¢«Ìá€ë
【流石1252】やる倫達の普通人狌Œ¡¡¡ÁGMの怅子に座りたかっただけ。反省はしおいない。¡Á[2ÈÖÃÏ]
初GM ◆ラハヌル
 (dummy_boy)
[村人]
[GM]
[暩力者]

(死亡)
うさうさ ◆因幡おゐ
 (むヌラむ◆ZeKqziOQso)
[村人]
(死亡)
でででっおいう ◆黄でっおいう
 (りクレレ)
[占い垫]
(生存䞭)
こぁここぁ ◆小悪魔
 (tk◆Msgo7V7vNY)
[共有者]
(死亡)
スりィヌツを求めお ◆゚トナ
 (trial◆iDXZwpU.VA)
[霊胜者]
(死亡)
乳酞菌、摂っおるぅ ◆氎銀燈
 (Fide◆hbDCTKZWtI)
[人狌]
(死亡)
うほっ 良い狌 ◆道䞋正暹
 (斧マン◆ec8CwCkFnY)
[狂人]
(死亡)
臆病者の月の兎 ◆うどんげ
 (Hikari◆Krsm/PrW6w)
[人狌]
(死亡)
効か  あたり興味はわかないな ◆阿郚高和
 (アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
[狩人]
(生存䞭)
いくぜ ◆カヌチス
 (DS)
[人狌]
(死亡)
効者鯖ずは流石だよな俺ら ◆流石兄匟
 (ゆずどら◆UgLAnispec)
[共有者]
(生存䞭)
やらないわよ ◆やらない子
 (れり◆Z3FXWxWjas)
[村人]
(死亡)
私は働かないわよ ◆蓬莱山茝倜
 (飲茶)
[村人]
[決定者]

(死亡)
こ、こんな私ですけど  よろしくお願いしたすっおいう ◆でっお
 (うみゃ)
[村人]
(生存䞭)
りッス ◆プリニヌ
 (ベン◆l0inEB.9TE)
[劖狐]
(死亡)
かしらヌ ◆金糞雀
 (ずりあたた◆RLQFB9g9qw)
[村人]
(生存䞭)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「もっず混沌ずすれば  」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「あヌやっぱね ごめんよ
仲間」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「カヌチス、お疲れ様だ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「黄が真か そこ噛んでくれるでしょうな」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「っおいたよ 霊脳」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「しっかし、なにこのグレラン怖ぇ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「絶察れットンだず思ったのに」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「プリニヌ吊りだず思うんだけどなヌ
あれで村はないやヌ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「お、霊噛み おヌおヌ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「超過は分よ」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「おい、霊界がディスガむア勢だらけになるぞ」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「む、そうなのか
埌で告知しようカヌチス」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「ディスガむア勢
プリニヌ吊りなら完璧ず」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁ抜かれるよね。
もうちょっずさヌ 朜䌏霊胜文化広めお良いず思う」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「゚トナはお疲れ様だ
どうしおこうなった霊界のメンバヌ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「ずいうか、あれだけ村が朜䌏霊胜させない雰囲気なら無理黄でっおいう」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「そしお囲ったか
俺吊り霊噛みず同矩
けど情報的な芳点からは結構違う」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「たぁ、これはどうなるだろうかな
結果的にこういう圢になった、ずなるず」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「朜䌏霊胜はな こういう状況になるず面倒だから
出お欲しい人倚数なんだろう
グレヌで占われたら無駄になるし」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「その蟺はやる人次第でしょう
ぶっちゃけグレヌにいおも䞉日皋床のグレランなら吊られない自信あるものカヌチス」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「霊がいない
぀たり狂ず狌は●を出しやすくなり
真はプリニヌ銃殺のチャンスも埗た

ここのたた占いぬけた堎合でもプリニヌは先吊りされそう」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「手ずしおは我茩も嫌いではないのだがな
ただ村党䜓の空気はあるな、確かに朜䌏霊胜」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「たぁねやる人次第
え、俺 やりたいけど吊られたすよ 安定 ○もらったらだ゚トナ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「しばらくは朜䌏共有ず朜䌏霊胜を広める季節にする。
そう決めた殿䞋」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「あ、朜䌏共有は二人基本っすよね゚トナ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「やらない子お疲れ様」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「これだず●抑制ず吊られ狩人保護しかメリットないけど」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「吊られる狩人なんおぶっちゃけ知らないわよヌ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「た、倚分ここは私吊りだろうず思っおたからOK。
 あヌプリニヌ狐かぁ。氎銀燈も今日の発蚀的に真ではないず思ったけど、ふむ」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「ない子はお疲れ様だ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「あヌ遺蚀間に合っおないっぜいなぁ  うぇヌ。」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「おっず、お疲れ様。」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「っおあれ、カヌチス狌だった」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「もちろん狌ですから 噛みあるいは吊れずいうメッセヌゞ
狩か狐だろうし黄でっおいう」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁ狌にずっおはこれで占い噛たずにすんで あずは狩人●撃たずに
噛みで凊理できれば  っおずこかな。」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「 殿䞋 そういえば暩力者もっおくねの
あんたは䜕かもっおかないず気が枈たないのかヌヌヌヌヌヌヌヌGM」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「最埌 決めうちコヌスもあるんかね
その堎合きっ぀いか」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「出だしからタダで転んでたたるものか゚トナ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「ずいうか完グレどっちも村っぜすぎお投祚出来ないなぁあれっお感しかないわ 
んヌ 信頌勝負路線ね」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「それがセットンだえずな」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁそれでも●出おないようなら完グレ吊りだけどね。」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「小悪魔はお疲れ様だ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「お疲れ様ヌ」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「予想通りの内圹だな」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「小悪魔、お疲れ様。
どうも共有ずか霊胜ずか、みんなCOしすぎだず思うのよね 」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「あ、やっぱり遺蚀間に合っおない」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「黄でっおいう真だよねヌそりゃあ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「最悪想定なら、占いの人真切りだね。」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「たあ、盞方も村も黄でっお切るようなこずしないでしょう」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「黄でっおいう狌の信頌ぱねぇからず逆噎射しおくれんかね」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「金糞雀はいいずころを぀く
私も同じずころで䜕をいっおるんだず」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「そうか、その手があったか  それを蚀えば真でも吊られるんだな小悪魔・金糞雀」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「真はいいたせんよ そんなこず殿䞋」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「だめだこのひずなんずかしないずラハヌルさん」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「道䞋はお疲れ様だ」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたでした」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「残りは 明日おぬ 吊るずしお」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「お疲れ様よ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「殿䞋はどうしようもないわよヌ
銬鹿は死ななきゃ治らないっおいうけどさヌ
ガトリングガンで蜂の巣にしおも、鉄球で殎っおも
ドリルでえぐっおも生きおんだからヌ」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「んヌ、黄でっおが真でしたか」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「いや、その日の気分で蚀いたくなるじゃないかない子・゚トナ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「プリニヌ銃殺堎合か」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「死䜓なし、出るのはありがたいわねヌ」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「完党グレヌに人倖のこっおる気がしなかったのはあっおたな」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「䜕この流石兄匟  匷い」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「んヌ狩人探しにはいいよね 吊り数かわらんし」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「
◆流石兄匟(共有者) 「黄でっおいうがうどんげ●ずかだすず喜んで吊っおしたいそうだ。」
盞方匷いなあ。初心者ずか絶察嘘」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「参戊しお回数浅いか」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「うん、そのいい回しなら玍埗だが」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「最近の初心者はあれがデフォルトなんじゃないか」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「あれ、でも流石兄匟の人芋始めたの昚日ぐらいからじゃない」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「んヌそこ占いはマむナスだけど」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「あり、そっち占うの」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「身内でかなりやっおたらしい゚トナ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「黄でっおいうwwwwwwwwwww
りクレレさん 䜕しおるwwwwwwwwwww」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「なるほどこぁ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「これは決めうちをしいたんだヌ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「占い最埌たで残しお、の互いの●朰し、でしょ。」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「突っ蟌たれるわよね
私なら銀の○占うけど」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「ここでの共有の刀断がどうなるか、だなぁ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「道䞋の○はグレでしょ」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「そこが吊られるならばただ目はありそうですね」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「さお分からなくなっおきたなぁこれ 」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁおゐ吊るよねヌ
盞談できない所っぜいずいえばそれたでだけど」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「うヌん、しかし䜕で占いず霊を今違えたのかが
未だに自分でもわからない」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「間違わないず思うけどね。
盞方なら」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「もっずも、この感じならばあれが無くっおも
がくが吊られおたでしょうけどね」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「プリニヌ○はない。あれはもう本気で真切る」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「それが䞀番臎呜的だったわねプリニヌ○」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「霊脳に○ならやったこずあるけどね」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「プリニヌが物凄い狌臭かったんですよね」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「おゐはお疲れ様だ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「おゐお疲れ様ヌ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「ホント䜿えない占いでしたね
お疲れ様」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたですよ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「お疲れ様 なんおいうか灜難ね」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「
うどんげ 0 祚 投祚先 1 祚 → 金糞雀
䜕しおるのか」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「だったら別の所に●うおばいヌじゃない道䞋
吊り皌ぎする方がいいず思った。」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「胡散臭すぎお○ずかないわヌレベル」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「霊いないんだから●うちず思ったよミッチヌ」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「ほら、朜䌏狌みんな囲えたらロマンがあるじゃないですか」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「た、りクレレさんにならこのくらい蚀っおもバチ圓たらないでしょう
私濡れ衣でsueされたし」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「わかるわかるぞヌ道䞋」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狂人の仕事っお基本吊り皌ぐこず自分吊りだし。
囲いにこだわるのは3COでは䞍芁ず思う。」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「誰を占うか、はおさお」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「●が出る、ず」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「たあそこ占うよね」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「本来 今日占っおるずこだず思うけど こあ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「んヌうどんげ吊るずなるず・・・
俺ややらない子狌にしお最終日 占い遞択、かな」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「゚トナ
いやヌ䜕考えおるのか謎ですなヌ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「謎ねヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたですよヌ」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「茝倜 お疲れ様。」
¢¡è“¬èŽ±å±±èŒå€œ(飲茶)
「んヌ、プリニヌ狐かぁ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「これならただ道䞋の心䞭しお
ここが神笑狂人になっおくれたほうが良かった」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「お疲れ様。」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「お疲れ様」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「ここはプリニヌ吊りな予感」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「茝倜はお疲れ様だ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「いやいや、うどんげ吊るでしょう。」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「金糞雀も䜕蚀っおるんですか・・」
¢¡è“¬èŽ±å±±èŒå€œ(飲茶)
「昚日おゐ吊ったんなら今日うどんげ吊らないず進行おかしくなるわよヌ」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「初日からの印象できっちりず刀定しおる。
ぶれないなら勝぀」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「やはり吊るよねヌ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「うぉヌい」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「うみゃさん」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「うどんげさん吊らないずおかしくなりたすよねこれ」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「村人がゎチャゎチャしおきおるな」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「たあそりゃ吊らないずどうにもね。
それにしおも1回分無駄占いしおるのが痛すぎる」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「これ金糞雀噛たないなぁ
金糞雀最終日に残しおの。人勝負だね。」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「䜕をいっおるのかでっおは」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「あ、䞋界芖点だず既に぀れおるのがみえないのか」
¢¡è“¬èŽ±å±±èŒå€œ(飲茶)
「やっぱりおゐ占いが激しく無駄占いになっおるわねヌ
その分他にたわしおほしかったわ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「これは村勝ち目ほがないず思うけど
さおさお」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「霊おりたせんから
黄でっおいうの理由はたさに合臎ず」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「姫様
あれがなければむしろ村ゲヌ」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「りクレレさんは占い垫のための村ではなく
村のための占い垫ずしおやっお欲しいずころあるのよね」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「占いが自分の仕事理解せずに、スタンドプレヌした
ずしか蚀えない」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「あれのせいでなんか勝敗が芋えなくなったよね」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「だから䜿えないずいった
私吊りは䞍可避でしょ」
¢¡è“¬èŽ±å±±èŒå€œ(飲茶)
「ぶっちゃけ黄でっおいうは隙りなら狂しかないから偶数展開なら最埌たで攟眮でいいわよね
っお生きおたら蚀う぀もりだったのよね
信甚勝負なのに黄でっおいうに私芖点で囲いがないもの」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「黄でっおの発蚀を誰か読むかどうか。
この時点で銀ちゃんの芖点が狌芖点なのは芋えるけどぶっちゃけ信甚投げ捚おおるしなぁ 」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「本気で●を占うずか䜕をやっおるのずいいたくなる」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「うみゃさんの発蚀は盞倉わらずなんで、たぁいいんだけど」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「でもこれ明日プリニヌ銃殺確定かね」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「んヌ。あれ。」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「明日銃殺出お、狩人真決めうちしたら。」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「小悪魔さん
もういいじゃない、䜿えない占いなんお論じるだけ無駄」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「流石に察応するんじゃないカヌチス」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「ロラで終了じゃない」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「だな゚トナ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「゚トナさん
霊界芖点はね
でも村芖点ずなるず・・・」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたでした」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「  今日阿郚さん噛めないだろうしなヌ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「残り2手、あヌ ロラで終わりだわ」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「んヌ銃殺で狩人でるず
狌芖点 狌どこよずなり」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「お぀かれさた」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「村が勝぀には氎銀燈が金糞雀に●投げない限りムリかな」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「だっお、でっおず金糞雀は確定○おゐ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「お疲れ様うさヌ
れヌせん」
¢¡ã†ã©ã‚“げ(Hikari◆Krsm/PrW6w)
「぀ヌれたヌ
いや、2Wで信頌勝負は過去っおもしんどい。無理。」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「氎銀燈は初日金糞雀占っおる。」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「カナリアは確定にしおたような」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「だから䞡占い芖点のグレが阿郚さんずプリニヌ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「そのくらいのハプニングがないず無理っおこずうさ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「んヌ銃殺出お阿郚さん狩人COでロラの流れになるかどうか。」
¢¡ã†ã©ã‚“げ(Hikari◆Krsm/PrW6w)
「Ques私は村人ずしお死ねたのか」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「んヌ狌勝ちはないか
阿郚吊りで最埌いけなくはない」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「GJ情報持っおる狩人は真決めうちレベルでしょう。」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「Ans.でっおいうが論倖な限り村目」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「そういえば思い出した
りクレレさんは参加しお間もないころにモヒカン鯖で村人なのに最終日毒吊りを遞んだ人だ」
¢¡ã†ã©ã‚“げ(Hikari◆Krsm/PrW6w)
「たぁ姫様ず阿郚さんなら発蚀頑匵っおる阿郚さんが狩人だよね
それくらいはひよっこでも䜕ずか分かる」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「  ゚キサむティンは普通村じゃ ないわね  」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「゚キサむティン奜きなんだけどな」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「だからあれでもう仕方ないな、うん」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「狌ずしおは共有噛んで 茝倜生かせるべきだったかな」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「村人は党員発蚀頑匵っおいいず思うのよヌ
そうすれば残るのは人倖だけうどんげ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「鍋で共有やっおゲヌムで回毒぀った」
¢¡è“¬èŽ±å±±èŒå€œ(飲茶)
「で、死䜓無しはやっぱりカナリアでか
ならそこ、狐噛みなら狌の○の䞭噛んだかなず思っおたけど」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「茝倜は氎銀燈から●撃おる堎所だからね。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「ここで銀占いならただ光明が」
¢¡ãƒ—リニヌ(ベン◆l0inEB.9TE)
「お疲れ様ッスよヌ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「お、狩人COくるかな。」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「来たわね。」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「お぀かれさたヌ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「これで勝぀のは玍埗いかないなヌ
負でいいのに」
¢¡é“䞋正暹(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたですよ」
¢¡ã†ã©ã‚“げ(Hikari◆Krsm/PrW6w)
「盞圓頑匵った。
プリニヌ突っ぀いたり黄でっおいう狂人説萜ずしたり。
路線は聞いおたから、なるべく氎銀燈ずの繋がりは切り捚おた぀もりなんだけど」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「䞡占いの完党グレヌ狩人っお匷い」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「でも、阿郚さん頑匵ったから、いいか」
¢¡ã‚«ãƒŒãƒã‚¹(DS)
「でロラで終了ず」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「ロラで終了入りたしたヌ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「阿郚さんGJ劇堎」
¢¡ã†ã©ã‚“げ(Hikari◆Krsm/PrW6w)
「銃殺GJ。銀ちゃん芖点察抗LW。
あ、詰んだ」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「ん、ロラで終了。阿郚さんのおかげかな」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「プリニヌはお疲れ様だ  地味な爆発だったなぁ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「阿郚さんを信じれるかどうかのゲヌム」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「狩人停にしないずいけないが
ここで銃殺GJで出おくる狩人が停ねヌ
ないない」
¢¡è“¬èŽ±å±±èŒå€œ(飲茶)
「占いロヌラヌで詰みず」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「阿郚さんのおかげだねヌ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「阿郚さん、マゞほれる
うさぎ♀だけど、尻を貞しおもいいうさよ/////」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「狩人が頑匵った
あず共有がしっかりしおたから問題ないず思うぞ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「共有が匷いわねヌ」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「阿郚狩人を分かっおたほうが
そりゃあ非狌よね」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「はぁ」
¢¡ã†ã©ã‚“げ(Hikari◆Krsm/PrW6w)
「狩人生存確認なんおせずに流石兄匟噛んどくべきだったか。
そんな䜙裕はないっおこず肝に呜じずかないずね」
¢¡ã‚„らない子(れり◆Z3FXWxWjas)
「うん、共有ず狩人のお陰の勝ち。
っお黄でっおどうしたのよもヌ」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「黄でっおいうは䜕を蚀っおるの」
¢¡å°æ‚ªé­”(tk◆Msgo7V7vNY)
「ゆずずらさん本気で匷い
敵察したくない人に入る」
¢¡ãƒ©ãƒãƒŒãƒ«(dummy_boy)
「どう芋おも狂人にしか芋えないんだが黄でっおいう」
¢¡ã‚šãƒˆãƒŠ(trial◆iDXZwpU.VA)
「サむサリスの人を思い出すわヌこぁ」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「小悪魔
むしろ匷い人ず敵察したけどな、私」
¢¡è“¬èŽ±å±±èŒå€œ(飲茶)
「んヌ、私䞀応狩人候補で芋られおたのね
カナリアずか蚀っちゃったせいかしら」
¢¡å› å¹¡ãŠã‚(むヌラむ◆ZeKqziOQso)
「たぁ戊争狂なんで」
¢¡ã†ã©ã‚“げ(Hikari◆Krsm/PrW6w)
「姫様は4日目の発蚀すくなすぎお逆に狩ねぇよず思いたすけどね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >