } 「
                         Y -    ─    ̄{{ {入> [,  |
                            |          ï¿£7  〈 ::::X_䞉「::::〉r'' 「 ;
                           l              ï¿£| ボ//:::| |::|√ ボ! /
       _            '.j   __j,,、└┐l::::::! l::√ ̄   ∧_
     | ̄ ̄ ̄ ̄i___          ミ Y ̄   Žš ̄ ̄,.  └l::::::/|::::〉     
__|       |⌒i|_____.〉ボ { ''     ''' ''' 「二䞉'ÂŽ/ ̄   ̄ ̄ x
      |     | ∥       ) ト人       「䞉䞉ミボ  ボ         ボ
       |      |_〃          ̄   .-_T|    r‐_ミ〉〉. /            
.       └──┘              (   √ ̄ ̄ゞ_Y ̄                   
                              ̄⊆⊃   ⌒ミヘ / /                  ボ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ }/ /                    ボ

カナにかかれば 䜙裕かしら むにゃ」
¢¡ã‚„る倫
「お疲れだお。たヌなんずいうか  
正盎勝おるず思わんかったお」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「あそこで霊胜護衛倖しおなかったらやばかった」
¢¡å…„者
「お疲れ様だ
匟者ず袂を分か぀事になるずは思わなかった」
¢¡è–”薇氎晶
「
    /     / / /  l |              ! ! l  Y  ボ
   ' / !    / / ! / | ./{i}  /!l |  l |   l    .
  / ト.l i! ∧ /斗 ≠十 l   }! / |≧=+-/ li ! ,.!  . !ボ
    !  l! | i  |   l     !/l|  l{/! /i |! l| / !  .小l|
  ,'| / i!∧! ボ   ミ|      l!  /:`-}{l/ノ_}ハ Y!/ l / |   ボ ボ
, ' l从 |     侉侉侉侉侉  ボ /:::::{ YÂŽ__,./|  √ ! /   
  / / U                ボ:__],.ノ::/ !  i!      , Ž }
   /‐                      _,.く     八       , Ž
'  /--'                        }   ボ- ‐ ÂŽ ノ
 / :` ヌ‐    ∪    -     _            U      |Ž ̄     ああ、やっぱり狌飜和で敗北・・・・・・あれ
, ′: : :,: :        `‐ 'ÂŽ  ヌ‐ '      /    }
 : : : : / :  䞪          ' '       .む /    
//: : : :/ : : i! : : : :               . : /: /     |
,:': : : / : : : :|: <ï¿£ └ `   __ ,. -_= Ž-:/: /      l
: : : / : : : : :| : _    `'⌒ボ `く_ _,∠、:'      |
 ̄ ヌ  :.:.:.:.ボ、      〉      l      l|」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「氎銀燈は村に芋おたから
すっごいき぀かったわ
金糞雀の目が劬たしいわ劬たしいわよ
パルパルパルパル」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「申し蚳ない。正盎、自分を最終日に残すプランが思い぀きたせんでした。
むしろ出るず思ったんですが。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「みんな圹職臭すぎおなんずもならないわぁ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「はっはっは、ケツから掚理が逆流しちたったぜ」
¢¡ã‚„る倫
「いや、狌飜和はねヌおばらしヌ」
¢¡ã§ããªã„子
「霊界で芋おお、そうなるず思っおた薔薇氎晶
ちょっずびっくり。」
¢¡Cガリオン船
「お疲れ様でした」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「そんなこたぁヌないぜ
䞭玚ず氎銀燈吊り切りは考える。村アピ攻勢が匷すぎおな
そうなるずブロスず咲倜でWはないから、あヌ。狐察策するならそこでいいやっお気分やる倫」
¢¡çœŸçŽ…
「霊胜護衛GJだったら私狐説だったかしら䞭玚村人」
¢¡åŒŸè€…
「感想ずしおは灰噛み過ぎたかな
それくらいか。䞭玚村人を先に吊れた時点で灰吊りプランは間違っおない」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「うヌん
それ以䞊に、咲倜が挂癜する真玅」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「死䜓無しが出るなら狩COするなっお宣蚀しおた」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「                    ──-──  、
                     .            
                             ボ
                                      匟者はよく金糞雀の語尟が駄目っお話しおたわね
                   /   /     |         カナリアンじゃないから負けたのかしら
           む/    䞁 7    7フT    |
                .| |    ┿┯┯ l  ┯┯┿ l   |
              √ | | └┘└┘│ | 䞶
                  l |          l /     
             /     V   rっ  . /     〉
               .       _l'  む       |
              .| | _,〈 }ï¿£} ̄ }__ |
                 _, :く∧/  :::ア > ._
                く: : : :√ノ  }:/√: : : :7、
               ': : : :'く::::::/√ : : : / 
                : : : √∧√√: : : :/  」
¢¡åŒŸè€…
「逆に考えるんだ兄者
オレは銀様 兄者はカナリアの元に集ったのだず」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「ああ、やっぱり狌飜和で敗北・・・・・・あれ
同感だった」
¢¡é‡‘糞雀
「ドヌルズロヌラヌず蚀っずけば氎銀燈吊れるので
アレは実質氎銀燈指定だったかしら(じゃあ、お前の真玅投祚は䜕打ずか蚀うなかしら
狩人ぞの反応でハンマヌ村が芋えたのが決めおかしら」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「そヌかね  そヌかな䞭玚村人」
¢¡ã§ããªã„子
「みんな圹職目に芋せおいいず思うわ 
玠村PRはダメ氎銀燈」
¢¡ã‚„る倫
「いや、金糞雀が指定せずなんかグレヌ吊れそうで銀ちゃん、䞭玚攟眮くさかったんでカタパルトン」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「抱き぀き特攻すぎお
村にみえなくなっおきた。そうしたら狌だったず。」
¢¡çœŸçŽ…
「そうかしら私はそうでもなかったのだけれど䞭玚」
¢¡å…„者
「なるほど、そしお金糞雀マゞプリティが蚌明された、ず」
¢¡åŒŸè€…
「それはないな兄者」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「きらきヌずばらしヌTOPよ」
¢¡çœŸçŽ…
「兄者ずパルスィはありがずうね」
¢¡è–”薇氎晶
「
           ミ:∧ . -──-  ∧/
            >{`>'        ボく)ァ
           `′          Y-‐'
              .′  |        |_ l     ずりあえず、キム姉さたの頭からでおる熱颚を止めないず 
           { Yl ,厶-| 入} '. 
           ∧/!く匋:ボ/{`{Y1:YV'} |     このたただず自然発火で小火隒ぎになりたす
           / r'   `}   ボ二〃 ボ! |    }}
            |.   o    /{,.む .   〃
          | |  |  ⌒)⌒/ |  l  {{
         | l  !  `'廎_/ÂŽ,}   |   !   
」
¢¡ã§ããªã„子
「氎銀燈残されそうだず思っおた。
吊った村にほっずしおたカタパルトン」
¢¡å…„者
「     
   (⌒  ∧∧
     ボボ Ž_ゝ`
     (mJ     ⌒
       ∩兄 / 
       | .|∧∧
  䞿 |   
 (___ぞノ ゝノ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「仲間には本圓に申し蚳ない。
薔薇氎晶ずのランに負けたしたね。」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「蓋を開けおみれば村はグレラン匷かった、ずいうこずで」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「そこら蟺は人それぞれだけどね真玅
あなたずパルシィは完党村目だったから」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「           _,,.. -─-- .,_
        , '"Ž          '' ヌ─
               ̄    
     /               ',.     
     ,'    .,'   /   |.    | .     ':,
     、   !  .,' _/  / !   /む |  !. |    ドヌルで人気なのは
    }  `!  .| /メ_,∧ 7!`Y   ,' /    氎銀燈・翠星石・蒌星石・真玅・雪華綺晶・薔薇氎晶
    { -|   |アŽ7 √  lり | ./     っお蚀っおるでしょヌ私が劬むのはこの䜓だけよ
    /ボ.八  .八 匋_り     Žoフ      パルパルパルパルパルパル
      ,''. oひ     ___'_  //|○ 、
 / /   /|` ○///  /ÂŽ  ボ|       〉
 !. 〈  ./ o     ハ 、 '、  _ノ ボ、  ノ'
  / ./  ,. ‐∧ |/7-‐く|::::::::::::YÂŽ    
   √ ボ|.:.:.:.:.、√ / /|::::::::::::::|   (ÂŽ__ ボ
     :.:.:.:.:.:.:.:.:. × [゜×',:::::::::  (⌒ボ(Ž ̄ボ.
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.×/ | |X://   ボ ( ̄ボ!
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.i:.:.:.:.:.:.:.√ .! !:::::/|/、    |  (⌒ボ|
    /.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:|  ::/Y/  7ボ.     /
    X:/:.:!:.:X// / ∧_. |  __,,..ã‚€
     /X  Xï¿£X._/  'Ž  /|ボ._/      、
    /Žボ ï¿£/ ̄ ̄/Ž     ' / | !      ̄Ž  /」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「䞭玚村人たじ村人ずかすたんかった
狌はよく真を芋抜いたな  」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「金糞雀マゞプリティよぉ銀ちゃんのちゅヌあげるぅ
ばらしヌもよくがんばったわぁ銀ちゃんがはぐしおあげるぅ」
¢¡é‡‘糞雀
「あそこ指定なんおしなくおも。ハンマヌ、氎銀燈、䞭玚ランにしかならないかしら。
共有が䜕か蚀わなくおも村のみんなが適圓に前に進むかしら。
ドヌルズロヌラヌ蚀った日にハンマヌ狌は無さそうだず芋切り付けただけしか
仕事はしなかったけど、それで十分かしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「いや、アレだけ読みにくいRPしおるず
ほずんど読たれおないだろうず思っお喋っおたからいいブロス」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「途䞭パルシィ疑っお逆転しお
ブロス埮劙に疑っお逆転しお
䞭玚氎銀燈ロヌラヌでいいんじゃね的な」
¢¡ã§ããªã„子
「たぁお疲れさたノ

その䞭に狩人いたらもったいない金糞雀」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ガリオンは䞀番真目にみえたけどねぇ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「ドヌルは幎䞊から
銀、金、[翠、蒌]、玅、苺、[薔or雪]
だっけ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ハンマヌブロス
狌は択ですからね。星熊ずガリオンなら明らかにガリオンが真ですよ。
私が昌間蚀った通りなんですけどね」
¢¡åŒŸè€…
「結果論だけ蚀うならばこれが凄く狩人臭くはあったがなあ  。
GJ出た段階で厳しかったか

◆真箅 「しかしなんずいうか狩人狐探す気が党く感じられないのだけれど
朜䌏盞方を匕きずりだしたかった、っおこずかしら」 」
¢¡ã‚„る倫
「ランで狩人吊れるずもったいないお金糞雀」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「銀金翠蒌玅苺雪
番倖薔
よブロス」
¢¡é‡‘糞雀
「氎銀燈お姉さたも敵でしたけど、なかなかの可愛さかしら。
でも、カナにはちょっず及ばないかしら。
お姉さたの矜がくすぐったいけどそれは我慢かしら」
¢¡çœŸçŽ…
「それもそうね、そもそもあなたず氎銀燈は最終日戊わせればいいず思っおいたのだけれど䞭玚
あず狐初日吊りはラッキヌだったわね 」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「んヌ。狩人にそっぜむかれそヌだなヌずは思ったけどね
日目倜は霊か共有護衛しおたかも。匟者狌ずしおさお、できない子に◯入れるか が、問題点。そこに●打った星熊勇儀にどれだけの真性を芋るか」
¢¡é‡‘糞雀
「真剣に真玅吊りたかったから仕方ないかしら。
たいがい倖しおいるからランにしおおくず。
村が狌に投祚しおくれるかしら。」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「ありがずうパルスィ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「倧䞈倫。村人アピが凄かったからどうせランじゃ狩人は吊れないですやる倫」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んもヌ金糞雀マゞぷりおぃヌ

しん くだれそれぇ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「氎橋パルスィが、氎橋家にやっかいになりにいった薔薇スィヌ、なのかず
誀読したのはないしょだ」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「薔薇氎晶だけ補䜜者が違うのよ
アニメオリゞナルキャラ
そしお人気は䜍で雛苺ず金糞雀より䞊ね」
¢¡çœŸçŽ…
「確かにあのラン察象にいるなら自発的にCOするわねカナリア

 それはそうずしお䜕で私投祚だったのかしら」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ばらしヌの原案はピヌチピットよぉパルスィ」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「村人じゃなかったからじゃね真玅」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「雛苺はアピヌルが足りないのかな
金糞雀はおでこが」
¢¡ã‚„る倫
「結果ずしちゃ確かに真玅が指定以倖で吊れる気配はなかったけど進行ずしおみおお怖かったお  カタパルトン」
¢¡Cガリオン船
「占いなら占いに真はいるのほが確定だし霊胜はすぐ出るべきず考えおおりたしおあんな出方されたら占い乗っ取り狙った人倖じゃないですかヌずはたから芋られそうに思った。そんだけ。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「最埌の最埌でこっちに指定が飛んできたのは想定倖でした。
ただ、共有は最終日残りですから、やっぱり負けおたでしょうね。」
¢¡åŒŸè€…
「お疲れ様だ さあ兄者家に垰るぞ
䞭玚村人は村立おありがずう

あず薔薇氎省CO」
¢¡çœŸçŽ…
「混ざり過ぎなのだわハンマヌブロス
あず根本的な掚理の仕方が違っおるのに気付いたけれど止められなくおごめんなさい」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「途䞭咲倜吊りしたいオヌラだしおたのに噛たれなかったなあ」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「真玅は狩人COのタむミングが良かった
吊る寞前だった」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「お父様がロヌれンじゃなくお゚ンゞュじゃない氎銀燈」
¢¡ã‚„る倫
「たあでも勝ったもんは勝ったんだし問題ないお」
¢¡çœŸçŽ…
「7人時朝䞀の方が良かったかしらね ハンマヌブロス」
¢¡å…„者
「そろそろ飯だ、お疲れ様
村建おありがずう」
¢¡ãƒãƒ³ãƒžãƒŒãƒ–ロス
「みなありがずう
だがこの村の矎ケツ・ナンバヌワンはオレだな」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「COしたら僕泣いちゃう真玅」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ああ、そういうこずねぇ
ごめんね、銀ちゃん勘違いしたわぁパルスィ」
¢¡Cガリオン船
「よっお私が噛たれりゃヌほが霊は真だし霊軞ゲヌでもいいかヌずは思った。
最近どうも前に出れない。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「そじゃあ垰るわねぇ
お぀かれさたぁ」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「んヌ残念だったかヌ
占いかたれのずきは○安定
狌の○ずかぶるず狂人倜泣くからな」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ブラりザが飛んだずきは焊ったぜ」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「よっず報告終了」
¢¡çœŸçŽ…
「なんですっお 
次の日私噛たれならいいかず思ったのだけれどカタパルトン」
¢¡æ°Žæ©‹ãƒ‘ルスィ
「お疲れ様よ
パルパルパルパル」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「いヌい堎所に●打ったな
匟者の◯じゃなきゃ俺も護衛しおたかもしれん星熊勇儀」
¢¡é‡‘糞雀
「お疲れ様かしらヌカナだっお人くらいたで候補しがれればくらいで
狌圓おられるかしらそれたでは指定ずかさせるなかしら」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「いやだっお、噛み先固定ずか嫌なの真玅」
¢¡ã‚„る倫
「んじゃやる倫も萜ちるかお。皆お疲れさんだお
䞭玚村人は村立お乙だお」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「狩人狐探しはしすぎちゃ勝おるものも逃しちゃうっおこずあるよね
持論ではココだず思ったずころ意倖かたない」
¢¡è–”薇氎晶
「ログ読み完了 どうしお勝おたのか お疲れ様でした」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「今回は狐噛みでも護衛GJでもどっちでもよかった
だが正盎狌はここたでグレヌを噛みたくっおる。もうグレヌを噛みする䜙裕はないだろうから
倧䜓GJだよ。死䜓無しが出たら」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「狌の囲いずかぶっおやべヌず思った思ったカタパルトン 」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ありゃヌ残念だったね。ほんず星熊勇儀」
¢¡çœŸçŽ…
「確かに情報ずしおの䟡倀は䞋がるわねカタパルトン」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「もずもず読むゲヌムなんだから、読みに準じおいいず思うんだ
間違っおも謝らないでいいし」
¢¡Cガリオン船
「では倱瀌したすね
お疲れ様でした」
¢¡æ˜Ÿç†Šå‹‡å„€
「じゃお疲れ様 鍋立っおるしあるし行く人はいくずいいぜ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「個人的には最終日䞭玚村人vs氎銀燈したかったんですけどね。
私はは苊手なもので。

しかし、狐がいないず思ったら初日吊られだった。
道理で私の狐センサヌに反応がないはずです。
狐センサヌは壊れおなかったず思いたしょう」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「ずりあえず、銀ちゃんのアピ攻勢が匷すぎお
䞭玚銀ちゃん぀りきりに傟いたのは久々だったよ䞭玚村人」
¢¡ã‚«ã‚¿ãƒ‘ルトン
「俺も初日に人倖だず思っお投祚したら◯で少し凹んでたぜ  咲倜
たたやろう」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「咲倜さんもお疲れ様
疑われたずきに
するっお返答できるのはおみごずヌず、個人的に」
¢¡é‡‘糞雀
「展開ごずに蚱容する狐候補ラむンっおいうのをい぀も考えるかしら。
灰狌で終了するのがその蚱容ラむンず普段は蚭定しおいるかしら。
人の日に狐候補のこっお狌は正盎避けるべきず思うかしら」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「本圓は出させお氎銀燈●芋せた䞊で、真玅狩人なら薔薇氎晶吊っおハンマヌブロスず最終日、ずか思ったんですが、なんおこずはなく噛めおしたった事実。

うたくいかないものです。

村建おはありがずうございたした。
お疲れ様です。ログを読んで来たしょう。」
¢¡çœŸçŽ…
「今回で蚀うず霊胜がいるからいいのかしらカナリア」
¢¡é‡‘糞雀
「逆に途䞭でになりそうだず思うなら狐はたったく探さなくおも構わないかしら」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「うん、自爆特攻にみえおたカタパルトン」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「あ、薔薇氎晶狩人なら私吊り確定なので、泣いおたしたけどね。
そういう意味ではゲヌムプランニングが䞊手くいっおないのですよね。
その蟺はどうも䞋手です。」
¢¡é‡‘糞雀
「人で共霊狌狌灰だから、自分的にもこれくらいで䞁床良いかず思ったかしら
狐探すなら。」
¢¡äž­çŽšæ‘人
「私もおちたしょうお疲れ様」
¢¡çœŸçŽ…
「奇数進行だず若干怖くはありそうだけれどカナリア
カバヌ仕切るのも無理、かしらね」
¢¡çœŸçŽ…
「私も萜ちようかしら
ガリオン船にはごめんなさいね
吊らないでくれた村に感謝するのだわ

ではお疲れ様、FOXGMず䞭玚さん、そしお皆の同村に感謝するのだわ」
¢¡é‡‘糞雀
「最埌にこっそり、指定じゃなくお村の刀断で囲い候補の氎銀燈、䞭玚ロヌラヌしたっおこずが
倧事だずカナは思うかしら、あそこでばらしヌ投祚しおたこずが咲倜疑いするきっかけになったかしら
真玅は半分以䞊投祚だから蚱しお欲しいかしらヌ」
¢¡é‡‘糞雀
「最近無理に匷暩共有やっお倱敗しおいたから村の流れに任せるこずにしおみたかしら。
村が冷静なら共有より情報倚いんだから頑匵っおもらったほうが良いかしら」