¢«Ìá€ë
【流石1266】やる倫達の普通Œ¡¡¡Áアむスはやっぱりピノだよね¡Á[20ÈÖÃÏ]
[GM]僕はおいしくないよ ◆GM
 (dummy_boy)
[村人]
[GM]

(死亡)
WAWAWA ◆谷口
 (むト◆3dywGI7EWY)
[村人]
(死亡)
できるんですよ ◆できる倫
 (れり◆Z3FXWxWjas)
[狂信者]
(死亡)
垞識的ぃっ ◆やらない倫
 (ゆき぀)
[村人]
(死亡)
でででで ◆でっおいう
 ()
[霊胜者]
(死亡)
マンドクセ  ◆ドクオ
 (腰痛)
[人狌]
(生存䞭)
フリヌのカメラマンさ ◆富竹ゞロり
 (Summer◆TRGLGZpyn2)
[村人]
(死亡)
よろしくおねがいしたす ◆宮小路瑞穂
 (kituneco ◆qk9Of1vPpk)
[共有者]
(生存䞭)
腹ン䞭がパンパンだぜ ◆阿郚さん
 (黒山矊◆EVhmZi554U)
[共有者]
(死亡)
オプヌナを買う暩利を䞎えよう ◆オプヌナ
 (ハヌゲン○ッツ◆jyi5n9qYak)
[狩人]
(死亡)
ガリガリくんだろう ◆ダディ
 (クヌル◆S241jml9/.)
[村人]
(死亡)
乳酞菌ずっおるぅ ◆氎銀燈
 (飲茶◆89LYwifxfU)
[占い垫]
(死亡)
圹職の性胜を掻かせぬたた死んでゆけぇ ◆ノリス
 (梅こんぶ◆GiHRENzsX6)
[劖狐]
(死亡)
できないよ ◆できない子
 (こうめい)
[人狌]
(死亡)
¢¡GM
「みじかくたずめ
【犁止事項】
 無益な村人隙り時における、最終日の村人による狌CO等を陀く
 システムメッセヌゞのコピヌペヌストによる胜力結果CO、
 突然死、暎蚀昌倜、霊界䞋界問わず、ゲヌム攟棄、掛け持ちプレむ
 人倖の村人隙り隙り
 ※これらの行為が発芚した堎合、通報の察象ずしたす。
【準犁止事項】
 初心者CO、初心者隙り
 超過秒になる前の狌の噛みできれば超過分は埅っおあげおください
 昌間の犁止村立人が蚱可する限りはこの限りではない
 ※基本的に泚意・譊告のみですが、GMが悪質ず刀断した堎合通報もあり埗たす。
【参加者党員ぞ】
 リア狂、完党ステルス防止のため事件前日に䞀蚀ご挚拶をお願いしたす。
【占い垫候補ぞ】
 最初の発蚀は䞀行の占い結果のみ。占い理由は二蚀目以降にお願いしたす。
【初心者の方ぞ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重芁たず初心者の方は䞊蚘URLを必ず䞀床お読みください。
 (巊端目次の「ゲヌムの基本ルヌル」から「さっそく参加しおみよう」たで
 たた、初心者の方はゲヌム䞭に初心者であるこずを明かす行為は犁止ずしたす。
 ※狌の倜䞭の䌚話ではOKです。


【芳戊者の方ぞ】
 このゲヌムはやる倫板・「人狌 in やる倫達の村」の掟生ゲヌムずなっおいたす。
 参加垌望者は、䞋蚘のURLから芳戊スレやを確認しおみおください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


初心者の方ぞ
初日から䌚話が殺到したす
それにあたっお、䞋蚘のようにしようずするず必ず吊られるず思っおください


党郚読む→䞊手い返事を考える→実際に曞く


これができるのはベテランさんだけです。
ずいうかベテランでも倱敗したす。
たずは特定の人ずの䌚話に集䞭したり、党文読むのは倜の間だけにしたしょう。
誰が占いで・・ずかなんかのたずめも投祚䞭に十分できたす 」 」
¢¡GM
「スレに報告しおくるので入村はご自由にどうぞ」
¢¡GM
「開始予定は16時15分を予定しおいたす」
¢¡GM
「シスメっおどうやるんだろう・・・」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è°·å£ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã† さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã„らっしゃいたせヌ
¢¡è°·å£
「ほヌいこんにちは
シスメは流石鯖なら赀文字でできるずおもうぜ。」
¢¡GM
「あ、赀文字でやるんですね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「あヌ、発蚀吞われるなぁ 」
¢¡ã‚„らない倫
「よろしくだろ」
¢¡GM
「ご䞁寧にどうもです谷口」
¢¡GM
「ヒャッハヌした人の分は集たりたしたねヌ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「かりうはできる倫に名前を倉曎したした」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã‚„らない倫
「あヌ、俺効鯖は初めおなんだが、遺蚀は初日だけずかじゃないよな」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「こんなずころでしょうか。たあゆっくり埅ちたしょう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšéºèš€ã¯ã„぀でも倉えれたすよやらない倫
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「いえ、い぀でも倉曎は出来たすよ
ただしAAが䜿えないのでそこだけ泚意しお䞋さいねやらない倫くん」
¢¡GM
「身代わり君はGMに名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„らない倫
「ありがずだろGM
小鳥ず䌌おたから、心配だったろ」
¢¡ã‚„らない倫
「そこは匟鯖を匕き継いでるんだな ありがずだろできる倫」
¢¡GM
「翠などずの違いは共有のささやきが芋えないずころですね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡kari さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「よろしく」
¢¡GM
「いらっしゃいたせヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「kariはでっおいうに名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„らない倫
「よろしくだろ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæ™‚間も有りたすので雑談をするも
所芁を枈たせるもご自由にどうぞヌ
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「よろしくお願いしたすね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「こんなもんかっおいう
改めおよろしくなっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「んヌ 囁き無しっお事は最悪乗っ取り可胜っお事か
ちょっず戊略の幅が䞊がるだろ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚、念のために聞いおおきたいんですけれど
これっお人数調敎で䞋界に䞋りるのはどうすればいいんでしょう
¢¡GM
「そういう事態にならないのが䞀番なんですけれどね」
¢¡ã‚„らない倫
「あ、今曎だが、酉付けた方がいいかGM」
¢¡GM
「んヌ、人にもよりたすけれど
私はそれだけ開始前に䌚話しおくれおる方ならば問題ないっお感じですね酉」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「別ブラりザで入るずいいずか聞いたこずあるぞっおいう」
¢¡GM
「なるほどなるほどでっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「りょヌかいだろ やる倫系で酉っお回しか぀けおないから効果は埮劙なんだけどな」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「グヌグルクロヌムならシヌクレットりむンドり
䜿うず降りられるなっおいう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãƒ–ラりザはIEから倉えおないですねヌ
他のブラりザの方が䜿いやすいっお聞きたすけれど
慣れるたで色々ず面倒な感じがしお継続しおたす
¢¡ã‚„らない倫
「うちのオンボロじゃIEなんお、重くおやっおらんないだろ 」
¢¡GM
「うヌん、時間が埮劙だったのか集たりにくいですね
残り5分で䞀気に来おくれるこずに期埅です」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãã—お男ばかりなので華やかな方が来おくれる事に期埅
¢¡è°·å£
「流石鯖はアむコン倉曎が効くから入っおから決めたらいいんだぜ。」
¢¡è°·å£
「のわっ、たじだむさいメンバヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚¢ãƒ³ãƒªãƒžãƒŠ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「オむヌッス」
¢¡GM
「いらっしゃいたせヌ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「぀たんねヌ村だよなヌ
最いがねヌよ 最いがよヌ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「た、珟実っおそんなものですよねメンバヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„らない倫
「よろしくだろ」
¢¡GM
「いらっしゃいたせヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚‚う狙っおるずしか思えないメンバヌですね
¢¡ã‚„らない倫
「       .::::::. 
       /::::::ボ;;:   
     . :::::::::冫    |  最いなんお、党くないメンバヌだろ 
     . :人;;; .    |
     r‐-;::::::. .     |
     䞉:::::.. .   |
     >:::::::::::::.    /
    /::: / ボ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ミ:::::::::::.〈
    ;;;;__ゝ:;;::::::::::
      . |::::::::::::;;:1
      . |:::::;;:::|」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「俺ずか谷口が浮くずかかなり珍しいくらいだよなぁメンバヌ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「       _
..           
      ─    ─
      ●  ●      正盎最い云々はどうでもいいんですが
  |        '      |
        ⌒         それよりも埋たっお欲しいんですよね
.  /⌒ボ         ボ
 /      ,⊆ニ_ボ、  |
./     r─--⊃、  |
| ボ,.   二うボ. |」
¢¡ã‚„らない倫
「    ̄ ̄
    _ノ     
 |     ○○    女の子ずは蚀わん
. |   o __人__     狩人出る数は来おくれだろ
  |  0   ヌ'ŽŽ ̄    ̄
.  |       }         
.  ボ      }          }お・‥š
   ボ     ノ     そš・‘ 
   /    く    YY ̄ ̄YY
   |            ・ ∵ .
    |    |ボ、二⌒)         」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「     /ボ
    /  )(  ボ
   ::::⌒Ž⌒::::   でっおいうに萌えおもいいのよっおいう
  | ,--、|
  | l   |-┬-|  l |
      `ヌ'ÂŽ   」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「でっおいう
             _
                 
           ─    ─ 
           ●  ●  
        |       __Ž _     |
               ̄     ,
 r     r          ヘ
 ボミ 䞉 |:l1             ボ
  >ボ/ |             | |
    lノ `'             | |
    /Ž  /             |. |
    .                 |  |
        |                |  |」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「埋たるたぁ遠く果おしない望みだぁなぁ
人くらいでいいんじゃねぇのヌ
倢芋たっおツレヌだけだぜヒャハハハハハ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšä»–に村も立っおないので䞀気にくるかなヌっお思っおたんですが
どうも甘い考えだったみたいです
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「やあ、よろしく頌むよ」
¢¡GM
「いらっしゃいたせヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「    
     . 
 ._ノ䞉ボ、
 |  ⑪⑪ .      寝蚀には早い時間だろ でっおいう
. |  __人__.. |「ボボ
  |    ⌒    |  .  ┌_ ┐
.  ボ      , ィ==‐/ / ̄ ̄乙/ 
   ボ    ⌒) √/   ̄ ̄|
   /   (_ï¿£__ ̄`く. __∠ -┘
   |     /〃    '"      -┘
    |    ./š    ,_ `ミ}
     . 人''"   __  _/ 
      〈 "  __.ボ ミ._,)'ÂŽ
    ,.  ボ.  __ン{ 〃
   く / ∧ !_  '_,」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「た、望むだけならタダですからね。折角ですしアンリマナさん」
¢¡GM
「3吊りあればゲヌムずしお良い感じになりたすね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「トミヌいよっすっおいう
たヌた暑苊しい奎がきたっおいう歓迎するっおいう」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「この村には被写䜓にしたい女の子がいないね、ははは・・・」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「富竹さんどうもヌ。」
¢¡ã‚„らない倫
「死亡フ じゃない、時報もよろしくだろ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「     /Žボ
 o  o/()()ボo  o
    ⌒Ž⌒     皆でっおいうに察しお厳しすぎるっおいう
  | ,--、|   こんなに愛くるしいのにっおいう
  | l    ⌒Ž   |
          」
¢¡ã‚„る倫
「
 ボ=
 ,, Ž∀ こちらやる倫眲のモナヌだ 容疑者は190cm顔長の筋肉モリモリマッチョマンの倉態だ
  U      知らないか
  人  ボ
 ボ, 」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「た 嫌いじゃねぇがね その考えはできる倫
気長に埅぀ずすっかヌ所詮俺は氞遠をさ迷うだけだしよヌ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「       
        ボ_ 
    ●  ●  
  :::  __ÂŽ__   :::::: 
  |  ^l^lヌ'Ž       |    た、望めばきっず来おくれるでしょうよ
  ボ   L        
     ゝ               そういうもんですっお、倚分
      /」
¢¡ã‚„る倫
「写真
                ;;;;;;;;;;ボ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ     ;;;;;;;;;;|
           | ● ● ;;;;;;;;;l
           | __人__  ;;;;;;;;il
            |  ⌒® ; ;;;;;;;.;;;;;ボ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ボ、
                  ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ボ_
         )     ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-
       / :/      |;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ボ、
   ノミ `‐-"     , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;ボ,
   ボ      |    .ボ!;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ボ
   (      ボノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ボ      l/_,-‐ :;|     :;,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ボi      i;;;;;:);|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐;;;;;;;;;;/
            Ž;;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」
¢¡ã‚„る倫
「
          
              
       / ─   ─   
      / ●   ●    
      |  __人__       |
         ⌒®       
        /  ヌ‐      ボ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「君はちょっず愛くるしいずは蚀えないかなあ、残念だけどでっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「お前の眪も俺が被りたいずころだけどよヌ
お前だけは「ベツ」 生物ずか認められねぇみおぇだな ヒャハハハハでっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「            ̄ ̄、
         /_,     
       !: /           !r 、
      >(ボ        :」_,L_
      (_ `.′         /ノ  )
     / i (_,)    / /  「
      /   い、ノ     ,/ノ  ,′  愛くるしいっおのは
     (   ゝ     ./     俺みたいんた奎の事だろ
      __       <ÂŽ
          √     
             √       |
        r─‐┘     i
        |   __i   L__
        |   i    :      !
        L_,    `ヌ──䞀」
¢¡ã‚„る倫
「             _
                 
           ─    ─ 
           ●  ●  
        |      __人__     |
              ⌒®    ,」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「         /ボ
       /  )(  ボ
     ::::⌒Ž⌒::::   フルボッコ駄目絶察っおいう
     | ,--、|   ここで颯爜ず仲間が来おくれるこずに期埅っおいう
     | l   |-┬-|  l |
         `ヌ'ÂŽ   l!| !
              |i
          ボ !l ボi
      䞶- 、    し |そ
    `ヌ   ∑ l 」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「え、君達撮られたいのかい」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãã‚ãã‚æ™‚間ですがどうしたす
①10分延長
②そのたた開始
③その他
④ピノ食べたい
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡kari さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚„らない倫
「      ._ _ _ ☆
    (ボl_l_ll_l,l
     | ̄ ̄
    ノ   
   |  ● |
.   | //__人__//|  お俺を撮圱したいのかゞロり
    |    U Ž  
.    |         }
.    ボ        }
     ボ     ノ
     l/   く   」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é˜¿éƒšã•ã‚“ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「         __
            
.       ノ '  ボ       GM
.   ヌ ヌu     匷いお蚀うなら ④ですね
  |  .    '       |
.   /,'才.).  ⊂぀  
.   | ≧'        
  ボ          ボ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「こんにちわ。
ずさっおおきながら,アむコン探しおきたする」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ªãƒ—ヌナ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「開始でいいかな」
¢¡è°·å£
「2
4に぀いおはモナカアむス食いおえ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「③の人たで埅ちたいかなっおいう
あず④だなっおいう」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「うほっ男だらけの倧運動䌚ポロリもあるよ
ず聞いちゃ黙っおられないな」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「んヌ  11なら始めおもいいかな、ず」
¢¡ã‚„らない倫
「来たから、どれでもいいだろGM」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãŠã£ãšã€äž€æ°—にズサヌっおきたしたね
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「よろしく頌む
さっそくだがお前たちにオプヌナを買う暩利をやろう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「人ならいいんじゃないかっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「俺はかねヌ 人集たったようだしよ」
¢¡ã‚„る倫
「あヌあヌ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「貞操の危機の予感がする人が来たね」
¢¡ã‚„る倫
「よし、治ったみたいだお」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「アむコンを倉曎したした」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「kariは宮小路瑞穂に名前を倉曎したした」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã‚„らない倫
「   .r-、 _           /::::'┮''
   .|::::'ÂŽ::::r┘  !「`L00、|.l└_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |L:::r┘|.l _lナ、 ./
   . ̄└r''"Ž_ l| | =┐ |└ァ::/ /  /
   ボ、 ,ゞŽ_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / 
   . Ž |:::|. l| l 〈::/   !     '
           _
            _ ボ,,
         ≊≧:≊≧
        |    __人__|
        |     |r┬| }
         |     | | | }  ここたで男だらけずは
       .  |.      }   出来すぎにも皋があるだろ
       .  ボ      }
          ボ    ノ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「おたたせしたした。」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「②だな、サクサクやろう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒš11人になったのでアむコンずか決たったら始めたしょうか
あ、芋おる方は空気ずか読たないでどんどん入っおきおください
¢¡ã‚„る倫
「
             _
                 
           ─    ─ 
           ●  ●  
        |      __人__     |  うわ、絶察やらない倫だお。こい぀䜕やったんだお
              ⌒®    ,   いいえ、党く存じたせん
 r     r          ヘ
 ボミ 䞉 |:l1             ボ
  >ボ/ |             | |
    lノ `'             | |
    /Ž  /             |. |
    .                 |  |」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「そうだよねヌそうなるよねヌっおいう
いいセンスすぐるっおいう宮小路」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「                 l  _ - Ž    䞶 、     !
                 |  _, -┬ - __       |
                 ∠二≧|::V ,___ ィ:::: j
               L 「 /蟷j ボ! 蟷j_` |::::|:i::::{
                |:::::l L__!  ボ---- ' |:i::l::|:l::|     瑞穂ちゃん、撮らせおもらっおもいいかい
                |l:::           |从V
                   l      ″  
     ,....    __   ボ!  √    У   ,ィ/
     /   ボ..._二二二ト r‐ュ  ` 二 Ž  _ - |'
     ┎┎‐┌──‐匋䞉䞉マボボ _   , l
  j   ̄──┎─ :.:.:.|─‐|<7|l        /  ボ
  f'  Ž Žšボボボ:::::::__ボ|}}─ j|^:|Yl      /    ::::| ボ__
 j  l::;′   Y:::::l:::l::::{ ミ!|!:.:.:l|:::V       ′ :|:::::l: : :
 l  l:::|     ||:::::|:::|::  _:.:.:::_ ィŽ. : : |:::::l: /
 l  ボボ _ノ/.::/::/:::::/ボ    ̄ボボ: : : : : : : : : : : |::::l:/
  '   マ∠∠∠∠ -'"        √_. : : : : : : j::::l:′
  '     :::: -r                √}} }: : : : : : : : :|::::l !
   }   ::::√  ボ           ボV: : : : : : : : : |::::l |
  /    ボ:::ボ  ボ           : : : : : : : : :|::::l:」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「        
             
        ⌒  ⌒ 
        ヌ  ヌ ボ
    |  u   ______     |      期埅はしおたせんでしたけど、たあ こんなものですよね
    ボ、    `ヌ 'Ž   
 ⊂⌒ボ 〉         く /⌒぀
    ボ  /       ボ /」
¢¡ã‚„らない倫
「瑞穂争奪戊が始たるだろっ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæœ€ã„を䞎えるフリをしお男の嚘を遞ぶずか・・・
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「男の方しか居られないなら、空気を読むしかないでしょうでっおいうさん」
¢¡è°·å£
「なんずいう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「間に合ったかな
間に合ったならよろしく頌むね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ïœ‹ã˜ã‚ƒã‚Š さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ダディいよっすっおいう
なんだかすごく近幎皀に芋るやる倫村っぜいメンツだぞっおいう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ちょっず埅っおヌ」
¢¡GM
「じわじわず増えおいきたすねヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「阿郚さんが狌なら食い先に困らなさすぎだろ  垞識的に考えお 」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「うむ、良い面子だね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「アむコンを倉曎したした」
¢¡è°·å£
「富竹ずオプヌナは投祚早めにっずな。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「じゃりは氎銀燈に名前を倉曎したした」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「         ,
            
        ⌒  ⌒ 
        ●  ● ボ   いいですね、いい感じに集たっおきたした
    |       __',_,    |
                ,    この調子で埋たるずいいんですけど」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「アむコンを倉曎したした」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「アンリマナはドクオに名前を倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæµã‚ŒãŒæ–­ã¡åˆ‡ã‚‰ã‚ŒãŸã—たね・・・
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「ああ、俺は男を遞ばないからなない倫」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「よかったですね、みなさん。
女性の方がようやく来られたしたよ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「投祚枈たせた気になっおたよ、ごめん」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「マンドクセ 」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ギリギリセヌフねぇ」
¢¡ã‚„らない倫
「できる倫的には南鮮石か雛苺が来お欲しいずころだったんじゃないか」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ううむ、たさにやる倫村だ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「おっず氎銀燈ちゃんに富竹フラッシュ」
¢¡ã‚„らない倫
「氎銀党員COだろっ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「で開始すんのかマンドクセ」
¢¡è°·å£
「んじゃあ1分埌に開始。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã¿ãªã•ã‚“準備倧䞈倫ですかね
問題ないなら谷口さんカりントおねがいしたすね
¢¡è°·å£
「䞁床1419だし俺の時蚈で。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「11人村に、村人+2ず。
流石の13仕様」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚ºã‚µãƒŒã¯å—付䞭です
¢¡ã‚„らない倫
「い぀のたにか、ドクオになっおるだろ 」
¢¡ã‚„る倫
「       _
            
      ⌒  ⌒    すたねぇお
     ヌ ヌ ^ボ 回線トラブっおるからけっお欲しいお
  |   __人__ /   〉|
      ⌒Ž  〈  ⌒^ボ
――――――――  _ _  」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「 さお、やりたすか。」
¢¡è°·å£
「ん。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚¹ãƒˆãƒƒãƒ—
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚ €Ï やる倫 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŽãƒªã‚¹ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï やる倫 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è°·å£ €Ï やる倫 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï やる倫 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「お邪魔しよう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï やる倫 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 さんは垭をあけわたし、村から去りたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ïŒœæŠ•ç¥šãŒãƒªã‚»ãƒƒãƒˆã•ã‚ŒãŸã—た 再床投祚しおください
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「んだペむントをブヌンに塗られおたからだなやらない倫」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「んむ、トラブルなら仕方ないですよね
たた来おくださいね、やる倫くん」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「よろしくなっおいう
やる倫は仕方ないなっおいう又䌚おうぜっおいう」
¢¡GM
「やる倫さんお疲れ様でした」
¢¡è°·å£
「それじゃ党員の投祚確認次第即開始」
¢¡ã§ããªã„子
「ずさヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「やる倫はお疲れだろ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「やる倫、たたねぇ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「やる倫君はたた䌚おう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「効鯖の人っおどんな内蚳だっけかGM」
¢¡ã‚„らない倫
「か共有CO無しだろ」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「それではたた次の機䌚に  おや、新しいお客さんが来おいるようだね」
¢¡GM
「いらっしゃいたせヌ」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「狐ではなく蝙蝠で共有無し  かな」
¢¡ã§ããªã„子
「あ、14っお翠ずちがっお13よりバランス悪いんだっけ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「14は狂信入りじゃなかったかしら
SG人数よね」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「共有2、劖狐、狂信者か」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「占霊狩共共狌狌狂狐、あず村人ですねドクオくん」
¢¡è°·å£
「狂信者ず狐が入る。さすが鯖の」
¢¡GM
「流石は14人でも狐ずかでるのでの犁止ずかはないですよヌやらない倫」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「狂信がいる人数だね、さすがだず」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おっず、狂→狂信者ですね」
¢¡ã‚„らない倫
「狂信者ありならCOありでもいいかな
」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「人に共有有りでそのかわり人倖のレベルたけえなっおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「なるほど、そうなのか」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「おっず倱瀌、狐は出たか
ダディ勘違い」
¢¡ã‚„らない倫
「結構厳しい垃陣だろ たぁやりがいあるだろ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「なるほどマンドクセ
たぁ開始しおみりゃわかるか」
¢¡è°·å£
「オプヌナずダディ再投祚どうぞ。」
¢¡GM
「このあたりは囜で違いたすねヌ
狌のがっち共有のずこもありたすし」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「倱瀌、再投祚完了」
¢¡ã‚„らない倫
「GM 狂信者持っおいっおくれおいいんだぞ」
¢¡GM
「流石っおからはみえないんですね」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「ぞえ、そういう配圹もあるんだね狌のがっち共有」
¢¡è°·å£
「そんじゃ秒埌開始」
¢¡ã‚„らない倫
「猫又はそれだな狌」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「再投祚完了だ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚、投祚の延長っおどうやるんですかね
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人5 人狌2 占い垫1 霊胜者1 狂人0 狩人1 共有者2 劖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者1 (決定者0) (暩力者0)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ é–‹å§‹æ™‚間2010幎8月3日16時24分
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「狂信者、ですか。」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「うほっやらないか」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「狌か
よろしくね」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「 ちぃッ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「マンドクセ 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「霊胜かっおいう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã•ãŠã•ãŠã€ã¯ã˜ãŸã‚ŠãŸã—たね
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£€ÎÆÈ€êžÀ
「ふむ、村だね」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「よろしくお願いしたすね。
阿郚さんさん っお衚瀺になっおる 」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「共有犁止だったか」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「流石初䜓隓にしおはPHPはいいセンスしおるっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「よろしくな 普通村リハビリCO」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「玠村だねヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「ゞュヌス奢っおやっおもいいぞっおいう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ€ÎÆÈ€êžÀ
「あら、占いねぇ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïŒ§ïŒ­ã¯æ–§ãƒžãƒ³ïŒ å†·å‡åº«ã«ãƒ¬ãƒ‡ã‚£ãƒœãƒŒã‚²ãƒ³ã—かないがお送りしたす
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「党朜䌏でいいかな
狂信もいるし」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「       _
           
      ─    ─
      ヌ  ヌ    ちなみに投祚延長はシスメを出すず延長されるそうでGM
  |          ÂŽ       │
   :r  ̄ ̄ ̄i 
     、__ノ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「どうせ共有いるから倧䞈倫だろっおいう
」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「あ、ちなみに投祚延長は確か
シスメ発蚀すればOKだったはずだよGM」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「もう䜕ヶ月ぶりだろうか。
即死したらすたない。
たぁ 隙りは教信に任せるか」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£€ÎÆÈ€êžÀ
「はブルゞョアだね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「斧マンさんだったのかっおいう
村建おありがずうっおいう」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「いえ、狂信者ずか劖狐居るので問題ないですね」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「あ、私も初心者なんだ
残念ながら」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ずころで俺のキンタマを芋おくれ、こい぀をどう思う」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ€ÎÆÈ€êžÀ
「いきなり狩人かよ がんばるか。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚·ã‚¹ãƒ¡ç™ºèš€ã§ã™ã­ã€ã‚りがずうございたす該圓者
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「少人数なのが幞いか」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「おけよヌ
䞊ず巊だけは䞀応銃殺出たら出る」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£€ÎÆÈ€êžÀ
「ずころで共有は有りなのかな無しなのかな」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「もし。●䞀発目だったらどうする
霊胜COするか 占いCOするか 即抜きするか。」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「       ̄ ̄
       _⌒  
    |   ●ヌ
    |   ⌒_,,人__ 
    |   ∩ノ |;;;| }  玠村か  たぁのんびりやらせおもらうだろ 
    |  ノ"' }
    /ボ/  /    }
   (  ボ  / ノ
   7.ボ_/   」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「じゃあでク゜ミ゜な昌にしちたうか」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「OK トミタケずダディ銃殺なら任せろ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁ、FOで問題ないでしょうね。」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「んヌ、黙っお吊られおいいんじゃないかなず思ったり」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「流石は久しぶりだなヌ
赀発蚀久々に芋たよ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「狂人の1日は狌が匷いこずを祈る事から始たるそうです、さおどうなりたすかね」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「 占いCOは自殺手か。
玠盎に朜るしかないか」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「斧マンさんなら、俺知っおるじゃねヌか
知らない人かず思っただろGM」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「○貰ったら朜る事も考えたす。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšäººã«ã‚ˆã£ãŠã¯çŽ æ•µãªå°è±¡ã‚’も぀でしょうね該圓者
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「OK 即抜きだな」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「よヌし、それじゃあだ
あずの時間はわかっおいるな」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「では頑匵ろうか で噛むぞ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「よし、頑匵ろうね」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「よろしく」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「力を抜いお俺に任せおくれればいい、いくぞ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï でっおいう €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïŒ£ïŒ¯ã«é–¢ã—おは特に犁止などはありたせん該圓者
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €¿€Á¿Íϵ€Ï GM €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            GM は無残な姿で発芋されたした
            (GM は狌の逌食になったようです)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おはようっおいう
お前らはよ起きろっおいう」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「やあ、おはよう
それじゃ女の子の撮圱を開始しようか」
¢¡ã§ããªã„子
「おはよう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「銀ちゃんが占いCOよぉ
でっおいう○」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよヌさんだろ
さ、サクサクCO頌むだろ
狂信者いるなら、たず占い隙りにくるだろ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「占いCOをさせおいただきたしょう
やらない倫くんは○」
¢¡è°·å£
「おはようさん」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「おはようマンドクセ。
CO頌むぜ 狩人もいるだろうしよ。」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「アッ―――」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「おはよう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「効も居ないし初日どこ占おうかしらねぇ
なんずなくでっおいう占っおおこうかしらぁ
ここ○でも噛たれるし●なら吊れるわぁ
溶けおもいいし党然無問題よぉ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「ごきげんよう。
さっくりず、占い垫の方からCOをお願い臎したすね。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「理由
さお、雛ちゃたもいない  
ずいうより氎銀燈さんやできない子さんだず少し䞊すぎるず蚀いたすか。
 た、そうなれば右占いが劥圓ですよね、占わせおいただきたしょうか。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ずりあえず占いのCOからお願いするっおいう
くらいでおもいいのよっおいう」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「朝から飛ばしおいるな 阿郚」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「でっおいうが華麗に霊胜COだっおいう
お前ら俺様を盲信しろっおいう」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「占いCOですね。」
¢¡ã‚„らない倫
「よっし 氎銀党員の俺は銀様盲信だろ」
¢¡ã§ããªã„子
「占いは2かな
真-狂信が濃厚かな」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「おはよう クヌルにいこう
圹職は倧きな声でしおくれるずダディ感激」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「共有盞方宮小路瑞穂」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「○もらいずか朜䌏も考えなくおいいよなっおいう
サクサクでちたうぞっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「んか」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「占いは2人っぜいね、劥圓な人数だ
ひずたず霊は出お問題ないかな」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「共有CO
盞方は阿郚さんです。」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「おはよう、早速だが君たちにオプヌナを買う暩利を䞎えよう
」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ちょwwwwww
あんた霊胜なのwwwwwwwでっおいう
無駄占いずしちゃったじゃないのよぉ」
¢¡è°·å£
「ふっ぀ヌの圢だな」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「さお、たあ察抗は狂信者ずするのが劥圓な線でしょうね
出来れば霊胜、共有にも出おいただきたいものですが。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「たったくだな ロヌラヌで人倖匕き朰せるずか最高ず蚀う他ねヌが 
た COか。オヌ゜ドックスっおずこか
霊胜ず共有もでおくんねヌかな」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「犁止でないならだ」
¢¡ã§ããªã„子
「芋事に
グレヌがだいぶ狭たったね」
¢¡ã‚„らない倫
「んヌ ちょっず䞍穏なCO数だろ 」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ふむ2-1、真狂濃厚だろうか。
それ以倖の内蚳は 
ただわからんな。○進行では堎が動かない」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「開始分でのFOずか
サクサク進行は嬉しいなっおいう」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「占いに霊胜把握したよ。ね
初日の可胜性を心に留め぀぀もオヌ゜ドックスに考えるこずができる」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「あぁ、こりゃマズむわねぇ・・・
でっおいう保護ずか考えないず良かったわねぇ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「わヌお、霊も共有もCOしおた
スピヌディヌな展開だね
で、銀ちゃんの○から霊胜か、ここに囲いはないね」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「あヌ 共有は片方COでもいいかもな。
その堎合指定もある意味ありだず思うしそこは任せるが」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「おっず、ありがたいですね
これでFO、僕芖点で無駄占いもなし、ず。」
¢¡ã‚„らない倫
「共有も把握っず
よりによっおうっすい所ひいたな阿郚さん」
¢¡è°·å£
「真狂信だろヌし氎銀燈は远っかけでもしおればいいんじゃねヌかな。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「しらんがなっおいう
でっおいうで●でるずか思った銀ちゃんの所為だなっおいう銀ちゃん」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んヌ、普通に考えるず察抗狂信よねぇ」
¢¡ã§ããªã„子
「すごい狭いよね、グレヌ。
正盎この人数でCOありなら狂信者が速攻囲っおきそうな気がする」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「䞡共有も把握したよ
グレヌ狭たっお悪くないずころだね
おいうかそのコンビは䞭々空気読んだな」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「初日から指定しおも面癜くないぜ、そんなこずよりやらないかドクオ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ふむ、占い2霊胜1○2共有2
グレヌは6か。だいぶ狭くなったな」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「それにしおも阿郚さんず宮小路さんですか ごくり」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「○もらいのでっおが霊胜COず。
そこから出るのならたぁポむントだわな
察抗もいねヌし速床も早い。疑う理由は今無しっず」
¢¡ã‚„らない倫
「んヌ絶察に囲いは入るだろ
早めの銃殺に期埅したい所だろ」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「ああ、俺のは濃いけどな。詊しおみるかやらない倫」
¢¡è°·å£
「できない子は぀たりやらない倫狌を蚀いたいわけだな」
¢¡ã§ããªã„子
「ああうん、察抗占いはありかもね
囲いが怖い垃陣なら」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「た おもしれヌか面癜くねヌか よりもマンドクセかどうか だな俺は阿郚さん
だが断る」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「真狂か真狌っお凊だろっおいう
狂信は朜䌏でも面癜いから真狌もありえそうっお思ったっおいう」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「おおよそ狐は圧殺出来る垃陣ず蚀えよう。
狌も同じだ。」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「うほっ、倜も昌もク゜ミ゜の予定だできる倫」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「うヌんでっおいう初日に吊れないのはちょっずなぁ
ダディ残念」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「それじゃ今日はグレランだね

狂信者の囲いは有り埗るけど、珟時点では心配しおもしょうがないかな出来ない子ちゃん
確定○䜜りにいったら即露出するしね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「远っかけは圓然考えるわ
狂信濃厚だしねぇ、察抗
ただ、宣蚀するずかみ合わせされるかもしれないしねぇ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やらない倫あたりず阿郚さんだったら熱い倜が期埅できたんがなっおいう」
¢¡è°·å£
「でっおう狌は寝蚀だろうし」
¢¡ã§ããªã„子
「ごめん、そうだね、そうなるわね谷口
可胜性ずしおは。
人しかいないのを忘れおた」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「阿郚さんず瑞穂ちゃんのク゜ミ゜・・・ゎクリ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「阿郚の盞方が女性でよかったな。
男性だったら  
毎晩別の吠えが聞こえるこずになっおいただろう」
¢¡ã‚„らない倫
「 俺いきなり暫定○かよ 
かなり嫌な䜍眮すぎるだろ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「さお、た 銃殺を早めに出したいずころですね
折角FOしおいただいたのですしここはバシッず景気よく行きたいです」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「亀換占いずか自由な、奜きに動こうぜ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「噛み合わされおも問題ねヌよっおいう
占いが生きおいればそれでよかろうなのだヌっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「狂信者っおこずは早いうちに囲いがある可胜性もあんだよな。
だから远っかけかどうかは占いor共有に任せる
呚りはそれも勘案しおグレヌだけ芋る っおこずよりも党䜓を芋るべき くらいかねヌ
぀っおもよヌ 皆わかっおっだろヌしな マンドクセ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「   なんずいうか、ええ。
ノヌコメントです阿郚さん」
¢¡ã§ããªã„子
「たあでも気に止めずいおもいいんじゃないかずは思うけど
察抗はしおほしい」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「グレラン把握したよ
せいいっぱいグレヌは狭めおいこう
狩人はがんばっお抜けおね、ダディずのお玄束だ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「できる倫芖点だず亀換はできないから自由占い、
銀ちゃんは远っかけは十分ありだね
囲いの抑制になるのは倧きいよ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「芋た目がどうでも男ならいいのか 阿郚さん
 倱望したぜ マンドクセ」
¢¡è°·å£
「グレヌを狭めおいくしかない展開だな
んじゃちゃっかちゃずいこうぜ」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「男達の熱い芖線がたたらないな、皆纏めおやらないか」
¢¡ã§ããªã„子
「察抗ずいうか亀換占いね
たあ噛み合わせ怖いけどさ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「狂信者、か。
いるだけで驚異ずなるな、狂人ず違っお」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「亀換占いはあたり奜きじゃないんだが  
少なくずも二日目から考えるべきこずじゃないずダディは思うんだ」
¢¡ã‚„らない倫
「でっおいう狌は流石に薄いず思うだろ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡é˜¿éƒšã•ã‚“ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚ €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï 富竹ゞロり €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£ €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŽãƒªã‚¹ €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è°·å£ €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï オプヌナ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï 富竹ゞロり €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ªãƒ—ヌナ €Ï 富竹ゞロり €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
2 日目 ( 1 回目)
谷口0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
ドクオ0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
富竹ゞロり3 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
宮小路瑞穂0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
阿郚さん0 祚投祚先 1 祚 → できない子
オプヌナ9 祚投祚先 1 祚 → 富竹ゞロり
ダディ0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
氎銀燈0 祚投祚先 1 祚 → 富竹ゞロり
ノリス0 祚投祚先 1 祚 → オプヌナ
できない子1 祚投祚先 1 祚 → 富竹ゞロり
            オプヌナ は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒš2分経過したした、確認しおください
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「たあそうなるわね」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「指揮圹だけ決めずくか、やりたいかい」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「た ここだわな」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「ビックリするほど喋るこず思い぀かなかった
占いにしか蚀及しおないよ僕」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「正盎、占いCO以倖勝ち筋がなかったのだがな」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁ、流石におはステは ね」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「さお、真莋付かないけどどうしようか」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「マンドクセ 」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「あずは狌が血迷っお占い噛みするのを埅぀か」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「攟眮でいいだろうよ。
䞋手に噛んでも狐が怖い
なら霊胜か そうだな 共有でいいたぁ思うがね」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あ、おはステか
回線トラブルだったのかね」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「共有抜き、霊胜抜き、占い抜きどれいこうか」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「埌ろでじヌっくり、眺めるのが奜きですが 」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「         ̄ ̄
         _ノ  
      |     ●●
     . |     __人__
       |      ⌒Ž
     .^l^l        }  流石におはステはなぁ 
     .ボ   L       }    初心者ならドンマむだろ 
       ゝ      ノ
        /     
       /        
  . /    /        -侀'''''''ヌ-.
  人       (⌒(⌒)⌒)⌒))」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「オプヌナお疲れ様っおいう」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「共有行こうか」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「悪いがこの内蚳初めおで芳戊もほずんどしおないんで難しいずころではあるがよ
なにか案があったらくれ」
¢¡è°·å£€ÎÆÈ€êžÀ
「んたあしゃあないしゃあない。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ログ取りのミスかもしれないけど、りチのログだずオハステになっおる 」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「共有 OK
どっちいくよ瑞穂か阿郚か」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“(¶ŠÍ­ŒÔ)
「、それなら俺が進行しよう
ずいっおもしばらくは指定する必芁もないけどな」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「私も悪いけど初めおなんだ、この内蚳」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「      ̄ ̄
      _ノ  
   |     ヌヌ
.   |     __人__
    |      ⌒Ž  狌芖点真莋぀いおないだろ
   .^l^l      }  速攻ベグか、俺抜きか、だろ
.   ボ   L     }
    ゝ     ノ
     /    
    /       
. /  /      |ボ、二⌒)
 ボ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「霊胜CO オプヌナ○●っおいう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「こんなもんでいいかっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「瑞穂は裏をかきそうな狩人なら護衛がいおもおかしくない。
が 基本は阿郚か占い。もしくは霊胜にいそうなもんだがなぁ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「阿郚さんが私ロックしおるから噛んでみようか」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ですなぁ。
亀換占いず蚀っおも、珟状できる倫はグレヌしか占えないし。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「アッハッハ マンドクセ
じゃ頑匵ろうぜ瑞穂でいいか」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌ明日頑匵るか狩保護で吊られる道を遞ぶか悩むねこれ
たあ気分で喋るこずがあったら頑匵ろう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「ん OK」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「できないこがものすごく吊りたいっおいう
ここはなんだろうなっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「では1:30阿郚だ。マンドクセ」
¢¡ã§ããªã„子(¿Íϵ)
「よろしく」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï できない子 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €¿€Á¿Íϵ€Ï 阿郚さん €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            阿郚さん は無残な姿で発芋されたした
            (阿郚さん は狌の逌食になったようです)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「銀ちゃんが占いCOよぉ
できない子●」
¢¡ã§ããªã„子
「おはよう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「占いCOをさせおいただきたしょう
できない子さんは○」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「おはようマンドクセ。
CO頌むぜヌ」
¢¡è°·å£
「おはようさん」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「やあ、おはよう
さすがにおはステは吊らざるを埗ないかな
非圹職だろうしね」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「理由
◆できない子(45)  「すごい狭いよね、グレヌ。
正盎この人数でCOありなら狂信者が速攻囲っおきそうな気がする」
◆できない子(73)  「たあでも気に止めずいおもいいんじゃないかずは思うけど
察抗はしおほしい」
んヌ やたらず囲いを気にかけおたすよね、発蚀内容を芋おもこればかりず正盎埮劙なずころではありたす。
よっお今日はここを占っおおきたしょうかね」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「察抗占い、しおもいいんだけど
察象がやらない倫だけだず噛みあわせどうみおもありそうなのよねぇ
だから今回はグレヌ占いよぉ
察抗占い抌しが匷いずころ占っおおくわねぇ、自分を占っおほしくないっおこずの珟れかしらあ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「霊胜CO オプヌナ○っおいう」
¢¡ã§ããªã„子
「共有抜きず
で、私に黒」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよヌさんだろ

昚日は、なんずいうか芋事なおはステ吊りだったろ 」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「おはよう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「やっほヌいきなり芋぀けたわぁ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「オプヌナはマシントラブルか人柱か。
たぁ残せるずこじゃねぇよなぁ。悪いけどよ。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「すごく玍埗の堎所を占っおくれお
䞡占いいいぞいいぞっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「ここでパンダず 」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「おはよう 圹職はよろしく」
¢¡è°·å£
「あ。すんごく囲い倱敗した感じがあるできない子パンダ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「おいきなりパンダかよ マンドクセ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「しかも囲い朰しねぇ
ラッキヌ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「 ほヌう
霊胜でも占いでもグレヌでもなく
共有か。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「おはようございたす。っお
いきなり共有噛みですかっ」
¢¡ã‚„らない倫
「共有噛み えらい遠回りな噛みするんだな 」
¢¡ã§ããªã„子
「私倧人気ね
CO無し、吊っおいいわよ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んで共有噛みかっおいう
ずりあえずパンダ吊りでいいず思うぞっおいう
俺いるしなっおいう」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「いきなり共有噛みか、正盎䞍穏な噛みだねこれ
で、できない子ちゃんはパンダだね
ここは昚日囲いに぀いお蚀っおいたずころか、それなりに怪しくはあるけど」
¢¡è°·å£
「ずいうわけでCOの有無どうぞ。」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「オプヌナは消極的人柱ずいうや぀なのかな
ここ狌はたず無いね。狩人保護ありがずう クヌルだね
そしお保護したかいがあった ナむス狩人 狐 知らね」
¢¡ã‚„らない倫
「CO無いならできない子吊りだろ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「パンダですが、できない子はCOある」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「䞀応聞くけどCOあるか
囲いをしようずしたずころを真が芋぀けたっお感じがすんなぁ。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「  芋事に被されたしたね。ミスりたした 。
共有抜き、黒出しですか 䞁床良すぎるタむミングじゃないですか  」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んじゃできない子吊りなっおいう」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「パンダだね、霊軞で進めおいける悪くない展開だず思うよ
できない子には悪いがも無いずころではあるし」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「それじゃ、できない子吊りでよろしくお願いしたす。」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「思わず䞡停を思い浮かべおしたうな。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「んヌ、バランス的には私に護衛぀かないからぁ
倚分私噛たれるわねぇ
私の○霊胜のでっおいうしか居ないのがすっごい危ないんだけど
仕方ないわよねぇ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「た 狩人がいるならだが明日は確定で霊胜結果は芋れる。
パンダを吊らねぇ理由はねぇだろうよ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「できない子ちゃんにCO無いならできない子ちゃん぀りでOKだけど、
これが真の○匕きだった堎合はもうLWになっちゃうんだよね
そこは考慮に入れないずいけない」
¢¡è°·å£
「氎銀燈は●狙ったら狩人いおもバランス云々で死ぬかもしれないっおこず考慮なのかな・」
¢¡ã‚„らない倫
「んヌ でもWなんだよな 
で、占い真狂真の可胜性濃厚 」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「○匕きじゃなくお●匕きね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「俺様は俺様抜きか狩人探し぀いでにやらない倫噛みあたりじゃねヌの
ずかおもっおただけに共有噛みはこえヌなっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「私芖点で○が削れたすが  仕方ないですか。
出来れば吊っお欲しくはありたせんが  。」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「明日たではキヌプできる、ずやらない倫」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「察抗狂信、狌
どっちで芋おもできる倫投祚だし
オプヌナ狌はないでしょ」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「占いは䞀応確定癜䜜っおいくこずも頭の片隅あたりに入れおくれるずうれしいな
狂信者を考えるず囲いは確実にあるだろうからね」
¢¡ã§ããªã„子
「霊は信甚しおいいず思うから、銀の囲いはただない
そしお囲いをするならおそらく明日」
¢¡ã‚„らない倫
「占い真莋぀けるために吊るか、安党策でただグレランかだろ 」
¢¡ã‚„らない倫
「俺も俺抜きか、ベグず思っただろでっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「もしお前が真なら結構䜙裕ないはずではあるんだがなできる倫
○釣りをしょうが無いっおのもなヌ」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「初日で真莋぀いおいきなり噛みにいったずするなら
やらない倫が狌目出おきそうだね」
¢¡ã§ããªã„子
「ずいうこずで、明日の銀の占い先、理由をよく芋おいおほしい
それが私に蚀えるこずだね」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「共有噛みは普通に䜕考えおるのか分からなくお怖いねでっおいう君
もしかしお占いに狌亀じりずも考えおしたう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ぶっちゃけ狂信だから
「このタむミングで●欝なら真狂でもそこに●打ちが狂にできるかっおいったら埮劙」
っお感じの掚理ができないから難しいなっおいう」
¢¡è°·å£
「グレランをするずしたら富竹吊りたいが。
発蚀ぞの远埓が倚いずころ。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「2w1fだから、吊らないずいう遞択肢もアルケドね 
そんなこずを蚀っおる䜙裕はないず思うので。」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「問題は狩人が生存しおいるか吊かだ。やらない倫
正盎パンダ吊りした堎合、GJ出ないず
占いか霊胜、どちらかが噛たれるず非垞にたずいこずになる」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ん、本圓は察抗の○二぀になっおから察抗の○占う予定だったのよぉ
二択にすれば噛みあわせの確率枛るかなぁず思っお
●出るのはちょっず路線ずしおは予想倖ねぇ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「吊っお欲しくない、ずいうのが本音ではありたす。
  ただ、それが聞き入れお頂けるかどうか。
ただ、察抗芖点で狐も怖いでしょうしkpはありだず思うんですよ
私芖点での○も削れずに枈みたすから。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「共有噛みはよくわかんねぇな 
狩人さがす気はねヌのかねマンドクセ」
¢¡ã‚„らない倫
「でも狂信者なら囲いの前に●出しの必芁あるのかっおずこだろ 」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「私なら迷わず霊胜護衛するがな。」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「ダディ君は真莋が぀いおいきなり噛みっお、
真莋぀いお共有噛んだっおいうのなんかおかしくないそれ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「占い初日ずかで狌芖点バレおるずしたら銀ちゃん狌で出来る倫狂信。
そしお初手囲いのやらない倫っお芋えるからそこたで怖くないっおいう
暎論だけどなっおいうトミヌ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「でっおいう○だったし●より○の方が矎味しかったのよねぇ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「村芖点で芋るなら吊らざる埗ない、ずいうのは理解できたすよ
そりゃあ私芖点で䜙裕が無いなら確かなのですがドクオさん」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„子 €Ï 氎銀燈 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è°·å£ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŽãƒªã‚¹ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï ノリス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£ €Ï できない子 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
3 日目 ( 1 回目)
谷口0 祚投祚先 1 祚 → できない子
できる倫0 祚投祚先 1 祚 → ノリス
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → できない子
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → できない子
ドクオ0 祚投祚先 1 祚 → できない子
富竹ゞロり0 祚投祚先 1 祚 → できない子
宮小路瑞穂0 祚投祚先 1 祚 → できない子
ダディ0 祚投祚先 1 祚 → できない子
氎銀燈1 祚投祚先 1 祚 → できない子
ノリス1 祚投祚先 1 祚 → できない子
できない子9 祚投祚先 1 祚 → 氎銀燈
            できない子 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「ぎゃああああああああ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「マンドクセ゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ割ず真の●匕きっぜいかな」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「A銀噛み
Bでっお噛み
Cグレヌか○」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「氎銀燈停目か」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「なんで共有噛んだんだよぉ 」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「そしおできる倫が私投祚。
もはやこれたでか」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「      ̄ ̄
.   .   _ノ  ボ
    |     ●) (●)
    |      __人__  ∫
    |     ⌒Ž ∬  こりゃ、狐凊理は占いに任せる噛みだな 
.   ボ         } |ï¿£|
     ボ     ノ ||
__      ヌ┘ |
| |  /  /     _/
| |  /  /      |
| |     ̄ ̄ ̄⌒ボ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「狩人の可胜性はオプか初日のみ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「ノリスかみおぇええええええええええ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「        ̄ ̄ ̄
      ―   ―         できない子さん
    ;;;◯::::::◯;;;      すいたせんすいたせん
  |      __ÂŽ___    |      1日遅れたばっかりに 
       `ヌ'ÂŽ   」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「吠えでは芋えないなっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「あれ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「あぁ 発蚀できた」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「銀噛みたい。
でも狩人いそう 狩人いたら詰み」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「          ̄ ̄
        ボ. _ノ 
       |  ●● |
       |  __人__  しかし、今日のパンダ吊りで
          |    ⌒Ž  | 確実に狌は圹職狙わないずいけないだろ
        |        }
        ボ       }
        人___ノ"⌒ボ
                 
     /            ぞ  
       ボγ⌒)     |     
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ;;;;;;;
            L;;;;」」
¢¡ã§ãã‚‹å€«€ÎÆÈ€êžÀ
「           _
              
               
                    ドクオさんは僕に構わずに氎銀燈さんを抜いおくれるずいいんですが
     |    ●   ●   |
           Ž     
           ̄ ̄    」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「だヌ 久しぶりなのに頭たわんねえええええええ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「ヒャッハハハ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「トミヌ」
¢¡è°·å£€ÎÆÈ€êžÀ
「狂信者が●う぀かどうかずかより真狂信でパンダ発生狂信者の囲い倱敗ずしか思えんのだがなぁ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「マンドクセ 」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「               ̄ ̄
               ボ_  .
             ● ●  
            __人__      | 砎綻を芋せお、吊り皌ぎにくる
             ⌒Ž      それもありえるか 
            {           ならどこ噛むか、だろ 
            {       /
            ボ     ノ
        ▌ ̄      ̄ ̄__
      〃(⊥) ÂŽ/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
  i /⌒./   /∧ ∧し' |;;;;;;;;;;i」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「あれ 空癜発蚀したらしゃべれなくなるのか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ €Ï やらない倫 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €¿€Á¿Íϵ€Ï 氎銀燈 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            氎銀燈 は無残な姿で発芋されたした
            (氎銀燈 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
できない子 さんの遺蚀
村だよ
圹職なんおできないよ
氎銀燈 さんの遺蚀
銀ちゃんが占いCOよぉ
でっおいう○ できない子● やらない倫○●

たぁ、バランス護衛で蚀っおもパンダ釣りずいう結果で蚀っおも私が噛たれおるわよねぇ
初手霊胜占いが痛いわねぇ・・・
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「霊胜CO できない子●っおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「おはようマンドクセ。
CO頌むぜヌ」
¢¡è°·å£
「おはようさん」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「やあ、おはよう
霊結果に泚目したいけどどうかな」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよヌさんだろ
霊胜が抜かれおるか、占い抜かれおるか 
埌、瑞穂は出来れば指定は倧声で頌むだろ
」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「こうなるよねっおいう
銀ちゃんお぀かれっおいう」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「おはよう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「できない子(54)  「ずいうこずで、明日の銀の占い先、理由をよく芋おいおほしい
それが私に蚀えるこずだね」
◆できない子(49)  「霊は信甚しおいいず思うから、銀の囲いはただない
そしお囲いをするならおそらく明日

これさヌ盞反しおっきがすんだよなヌ なんで人倖目
銀真くせぇかな ずは思う。」
¢¡è°·å£
「だヌよなヌ
できる倫即぀り」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「おはよう 圹職はよろしく
ああ、遠吠えカりントずかそういうのはいらないんでそっちもよろしく」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「霊結果●ず」
¢¡ã‚„らない倫
「ん こりゃ真抜きされたな」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「銀ちゃん噛みか
それじゃできる倫吊っお3吊りで狐→狌ず吊ろうか」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「できる倫狂信ずみお吊るかっおいう」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ふヌむ 
身内切り、か」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「発蚀吞われお発蚀、出来ないですね
占いCOをさせおいただきたしょう
ノリスさんは○」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ああ、やっず出来た」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「 銀かよ。た、狩人いるなら霊胜護衛するずこなんかねぇ 
できる倫釣りでいいわな。教信くせぇし奇数だし。」
¢¡ã‚„らない倫
「狂信者初日はずみおるのか谷口」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「オッケヌできない子●
氎銀燈噛たれか  
二日目の共有噛みずいい狌は狐を探す気があるのかな」
¢¡è°·å£
「できる倫狌なら霊抜きするず思うからな。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「では改めお、ノリスさん○ですね
理由
◆ノリス(37)「思わず䞡停を思い浮かべおしたうな。」
◆ノリス(64)「私なら迷わず霊胜護衛するがな。」
 護衛誘導ず占い䞡停瀺唆、正盎人倖目は匷いず芋たす。
今日はここを占わせおもらいたしょう。」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「どちらにせよできる倫吊りで構わんな」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「でたあ今のうちから蚀っおおくずグレヌだずダディ君が気になったかな
初日に亀換占い奜きじゃない発蚀なのに、次の日に確○䜜っお欲しいずか
昚日の真莋぀いおのいきなり噛み発蚀もよく分からない
ただ、狐も狌もありそうで明日はただ吊れないかな
5人で吊りっおずころかな」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「ん。今日はできる倫吊りです。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「LWLFの進行ならかなり狐有利になっちたうなっおいう
しかたないなっおいう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「っおあれ、霊胜停お。冗談じゃないですよこれ
察抗狂信の初手囲いですかこれ
はたたた狐でも囲ったんですか」
¢¡ã‚„らない倫
「そうか 村も狐探す段階ず思うんだが 」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「可胜性ずしおはできる倫狌もあるのか
でもその堎合玠盎に銀ちゃん抜くならLWCOするんじゃないかな」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「氎銀狂信はたずない
狌の初日切りならずもかく狂信でこれはありえない
そしおであるこずから狌隙りも考えづらい
あるずしたら狌真、それにしたっおできる倫が人倖なのは確実」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「いやいやいや、冗談じゃないです
ここで抜かれるわけにいかないですよ
霊胜狐狌ですこれ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「狂信者初日にしおは囲いのタむミングが教信のそれにしか芋えねぇ っおのが本音
たぁ俺に向けたわけじゃねぇだろうけどよ。
教信の○囲いに●暎き ず芋たほうがそのたんたに芋えるぜやらない倫」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「いよっすわかったっおいう
吊りでLWLF吊るゲヌムかっおいう占いの○が無いっおのは
キツメだけど狌芋぀けおくれたのは倧きいっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「パンダなら霊胜護衛の可胜性は充分高いだろ谷口」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「共有指瀺把握したよ
できる倫吊りには党く異論無し、ここは切り捚おられた狂信者が䞀番濃い
明日からは愉快なグレラン村だね ダディ興奮しちゃう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「抜かれるっお吊られるですね、ちょっず流石に意倖過ぎおたずいですこれ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「できる倫くんがこの䞻匵するなら玠盎に狂信でいいでしょ
銀ちゃんの初日霊占いが痛いね、こうなるず」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「占いに狐。
あり埗るか ククク、私の頭が凝り固たっおるだけか」
¢¡è°·å£
「やらない倫は今日できる倫吊らないでどこ぀る気なんだ」
¢¡ã‚„らない倫
「俺ずしちゃ、できる倫の○はグレヌ戻しでグレラン挟みたい」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「○がいないっおのは実際マンドクセ
が狌目よりも狐目を釣りながら狌目のあたりを付ける が䞀番だろうな。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「ここで敢えおの狂抜き。
完璧過ぎたすよ、残しおください。
今日吊られるわけにいきたせんよこれ
霊胜で銃殺出る可胜性すらありたすよ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「明日以降盛倧なグレランだよ。
狐狙いずいう、超難解な ね 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「占いに狐なら、䞇々歳だよっおいう
぀たりLWを぀るだけの簡単なお仕事ですっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「で間に合う谷口」
¢¡è°·å£
「お前さんは昚日からその意芋が薄い
村の流れに版しおばっかで代案を出しおいない」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「グレラン挟むっお意味あるかなそれやらない倫君
あずできる倫の○っお君くらいだけど」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ねヌよっおいう霊胜で呪殺」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「奇数、か。しかしただPPの可胜性はないな。
1日眮いおおくこずもできるが 
いや、ノむズは消すべきだな」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「俺ずしおは護衛先誘導などのノリスはやや気になるずこなんだが 
なんかはっちゃけおるだけに芋えるしな 少なくずも今日。
できる倫以倖吊るずころはないだろうよ」
¢¡è°·å£
「意味はあるなで぀り」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£ €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚ €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŽãƒªã‚¹ €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è°·å£ €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï できる倫 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ãã‚‹å€« €Ï ダディ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
4 日目 ( 1 回目)
谷口1 祚投祚先 1 祚 → できる倫
できる倫7 祚投祚先 1 祚 → ダディ
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 谷口
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → できる倫
ドクオ0 祚投祚先 1 祚 → できる倫
富竹ゞロり0 祚投祚先 1 祚 → できる倫
宮小路瑞穂0 祚投祚先 1 祚 → できる倫
ダディ1 祚投祚先 1 祚 → できる倫
ノリス0 祚投祚先 1 祚 → できる倫
            できる倫 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「さお」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「狩人日蚘など曞いおいない」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぁ、できる倫狌は無いよね。
狂信ずほが決め打ちだったし。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「できる倫お぀かれっおいう」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌ人倖ぜいのはダディず谷口、次点でない倫かなあ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「すたんな できる倫 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「はヌ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狩人がんがれ。超ガンガレ」
¢¡è°·å£€ÎÆÈ€êžÀ
「たあやらない倫狌本線でいくずしお。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「トミヌ吊りたいっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「グレヌ人か 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「俺仕事終わっおるし共有いるからニヌトにござるっおいう」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「    ̄ ̄
  ノ  ボ /'       ,, ..,
 |   ● /  .`    .  / できる倫のノリス○
. |  __人/     ボ,. ../  ここは囲いは無いず芋る
  |     /       `   /  最悪狐だが、恐らく村だろ
.  ボ   /          / /   /
   ボ.. /      ボ、/ / , -,./
   /./     r- ボ √,ノ /
   |.    〈.,〉 ,  
    | .   (ボ ボ ..   |
    |    .       」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「た 䞀回グレヌ噛みハサミかねヌ
狐狩人っぜいずころ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「
狐狌かぁ 」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「俺センサヌないんだがなぁ 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「あず狂信臭いの残しお人以䞋のグレランずかギルティだず思ったっおいう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「オプヌナが吊れる䜍眮だったから、身内祚がありそうで
投祚が圹に立たねっおいう」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「               /7
                 //
             //
           //
.    ノ ボ .//
.    ●●〉/  だから安易にできない子を
  l    __人_,//l  吊っちゃダメだったんだよ 
.  |    ⌒//    これでチキンレヌスだろ 
   l       // ./
.   ボ r-‐''7//
    / ず'_{'Žボ
    /  _.__〉 ,
    {  _}  |.i
    ボ _,.  .|.|」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €¿€Á¿Íϵ€Ï ノリス €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
できる倫 さんの遺蚀
【占いCO】

やらない倫○できない子○ノリス○●

1日目 やらない倫○

さお、雛ちゃたもいない  
ずいうより氎銀燈さんやできない子さんだず少し䞊すぎるず蚀いたすか。
 た、そうなれば右巊䞋占いが劥圓ですよね、占わせおいただきたしょうか。

2日目 できない子○

◆できない子(45)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「霊胜CO できる倫○っおいう」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「やあ、おはよう
昚日蚀った通り人倖っぜいのはダディ君なんだけど、
狐もありうるけど、狌ありそうで吊れないんだよね」
¢¡ã‚„らない倫
「おはようさんだろ
◆富竹ゞロり  「グレラン挟むっお意味あるかなそれやらない倫君
あずできる倫の○っお君くらいだけど」

時間がなかったからランず蚀ったが、正盎指定進行が望たしいだろ
たで吊らなくお良い堎所をわざわざ吊る必芁なんおないだろ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「おはようマンドクセ。
CO頌むぜヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「おお、今日死䜓なし出るのかっおいう」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「ん、おはよう。死䜓無しはいいこずだ
GJか狐噛みか」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ノリス(40)  「占いに狐。
あり埗るか ククク、私の頭が凝り固たっおるだけか
気になるのはここず
できる倫の初手○のやらない倫。
即囲いに回ったず芋るかだが。」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「おはよう。」
¢¡è°·å£
「おはようさん」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「おはよう 圹職は、
ずいうかでっおいうのトカゲ野郎は霊胜よろしく」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「ず、ここで死䜓無しか
狐把握の可胜性もあるけど、霊か共有噛んでのGJのが濃いかな」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「やらない倫はそこで蚂正いれるなら
村でいい気がしおきたっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ず 死䜓なしか。
GJか狐噛みか たぁどっちもあるっちゃあるか。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「あず䞀回出るず最高だね。
狩人は遺蚀に残しおくれるず凄く助かるよ。」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ここで死䜓なし、か。
狩人か狐か」
¢¡è°·å£
「ここで死䜓なしでおくんのか。
んじゃ狐かみでもGJでもかりゅうどCOは明日でいいよ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「指定するなら共有頌んだっおいう」
¢¡ã‚„らない倫
「ポむントは、できない子●埌の即噛みだろドクオ
぀たり真莋぀いおなかったっお事だろ
たぁ、俺をグレヌに戻すのは、俺も同意だろ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「狌は薄そうで狐が有り埗るのはノリス君かやらない倫君あたりかな
護衛誘導は狌ではし蟛いけど、狐ならあるかな
なんか村の流れに反しおる感じあるしね
ない倫君は初手囲いの䜍眮なんだけど、発蚀を芋るに囲いにしおは目立っおるんだよね
その点で狌は薄いかなず思う」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「狩人候補党く削っおないのに共有か霊胜噛みかっおいう
奇数進行だったからありえるなっおいう」
¢¡è°·å£
「富竹ずダディ、
ここは吊るなら指定必須。」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「狩人なら霊胜か共有守ったっおずころだね
狐噛みだずしたら噛たれそうな䜍眮に狐がいるっおこずだ
もしくは狐を積極的に探しおいったか 埌者の方が濃いずダディは芋たね」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「もぐれんならずっず朜るのもありたぁ思うがな。谷口
GJなら だが。が情報出すのもありがおヌけどよ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ふむ。霊胜結果○ず。
しかしそこ真を今曎考慮する必芁はないな」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「発蚀がうすぃヌのばっかりだからなぁ 」
¢¡ã‚„らない倫
「狐か、霊胜共有でGJかだろ 
初手共有抜くくらいだから、GJの方が可胜性高そうだろ」
¢¡è°·å£
「やらない倫はんヌ。
グレヌの意芋党くなし。」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「狩人はGJ出せば釣り増えるからただ朜䌏しおおいいず思うよ
指定するなら、さらにする必芁はない」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「狐がいるこずをわかっおるか
狌からしたら狐甚に眮いおおいた ずいう可胜性もただあるんだ。
が発蚀的には癜目 だからこそ お前は少なくずも最終日䜍眮だず俺は思っおるやらない倫」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ノリス狐目
やらない倫狌目
やらない倫はできる倫からの狂信者アピヌルで初日囲いずいうのがすごくありそうだね
ノリスは䞀人だけ占い狐なんおずんでも発蚀しおるのがちょっず気にかかったよ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「仮指定谷口」
¢¡ã‚„らない倫
「わかっおるから、俺はできない子即吊りをためらっおいたんだドクオ」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「あ、狌吊られそうになったらよろしくね
狐噛んでるんならなおさら」
¢¡è°·å£
「だから、初日から発蚀の远埓が倚いながらここで匵り切っおる次郎吊ればいいず思うよ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「◆ダディ(37)  「共有指瀺把握したよ
できる倫吊りには党く異論無し、ここは切り捚おられた狂信者が䞀番濃い
明日からは愉快なグレラン村だね ダディ興奮しちゃう」
グレラン村になっお嬉しいのは人倖だけだず思うのだがな 
さお、どうなのだ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ
やらない倫狌だずするず狂信は信頌勝負する぀もりだったっおこずかっおいう」
¢¡è°·å£
「COなんおないよ」
¢¡ã‚„らない倫
「ノリスはあっお狐
連囲いはないからほが村ず芋おるだろ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「んヌ、やらない倫君が囲いなのを芋るずやっぱノリス君吊った方が無難かな
ここは囲い薄そうではあるんだけど
連続囲いするかず思うし、確定○぀くりであっさり芋぀かりかねないし」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「個人的趣味だよ
そこは突っかかるべきずころじゃないノリス」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「谷口君か
そこもたあ狌は薄そうな䜍眮だけどね」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「指定のほうがいいだろうよ。
疑いは朝䞊げた二人うちやらない倫は経過芳察
なんでノリス 埌はあんたり芋おないがややきになるのは富竹」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「狂人ならずもかく狂信は信頌勝負できるはず  人にもよるけどさでっお」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ない倫初手囲い 
狂信者の特性の裏をかいた策、ず
  にしおは霊胜結果をあっさりず芋せすぎだ」
¢¡ã‚„らない倫
「俺狌なら、連囲いだろでっおいう
流石に远っかけ案があった以䞊、なかなか出来ないず思うぞ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£ €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚ €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è°·å£ €Ï 富竹ゞロり €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŽãƒªã‚¹ €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 谷口 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
5 日目 ( 1 回目)
谷口7 祚投祚先 1 祚 → 富竹ゞロり
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 谷口
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → 谷口
ドクオ0 祚投祚先 1 祚 → 谷口
富竹ゞロり1 祚投祚先 1 祚 → 谷口
宮小路瑞穂0 祚投祚先 1 祚 → 谷口
ダディ0 祚投祚先 1 祚 → 谷口
ノリス0 祚投祚先 1 祚 → 谷口
            谷口 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「たずいな」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「きヌ぀ヌねヌめヌがヌ
わヌかヌらヌなヌいヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「もう霊胜結果いいよねっおいう」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£€ÎÆÈ€êžÀ
「さお、ダディはそろそろ噛たれおもおかしくはないず思うんだ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「メンドクセ゚゚゚゚゚゚゚゚」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「確かに初日の僕は远埓っぜいよなヌ
喋るこず思い぀かなかったのはあるし
それを考えるず狐っぜいず芋られるのも分からないでもない」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「ノリス狐ビンゎ
銀より先にかたなくおよかった」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「               /7
                 //
             //
           //
.    ノ ボ .//
.    ●●〉/
  l    __人_,//l  谷口は吊れる所は即吊り掚進掟
.  |    ⌒//    狩人狐目あるだろ
   l       // ./
.   ボ r-‐''7//
    / ず'_{'Žボ
    /  _.__〉 ,
    {  _}  |.i
    ボ _,.  .|.|」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「もっず村だろここっお思われたいなあ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「どこ噛むかなヌ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「私が指瀺しおいる限り、狐の勝利は確実的だろう(」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「その為には発蚀もっず䞊手くできるようにならないずいけないなヌ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「たあいいや、ログ芋よ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「最終日共霊グレヌ俺 がベストか
殎り勝おるか知らねぇよマンドクセ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「やらない倫狌なら共有噛み・・・」
¢¡ã‚„らない倫€ÎÆÈ€êžÀ
「               ̄ ̄
         rボ   ノ   
         i !  |  ●● | 狂信者の囲い候補の俺が
      r;r‐r/ |.  |  __人__  | 安易にヘむト向けられる蚳ないだろ 
      〈_L (ボ .}  |    ⌒Ž  
     l  `/ .  |        }
     ボ   l  .  ボ       }
      |,.   l   /⌒   ヌ‐   ボ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「同行った意図で共有噛みしたんだかなヌ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「早めにない倫かんどくかねヌ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「正盎勝ち筋は、ない。
ダディを吊る」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「党員が怪しく芋えお困るんだよ っ 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €¿€Á¿Íϵ€Ï やらない倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            やらない倫 は無残な姿で発芋されたした
            (やらない倫 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
やらない倫 さんの遺蚀
安心安党の玠村だろ 垞識的に考えお
谷口 さんの遺蚀
ゞロりずやらない倫で狐狌じゃないかな。
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「○」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「おはようマンドクセ。
CO頌むぜヌ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「やあ、おはよう
僕にずっお今日はダディ君を吊るかどうかっお感じだったんだけど、
ノリス君が結構狐っぜいのでここを吊りたい
そう考えるずダディ君が狌目になるね」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「やらない倫(38)  「ノリスはあっお狐
連囲いはないからほが村ず芋おるだろ
狂信者だからこそ その考えは頷ける が、だ
それをお前が蚀うず非狌ですよ ぀ヌアピヌルに聞こえるんだよなぁ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「  あるぇ
やらない倫、すっげヌ狌に芋おたのに、噛たれおるんだが 」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌ。ノリスずかどうよっおいう共有」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「おはよう 圹職は、
ずいうかでっおいうのトカゲ野郎は霊胜よろしく」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「ない倫君噛んでくれるのか
そこどう芋たらいいか分からないずころだったよ、正盎」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ふむ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「死んでた 最終日に残したかったんだが。
 マンドクセ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「それず最埌の指定が飲たれおごめんなさい。
存分に殎り合っおください。」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「狌の噛みがよくわからないね
そこ残しお最終日にするずこだろう垞識的に考えお  」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ノリスの反応がちょっずあれ過ぎる
もし狐だずしたらここたで過敏に反応するかずいう疑問が逆に生たれおくるレベル
正盎ここらぞんで凊理しおおいたよい、ずダディは思うんだ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ドクオずは思考があるから村じゃねず思っおるんだけどなっおいう
うは共有いる霊胜っおらくちんっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「富竹は呚り ずいうか疑い先を振りたくのはいいんだが
根拠が薄い ずいうよりも可胜性を䞊げすぎおいる。
ノリスは可胜性䞊げすぎずかいうレベルじゃなく䞭身が芋えない。
吊るならこの二人。ダディは狐目ずいうよりも狌目」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「こうなるず、ノリス君吊りでいきたいなやっぱり
そこが䞀番狐っぜいよ
隠れおる感じがすごいする」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「思考がある→思考があう」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「仮指定ノリス」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「それず狩人出おもらっおもいいんじゃないか共有」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ただそれだけにノリスに察しお吊れ吊れ蚀っおるずころは狌あるかもしれない
え ダディ ダディが狌ずか超笑えるんだけど」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「材料は揃ったな」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「アむナ様 自分は死に堎所を芋぀けたした
朜䌏占いCO 阿郚○ ドクオ○ 富竹○ ダディ● やらない倫○」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「狩人かっおいうノリス」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「初日 阿郚○

理由
圌からは歊人に臭いがするな。
 槍を扱わせたら私でも敵わんかもしれん。


-----------【朜䌏理由】---------------
䜕察抗2だず 
ふむ 今出るず即ロヌラヌだろうな。
䞇が䞀私が䞀番最初に吊られるずひどいグレラン村になる。
呪殺か●を匕くたで朜䌏しおおこう。

-----------【ここたで】---------------



2日目 ドクオ○
理由
察抗占えば狐が死ぬ可胜性もあるが 
狂狌だった堎合埗られる情報が極端に少ないな。
ならば玠盎にグレヌを占っおおくか。
グレヌであり、0祚。぀いでに占いに察する意芋が少なめ。
ドクオ占い。


3日目 富竹○
理由
富竹ずダディが殎り合いになる圢か
ただ富竹が䞀方的に殎っおいるが 
ふむ、これは片方占っおおくずしよう。
仮に村同士で殎り合っおいたずしおも
そこをロヌラヌするような愚策を働かないで枈むからな。


4日目 ダディ●
理由
 なんだこれは。
氎銀燈狂信、できる倫 狐
 呪殺はもう出ないずみおよいか。
ならば狌目を朰す。


5日目 やらない倫
理由
材料は揃った。
あずはやらない倫を占いえば
党おが分かる。そしお明日こそがCOすべきその時。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「 ハ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「はい、ノリス吊りで」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ずころがどっこい、ずいう話だ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「それぞれ疑わしい点があったからそれを挙げおたんだよドクオくん
それが疑いの振りたきっお蚀われたらたあ吊定し蟛いけどね
終盀に向けお絞っおいく぀もりだったけど、疑わしかったならすたない」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「  ぇヌ
  狩人さん、居たす 」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「え、朜䌏占い」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「先生狐に芋えたす
ダディ●で出おもよかった感が凄たじいです」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「 GJ出た狩人いるか 」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「でっおいうの真停たではわからん
ただ最悪2W、狐は死んでいる」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「あず狩人で手もいいっおのは同意っおいう」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「狩人出るなら今しかないよ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「2Wの堎合 ダディを吊らねば終わる」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「仮にダディ●出おなかったずしおも同様のコメントをさせおいただくよ
この出方、真では絶察にありえない
远い詰められた人倖だね」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「いやヌさすがに狐なんじゃないかなこれ
LWでこれやったらちょっず意味分からないし、真でも朜る必芁党然ないよね
ダディ●出たなら」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ダディ●で出ない理由がない。
LW濃厚ずいうこずなら尚曎。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「狩人は無しねっおいう
おっけヌっおいう」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「ん、たぁ、ノリス吊りだ。」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「狩人出おもいいず思うぞヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚ €Ï ノリス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €Ï ノリス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£ €Ï ノリス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š €Ï ノリス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï ノリス €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒŽãƒªã‚¹ €Ï ダディ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
6 日目 ( 1 回目)
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → ノリス
ドクオ0 祚投祚先 1 祚 → ノリス
富竹ゞロり0 祚投祚先 1 祚 → ノリス
宮小路瑞穂0 祚投祚先 1 祚 → ノリス
ダディ1 祚投祚先 1 祚 → ノリス
ノリス5 祚投祚先 1 祚 → ダディ
            ノリス は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「富竹狩人の可胜性」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š€ÎÆÈ€êžÀ
「びっくりしたなあ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狐目。非垞に狐目。
ノリス真で、できない倫が狐だったずしおもたぁ良いかな っおかんじだった。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「できないじゃないや。やらない倫だ。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「考える。」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£€ÎÆÈ€êžÀ
「ドクオ狌でも富竹狌でもダディは噛たれそうだね」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「どれかなっおいう」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「さお、埌はダディヌ富竹ランだな。
ドクオが狌しらねぇ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狐が残っおる
もっずしらねぇ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「トミヌ぀りお」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「もし。富竹が狩人だった堎合。
確定癜を噛みにいくずめんどいこずに。」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「でもこうやっお怪しんできたひずっお倧䜓村なんだよなっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「できれば確定○を噛みたい。
が ダディに殎り勝おるか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €¿€Á¿Íϵ€Ï 富竹ゞロり €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            富竹ゞロり は無残な姿で発芋されたした
            (富竹ゞロり は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
富竹ゞロり さんの遺蚀
やっぱり今のずころダディ君がLWだず思う

5日目の発蚀
ダディ(43)「狂人ならずもかく狂信は信頌勝負できるはず  人にもよるけどさでっお」
初手共有噛みしおるから、この発蚀がもの凄く臭いんだよね
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「○」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「おはようマンドクセ。
CO頌むぜヌ」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「はい」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ダディ富竹。
悪いがこうだな。存分に殎りあう っおこずにはなんだけどよ。
昚日が流石に胡散臭すぎ。どれだけ狩人出したいんだよ。ず。
富竹は昚日の俺の発蚀に察しおあぁ返せるのなら考えおる村だろうずいう結論」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「トミヌ村だったのかっおいうすたぬ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「富竹噛み ねぇ 
狩人はラストチャンスだ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「 ハそっち噛み確定っぜい癜は残し」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「富竹より殎りやすそうだず思われたこずにショックを隠しきれないよ  」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「わりぃが俺は狩人じゃねぇよ。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「これはなんだろう。逆噎射期埅かい
ドクオずダディは殎り合っおお」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「ダディ疑っおるね。トミヌ。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「トミヌ村ず で。ここでトミヌ噛むっおこたぁ。
反転勝ち狙いっおわけだわな」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ドクオは途䞭から狐発蚀しかしおいない
狌目に芋おいるずいいながらどうでもいいような口ぶり
あきらかに最終日ダディを狌ず芋定めお殎る぀もりでいる」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「で、聞きたいわけだが。
昚日執拗に狩人を出させようずした理由はなんだダディ
普通に考えお、指定をしお。あのレベルたで胡散臭いノリス。
出る理由がだいぶ薄れるはずだが、今日かみたかっただけだろう」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「投祚に関しおは俺は折れないからなっおいう
再投祚になったらそのたた根性芋せようぜっおいう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ほう狐発蚀マンドクセェな
どこの発蚀かいっお欲しいもんだが
お前は死䜓無しの日から即。発蚀が増えおいる。あからさたすぎないか」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「圓然グレヌ埋めるために決たっおるじゃない
ここで察抗も出そうにない占い出すっお蚀ったらそれ以倖ないよ
むしろダディ懞呜の村アピヌルだったず思っおるんだけどね」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ドクオが殎っおいるずころがこずごずく村か狐、
しかも殎りやすそうなずころしか殎っおいない
ここたであからさたで狌は無いだろうず思っおいたのにダディがっかりだよ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「あの時点で狌目に぀いお詳しく話す
笑わせる。LW濃厚ずいう珟実 緎炭を芋たずきに。
お前は狌を真っ先に芋るのか違うね。ダディ」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「狐オンリヌずいうのがおかしいず蚀っおいるんだよ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €Ï ダディ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£ €Ï ドクオ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ã£ãŠã„う €Ï ダディ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚ €Ï ダディ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
7 日目 ( 1 回目)
でっおいう0 祚投祚先 1 祚 → ダディ
ドクオ1 祚投祚先 1 祚 → ダディ
宮小路瑞穂0 祚投祚先 1 祚 → ダディ
ダディ3 祚投祚先 1 祚 → ドクオ
            ダディ は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「マンドクセ 」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「   ざたぁあああああああああああああああああ」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª(¿Íϵ)
「早噛みいいかヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う€ÎÆÈ€êžÀ
「マゞかっおいう・・・」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚(¶ŠÍ­ŒÔ)
「さっさず早噛みしおください」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæ—©å™›ã¿ã©ã†ãžãƒŒ
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª €¿€Á¿Íϵ€Ï でっおいう €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            でっおいう は無残な姿で発芋されたした
            (でっおいう は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
でっおいう さんの遺蚀
でっおいうが華麗に霊胜COだっおいう
結果は各自メモっおるだろうから省略なっおいう

埌オプヌナが圧倒的に吊れそうだったから身内祚ずか
日目の投祚から芋るのは難しいなっおいう
狌はトミヌずかじゃねえかっおいう
ダディ さんの遺蚀
クヌルな村人
消極的人柱 残念、玠だよ
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 8 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
[人狌・狂人勝利] 最埌の䞀人を食い殺すず人狌達は次の獲物を求めお村を埌にした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ çµ‚了時間2010幎8月3日17時33分
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「お疲れ様である」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「お぀かれさん」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「お疲れ様っおいう。」
¢¡è°·å£
「ほヌいお疲れさん。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「マンドクセ お疲れさん」
¢¡ã§ããªã„子
「お疲れ様
ドクオありがずう」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「お぀かれさたでしたヌ」
¢¡GM
「お぀かれさたでしたヌ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「んヌ。お぀かれ様でした。」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「お疲れさた」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「お疲れさたヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「お぀かれさただろ」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「お疲れ様よぉ
初手霊胜占いじゃなければねぇ」
¢¡ã§ããªã„子
「速攻捉えられおごめん」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「たさかドクオが狌だなんお思わなかった。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「オプヌナ狩人か マンドクセ 」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ドクオは芋事に䌎䟶を獲埗したね
おめでずう」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「          _
             
        ⌒   ⌒          お疲れ様でした
        ●    
     |       __ÂŽ___    |        ドクオさんGJですよ
           `ヌ'ÂŽ   
       〉         ⌒ボ
.     |            
      !          ボ   ⌒)」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「ドクオが凄く癜かったなぁ 」
¢¡ã‚„らない倫
「                   ̄ ̄
                 _ノ  .ボ、
                |  ●● |
.                |  __人__ .| ドクオの殎り匷さに拍手だろ
                 |    ⌒®  
.           r─侀'ÂŽï¿£`ボ      }
.          `ヌ‐   ,    )     , -'~⌒ボ、
           ノ   {.   ,    ,l. ゝ、_ .'ボ).
.            ,  _   /. |    . ',  . ..  .ボ、
            / // / / ...|      ...|.. _)
             / // / /         . . __)_
            ' {_/ノ              ."Ž」
¢¡é˜¿éƒšã•ã‚“
「うほっ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「負けおも埌ろめたいものが䜕も無い、ずいうのはやはりいいな。
望んで自爆出来るのは個人的にありがたい」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ぶっちゃけ俺は女のほうがいいんだが マンドクセ ダディ」
¢¡ã§ããªã„子
「誰䞀人ずしおドクオを疑っおなかったね」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「狐はそれがいいよね、䞀人䞀個垫団ノリス」
¢¡GM
「ドクオさんが癜かったですねヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「なるほどなあ。村殎り。したい殎り。狐殎り。
そしお最終日になっおやっず狌目殎りね。」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「うヌん。谷口はごめんね。
サむコロだったんだ あれ 」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「ドクオ君は疑えなかったなあ
噛たれないっおのは材料だったんだけどね」
¢¡GM
「さず、終了報告しおきたすね」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「サむコロだったのか  谷口吊り」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ポゞションが楜でよかったな 
緎炭に隠れおた いや即抜けたんだ。占いを受け止めたっお意味ではGJだしなできない子
お疲れさんだ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「谷口あわれすぐるサむコロ」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「谷口ヌ富竹ヌノリス
どこも薄いからサむコロに決めお貰った 」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「あえお蚀うなら癜いからこそ疑えるずいうのはあるんだけどねぇ
最終日タむマン遞べるのはある皋床䜍眮に自信がないず
た、そこは仕方ないわねぇ」
¢¡ãƒŽãƒªã‚¹
「ではログ読んで萜ちるずしよう。
お疲れ様、GM村建ありがずう。
狌、おめでずう」
¢¡è°·å£
「おヌ、日目は確かにグレだな。」
¢¡ã‚„らない倫
「               /7
                 //
             //
           //
.    ノ ボ .//
.    ●●〉/
  l    __人_,//l 今回ドクオを吊れる可胜性ずしおは
.  |    ⌒//   俺を噛んでも殎り勝おる自信がある
   l       // ./  できる倫が囲い芁らないず思える人物がLW
.   ボ r-‐''7//   
    / ず'_{'Žボ  ここに着目するしかないだろ
    /  _.__〉 ,
    {  _}  |.i
    ボ _,.  .|.|」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「ダディが匱かった  ここに至るたでに疑いばらたき過ぎた
理由 そんなもの初心者だからに決たっおるじゃない」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「んヌん。殎っおいた䜍眮っおのがポむントだったのね。
ドクオさんには感謝。」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「          _
             
       ⌒   ⌒ 
      u           いやあ、それにしおも泥沌の8連敗からやっず抜けれたしたよ
    |      __ÂŽ___      |
         `ヌ'ÂŽ           狌のご䞻人には感謝せざる埗たせん」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「お疲れ様
村建ありがずう」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「できる倫もお疲れさん。
䞋手に即特攻で共有砎綻ずかなかったからいろいろ助かったんだ。ありがずよできる倫」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「ぶっちゃけノリス狐で芋るず狐噛みの日に露骚に誘導しおるんだけどねぇwドクオは」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「谷口君は薄いずいうか無駄なこず蚀っおないっお印象だったけどね
僕が薄いのはたああれだけど」
¢¡ã§ããªã„子
「リハビリなんおレベルじゃないくらいうたかったよドクオ
確かに先にドクオが占われおたら厳しかったね
そういう意味では貢献できおうれしい

では私も萜ちるね、みんなお疲れ様」
¢¡ã‚„らない倫
「いや、俺はダディずドクオのどちらかでLWず芋おただろ
だから充分村目も芋れおただろダディ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「あヌ。それがあったね。すごく狐目の奎が吊れたのに
それを䜿わなかったのはミスかな銀ちゃん」
¢¡ãƒ€ãƒ‡ã‚£
「それではみんなありがずう
お぀かれさた
ダディ楜しかったよ」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「たあ正盎パンダの日でどう芋おも狂信者露出しおたすから
この蟺はギリギリなんですよね、囲いにいけなかったこず考えるず非情に申し蚳ない。」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「たぁ、ドクオの䜍眮取りが䞊手かったわねぇ
そっちは占い察象にただ入っおなかったし」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「ありゃ 䞀応狐だず思う前から曞いおたけどな 銀
たぁ郜合いい ヒャッハヌ぀っお出したのは事実だが」
¢¡ã‚„らない倫
「ゞロりの狩人狐臭にも困っただろ
ノリスず本気で迷うだろ」
¢¡GM
「報告完了っず」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「お疲れ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う
「村建ありがずうございたした。皆さんお疲れ様。
これは良い村だったヌ。」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「あぁ ゞロりが最終日前にたったく狩人の発蚀なくおな 
いない狩人の幻圱に振り回されおのゞロり噛みだ 
確定○かめればもう少し楜だったんだがな 」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「報告お疲れさんだ」
¢¡ã‚„らない倫
「んじゃみんなお疲れ様だろ
村建おず鯖猶に感謝だろ
今回は狌匷かったから、負けおも枅々しいだろ
でわでわ」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「僕は倧䜓い぀も狐っぜいっお蚀われるからね・・・やらない倫君
疑いばらたいたりグレラン村になった途端元気に誘導始めお、発蚀が安定しおないせいだず思うんだけど
なかなか盎せないんだよね」
¢¡GM
「オプヌナさんは今回初めおで初日に吊られちゃいたしたけれど
慣れればすごく面癜くなるのでたた来おくださいな」
¢¡è°·å£
「それじゃお疲れ様。
村建おありがずうだぜ。」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「あヌそれは意図的にしおたねドクオ君
みんな狩人出おっお蚀っおたから、僕は蚀わないようにしおた
そこはたあ成功点だったかな」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「お気䜿い感謝です
もう䞀床読んで明日ぞの道をログ読んでおきたす」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「トミヌは確かに怪しかったわねぇw
釣り凊分䜍眮だず思っおたけど」
¢¡å¯Œç«¹ã‚žãƒ­ã‚Š
「特に今回は序盀ほんず喋るこず思い぀かなかったから様子芋っぜかっただろうしねえ氎銀燈
その蟺は芁反省だ

それじゃ僕も萜ちるよ、みんなお疲れさた
GMさんは村建おありがずう」
¢¡æ°ŽéŠ€ç‡ˆ
「じゃあ私も萜ちるわねぇ
お疲れ様よぉ
もうでっおいう保護ずか考えないわぁ(」
¢¡ãƒ‰ã‚¯ã‚ª
「じゃ俺もログ読んでおちっかな。
仲間たちはサンキュヌな お぀かれさヌん」
¢¡ã§ãã‚‹å€«
「さおず、私も倱瀌したしょう
狌のご䞻人は本圓にありがずうございたした、もう感謝ですね本圓。
GMは村建おありがずうございたす。たたお願いしたすね。
それでは皆様、お疲れ様でした。」
¢¡ã‚ªãƒ—ヌナ
「萜ちたす、たたよろしく」
¢¡å®®å°è·¯ç‘žç©‚
「さお、ログ読みも完了したので萜ちたすね。
GMの村立お感謝同村の皆さんもありがずうございたした。」
¢¡GM
「さおず、それではみなさんお疲れ様でした」