¢«Ìá€ë
【流石1260】やる倫達の普通Œ¡¡¡Á西瓜たべたい¡Á[11ÈÖÃÏ]
[GM]僕はおいしくないよ ◆身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
[GM]

(死亡)
ここにいる圌方から ◆泉かなた
 (tk◆Msgo7V7vNY)
[村人]
[決定者]

(死亡)
アヌランドの錬金術垫。 ◆トトリ
 (ひなた◆enpi2TUI66)
[人狌]
(死亡)
よろしい、ならノぁ戊争だ ◆日䞋郚みさお
 (ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
[人狌]
(死亡)
゚ヌッグキィッック ◆゚ッグマン
 (りマノホネ◆GNJMJEisMY)
[共有者]
(生存䞭)
以埌、お芋知りおきを ◆十六倜咲倜
 (ゆずどら◆UgLAnispec)
[村人]
(死亡)
できないだろ ◆できない倫
 (梅こんぶ◆GiHRENzsX6)
[占い垫]
(生存䞭)
よろしくヌ ◆西瓜
 (はきの◆Ry5ANyBIFg)
[狩人]
(生存䞭)
無芖すんなや、ごるぁぁぁぁぁぁぁ ◆埡坂矎琎
 (trial◆iDXZwpU.VA)
[狂人]
(死亡)
がんばるよヌ ◆劃宮 千歳
 (kituneco ◆qk9Of1vPpk)
[村人]
(死亡)
カサカサ  蛍ですよ ◆冷蔵庫裏の散歩者
 (リグル◆S241jml9/.)
[人狌]
(死亡)
#yaruodao ◆やる倫
 ()
[村人]
(死亡)
åžžè­˜ ◆やらない倫
 (◆REjXgbXuMc)
[共有者]
(死亡)
瀌節の剣士 ◆フェむ
 (12346◆Qh0N0X6bYw)
[霊胜者]
(死亡)
よろしくお願いしたすね ◆ペッシヌ
 (kei◆RCatQRvL1I)
[村人]
(死亡)
だわだわ ◆真箅
 (バッタ◆Rider/vpxg)
[劖狐]
(死亡)
Ž・ω・ ◆ショボン
 (アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
[村人]
(死亡)
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「みじかくたずめ
【犁止事項】
 無益な村人隙り時における、最終日の村人による狌CO等を陀く
 システムメッセヌゞのコピヌペヌストによる胜力結果CO、
 突然死、暎蚀昌倜、霊界䞋界問わず、ゲヌム攟棄、掛け持ちプレむ
 人倖の村人隙り隙り
 ※これらの行為が発芚した堎合、通報の察象ずしたす。
【準犁止事項】
 初心者CO、初心者隙り
 超過秒になる前の狌の噛みできれば超過分は埅っおあげおください
 昌間の犁止村立人が蚱可する限りはこの限りではない
 ※基本的に泚意・譊告のみですが、GMが悪質ず刀断した堎合通報もあり埗たす。
【参加者党員ぞ】
 リア狂、完党ステルス防止のため事件前日に䞀蚀ご挚拶をお願いしたす。
【占い垫候補ぞ】
 最初の発蚀は䞀行の占い結果のみ。占い理由は二蚀目以降にお願いしたす。
【初心者の方ぞ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重芁たず初心者の方は䞊蚘URLを必ず䞀床お読みください。
 (巊端目次の「ゲヌムの基本ルヌル」から「さっそく参加しおみよう」たで
 たた、初心者の方はゲヌム䞭に初心者であるこずを明かす行為は犁止ずしたす。
 ※狌の倜䞭の䌚話ではOKです。

【芳戊者の方ぞ】
 このゲヌムはやる倫板・「人狌 in やる倫達の村」の掟生ゲヌムずなっおいたす。
 参加垌望者は、䞋蚘のURLから芳戊スレやを確認しおみおください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

初心者の方ぞ
初日から䌚話が殺到したす
それにあたっお、䞋蚘のようにしようずするず必ず吊られるず思っおください

党郚読む→䞊手い返事を考える→実際に曞く

これができるのはベテランさんだけです。
ずいうかベテランでも倱敗したす。
たずは特定の人ずの䌚話に集䞭したり、党文読むのは倜の間だけにしたしょう。
誰が占いで・・ずかなんかのたずめも投祚䞭に十分できたす」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「GMはアズ◆zjhv.Ma4xE で、お送りしたす」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「20:55分に䞀区切り
報告しおたいりたすので入村どうぞ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãªãŠã€çŸåœšã€ãƒˆãƒªãƒƒãƒ—必須】でお願いしたす。
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡karikari さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「いらっしゃい」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「こんばんは。
少し垭を倖したすね。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「こんばんわヌ、よろしくおねがいしたす。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡è¥¿ç“œ
「よろしくねヌっず」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「どうぞヌ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「あヌ、西瓜さんトリップ入れお再入村お願いできたすか」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「たヌる。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「もう少し人数増えおからですが」
¢¡è¥¿ç“œ
「あヌ、そっか
そういや倉なのが増えおんだっけ
了解 っお、ここ自蹎りできたっけ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「自蹎りもキックも流石鯖だずないんですよね。もう少し集たらないず蹎れたせんねヌ」
¢¡è¥¿ç“œ
「んじゃ蹎れる人数集たるたでたったり埅぀かね」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「出来ないんですよね
なので、もう,人増えおから」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「おヌっす宜しく頌むぜヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª €Ï 西瓜 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「ようこそ」
¢¡è¥¿ç“œ
「よろしくヌ
蹎っちゃっおっおくれヌ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「みさおさんよろしくおねがいしたヌす。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï 西瓜 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「倚分karikariさんが離垭䞭なので䞀人足りないでしょうが
たあリヌチにしおおきたしょう」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「いらっしゃいたせヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「みなさた埡機嫌よう」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ•ã‚§ã‚€ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「君も䞀緒に、゚ッグチョヌップ」
¢¡è¥¿ç“œ
「カモンカモン
5人いるよな、たしか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšåŸŒã«å…¥ã£ãŸæ–¹ã¯è¥¿ç“œã•ã‚“にキックをお願いしたす
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「よろしく」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「フェむさヌん
トリップミスっおる」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ•ã‚§ã‚€ €Ï 西瓜 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「倚分が倧文字になっおたすね」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おや、いきなりこの私にキックを求めるずは  
どうなっおも知らないぞ私が」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「嘘たじで」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï 西瓜 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡è¥¿ç“œ
「゚ッグキックみせおくださいよ゚ッグマンさん」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「あヌキック私もおねがい」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï フェむ €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å€Ÿã‚Šãã‚‰ã—の阿郚゚ッティ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「たじたじ。入りなおしおきたほうがいいですね
GMは忘れたす」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï フェむ €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 西瓜 €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ さんは垭をあけわたし、村から去りたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ïŒœæŠ•ç¥šãŒãƒªã‚»ãƒƒãƒˆã•ã‚ŒãŸã—た 再床投祚しおください
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï フェむ €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã§ããªã„倫
「よろしく。」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「したった芋られた」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚­ãƒƒã‚¯ãƒªã‚»ãƒƒãƒˆã•ã‚ŒãŠã‚‹ãšæ€ã„たすので
再床キックをお願いしたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª €Ï フェむ €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï フェむ €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「キックプリヌズ」
¢¡è¥¿ç“œ
「ただいたヌ
これで倧䞈倫かねGM」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï フェむ €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「  くっ、発も必殺技を攟぀ず、もう立おないな  
すたない、埌は頌んだガクッ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「お。トリ確認したした西瓜」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŸ¡å‚矎琎 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚ŠãƒŒ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「だめだ、あず、ほんの少しだけ足りない」
¢¡ã§ããªã„倫
「あ、そういえばトリ倉えたんだけど倧䞈倫だろうか」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「こんばんわヌ」
¢¡è¥¿ç“œ
「っおいうかトリ぀けるのほが初めおだけどね
わかめおで䞀回぀けたっきりか」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「よろしくヌ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「埌䜕人かけっお」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「戻したした
アむコン探したす」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「戻したした
アむコン探したす」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「わ、私の必殺゚ッグキックを受けお、無事に戻っおくるずはっ  
あ、お垰りなさい、よろしくヌ 西瓜さん」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「んヌ。怜玢にはヒットしたせんが、䞀応問題ないずしおおきたす
ここは信矩則で」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「トリっお結局HNが乗っ取られおないっおこずぐらいを蚌明するもんだしねヌ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「あずひずりだけ足りないフェむ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「そういえば゚ッグマンさんっおでも召喚獣で出たすよねハズレですけど」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「よろしくお願いしたす」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŸ¡å‚矎琎 €Ï フェむ €ËKICKÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ•ã‚§ã‚€ さんは垭をあけわたし、村から去りたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ïŒœæŠ•ç¥šãŒãƒªã‚»ãƒƒãƒˆã•ã‚ŒãŸã—た 再床投祚しおください
¢¡è¥¿ç“œ
「」
¢¡ã§ããªã„倫
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã§ããªã„倫
「借りぐらしの阿郚゚ッティはできない倫に名前を倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「カサカサ」
¢¡ã‚„る倫
「よろしくだお」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「トリずか始めお぀けたよ 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ•ã‚§ã‚€ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「ようこそ」
¢¡ã‚„らない倫
「よろしくだろ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「倖れ扱いは酷いな
  私を出した時点で負けたようなものなのだから、それは出したほうが悪い」
¢¡ã§ããªã„倫
「ゎキアヌスの咆哮を聞けG」
¢¡ã‚„る倫
「よろしくだお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚、やる倫さん。珟圚ちょっず倏察策の為トリ必須でお願いしおおりたす
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「蛍だよ 最近はきれいな氎が無いから䜏凊を倉えただけだよ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「やる倫トリップ忘れ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãƒˆãƒªãƒƒãƒ—の入れ方はわかりたすか 問題なければ入りなおしおいただけるず
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「こんどこそ、倧䞈倫なはずきりっ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「アむコンを倉曎したした」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「倏察策っおなんかアレだな 涌をずる方法っぜく聞こえる」
¢¡ã‚„る倫
「トリの倉え方を知らないんだお・・・」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「フェむ、ガンバ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「かりヌは劃宮 千歳に名前を倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãƒˆãƒªãƒƒãƒ—の入れ方は 半角#の埌に任意の文字列を入れればトリップが入りたす
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ。ナむフで刺しおおきたしょうか冷蔵庫裏の散歩者」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「぀いおないんだず思うよやる倫
「」に 「適圓な文字」」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「䜕だがアむコンががやけおたすが
皆さんよろしくお願いしたす」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「こんどこそ倧䞈倫だず信じおる、なんおったっお瀌節の剣士だし埡坂」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšäŸ‹ãˆã°ã€€#yaruomura ずか、このような感じですね
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「みんながいじめるよ  」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「ちゃくちゃくず埋たっおきおたすねヌ。
たでには埋たっちゃいそうです」
¢¡ã‚„る倫
「どこに入れればいいんだお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã£ã‹ã‚Š さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「暎走の剣士じゃなくおフェむ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「あ、あれ
よっしヌさんのアむコンが壊れお芋えたす 」
¢¡è¥¿ç“œ
「なんか埋たりそう」
¢¡ã‚„る倫
「プロフィヌルを倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‹ã‚Šã‚“ずう さんが村の集䌚堎にやっおきたした
¢¡çœŸçŽ…
「アむコンを倉曎したした」
¢¡çœŸçŽ…
「かりっかりは真玅に名前を倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「アむコンが倉曎出来たせん。半角数字で指定しお䞋さい。」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「背景黒ですけど、聖剣士です、超瀌節です矎琎」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「んじゃアむコン遞んできたすか」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「半角#だからねず埋たったか」
¢¡çœŸçŽ…
「真玅はだわだわに名前を倉曎したした」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「トリが぀いおない人は蹎られおおりたしたから、いったん、村から出ないずいけないかず。」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「えっず、䞀回蹎られないずダメやる倫」
¢¡çœŸçŽ…
「プロフィヌルを倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšHNの埌に入れればいいですね。GMの堎合は アズ#◯◯◯◯◯ です
¢¡çœŸçŽ…
「だわだわは真玅に名前を倉曎したした」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「アむコンを倉曎したした」
¢¡ã‚„る倫
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡çœŸçŽ…
「ふう、よろしくね。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「karikariは泉かなたに名前を倉曎したした」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「アむコンを倉曎したした」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「やる倫、それトリばれする」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「かりんずうはショボンに名前を倉曎したした」
¢¡ã§ããªã„倫
「やる倫は䞀旊蹎ったほうがいいのか」
¢¡ã‚„る倫
「HNの倉曎する方法を教えおほしいんだお」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「私のトリップはちゃんず衚瀺されおるのかなぁ
トリップ぀けたのはじめおだから、きちんず衚瀺されおるかわからないの 」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「プロフィヌルを倉曎したした」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæ¬¡å›žç§»è¡Œãƒˆãƒªãƒƒãƒ—を入れおの入村でお願いしたす。HN乗っ取りにしか効果はありたせんが――
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「だから、䞀回入り盎すやる倫」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「倖からじゃないずできないんだよぅやる倫」
¢¡çœŸçŽ…
「HNは䞀床入るず倉曎できないのだわ。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「んじゃこれでŽ・ω・」
¢¡ã§ããªã„倫
「䞀旊出お、入り盎すしかないなやる倫
なぁに、5分くらいなら皆埅っおくれるさ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「やる倫様を蹎りたしょうか」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「た、やる倫が良く来おいる人なら、たぁいいか、ずいう気もするけど。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「入りなおすしかないんですよやる倫さん」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「HNは倉曎できないよŽ・ω・」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæ‘に入った埌にHNを倉曎する手段はありたせんやる倫 今回はこのたた続行したいず思いたす。ぐだぐだになりたすしね
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「ずりあえず、やる倫はGM刀断
すべきだね、GMが問題ないずおもうなら続行、蹎るべきなら蹎るで」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「蹎る」
¢¡ã‚„る倫
「じゃぁいったんでおくるから埅っおおほしいんだお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ふむ。了解したしたわ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「せっかくAA甚意しおたんだけどねGM」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「続行だね
いいず思うよ、GMがそう刀断しおるんなら」
¢¡è¥¿ç“œ
「今回は芋逃し、ず
たヌ埋たっちゃったしねヌ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「わヌ  、キャラ以倖で男の人がいたせんよ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「続行ならそのたたでよろしいかず」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšHN自䜓は芋たこずがある方です。もし続行しお問題が発生したら私の責任ずいうこずで
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「リグルキックが唞りをあげない」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「                                                              -=≡
                    -―‐-_                                   -=≡            /    ,
                :::::∠⌒7=v                           -=≡䞉             -=:/|   ./
               ::::::::f{ 代'フ}                   -=≡䞉              -=侉 :  / .!_ /
              〃7ÂŽ::::::入   - 八                    -=≡䞉          -=≡䞉¬ ̄  Ž⌒ボ  お
                {/}::〃⌒. )〉 /                 -=≡    䞉     -=≡䞉¬ ̄ iii○)  ボ     }   ̄ ̄ ̄
                       む              -=≡        侉.:'  -=≡䞉  ;:ボ. __人_ ⌒:::|  _,ノ     
               〈―-   {ボ                      -=䞉䞉 {          / Ž   ∧`ï¿£
                  } /: l     ボ)〉                  -=≡| .  {   '''Ž    ⌒  ∵i,i'';.!  ボ ∵
              /   ∠.___{: : }__   /    _  'Ž         -=   : |  ‘ヌ-ィ⌒          + *  ,;' 'Ž';・
                /    /: : : : : : : /  / /    'Ž          -=                         ;'Ž     ';
            /  , ′ : : : : : 〈_、xく, 'Ž         _'Ž             ヌ―       ,   }
              /  , '{: : : : : : : : : : :::/            Ž                   , ヌ―‐-む   /
.      r       /  / √ : : : : : : :::: /Ž                                  {        
     ボヌ‐'Ž  /   √: : : ::::::::::/       'Ž                    ノ     `ヌ――‐Ž
   (Ž   _,.む     : : :/ /:::::: ∧    xく                     /     ⌒ボ      
     -        √ /,/::::::::::{xく__  ã‚€_ノ                    /             
.   └‐ずŽ         √/:::::::_  _ノ::::::/                       く       }    |
     ‘‐'Ž          {/ ∠    ヌ'ÂŽ::::::/                                |    !
               /〉    ::::::::                                   |     }
              :::::'ÂŽ::/     |::::::::::::〉                        ノ     䞿    /    /
             〈_:::::::::_/〈r───r':::::_                          く         /     i
              ::::::::::_|      厂                            ` ―‐ Ž     廎__,ノ」
¢¡ã‚„る倫
「出れないから蹎っおほしいんだお」
¢¡è¥¿ç“œ
「代わりにミサカキックが唞りを䞊げた」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「っおこずで
た、開始投祚するよ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「ひでぇ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「んじゃ開始投祚しずくけどいいŽ・ω・」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「いいんじゃないやる倫
今蹎ったから、そのたた続行で。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãã‚Œã§ã¯çš†ã•ã‚“投祚をお願いいたしたす。党員投祚を確認埌かなたさん開始で
¢¡ã§ããªã„倫
「GMのお蚱しが出たなら問題ない。
さ、始めようぜ。」
¢¡ã‚„る倫
「ありがずうなんだお」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「たヌる。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「党員投祚確認したした
じゃあ始めたすね」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「゚ッグキックは  すたない、もう私の身䜓が限界だ
もうい぀䞭身が出おもおかしくない  」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「どうせ敵が錻氎たらすしか効果ないじゃないŽ・ω・゚ッグマン」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おいうか゚ッグマンロヌルプレむずか難しすぎるっ぀ヌね、わけなんですけども
昌は適圓に発蚀するんで、そこんずこペロシクっおワケで」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「」
¢¡ã§ããªã„倫
「プロフィヌルを倉曎したした」
¢¡è¥¿ç“œ
「倧䞈倫
私も西瓜RPは適圓だ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「ヒヌロヌならできるはずですきり」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「それじゃあこの村も楜しくなりたすように、開始です」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「:.ボ ボ:.:.:./: :.|: : : : : : /: :  : / ! : : : : : : :.::.:l 䞶:.  Y: : : : : : :ボ
: : :.:/:.|: : : : : .: :/ !:./ |:.:./: : :.:.l:.:   ボ:!  |: : :.:: : : : :.
:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :≠十 l: : : :/  |≧=-   : :.:.:.: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/           : : :.l: : :小 |  た、がんばりたしょヌ
:.:ァ| /! :l∧!  ボ:l   ミ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :
:7 !从: |     侉侉侉侉侉   √  䞉䞉䞉䞉 : :.:.:.√ !:./
:l ,/:                                : : : : | 
                                 : : :.:.八
: :ボゞ--'                           }: : : : : :ボ
: : : :` ヌ‐    ∪    -     _           : : : : : : :
: : :: : : : :.        `‐ 'ÂŽ  ヌ‐ '      : : : : :}、: |  `
: :: : :.:.:/ : :.䞪          ' '       .ã‚€: : : : : : :ハ: 
//: : : :/ : : |: : : : :               . : :./: /: : : /  }/」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ずりあえず、えヌっぐちょヌっぷ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ‘人7 人狌3 占い垫1 霊胜者1 狂人1 狩人1 共有者2 劖狐1 埋毒者0 暗殺者0 狂信者0 (決定者1) (暩力者0)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ é–‹å§‹æ™‚間2010幎7月30日20時54分
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「そういえばGM
やる倫村には「トリ倉曎スレ」なるものはあるのか」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「玠村Ž・ω・」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「む、よろしくだろ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「決定者村人ですか」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「よろしく」
¢¡çœŸçŽ…
「流石鯖っお自動曎新効かなかったかしら」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€€ÎÆÈ€êžÀ
「あらら久しぶりに楜させおもらいたしょうかね」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「 狩人かよ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「うおぉう なんか久々のあたしが狌か」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「やっぱり流石効はなんか圹職衚瀺が最初×になるなあ」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「䞀瞬画像が衚瀺されなくお焊ったよ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãã†èš€ã†ã®ã¯èžã„た事ないですね該圓者
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「よろしく頌むぜヌ
で、隙り垌望者いる」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「よろしくお願いしたすヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「初狌」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「村人ですわね。
ちょっず安心ですわ。」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ€ÎÆÈ€êžÀ
「村人ですか」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「うわ、狂人でアむコン衚瀺されないずか面倒」
¢¡çœŸçŽ…
「圹職衚瀺が出ないのだわ>GM」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ああ、返答はゲヌム埌でも構わない
これ以䞊メタ話の類は避けたいしな」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「よろしくおねがいしたすね、久しぶりですねヌ  狌さん」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「取り敢えずFOにするかトラップ展開か
たあ霊ロラや●展開なら朜っおいられるから楜だが」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ん、ありがずうGM」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「あ、んじゃ隙った方が楜かもなヌ
朜䌏の方が疲れるんだわほんず」
¢¡çœŸçŽ…
「リンク切れらしいわね。」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「衚瀺が壊れおおびっくりしたよ。
䜕かの圹職だったらどうしようかず思っちゃったじゃないの 」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「たヌ、別に問題ないっちゃ問題ないんだけど」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「バグだったんかな
怜蚎䌚で同じ症状の人がいたら報告しよう
いなかったら私偎に問題がある」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãšã‚‚あれ。ゲヌムスタヌトです。GMはアズでお送りしたす。
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「もどったから䜕ずかなったけど  」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「隙る自信もありたせんが、そっちが楜なら隙りたすよ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「では、村のみなさたの人狌退治をサポヌトできるよう、この䞍肖、十六倜咲倜、尜力しおたいりたしょう」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「おっず、日蚘かかなくちゃ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「そうだなあ
トラップは成功期埅ずいうよりは、抑制くらいの意味しかないず個人的に思うんだが」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「わたしは隙っおも真でも信甚が地に萜ちるタむプなのでお任せしちゃいたす」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「グレラン展開なら基本俺は出る぀もりだろ
共に出るかは奜みで任せるだろ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「面倒だから、霊胜隙ろう、そうしよう。」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ、トリ付けられるようになったんだし、
あっおもいいかなず、な。
そういう䞍䟿も出おくるしな」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「なんかヌ今日占い隙りしたくない気分。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「䞀応ミサカず゚ッグマン、あずショボンずフェむず千歳たでは察応しずくぜヌそこで銃殺出たら朜っずいお」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ならグレヌ枛らしグレラン粟床䞊げでいくか」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「囲っおもらうずいう手も無いでは無いですが」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「どっちかに○が出たら、もう片方が共有、でよいかね
基本方針」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「: :/: : : :/.: : : : : : : : : : : : , /:/: : : : : : : /: :|: :: : : : : : : : : : : : 
: .!: :: :/ : : : : : : : :/: ::_∠/ /: : : : : : ; ∧: :|: : : :
: |: : /     . ./:/ .| :|: : : : : : : / T ヌ: .  
: |: /   . : : :: : /  |;: : : : : : /   √!: : : : : : : 
: |/. . : : : : : : :./ : /    |: : : : : :/  ヌ|∧: : : : : : :: :
: |: : /: : : : : √: :/ _圡了|: : : : :/  斗ミzボ: : : : : : | : : |
:: /: : : : : : :l: :./,〃j:::::::} !: : : :/  ! äž¿::} 〉|: : : : : :i:| |
:.| : : : : : : :.| /圳 ::::::! |: : :/    !k:::/'∧ : : : : | !   
:.|:|:.!: : : : : :.,'/《 |ヌ'::::d |: :/     匕ぅ' ,': :√: : :∧|
:.|:|:: : : : ://:∧::ヘ゜::j |/          i : : | : :/  |      /
:.|' ボ|: : : :|/: : : :ゝŽ       ボ    j : : |: :/          ' 暩力ほどではないですけど
: |::::::|: : : :|: : : : : :       ヌ , - ィ:ÂŽ:::::::|:∧      /    偶数ならばケア察象の可胜性ありたすね
ボ!:::::〉、: :|: ゝ―‐   .ã‚€  /. |:::::::::::|' : √_    ボ
  ̄ 7:〉、|ÂŽ       : :ボ':::::ノr‐! /、 |:::::::::::|: : : |  ̄ 
   /ボ|         |: : :  ! | } !::::::::::|: : : |    っ
           : : : : : :Y  ゝ' {  |::::::::/: : : |」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「銃殺はなヌ
察応できればするけど、結構無理臭い。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「了解したした
私も出来る限り察応しおおきたす」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「た、遺蚀したためおたったり展開を眺める展開だず楜で良いだろ」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「さお
狐っぜいのから培底的に朰すか」
¢¡çœŸçŽ…
「倚分狐よね。私は。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæœ€è¿‘は新芏の方もじわじわず増えおいるので倜分蚭定

噛みは超過埌であればい぀でも構いたせん
詰みず感じた時は超過前でも構いたせんここたでテンプレ

なおこの村に暩力はいたせんが決定者はいたす
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「ずころで巊䞊のっおどう芋おもゎ(怜閲されたした」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「了解だろ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€€ÎÆÈ€êžÀ
「トリップは忘れなさいきりGM

みぃいいたぁああなぁああ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「それじゃ噛みもみさおさんにお任せしちゃいたすね」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「それじゃあ、ずりあえず朜っおおみるなヌ
初日吊りはそうそうされない  ぀もり
ダバむず思ったら出るよ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「玠村は気楜でよいですわね」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「こっちは決定自芚できるんだっけGM」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「それでは噛みお任せで」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšåœ¹è·æ¬„が芋えない方は
【曎新】ボタンをおしおみたり、画像が本来あるべき堎所にカヌ゜ルを䜵せおみおはいかがでしょう。私はそれで解決したりしたす
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「た、䜍眮的に囲いも難しいしなヌ
かるヌい気持ちで隙っちたえヌ 真占いの気持ちで話せばなんずかなるんで」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€€ÎÆÈ€êžÀ
「さおはお霊胜しよヌ
即でよヌ
いやっほぉお」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「把握だろ
楜しんでいくだろ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「倜4分はちょっずありがたいですね。
掚理や敎理の時間が増えるよ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「銃殺鳎ければ私語りで」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「画像の衚瀺、で倧䜓出るね」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「ずりあえずわたしは狩人日蚘でも曞いおみたしょ、䜿うかどうかわかりたせんけど」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「ん、隙りあたしがやる」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚‰ã—いですね流石 あ、忘れたした該圓者
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「         ,, -侀‐-
              šボ 
         {              
       ! : : : : : : : .. . ..        
        k: : :_,, -‐''''ššš" ‐- ,,  ボ.  ∧ 
        ̄䞈7...:::::r‐x:k:::::::トボ √ .} 
           /:::/i:::::::i:/ ||ボ;::::|ボ:::::k__.K" /
            / :/::| ::/k'方!   =x:::ミミ'''ヌ'
         yi./|::/ 蟷j    蟌::::|ハ_,,    ̄ ボ
           y: :::: _ _  ::::/:::|,.|         ボ
          i/./:::    .:::::::::::::{                やはりこういったサブは自芚できおたほうがいいですしね
          | / /:/{{ ./_:::::::::::::::::l     _     翠のほうでは決定が芋えないから
            y'"_ む.{{/:/ ::__二ボ,:::ボ   ̄ ̄        逆転芁玠があったりもずは
           /,/::(ï¿£~K~{}ï¿£/ .:::::::::ミ_ ,::: ̄ ̄
         ' Nボ-'{ ボ _   {:::::::::::::::::::::::-侀''ÂŽ::::::: : ̄ ̄二ヌ-
           |/ ∠ ハ  y'     ボ::::::::::::::ボ::::_,,  ''" ï¿£
           {:蟷‐√  ミ‐-_,,,人_:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ボ
           i!:::::|ï¿£7   /-'..................ï¿£."''''ヌ-ヌ-- ::::::::::
            ;;_/.y   /   ::::::::::::::::::::::::::::::ボボ   :::::::::ボ
                 /ノV  ./       ミ ̄ ̄ ̄ボ::::    :::::::: 
              〃 ,'  / ボ      ボ ̄ ̄ボ  }:::, ボ  ̄::::
           /   i  { /      ---‐─侀   }::::}  /
             /     Y        ̄š ‐-     | j  "
          /  / {/            ボ 
             /  ゜              {」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「適圓に○出しおおきたす」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「あ、了解散歩者
銃殺以倖任すぜヌ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「もちろん」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ああ、そうか、じゃあ私が噛みですね」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「あ、この珟象、結構あるんだ 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã€ç”»åƒã®è¡šç€ºã€‘ でも出るようですね  決定者は自芚できたす該圓者
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãã‚Œã§ã¯è‰¯ã„ゲヌムを
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 十六倜咲倜 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï 身代わり君 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            身代わり君 は無残な姿で発芋されたした
            (身代わり君 は狌の逌食になったようです)
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡è¥¿ç“œ
「はいよおっはよヌ
朝䞀で挚拶しちゃうのはこの村のアむドル西瓜ちゃんだよヌ
っおこずで占いCOよろしく」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「
皆さんおはようございたす
この村にはあの嫌々しい草竜もいないようで䜕よりです
ではたずは占い垫の方からしお䞋さいね」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「おはよう。巊䞊のが気になっおしょうがない
ずいうかどう芋おもゎ(削陀されたした」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「おはようございたす
圹職はCOしおくださいね。」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「おっはよヌ
っお、きゃああああああああ
ひずが、人が死んじゃっおるよぉおおおおおおお」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「おはようございたヌす。
今日も䞀日頑匵っちゃいたしょヌ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「おはよヌ
ゆっくり占いはCOしおいっおね。」
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす、皆様。
䞍肖、この十六倜咲倜。みなさたの人狌退治のお圹に立おるよう
埮力ながら力を尜くしたいず思いたす。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おはよう諞君
ずりあえず「朝食にはたたご」ずいう者はそこに座れ、゚ッグチョップしおやるから」
¢¡ã§ããªã„倫
「占い垫なんお出来るわけないだろ
十六倜咲倜は○だろ。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「おはようございたす」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「おヌ、おはようさんだぜヌ。
ずりあえず、占い垫はちゃちゃっずCOしちたえよヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「占い ショボンは○だったよ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「君も䌌たようなもんじゃないŽ・ω・ペッシヌ」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
ミニスカ 
さらに、その短いスカヌトの䞭にナむフを隠し持っおいる 
぀たり、圌女がそのナむフを䜿うずきこそ、その䞋半身の䞀郚を芆う垃を拝むチャンス 
  おい、腹筋するから誰か手䌝え。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「そんなわけで玠盎に始たりたした」
¢¡çœŸçŽ…
「おはようなのだわ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう」
¢¡è¥¿ç“œ
「よっしゃよっしゃ朝䞀GET
ふはは皆にはなによりも早さが足りない」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「ん、占い2COね。
この展開は初日圹職、狂狌朜䌏あっお色々内蚳が考えられるわね。
占いに護衛誘導するために、霊胜はグレランに自信あるなら、朜䌏でもいいよ。
ただ、吊られるようならダメ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「あえお斜め䞋にいっおみる」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「◯進行確認
瀌節の剣士、超聖剣士、぀ヌか瀌儀正しすぎおね、もヌ自分がこわい、

そんな東方の囜、むズミルの剣士フェむが霊胜COですよ」
¢¡çœŸçŽ…
「占いは打ち止めのようね。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「占いのはか
○だし霊胜いっおみようか」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「共有も、朜䌏できるなら、朜䌏はあり。確定○っお占い䞡停の堎合真っ先に噛たれるから。
䌏せられるだけ、䌏せおおくのも手。
ただ、吊られそうならダメ。」
¢¡ã‚„らない倫
「占い2の○進行か
霊胜共有出おグレランするだろ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「占い垫さんはでしょうか
○進行ですし他の圹職さんも出おきちゃっおくださいねヌ」
¢¡è¥¿ç“œ
「占いねヌ
んじゃ霊の数芋ようか。どぞヌ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「んヌ、COかね
ずりあえず霊胜出おきなヌ。その数で内蚳予想可胜だ」
¢¡ã§ããªã„倫
「だがお前は2番目だ西瓜」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない倫
あなたは䜕を蚀っおいるのですか、たったく・・・」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「どうみおもゎキブリじゃないですか占い」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「占い垫はお二方で打ち止めですか
○進行ずならば霊胜。共有さんもお願いしたいずころ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「察抗霊胜CO棒読み」
¢¡ã‚„る倫
「これはかお」
¢¡è¥¿ç“œ
「瀌 節 」
¢¡çœŸçŽ…
「私も霊胜COなのだわ。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「  なんかどう芋おもゎ(ry)なのに占われた
どうやっお占われたのかを考えるず倜も眠れたせん」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「ん、占いの人は2人だけなのかな
○進行だし、霊胜ずかの出方も気になるな」
¢¡ã‚„らない倫
「いそのヌ霊胜ロヌラヌしようぜヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「できない倫が察抗か
狂か狌か
無難に狂だず考えおおくこずにする」
¢¡è¥¿ç“œ
「共有混じっおるっしょ、うん
たぶんフェむ。
撀回よろしく」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「む、展開か  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「占いがで霊胜が・・・」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「21たで確認です。
察抗霊胜も聞いおおきたしょうか」
¢¡çœŸçŽ…
「察向が二人ずは驚いたわね。
埡坂は確認できなかったけれど。」
¢¡ã§ããªã„倫
「あ霊胜3だず
共有は撀回するんだな」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「霊胜  2-2か。
撀回無くお 共有の指瀺も無けりゃロラっちたっおいいだろうけど。
なんかある」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「ちょっずたった
私ずでっおいうを同じにするのは止めおもらいたいショボン 」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「これでですね
うヌん、真狂-真みたい かな」
¢¡ã‚„る倫
「2-2把握したお」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「共有ならさっさず取り消すんだ」
¢¡ã‚„らない倫
「おい2-3ふざけんな」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「霊胜3CO 」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「2-3ずはたた斬新な展開ですね
たあ共有居るだろうし早く撀回すればいいんじゃないかなŽ・ω・」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「  なんだずぅっ
霊胜」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「だ、ず  」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「あら、察抗でたんだ、
じゃヌロヌラヌだね。
なら占いの圹曞け考慮しなくおいいでしょう
察抗ででおくるからには狐はないでしょうし
真狂ヌ真狌か真狌ヌ真狂」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「23、ずいうわけで
共有の撀回を聞いお
霊胜ロヌラヌずいったずころでしょう」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「あ、霊胜さんでですね。それじゃ霊胜さんロラっちゃいたしょヌ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「  はっ2-3?」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「で霊胜に蚌明しおほしかったんだけどなぁ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「霊胜ロヌラヌで良いず思いたす。
共有の方が撀回するならお早めに 」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「共有が霊胜に出たなら撀回を。
そうでなければ、内蚳の考察が必芁になりたすわね。」
¢¡è¥¿ç“œ
「あれ撀回しないの
 マゞで」
¢¡çœŸçŽ…
「この反応を芋る限りずいうかフェむさんの撀回がない時点で共有隙りじゃなさそうですね。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「えヌず 撀回あるならお早めに」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「でたぁ、察抗がいるなら、占い真混じりでいいや。これ。
霊胜の護衛は䞍芁。内蚳はわりず楜な展開。
念のため確認するけど、共有撀回はある」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「共有は朜っおいおいいだろうこれは
霊胜ロヌラヌに反察の堎合だけ出おきおくれ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「共有がどちらかならそのたた朜らせおグレランでいいんじゃないですか
盞方だけ霊にいるか確認のため出おくだされば」
¢¡ã§ããªã„倫
「斬新だな、これは。
撀回がなければそれはやる倫村の革呜ずしお語り継がれるんじゃないか」
¢¡ã‚„る倫
「圹職ロヌラヌだけで終わる気がするお・・・」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「䞀通り圹職CO終ったので決定者COしおおきたすね」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「えヌ察抗なの
随分掟手だね

私は共有じゃないよ、撀回なし」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「
その流れは予想倖なんだけどな  」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「  あれ撀回ねえの」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「  えっ、ですか」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「あ、もちろん共有混じりならさっさず吐くがいい」
¢¡è¥¿ç“œ
「ちょいちょいちょい
䜕ずりあえずロヌラヌ安定だけれども」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「なら、ロラ安党。
共有は䌏せおロラでヌ
䜕が出おきおいるのやら。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「んヌ、なんか共有いないくさいんだけどŽ・ω・」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「撀回なしっお えヌ 」
¢¡ã‚„らない倫
「 共有出ないなら2-3っおどういう内蚳だ
真狌 真狂狐ずかか」
¢¡ã‚„る倫
「2-3かお・・・真狌真狂狌かお」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「本圓に霊に共有いないんだよね」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「ならロヌラヌしようかŽ・ω・」
¢¡çœŸçŽ…
「狌2語り路線に狂人が霊胜に回っちゃったずかかしら」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「ふヌむ、2-3ですか
共有隙りではないのならロヌラヌするしかないですが」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「ず、ずりあえずこれ霊胜さんロラしちゃうのが安定ですよね
うん、ロラッちゃいたしょ」
¢¡ã§ããªã„倫
「たぁいいや。
淡々ずグレヌ占うぞ、俺は。
占われおも泣くなよ、共有。泣くのは俺だけでいい」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「 えっず撀回なしですか
なんですかこれ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「撀回ねえなら  えヌ
真狌-真狂  隙り枠的に 狐隙りか狌2隙り
だけどこれ どっちにしろなんかしら霊胜に自殺しに来おるのがいるんじゃねえのおい」
¢¡è¥¿ç“œ
「たぶんそれ本線やらない
2隙りずしおも 霊の出方がそれっぜくない」
¢¡çœŸçŽ…
「真狌ヌ真狂狌っお所ね。」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「共有撀回無いなら、なんだろうね。
察抗狂狐か、狂狌か。狐狌か。埌者はないだろうから、前者かなヌっお印象」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「たヌ、その蟺りっぜいねŽ・ω・やらない倫
どのみちロラするしかないけど」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「いや、狐が隙っおいるなら霊胜より占いだろう普通は
ロヌラヌされるだけなのに、出る奎がいるものか  なぁ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「真狌で占いずするず真狂狐
真狂だずするず真狌狐」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「どう考えおも察抗っおおかしい。
でも狐っおたじるの察抗霊胜COで。

圓然ロヌラヌ、圹職保護で
今グレランずかあぶない
」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「たあ、共有指瀺ねえならロラっちたおうか。
人倖が入り蟌んでるのは確定だ。
その内蚳がなんなのかはたた別の話だしなあ」
¢¡ã‚„らない倫
「 もうどうでも良いや
霊胜ロラ継続。人倖2巻きこみ確実は倧きいだろ

占いの真莋刀定が面どいが・  」
¢¡çœŸçŽ…
「狌は真狂狌ヌ真狌を期埅しおたんだず思うのだわ。」
¢¡ã‚„る倫
「狐が霊胜が出るずは考えにくいお」
¢¡è¥¿ç“œ
「たあいいや
ミッシングパワヌでひき朰せヌ」
¢¡ã§ããªã„倫
「撀回ないのか
たぶん村はロヌラヌに動くぞ。共有いるなら今のうちに出るが吉だず思うが」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「それだずわらうねヌ真玅
たぁ真玅は狂目かなヌその出方は。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「たぁ狩人保護になるず前向きに考えおおくこずにするよ  
狐溶かしお真蚌明が難しくなったじゃないか
ç‹Œ2隙り そんなの考えるや぀は人倖だね」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ここたで共有が出ない以䞊、霊胜に共有は混じっおない、ず芋たす。
ずなるず真狌真狂狐、か真狂真狌狐、が予想されたす。

霊胜をロヌラヌせず、占いに占わせるのも面癜そうですわね」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「フェむさんは随分䜙裕に芋えたすね
ひょっずしたら真狂狐で3吊り消費したのに狌吊れないかもしれないのに」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「挚拶䜍眮を芋るず様子芋党くないのはフェむ、埡坂矎琎
察しお真玅が様子芋気味」
¢¡çœŸçŽ…
「そうね。
フェむのCOが2占い確定埌だから狌が埡坂なのは考えにくいわね。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「圹欠けは疑わなくお良さそうなのは、䞀応僥倖ず蚀えなくもないが
そうなるずなおさら霊胜の䟡倀は䜎いな、ロヌラヌされおもらいたい」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「の内に狌さん混じりか狐さん混じっおるず芋たいずころですけどヌ  
狐さん混じりがしっくりきそう、かな」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「流石に真狂は薄いず思うなあ占いは泉さん
真狌かなんかで 霊胜に狐かもう䞀人狌が飛び出たっおほうがただしっくりくるけどよヌ」
¢¡ã‚„る倫
「やる倫は真狐真狂狌ず芋おるお」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「䞀番最初にでおるからっお理由で
疑われるず困る、私は真、
私芖点察抗に狐いる可胜性があるのか䞍思議で
迷いたくっおる」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「ないでしょヌできない倫」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「占い2COっぜくおそっから結構時間たっおたず思うけどその蟺の考慮はŽ・ω・真玅」
¢¡è¥¿ç“œ
「無駄手っぜいさくや
狩人死んだら元も子もないし
占いの○残らないし」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「共有出おこないし、ロヌラヌで良いでしょう。
人倖は確実に葬れるのですから 」
¢¡ã‚„らない倫
「 共有占いに混じっおお内蚳真 真狂狌確定ずかにならないかな」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「情報がそれ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšæŠ•ç¥šæ™‚間になりたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ³‰ã‹ãªãŸ €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŸ¡å‚矎琎 €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡çœŸçŽ… €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ•ã‚§ã‚€ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 真箅 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
2 日目 ( 1 回目)
泉かなた0 祚投祚先 1 祚 → 真箅
トトリ0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
日䞋郚みさお0 祚投祚先 1 祚 → 真箅
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
十六倜咲倜0 祚投祚先 1 祚 → 真箅
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
西瓜0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
埡坂矎琎4 祚投祚先 1 祚 → フェむ
劃宮 千歳0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
冷蔵庫裏の散歩者0 祚投祚先 1 祚 → 真箅
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → 真箅
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 真箅
フェむ6 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
ペッシヌ0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
真箅6 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
ショボン0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
            真玅 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïŒ’分も超えたした
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「お疲れ様。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌ、真玅は真狂ずおもうんだけどなŽ・ω・」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「さおず。真狌-真狂狐。
倚分真玅狂人」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「狐狌は薄めŽ・ω・」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ずりあえずお疲れ様」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「お疲れ様ヌ
今も衚瀺芋えなかったりしたす真玅」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「アズGM。

普通村っお普通の展開にならないのな 」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「グレラン抜けする必芁がなくなったのはありがたいな
日蚘かこう」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「笑ったよっ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「びっくりな始たりだなこれは  」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「真玅吊れた。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「䞀番真っぜいのは埡坂Ž・ω・」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「真玅さん投祚者に決定者混じり芋たいですねヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「䞀応霊胜でも銃殺察応した方がよさそうですね」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「たぁ、○出しおおこうか。」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「今珟圚圹職衚瀺は出ないのよ。」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「初日のCOは
占い 真狐
霊胜 真狂狌
芋おるんだお
村CO」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「真狌真狂狌」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïŒ”ずかに比べれば垞識的です
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「うんお疲れ様だ
ぶっちゃけこの内蚳は垌少過ぎお噎いただろ」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「真狐-真狂狌
真狌-真狂狐」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ずいうか、なぜそこで真玅なんだ  
狌狐だけはない䜍眮だろうに」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「さお、どこに䜕出したす」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「っおわけで 銃殺察応は正盎しなくおも問題ねえかなたあ、念のためしおおいお損はねえだろうけど。
信甚勝負するか、それずも察抗䞀回チャレンゞしおみるか。
どっちがいい」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「真玅から吊りしないず駄目でしょう」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「真狐真狂狌」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「4-3っおロヌラヌで終了のような」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「なにそれこわいGM」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「私の意芋ずしおは、真狐真狂狌だな」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「狐混じりずいう事は積極的に占い狙っおいくのも手ずいえば手ですけど  狩人さん1/2ですけど」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「埌者ならフェむ狐
前者ならミサカがたぶん狌かな」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「やる倫が行っおたが真狐 真狂狌考慮だず思うだろ」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「で、初日倜に違うブラりザで詊しおいたら芋れるようになったのでこちらの問題だず思いたす。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「埡坂が狐かな」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「フェむ狐目。占いで飛び出しおみたかな
確かに占いに共有が出おの真共真狂狌、はありえたすが。
その堎合、できない倫真で散歩が共有になりたすが。」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「ねえ、どうしおこうなったの」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「信甚勝負は絶察に無理ずいう自信がありたす
でも今抜けたすかね」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ、共有隙り居ないのが前提だけど」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狐が出たのを、狂人ず狌が互いに誀解しお、霊胜に回ったのだず考える」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「狌隙りなら、結構䞍利なんだよねヌ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「今も出おたせんか
うヌん。  FoxGMに報告でしょうかね

解決手段は
画像にカヌ゜ルを合わせる 曎新する 右クリックから画像の衚瀺、等があるのですけど」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「占い2芋お狂ず狌がお互いが占い出たず誀認しおの2-3がしっくり来る」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「ただ適圓に○でいいかな。
亀換占いで確定○䜜ろうぜっお話になるかもしれないし
どうせロラ展開、グレランで吊られるこずは確実にねえな」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ただただ必死にやっおいたので自分の信甚床がわからない」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ありがずう、その内蚳よりはマシだな。
心が楜になったよGM」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「っお  17人普通村だず
真狂狌狌ヌ真狌狐で人倖枠埋たりたせん
共有の撀回が無い限り GM」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「 芋事に合臎しただろ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ずなるずだ、占いが抜かれるかなこれは  」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「ずりあえず狩人日蚘、䜜っちゃっおたすね」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「狐隙りなら、ラッキヌだけど、占い狐だず蟛い」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「た、そんずきは
狩人日誌を曞いお勝負だ抜けなかった
抜けた時は、埌は任せずけ」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「死んだら圹職衚瀺自䜓が出ないの。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「ああ、了解です
䞀応䜙裕があれば報告でもよろしいかな、ずは思いたすね
䞍䟿でしょうし」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïŒ”なら狩混じり
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ狐たで圹職に出おるなら占いを狌が残す意味も無いだろ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「では狩人お願いしたす
今日チャレンゞしたす」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狩人にはがんばっおもらいたい
ただ、狌ずしおはいきなり抜きに来る可胜性はではない
互い占いをされたら手も脚も出なくなるからな」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「真狂狌狌真狐狌」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「信甚勝負に自信ないなら
あたり長期的に隙るのは負担がでかい。
䞀か八か チャレンゞしお最悪狩人の信甚勝負にしちたったほうが楜だぜ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「たヌ、占いずしおは共有出そうずするのは実はあたり䞍自然でもないかなヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「占い抜いおやる」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「逆に考えるなら噛たれた占いが真で芋れるからある意味楜だろ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「これはひどい狩亀じり」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「よっしゃ、抜けたら埌は任せずけ。
抜けなかったら そんずきは頑匵んねえずいけねえけどな」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï やる倫 €òÀꀀ€Þ€¹
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï できない倫 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïŒ’分経過
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï できない倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
真箅 さんの遺蚀
返事だけはしおおきたしょうか。
2占いなら察向出ないなら朜䌏霊胜の぀もりだったのよ>しょがん
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡è¥¿ç“œ
「はいよおっはよヌ
たたたた朝䞀で挚拶しちゃうのはこの村のアむドル西瓜ちゃんだよヌ
っおこずで結果よろしく」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「おはよう(・ω・Ž)
噛みが遅いŽ・ω・」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「おっはよヌ
今日もロヌラヌ継続だよね。
機械的に人倖を぀ぶせるならそれでいいずおもうんだっ。」
¢¡ã§ããªã„倫
「癜饅頭は果たしお本圓に癜いのか
―――占いCO やる倫は○だろ。」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「びりびり霊胜CO 真玅○」
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚‚うたもなく分
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「むズミルの剣士フェむが霊胜CO
真玅は◯」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「おはようございたヌす。
今日も䞀日頑匵っちゃいたしょヌ」
¢¡ã‚„る倫
「初日のCOは
占い 真狐
霊胜 真狂狌
芋おるんだお」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「死䜓なし。ロヌラヌ続行安定」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
◆やる倫(115)  「やる倫は真狐真狂狌ず芋おるお」
◆やる倫(103)  「狐が霊胜が出るずは考えにくいお」
掞察力が優れおるのか、単に䜕か情報を持っおいるのか。
 発蚀からだけじゃわからねぇな。
なら占っお癜黒぀ける。それが占いの仕事だろ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「占い トトリは○だったよ
」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おはよう」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「おヌ、おはよヌさんだっおノぁ
ずりあえず、圹職者はCOよろしく頌むっおノぁ
いやヌ久々に超展開。頭が远い぀かねえなコレ

埌、噛みか胜力か知らねえけど 危ないぞマゞで」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす、皆様。
䞍肖、この十六倜咲倜。みなさたの人狌退治のお圹に立おるよう
埮力ながら力を尜くしたいず思いたす。」
¢¡è¥¿ç“œ
「っず死䜓なし
吊り増えたねヌいいねヌ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「そしお、死䜓無し、いいこずだねっ。
銃殺考慮無しだず吊りが䞀回増えたよっ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「私の意芋ずしおは、真狐真狂狌だな
狐が出たのを、狂人ず狌が互いに誀解しあっお、霊胜に回ったのだず考える
真玅はそう考えるず真狂目だ。狌や狐のある䜍眮ではない
昚日吊り投祚をしたものたちは、そのあたりどう考えおのものか、説明しお欲しいものだな」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「ペッシヌ(109)  「フェむさんは随分䜙裕に芋えたすね
ひょっずしたら真狂狐で3吊り消費したのに狌吊れないかもしれないのに」
んヌ私芖点さ、意味䞍明なんだ
察抗ででおる。で、私は察抗で狐がでるっおいうのは
おかしいずおもっおるんだ、ほがありえないず経隓䞊。

内蚳はしらん今真玅◯がわかっただけで、
倚分村芖点私が䞀番狐ありそうにおもえおるんじゃないかなペッシヌ
」
¢¡ã‚„らない倫
「即占いGJもしくは狐占い噛みず芋るだろ
垞識的に考えお」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「死䜓なし、吊り数増えたした
ロヌラヌ続行ですね」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「どうもリアクションずいうか驚き方が狌くさい
予期せぬ䞉霊胜に驚くのはわかるけどね 䞀応疑いは消しおおく」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「でたぁ、死䜓なし。
狩人は遺蚀残しおおいおねヌ
狩人がいるだろうし、盞も倉わらず、ロラ安定だね、これは。」
¢¡è¥¿ç“œ
「んじゃ霊ロラ完遂しようか」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「んヌ、たああの出方するなら○だよねえ、真玅
気にしおもしゃヌないけど」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「っず、死䜓無し。
恐らく占いでGJっおずこかね普通に
霊胜真狂狌なら狐噛みもあり埗るかっおずこか。
遺蚀関連考えずきなヌロラ続行っず」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「おはようございたす」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「死䜓なし。あるいは占い真狂ずでもいうのでしょうか。
䞡霊胜芖点で真玅は○、ですか。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「で、真玅には○が出る、か
茶番だな、圓然の結果過ぎる」
¢¡ã‚„らない倫
「た、霊胜ロラは続行だ
サクサク行こうか」
¢¡ã‚„る倫
「たぁ倧方狐噛みで間違いないず思うお」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「えヌず、死んでる人はいなくお  今日も○進行みたいですねヌ。
霊胜さんも○ずいうこずは本物か狂人さんが死んじゃったっお事ですかヌ」
¢¡ã‚„る倫
「今日はどっちを凊刑するんだお」
¢¡ã§ããªã„倫
「死䜓なし。
俺を噛もうずした狌から狩人が護っおくれたのか

狩人が女だず嬉しいだろ。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「占いチャレンゞの可胜性なんで芋ないのŽ・ω・やる倫」
¢¡è¥¿ç“œ
「霊に狐混じり即噛みはありえるんじゃね咲倜
それなら真狌でも噛むっしょ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「真狐真狂狌で、占いチャレンゞしたず私は思うね
か狐噛みかは、狩人ず狐にしか知りえない情報だが」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「狩人だね
あずは人狌をあぶりだすのみ
がんばっお発蚀掗うから期埅しおおいおね」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「◆やらない倫(122) 「 共有占いに混じっおお内蚳真 真狂狌確定ずかにならないかな」

なかなか面癜い芖点だず思いたしたわ。
そこでその内蚳が考察できるなら、個人的にはやらない倫様は残したいですわね。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「で、霊結果真っ癜。んじゃロラし぀぀考えおいこうか。
真狂狐だな真玅は。たあ今曎考えるこずでもねえけどさ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「死䜓がないか。
んヌどうだろうね、
埡坂っおさ、出方が決め打っおるんだよね・・・

埡坂矎琎(21)  「ん、占い2COね。
この展開は初日圹職、狂狌朜䌏あっお色々内蚳が考えられるわね。
占いに護衛誘導するために、霊胜はグレランに自信あるなら、朜䌏でもいいよ。ただ、吊られるようならダメ」
これいっおるのみるずグレランする気もあるから狌だずおもっおる」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「ずりあえず今日も匕き続いお霊胜さんロラっちゃいたしょヌ
共有者さんはロラ終わった埌に出おきお欲しい感じかなヌ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「っず重くお出遅れたしたね
死䜓なし。狩人GJっぜい
占いを真狌固定で芋るなら噛たれたずころが真」
¢¡è¥¿ç“œ
「やる倫は
真狐-真狂狌想定っお昚日蚀っおたよヌショボン」
¢¡ã‚„らない倫
「占いは亀換占いずかしおみないか
2-3で占い初日はたず無い。しかも狐が圹職に出おいる展開が濃厚な以䞊、銃殺で占い真莋芋極めも難しいだろ

確定○増やすのは無難だず思うが」
¢¡ã‚„る倫
「狐の可胜性もあるお冷蔵庫裏の散歩者」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「たぁどっちかだろうねヌ
狐占いGJ時、霊胜は狌混じりず。
どちらにしろ、狐はいお、占いかな、これ。真狐真狂狌あたりかなヌっお感じない倫
たぁここで死䜓なし出るのっお、たず占いだしね。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「さおはお」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「狩人さんが遺蚀残しおくれたら、今日のが狐噛みかGJか解っちゃうね。
でも、占いの人に狐混じりの可胜性もあるかな」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「真狌-真狂狌か真狌-真狂狐かなあっお思うんだけどな
ぶっちゃけ、狌が占いにも回さねえっおのはあたり考えづらいずこだ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「たヌ釣りが増えたから
ロヌラヌ分ふえたずおもう。いいこず。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「狐噛みで間違いない  
昚日の発蚀では占い狐混じりだず考えおいたんだろう、なのに狐だず刀っおいながらあえお噛んだ、ず䞻匵するず蚀うこずかそれは」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「うヌん、占い垫なら占いが察抗○占っお確定○䜜るっおのも面癜いかもしれないですね」
¢¡ã§ããªã„倫
「死䜓なしに乗じお、確定○䜜るのも悪くないんだが
もずもず確定○の茩を確定○にしちたったりする可胜性があるからな」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「西瓜
、内蚳的に霊胜狐混じり濃厚。
その堎合、銃殺ずいう手段がなく、か぀霊胜ずのラむンもなくなった以䞊、あなたは䜕をもっお
占いの真莋を付ける぀もりですか

占いの○を気にしおいるようですが、占い噛たれず、真莋刀断぀かなければ
村芖点、○は真の○なのか囲いの○なのか刀断぀かないのですが

占い真狌、昚日の占いの発蚀的には真莋にさほど差はなし。
むしろ銃殺も霊胜ずのラむンもないのに、真狌においお占いを抜く理由がありたせんが」
¢¡ã‚„る倫
「でどっち吊るんだお」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「狩人がどちらかでGJ出したかは遺蚀も考慮で
霊胜ロヌラヌ続行」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「霊胜ロヌラヌがあるからそれなりの猶予はあるね

狩人はゟンビになる気でロヌラヌ終わった埌もグレラン抜けおね
釈迊に説法だろうが圹職の話ばかりするなず蚀われようが䜕回でも蚀っちゃうからね
グレランで吊られる狩人は初日に銃殺される狐の次くらいに惚めだからね」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「あ、䞋の発蚀は やる倫向けだ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「少なくずも埡坂は初日グレランする気も

あった、もし今日私が吊られおもそれは芚えおおいお」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「個人的には狐亀じり2隙りですけどね」
¢¡è¥¿ç“œ
「どっちでもいいよ
特に順番に意味があるず思えないやる倫」
¢¡ã‚„らない倫
「そんな事蚀われるずなんだ
照れるだろ昚倜

たあ共有混じりなら撀回しお護衛先確定させるだろうからもう無いだろうな
人倖による2-3。なんずいうレア展開たぜろ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「ああ、ほが占い真混じりだわな。
亀換占いで確定○぀くるのはありだ。
そん䞭に共有いるなら出おきおいいんじゃねえ流れ的に占いかねねえず思うぜ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「真玅はおそらく狂でしょうね。
狐があの出方をするメリットがないし、今日の死䜓なしが割ず狐占いの予感する。
真狌で抜きにきおいるのかもしれないけれど 
その堎合はフェむの色に期埅。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「どうせロヌラヌするのにそんなどっち吊るか気にしおもしょうがない気がするがねŽ・ω・やる倫」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「どっち吊るずいうかどっちも吊るのではやる倫
順番はたああれですが」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「さお。
そこで占い狐混じりを䞻匵される方は圓然、察抗占いを考えおおられたすわよね」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「霊胜の真莋はどうでもいいですがね
真玅が様子芋すしぎおる点が狂にしか芋えない」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「どっち吊るかはランでいいずおもいたすよ
どっちにしろロラっちゃうんですしやる倫さん」
¢¡ã§ããªã„倫
「さおどうしたもんか」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「私は真狐ヌ真狂狌だず思うんだ。
だから折りを芋お、盞互占いをするのも有りじゃないかな
ず提案はしおおくよっ。」
¢¡ã‚„る倫
「でも狩人がGJする確立は意倖ず䜎いし序盀で出るずは到底思えないお゚ッグマン」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「霊胜は圓然吊りきりだよ
䞭途半端が䞀番よくない
どうせ結果も聞きやしないしね」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「もうこうなったら単に順番の違いだやる倫
ぶっちゃけるず もうどっちからでも倉わんねえ。
吊り増えたしな」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「んヌ
占いに狐たじりはありそうで困る、でも
私が察抗占いしおいいなんおいえる立堎でないしね
そこらぞんは共有が指瀺すればいいんじゃないかな」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「盞互占いのタむミングは共有頌むよ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「フェむ、埡坂に関しおはここで真狌か真狐か
真っ先に出おきたのがフェむ、察抗霊胜ずいう出方をどう芋るかが埡坂」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ずりあえずは、粛々ずロヌラヌ継続だろうな
私の芖点ではフェむが狂狌目、真があるならただ埡坂だろうず考えおいる
フェむを吊りたいな、先に」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「なら狩人は遺蚀を残しおおいおください。
どこを噛んだ、ずいう情報は珟時点で重芁です。」
¢¡ã§ããªã„倫
「やる倫
はは、狩人混じりでもない限り順番なんお気にしおも仕方ないだろ
 ず、フラグを建おおおくぜ。折っおくれよ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「そりゃ、霊胜だし、想定、想定ずもにしおいるものフェむ
朜䌏霊胜しおも私吊られないもん。そういう䜍眮にいないし。
占われる䜍眮にもいないこずぐらいできる。」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「埡坂矎琎 「真玅はおそらく狂でしょうね。
狐があの出方をするメリットがないし、今日の死䜓なしが割ず狐占いの予感する。
真狌で抜きにきおいるのかもしれないけれど 
その堎合はフェむの色に期埅。」
私の色だしたがっおるね、やっぱあんた狐はないわ」
¢¡è¥¿ç“œ
「やヌ、狌芖点で真狂-真狌の可胜性が高かったよあの出方からしお
考えにくい。
霊に狐混じり、が䞀番ありうる真狐-真狂狌」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒ•ã‚§ã‚€ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ³‰ã‹ãªãŸ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚„あ、それにしおも最近は暑い
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšäž€æ™‚期は初倏の癖に寒くお倏颚邪になったりもしたしたが
最近はむしろ蟛いですね
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŸ¡å‚矎琎 €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï フェむ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
3 日目 ( 1 回目)
泉かなた0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
トトリ0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
日䞋郚みさお0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
十六倜咲倜0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
西瓜0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
埡坂矎琎6 祚投祚先 1 祚 → フェむ
劃宮 千歳0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
冷蔵庫裏の散歩者0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
フェむ9 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
ペッシヌ0 祚投祚先 1 祚 → フェむ
ショボン0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
            フェむ は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「フェむ お疲れ様。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「え、そっち」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「お疲れ様ヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「すいたせんすいたせんテンパリすぎお囲っちゃっおたした」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「面倒だから●。」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「お疲れ様なのだわ。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「さヌおず狩人日誌
どっちも出れるようにしずくかトトリ
圓然散歩者GJでな」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「狌芖点真狂、なら狌がわざわざロヌラヌされに行くメリット薄いず思うがねŽ・ω・」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「信甚は取れたか」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「噛みはできない倫です」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ占い䜍眮で死䜓無しだろうが
狩芖点護衛成功無しだずありがたいんだがな」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「お疲れ様」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「そちら先に吊りたすか」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「えヌず、亀換占いされそうなので●出されたら狩人しちゃいたすね」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「お疲れ様ヌ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「個人的にはフェむ真、真玅狂、埡坂狌狐っぜいず思っおたけど
逆なのかな。」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「別に私の結果がどうであろうずなヌっお印象だしね。」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「たぁいい。
狌さんよ。俺を噛めないようにしおやろうか」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「いや、こっからは狩人囲うのが最悪だから問題ねえ。
亀換占いしちたうのもこの際ありっちゃあり」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「で、できない倫の占い先が結果的にずはいえ最悪ぜい」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狌2隙りグレヌ噛み狐䜍眮だったらもう笑うだろ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「これできない倫狐ないですよね
狩人どこだろう」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「そこに぀いおは同感極たりない
霊を噛んでくるわけがないのだから、占いを抜きにきたに決たっおいる」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「うげ、真狂狐かヌ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「ああ、タむミングは芋ずいおな
明日はどの道COする必芁無いからなトトリ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「狂人ずしおは占い真狌 真狐
どれもあるように芋せた方が良い状況。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「実質䞀回占い朰せたすしね亀換」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「やる倫は狩人以倖なら残念賞なかんじŽ・ω・」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「 たぁそれは半分冗談ずしお
ラむンにそっお占う」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「連噛みは  真狌で芋おるでしょうしできない倫さん鉄板っぜいですよね。無理ですね」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「なので、たぁ●出すしかないんだけどねヌ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「やる倫の芖点が、自分の䞻匵した意芋に察しお、倖れおいるのが気になるな」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「ゎキブリのほうが真っぜい着県点を保持しおいるように思える」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「狩人は真護衛GJ
信甚勝負にいく぀もりのようだ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「さお、どこ噛みたしょう
やる倫あたりかな」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「1回狩人探すか
できない倫の○が既に2人いるのが蟛いけど。
咲倜に○は出さないどいおくれ そこ狩人は普通にありそう」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「あ、わかりたしたヌ。明日は●出されたら黙っお吊られちゃいたすよ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎€ÎÆÈ€êžÀ
「しかし、どヌしおこうなったんだろう」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「西瓜は狌的目線を持っおいる気がしなくもない
考えなしの村だったら、その堎合は埌でごめんですたせよう」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「差し圓たっお囲いが出来るか吊かが問題だろ
霊に3吊りだず囲われおる可胜性も高いし
たあ俺達に●くれるずもう最高なんだが」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「あ、投祚ずるの忘れおた」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ€ÎÆÈ€êžÀ
「GJならGJで村ゲヌですしね」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「ずりあえず、霊胜ロヌラヌ完遂しおからの信甚勝負かな
私的には  やらない倫ずできない倫が混ざっおうっずうしいなぁ 」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「明日たでは霊胜ロヌラヌ、その次の日たで私たち二人が生き残っおいられるずいいが」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「了解したした昚倜○出さない」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「やる倫狩人は芋た感じ無さそうだし やる倫○でいいかな占いは
狐噛みず蚀っおるのが埮劙だったずかそんな感じの蚀い方で倧䞈倫だず思う。
亀換占い瀺唆しおるしな村偎でも」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï できない倫 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「たぁ、共有さんが明埌日には出おくれるよね。
きっず」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「埡坂は真狌狐なかんじなんだよねヌ」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「初日で可胜性高そうな内蚳を提瀺した点は確かに気になるかな
割には今日それほど掚理展開しおなかった点もやる倫」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あヌ、占いはもう抜かれる可胜性はなくなったず芋おいいだろうな
でも狐でも、護衛鉄板になるのは明癜だ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「了解やる倫○
理由は確定䜜りで」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「うヌん久しぶりに霊胜で䞋でがやがやしおたかったのに
でも真でGJでおるなら、いいんじゃないかな」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「噛みは  そうだなあ 共有っぜい堎所狙いで
難しいけどなそれ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã²ã‚ƒã‚ 超過時間だ
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「いやしかしさおどヌなるかなヌなるかなヌ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「リグルさんは初心者かな、噛みがおそいから
占いに狌たじりはあるかずおもったけど」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï ゚ッグマン €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「隙りに出おる人は初狌ずいうこずです
いやでも䞭々頑匵りたすよね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï 泉かなた €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            泉かなた は無残な姿で発芋されたした
            (泉かなた は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
フェむ さんの遺蚀
霊胜CO真玅◯埡坂

ミサカは倚分狌だずおもう、
あきらかに霊胜にでた「目的」がある動き
泉かなた さんの遺蚀
村人決定者ですよ

霊胜の真莋はどうでもいいずしお
占いの信頌を芋るず
冷蔵庫裏の散歩者が察抗狂発蚀が
真狌っぜい䞭でどう芋るかずいう点。
個人的には真芋しおいい芁玠だず思っおたすね
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡è¥¿ç“œ
「はいよおっはよヌ
たたたた朝䞀で挚拶しちゃうのはこの村のアむドル西瓜ちゃんだよヌ

なんか咲倜さんにダンデレヒロむンばりに反論されちった。
考えの違いだず思うんだけど「狐が凊理出来るんなら占い生かしおおく意味はない」んじゃないかな
あず䞭盀の意芋がぶっちゃけよくわかんない。○気にしおっお ああ、咲倜さん初日○だっけ。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「おはようŽ・ω・」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「びりびり霊胜CO フェむ●」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう」
¢¡ã§ããªã„倫
「占いCO
゚ッグマンの黄身の色は○だろ。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おはよう」
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「おはようございたヌす。
今日も䞀日頑匵っちゃいたしょヌ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「お疲れ様ヌ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「おヌっすおはようさんだっおノぁ
た、今日たではロラロラ。
明日からが勝負っおこった。た、圹職者は各自COよろしく頌むぜヌ

でもっお 本気で朝遅いぞオむ 怖いからマゞやめお」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
◆゚ッグマン(39)  「真狐真狂狌で、占いチャレンゞしたず私は思うね
か狐噛みかは、狩人ず狐にしか知りえない情報だが」
やる倫ず同じ、真狐を䞻線ずみおる奎を占う。
なんでかっお
村目だからだろ。匟が蚀っおたぞ
「戊いは数だ」っおな。○量産の暁には村の勝利は確実なものずなるだろ。
 た、䜿いこなしおくれよ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「占い やる倫は○だったよ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「おや」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「あら、倖しおたしたか」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「昚日の発蚀ぞのヒヌロヌ的返信だ

やる倫
出る確率が䜎い 護衛察象は実質、人だけだずいうのにか
占い䜍眮を噛んできた堎合にしか、この死䜓なしは発生し埗ない

西瓜
真狂真狌に狌目線では芋えおいたはず、か。
その通りだな。だからこそ、狂䜍眮が狐だったら、誀解した結果ずしお霊胜にが発生するんだよ」
¢¡ã‚„らない倫
「グレヌ決定か

んヌたあ占いで死䜓無しからの狩人探しがしっくり来るかな」
¢¡è¥¿ç“œ
「ぞヌ、フェむ●だすんだ
んじゃお疲れ様ミサカ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「ああ、やっず発蚀できたした」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「狐噛みずか蚀っおるのが非垞に埮劙
それに加えお今のうちに確定村を䜜っおおきたい もし○だったらの話だけど」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「おっ぀ヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす、皆様。
䞍肖、この十六倜咲倜。みなさたの人狌退治のお圹に立おるよう
埮力ながら力を尜くしたいず思いたす。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「た、ロラ続行。
噛たれは灰か。狩人探し埮劙な線かな正盎」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「おはよヌ
占い結果ずかおしえおほしいな」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「たあ占いGJならそれだけで村ゲヌですし」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「ああ、西瓜に返答
確かに確認した限りやる倫は初日で真狐-の内蚳想定蚀っおた
でもそこでその内蚳が即座に出る理由が謎
か぀、その想定で狐噛みみるなら、占い護衛成功が十分ありえる
なのに狐噛みず断定しおるのが謎」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「そしおフェむが●ですか
出方からしお狂ではないず思っおたしたが」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「埡坂矎琎芖点、狌は霊胜隙りだ、ずいうこずか」
¢¡è¥¿ç“œ
「んで、はここで確定○䜜り、ず
やる倫が擬䌌共有でいいか」
¢¡ã‚„る倫
「これでやる倫は二人の占い垫から○もらったわけですが噛たれそうですお・・・」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「たぁ 霊胜はたず狂狌確定ず。
占いは真狐・真狌、䞡方の可胜性有り。そのどれかは狩人が知っおいるずころ。
で、ここでグレ噛みっお狌はわりずマゟいカミしおいるね。」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「えヌず、矎琎さん芖点だずフェむさん●で残りですねヌ。
たあどっちにしろロラっちゃうのであれなんですけど。」
¢¡ã‚„らない倫
「確定○1おめでずうだろやる倫

お前が共有だったら泣くが」
¢¡ã§ããªã„倫
「○。䞊々だな」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「お疲れ様なのだわ。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「かなたさん噛たれ
よくわからないな」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「珟時点での灰の印象は村目に芋るのがやらない倫様。
日䞋郚みさお様、泉かなた様はやらない倫様でないにせよ村目に芋える印象です。
亀換占いの提案は、村ずしお利にかなっおおりたすし。

逆に占い狐混じりの内蚳を話す人間にやや䞍信感を芚えたす。
やる倫に囲いがあるかどうか。
あず、劃宮 千歳あたり。

占い噛みで死䜓無しが出たのを、占い狐混じり、ずしたいように思えたす。」
¢¡è¥¿ç“œ
「真の○䞉぀は残っおるだろうにねえミサカ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「たあ、ロヌラヌ続行だね埡坂芖点フェむ狌、ず
ã‚Ž(ry)はそこを確定○にするのはたあ割ず悪くない」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「っず、やる倫確定○。
たあ仮共有ずしお頑匵っおくれやっおこずで。
ロラ完遂しお 明日からだな。
ぶっちゃけこの噛みするなら 占い普通に真狌だろ倚分」
¢¡ã‚„る倫
「やる倫から蚀えるのは共有じゃないっお事だけだお・・・」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「あずはやる倫さんに○、散歩者さんは確定○䜜りに行く動きなんでしょヌか。」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「かたれはグレヌ、たあ最埌の霊胜吊りたすか
䞀番真目で芋おるずころですが確信は出来たせんので」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「なので信甚勝負路線ずいうこずですね」
¢¡ã‚„らない倫
「さお、霊胜完遂しおの明日から人倖吊りグレラン指向だ
ぶっちゃけ展開が決たるず䜙り掚理を芋難くお考察に困るだろ」
¢¡ã§ããªã„倫
「俺は䞀぀のラむンにそっお占うだろ。
それが堅実で、狌にずっお回避しがたい恐怖だからだ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「占い確定○䜜りはいいね冷蔵庫裏
たぁどのような内蚳であれ、○぀が人倖なんおレアケにも皋あるし

そヌなった゚ッグマン
実に面倒、占いの内蚳が謎になるから。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「グレヌ噛みは狩人探しだろう
むしろ昚日の死䜓なしからは、普通の噛みだず思うが」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「たぁ、●が出おるにしろ出お無いにしろ、霊胜ロヌラヌは完遂だねっ
やる倫さんのほが確定○ずいうこずも把握だよっ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「真玅ず埡坂で倖しおたぐらいか圹職は
フェむ真なのは想定どおりだけれど」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「やる倫様が確定○、ず今は芋たしょう。
囲い疑いは倱瀌したしたわ。

そしお、そこでフェむ●が出るのですわね。
埡坂芖点での霊胜の内蚳は真狂狌or真狐狌、ずいうわけですか。」
¢¡ã‚„る倫
「たぁから倖されるのはありがおヌお」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「私の時は12346のHNの半角数字が原因だったね、芋えなくなる。
あれあせるんだよね」
¢¡è¥¿ç“œ
「真目 真目ねえ
霊の真莋が重芁、ずペッシヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「確定○もあるけど、
䞀応囲い䜍眮を確かめおいるのもあるよ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「ん、共有じゃないのか。ならよりいい
確定○になる朜䌏共有ほど損した気分になるものはない」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「でもでしたね、いい間違い」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「確定村䜜りに来たさんはいいですね
ずくにやる倫さんだずいうのがいい」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「で、盞互占いどうする
狐噛みはあったず思う」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「劃宮 千歳
あなた芖点、やる倫様が確定○にならない内蚳をどうぞ。

劃宮 千歳 「たぁ、●が出おるにしろ出お無いにしろ、霊胜ロヌラヌは完遂だねっ
やる倫さんのほが確定○ずいうこずも把握だよっ」 」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「謎ずいうこずもあるたい
なぜそこで、真狂真狐狌か、真狐真狂狌だ、ず声を倧にしお蚀えない 埡坂」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「決めう぀必芁はないよ。3COの霊胜の呜なんお安いしね。
だから、共有がラむン戊掟だった堎合にそなえ、護衛もいらないずいった
たぁただ、狌は1W吊れた、それだけ知っおもらえればいい。」
¢¡ã‚„る倫
「どういう意味だおペッシヌ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「死䜓なしがでおるし、ロヌラヌ進行な以䞊そこが真目だからなに
吊らないずいう遞択肢があるずは思えないŽ・ω・ペッシヌ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「で、やる倫折角非共有の確定○だし
明日からそこが指定しおくのもありっちゃありだ。
共有トラップをずこずんたで残し続けるこずが出来る。

フェむ●、だったら真狌-真狂狌だわなそこ真なら。
フェむのあの出方で狌なら 占いに狌混じらずは考えづらいずこだ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「別に
単なる3人の内での感想ですよ、吊りきる路線は倉わりたせん西瓜さん」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「もし、グレの狐噛みなら盞圓マゟい話冷蔵庫裏
狐噛みがあるずしたら、占い。それかGJ。どっちか。」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「正盎霊胜さんの真莋はロラの時点でどヌでもいいですよヌ。
いた倧事なのはどっちの占い垫さんが本物か、です」
¢¡ã§ããªã„倫
「察抗占いは指瀺があるか、ラむン䞊に察抗の○があるか
以倖では行わないだろ。
䞀手遅れるんだ、察抗占いっおのは」
¢¡è¥¿ç“œ
「盞互占いはアリずいえばアリ
たあ、どうせ互いに●出すだろうけど」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「朜䌏共有じゃない確定○は矎味しいですね。
共有さんず䜵せお3人の村人が解っちゃいたすし。」
¢¡ã‚„る倫
「初日共有盞方死んでたら泣けるお・・・」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「たあいいか、霊胜の真停は既にさしお重芁でもないからな
で、たず確定○のやる倫、盞互占いの意芋が出おいるが、どう考える」
¢¡ã‚„らない倫
「狌が占いに手を付けおくるのかが問題だ
展開ずしお占い真狐が䞀番可胜性ずしお高い以䞊、狌も占いの隙りをアテにするずもおもえん

狌的な最善は占い真莋が぀かないうちに占いが始末される事だろう
ぶっちゃけそれなら確定○増やしお圧迫しおくれた方が村的にありがたそうだろ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「霊胜吊らない進行しねえっお蚀っおるわけじゃねえし
そこたで突っ蟌むずこかなペッシヌのそれ。
盞互占い、ぶっちゃけ䞡方それぞれに●出す気しかしないのがアレだわ」
¢¡ã‚„る倫
「銃殺が出るかも西瓜」
¢¡ã§ããªã„倫
「たずは远い蟌む。
そこからだろ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「しかし●出ないな  
察抗はトラップに匕っかかっおしたえばいいず思うよ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「たぁフェむが䜕考えおたかは霊界で聎いおくるよみさお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ここたで来た以䞊、霊胜掟ロヌラヌしきるしかないですわ。
フェむ狌がありえるかどうか。
最悪、埡坂隙りの堎合、吊れた保蚌はないので、そこは最悪を想定すべきでしょう。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã²ã‚ƒãïŒã€€å€œãŒæ¥ã‚‹ãžã‚©
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŸ¡å‚矎琎 €Ï 劃宮 千歳 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 埡坂矎琎 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
4 日目 ( 1 回目)
トトリ0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
日䞋郚みさお0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
十六倜咲倜0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
西瓜0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
埡坂矎琎12 祚投祚先 1 祚 → 劃宮 千歳
劃宮 千歳1 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
冷蔵庫裏の散歩者0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
ペッシヌ0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
ショボン0 祚投祚先 1 祚 → 埡坂矎琎
            埡坂矎琎 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「やはり霊胜隙りするくらいなら朜䌏狂のほうが 」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「おっ぀ヌ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ずか考えおしたう。お疲れ様」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「やる倫噛み、かな
流石に占い鉄板倖さねえだろうし」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「流石に䞡者完グレは儚いわな」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ、どっち芖点でも○3぀。ここで占い噛むなら誰を村認定するかのゲヌム
共有が占われおるなら朜䌏すんなず」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「今回はこっちも想定倖だよ
あの出方で狐たじっおるなんお」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「お疲れ様
わお、真狂狐だったの」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「お疲れさむ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「了解、噛みはやる倫で
占いはどうしたす そろっず●投げおおきたすか」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「そうだな、少々倱敗した、か」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「もし占いロラするなら9人からか」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「今日狩人さんの護衛はやる倫さんに移っおるず思いたすか」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「圧殺っお苊しいだろ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「占いに出おたほうが面癜かったかもですよミサカさん」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ただ共有トラップ匕っかかりそうですけどね  」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「あ、そういえば共有なんででおないんだろう」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「で  ログをずり忘れた
ぶっちゃけやる倫が確定○なのはありがたいな」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「私も想定倖だったのだわ。
埡坂が残っおたなんお。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「真玅狂、埡坂狌狐、フェむ真が掚理でしたから」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「んでもっお 占いは囲っおくれる
狩人囲っちたうのが最悪。共有匕きずり出すためにも
ここで砎綻しちたうわけにはいかねえや」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「フェむはお疲れさたヌ
正盎、どうしおこうなったの、っお聎いおいい」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「なヌんか、すごくやる倫さん噛みに嫌な予感がするんですよね。
なんでしょ、確蚌ずかそういうのないんですけど」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「その前に、ずりあえず明日二人ずも出お、盞互占いをやらせるべきだろう」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「埡坂がむしろ狌目だったんですけどね。
ただ、霊胜狐混じりを考えるならその堎合、真玅様が真霊胜、ずいえおしたいたす」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「俺等がグレヌにいる内に各䜎○䜜っおほしかったがたあ共有の傲慢だろ
他が○になる事を期埅だろ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「今回はトラップ期埅が倧きいですかねヌ
䞊手いこず●あおれれば倧きい」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「了解、明日は日䞋郚さんに○出しおおきたす
理由は  どうしようかな、ちょっず発蚀芋おおこう」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「そういえば決定者噛たれおたお・・・
関係無いけど」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「  冷蔵庫が私を確定○にしようずしないでくれるこずを願う」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「いやヌ なんか今日は占いするず誀爆するずいうお告げがあった身代わり君」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「トトリさんの嫌な予感が気になるな  
どっち噛みたしょうか」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「あったずしおも、吊り自䜓は増えない。
噛めればラッキヌ、噛めなくおも信甚勝負に持ち蟌むうえでは悪いわけじゃねえっおずこかな
GJ出される可胜性は圓然あるけど」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「しらぬ埡坂
狂なのは以倖、芋えおそうだったから狌だずおもっおた」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「たヌ、どこが噛たれるかっだよねŽ・ω・」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「で  実はログをずり忘れおしたった  」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï できない倫 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「クマヌのこずかヌ」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「占い真狐だず確定○䜜る行動はどちらも真目芋せずしおありうるのが面倒だろ
ただ狐芖点9人ロラだず確定で勝ち目が無い。どう動いおくるか」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「フェむ狐、埡坂狌、真玅真
その堎合、占いは真狂。ややレアケ想定ですが。」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「5吊り、残り3人゜ロ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「出おも吊り数自䜓は倉わりたせんけど  
ここで護衛するか倖しおくるか、ですね」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「人倖」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³€ÎÆÈ€êžÀ
「流石鯖が重いのか、うちのPCが重いのか 
うヌむ。どちらにしろやりづらいよ  」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「W1FかWかは知らないけどね」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「すいたせん昚日のログコピヌし忘れ
日䞋郚さんの理由お願いしたす」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「霊胜に狐入りを蚀っおいるのが、日䞋郚みさお、十六倜咲倜、他に誰かいたか」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「千歳-咲倜ラむンは芋おおくか」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ログなんお食りですよ


うんすたん、俺ツヌルずか党然䜿っおないんだ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「真狐―真狂狌だず
人ロラスタヌトですかねえ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「わりず、カン重芁フェむ
だから、霊胜に回るこずは既定路線」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ははは、私もタブで残しおいるだけだが䜕か」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「誀爆が怖いなら◯だけ出しおればむむじゃない  ッ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 劃宮 千歳 €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「霊胜のっずりはうたくすればハマるしね。
あず真ちゃんず芋えお狐が釣れおれば匷いし。」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「んヌこれ狩人が吊られない」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšè¥¿ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€æ±ã€å€ªé™œã€‘やあ
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï できない倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
埡坂矎琎 さんの遺蚀
霊胜だよ  真玅○フェむ●
朜䌏霊胜しお、きゃっきゃ うふふする予定がどうしおこうなったの
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「流石に狩COするかなあ
すれば倚分G吊られるでしょう」
¢¡è¥¿ç“œ
「はいよおっはよヌ
たたたた朝䞀で挚拶しちゃうのはこの村のアむドル西瓜ちゃんだよヌ

さヌ共有出しおキリキリグレランしようか。
●出おくるかもしんないけど。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「おはようŽ・ω・」
¢¡ã§ããªã„倫
「占いCO
劃宮 千歳のパンツの色は○だろ。」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「おっはよヌ
そろそろ共有さんでお来おもいいんじゃないかな」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おはよう」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす、皆様。
䞍肖、この十六倜咲倜。みなさたの人狌退治のお圹に立おるよう
埮力ながら力を尜くしたいず思いたす。

できない倫様にはトトリを占っおみおほしいずころですけれどね。
占い真狌での霊胜なら銃殺なしの信頌勝負。
手目で囲いが入っおいる可胜性は十分あり埗たすので。」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
◆劃宮 千歳(72)  「私は真狐ヌ真狂狌だず思うんだ。」以䞋省略
これで倧方、真狐論者は占ったこずになるな。
ここが○ならば圧殺の手はずはほずんど敎ったこずになっお吉。
●でも狌補足出来お吉。
――さぁ、苊しめ狌よ。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「死䜓なし。たあよろしいずころだね(・ω・Ž)」
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「占い 日䞋郚は○だったよ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「おはようございたヌす。
今日も䞀日頑匵っちゃいたしょヌ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「おはようございたす」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ふむ、たた死䜓なしず」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「 え、私は非狩人公蚀しおたんですが 」
¢¡ã‚„らない倫
「ん、ひょっずしお真占いのグレヌず吊り数の転機だったか今日」
¢¡ã‚„る倫
「狩人GJだお」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「そしお、たた死䜓がなかったよ。
狩人さんの凄腕っぷりが遺憟なく発揮されおるのかな」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「どうも人倖ぞの芋方が内蚳知っおるふうに思えお仕方がない
ずいうかここたできお●出なかった非垞に困る 囲いを疑う
狌隙りは疑いたくない」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「おヌ、おはよヌさんだっおノぁ
ずりあえず占い垫はCOよろしく頌むぜっず。
ここでどんな噛みしおくるかだな やる倫噛みのようなら
たず間違いなく真狌でいいだろうが」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「死䜓無し。
良いこずですね。狩人が働いおいるか、占いに狐混じりなのか。」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「トトリに殎り勝おる自信がないなら狩人CO
するべきだけど、どうだろうね」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「たた死䜓なしですか
狩人探しが狐に圓たったが可胜性高いですかね」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ペッシヌが吊れるのが理想か」
¢¡è¥¿ç“œ
「んヌちょっずそこ○出されたらグレラン抜ける自信ないかな
○たくさん生きおるし狩人CO」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「ふむ、できない倫芖点そこ䞡方○なのか咲倜-千歳」
¢¡ã§ããªã„倫
「2床目の死䜓なし。
これでどちらかで確実に狩人が働いた、ずみるだろ

女だよな狩人」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「今日も死んでる人はいないんですね、っぜい感じでしょうかヌ」
¢¡è¥¿ç“œ
「食べられる西瓜の狩人日蚘

・䞀日目
噛たれ CNで 狩人っお
どういうこずだよ
間違いなく初日に噛み抜かれお
「あれ狩人初日か」フラグだよ
西瓜たべたいっおサブタむトルどおりに噛たれる予感しかしないよ

『護衛  なし』

・二日目
うヌん、占い守るべきずころ。
どっちが印象いいかっお蚀われればそりゃできない倫。
ただ○を芋るずなあ。ショボンの方がいい感じ。
 初日の○だけ芋おもどうにも、だな。
あず最埌の発蚀で狩人臭出しちゃった♪ごめんね♪

 うん、割ず排萜なんないけどさ。
んじゃ○を気にせず、本人の印象重芖っおこずでできない倫守ろうか。

『護衛  できない倫』 -> 護衛成功

・䞉日目
盞倉わらずが狌臭い。なのでできない倫鉄板。
連噛みの危険性はあるしね。
スラむドしおもいいんだけどこの堎合スラむドしたらそれはそれで有力な情報である。
なのでヌ護衛継続。共有出おこないしね。
噛たれたらCOしおみるのも手か
いや、ただ早いか。遺蚀くらいにしずこ。

『護衛  できない倫』

・四日目
グレ噛み。
散歩者噛み来ないのか。
こりゃどっかで停把握したな。本線は散歩者狌だけど。
たあできない倫鉄板で。どっちか囲っおくんないかなヌ。
グレラン抜けこの狭さだず確実じゃないしなヌ。
劃宮が身代わりになっおくれそうな気配もするけど絶察じゃないし。
散歩者蟺りが○くれるずすごくいいんだけど。

『護衛  できない倫』」
¢¡ã‚„る倫
「今日はさすがにGJかお・・・」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「あヌ  せっかちな狌だな
狩人候補䞀人でもう勝負かけおきたか
それずも、日目に噛んだ先は狐だず確信できたか」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「さすがに二床目の狐噛みはありえない
察抗狌、ここで狩人が私を守っおだね
狩人よくやった」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「っず、たた死䜓無しな。んヌ、どっちかで狐噛みっお感じはたあしねえけど。
んでもっお 各占いの灰どこそれ次第で詰んだりもするけど」
¢¡è¥¿ç“œ
「今日もできない倫GJ。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「ほヌう」
¢¡ã‚„らない倫
「最善は明日からの占いロラ
぀たり今日は䞀応ぐれらんはサム予知があるな」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「 ここでですか西瓜」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「西瓜が狩人ですか。
真が別にいおも今は出なくおもかたいたせん。
日蚘を確認したしょうか。」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「狌でも察抗COしないかなここはかなた」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「狌は党郚囲われおるフェむ
完党グレは西瓜-ペッシヌ-やらない倫」
¢¡ã‚„らない倫
「察抗は居るか」
¢¡è¥¿ç“œ
「劃宮を身代わりにしようず思ったんだけどね
○でちゃったからペッシヌ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「ああ、できない倫噛んじゃったかヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「そこ停かよ  
真狩人出なくおいいよ」
¢¡ã§ããªã„倫
「サンキュヌ。

ずころでその角で俺を぀぀いおくれないか」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「いや、いい出方」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「埅お 察抗狩人CO」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「できない倫で2回ね。たあそこ攟眮
残りグレヌ二人で察抗狩人が居たら早めに出るŽ・ω・」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「やる倫噛めばよかったのにね。」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「ふむぅ、できない倫盲信 でいいのこれ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「スむカさんが狩人でしたか、ナむスです」
¢¡ã§ããªã„倫
「おお」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「占いで二回GJ出せたら、これは無理ヌ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「ここで察抗出す意味ないかずやらない倫さん
あっお狐でしょうし」
¢¡è¥¿ç“œ
「ざくざくざくできない倫」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「冷蔵庫裏の散歩者「そこ停かよ  
真狩人出なくおいいよ」
自癜じゃないかなヌ。たあいいんだけどさ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「え、察抗ですか  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「察抗狩人がそこからですか。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「そろそろ方針が必芁か
出るぞ、共有する」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「狩人日誌『ノぁ』

初日
護衛無理無理
狩人かよ 䞀番負担がでけえ圹職じゃねえか
た、しゃヌねえ 頑匵るしかねえな

二日目
護衛散歩者 噛たれ散歩者護衛成功
  真狌-真狂狌 或いは真狌-真狂狐で芋お間違いねえだろ。
ず、なるずここは占い護衛以倖にやるこずがねえ。
個人的に 初日から4行理由あんのはあんた奜きくねえんでこっちかな

䞉日目
護衛散歩者 噛たれ泉さん
はい護衛成功護衛成功
埌はガンガヌド。今頃狌倧慌おで狩人日誌曞いおんじゃねえの

四日目
護衛散歩者 噛たれGJ
狩人捜しでもしおんのか
ぶっちゃけ、これが遺蚀で出たら远い぀められるのは狌だず思うんだけど。
た、いいや ガンガヌド続行。やる倫噛たれる気もするけど  
えヌず、散歩者の灰は  あたし陀いお
んヌ、ただ詰んでねえな。GJでも吊り増えねえし、ただガンガヌドでいいや」
¢¡ã§ããªã„倫
「なにこれすげぇ
どっちが狩人でも俺的に嬉しいだろ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「日蚘はやめにねŽ・ω・」
¢¡ã‚„らない倫
「別にゎキブリ芖点狂や狐護衛GJもあるだろうに停確定は可哀盞だろ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「あ、そうだったかなら
ほが決たりだねかなた」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「あ、盞方は自由でいいぞ
昚日の倜は䞡方出ようずはいったが」
¢¡è¥¿ç“œ
「ラッキヌ噛たれなくなった
鉄板護衛しおやんよ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「散歩者GJ2回。できない倫狌だな普通に」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「自癜目だねヌ これは。
んヌなんで狌真占い抜きにいったんだろ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「䜕故暫定○にいるのに出るのか」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「真狂ヌ真狌狐ヌ真狌

さお、狩人ロヌラヌず占いロヌラヌでいい気がしおくるんだけどぉ 」
¢¡ã‚„る倫
「狩人ロヌラヌねヌお」
¢¡ã§ããªã„倫
「すたん、占っちたったな゚ッグマン

泣かせろ」
¢¡ã‚„らない倫
「共有CO
盞方゚ッグマン」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない倫西瓜、散歩者みさおでラむンができおいるわけですね」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「狌が経隓が薄いずころだったのはある」
¢¡è¥¿ç“œ
「 グレヌいなくねペッシヌだけ」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「たあ狩人は攟眮しおグレランしたしょか
噛たれ真で」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「共有のお二人了解だよっ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「たヌ、正盎そこなら出る意味薄いず思ったけど
完党グレ吊り」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「あ、共有者さんも把握です。
うヌん、狩人さん人ですか  護衛先はそれぞれ違うみたいですねぇ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「ありがずう日䞋郚
でもムダ占いだった ちくしょう私」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「どちらの芖点でも、いきなり占い抜きにきたわけだな
たあそこは圓然にしおも、完党に陣営が割れたか」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「あ、そういえばそうですね完グレヌ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「実によろしい。朜䌏共有の鏡ず呌んであげようやらない倫」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「ここで出ねえず できない倫盲信で散歩者吊られかねねえず思ったんだよ
できない倫信甚されるず蟛いんだ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「狌目線狐混じり芋えおいるはずだしなヌ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「共有は了解ですわ。
村芋しおいたずころが共有なには少し残念ですが、あの内蚳を語るのは共有ずいうのは玍埗です。」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「あぁ、狩人は噛たれ真でいいんだ。
じゃぁ、グレランでいいね。」
¢¡ã§ããªã„倫
「ん、完党グレヌはペッシヌだけになったのか
なら吊応なしに察抗占いに入る」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「盞互占いをさせようず思う
どうだ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「噛み先遞定に恐らく自信がただないんだろう。発蚀自䜓はよく努力しおいる
党うに進化すれば匷くなるず思うよ」
¢¡è¥¿ç“œ
「たあ散歩者ずみさおで2W䜿っおるっぜいから残りの狌芋぀けおよできない倫
実は2隙りで明日くらいに銃殺出るずすごく楜かな(」
¢¡ã§ããªã„倫
「んじゃ指瀺よろしく゚ッグマン」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「お、共有ありがおえずこから出おくれたな
二人ずも散歩者の灰、灰が䞀気に狭くなっおくれたぜ」
¢¡ã‚„る倫
「個人的にはしたいおでも狩人占いロヌラヌの案も出おるしすぐにず決めるのは早蚈だお」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「占い同士での盞互それなら反察
この狩人の出方なら占い真狌でしょ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「察抗占い 盞互占い
私ずしおは察抗占いが超おすすめ
ずいうかここで盞互占いずかいうや぀超人倖目」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「今日はペッシヌさん吊りですねここだけみたいですし」
¢¡è¥¿ç“œ
「盞互の○占い、だよね
賛成。確定○䜜ろうぜヌ゚ッグマン」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「狙った噛みず狙っおない噛みは
粟床がぜんぜん違う、なれおない人隙りにだすなら
噛み先はいっおあげるべきだけどね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãã‚‹ãƒŒãã£ãšãã‚‹ãƒŒïŒˆå€œãŒïŒ‰
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³ €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³ €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 西瓜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「噛みの匷化、発蚀の匷化が狌での理想」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「最悪を想定するなら人で占いロヌラヌスタヌト
西瓜VS日䞋郚みさおの決戊」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「これは実際ビビるぐらい違うんだよね
さがす蚓緎しおから噛むのず、なんずなく噛むのは」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「なぜならば真狐―真狂狌がありえるのだから。たあ、関連性ずいう点に着目すれば話は別なのず
ぶっちゃけ互いを占いすればいいんじゃねっお話でもある」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï ペッシヌ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
5 日目 ( 1 回目)
トトリ0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
日䞋郚みさお0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
十六倜咲倜1 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
西瓜1 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
劃宮 千歳0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
冷蔵庫裏の散歩者0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → 西瓜
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
ペッシヌ10 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
ショボン0 祚投祚先 1 祚 → ペッシヌ
            ペッシヌ は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「残り4吊りŽ・ω・」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ふむ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「お疲れ様ヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「噛みはできない倫
すいたせん抜けたせんでした」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「探す蚓緎が難しいフェむ」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ありぇヌ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「やる倫の人なれおないよね
この感じ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「さヌおず んじゃあたしず西瓜の信甚勝負濃厚。
残り4吊りだから 明埌日が勝負だ。今のたただず」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「さお、わかりやすくなっおきたな」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「うわヌ。ごめんなさヌい」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ(kei◆RCatQRvL1I)
「お疲れ様」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「っおいうか狩人ロラ占いロラすれば最終日確定だったんじゃね
いや2W1Fで狐勝利の可胜性あるけどさ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「明日は十六倜に●ですかね」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「真狐なら占いを100%吊らせないず行けないのに狌狩人COか」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「さおどっち守るかなヌ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「あ、それず●出されたら狩人しおみおもいいですか」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「個人的には、西瓜できない倫が真目に芋える
やらない倫はどう思う」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「そりゃ狩人候補がかなた䞀人の状況でGJ出た占い噛むのはき぀いよ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「んにゃ、もう占い抜く必芁はなかったんだけどな。
じゃあ゚ッグマン・やらない倫・やる倫から
GJ出なそうなの抜こうか」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「ログ読みなりよミサカヌ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あ、あず共有しずいお指瀺がちゃんず間に合わなかったのは悪かった」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「いや、いらねえトトリ
それやるず散歩者が砎綻する」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「あえおのできない倫さん護衛での狩人を」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「本線はできない倫西瓜が真」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「初心者の人の狩人ログ読み、たじオススメ
すべおの狩人くささが詰たっおる矎琎
うたい人の狩人ログずかは停装されすぎおおわからない」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「別に劄信しやしないけどね。ここで出るのはちょっず疑問
どうせペッシヌかやらない倫吊られるんだから、明日出おいいŽ・ω・」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狩人は展開ずしお倉態護衛もしくは俺等シフトかな
占い噛たれたら真確定だろうし」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「トトリが狩人Coしたら、冷蔵庫停乙 」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「匷いお蚀うなら  ゚ッグマン」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「呌んでるけど、分からんこずが倚い」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「俺もそっちかな
散歩の即西瓜停断定はちょっずね」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「想定は 千歳か咲倜-できない倫-西瓜でWだな
狌にしやすそうな方頌む」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「じゃあ十六倜に●投げで゚ッグマン噛みでいきたす」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï やらない倫 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「そうだな
たあ占いを噛たれたらもう片方を吊ればいい
狩人二人は最終日想定か」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「トトリ
それG芖点の内圹が厩壊する」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「いや、トトリは●貰ったら悪いけど玠盎に吊られずいおくれ
狩人COするず終わる」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ここからが本番ずかな
カンベンしおくれ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ああ、発蚀芋るに千歳の方が狌くさいかも
狐噛みこの人も蚀っおるわ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「了解、護衛はやる倫にしずくかね」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(¿Íϵ)
「そういえばそうでしたうっかり」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「盞互占い完党拒吊の冷蔵庫裏は狐っぜいぞ、やはり」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「なんか本胜的に占いずか●に「぀い質問しちゃったり」
真莋喋っおる人に意芋さらに聞いたりetc.」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「よし、千歳に●でいきたす」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「こう特城を曞き出しおさ
リスト化しお」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狩人残し最終日でGJ期埅かな
流石に狩人で狐混じりは無い だろ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「たあ、明日䞡方から●がでるようなら決めうちŽ・ω・」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「西瓜の狩人は分からないなヌこれ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「あいよ、了解だ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たあ、狩人の護衛先はぶれないだろう
鉄板のはずが抜かれたら、そこから村の意芋がそっち停にシフトしかねないからな」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「あずは、狩人を芋぀けるのが難しいなら
むしろ非圹職を芋぀ける䜜業でもいいね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「劃宮の䞭の人いっ぀も胡散臭いですね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï トトリ €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「たあ、SGにされるのはしかたない
最初の頃っおのは」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「人
初日芗いお人
狌芗いお 共有芗いお 狂人芗いお  ここから発蚀で名くらいは陀倖出来る 動き方でさらに名から,名たで」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「西瓜の狩人は私もわからなかった」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「ずいうように、消去法で党䜓から削陀だろうか
ちなみに私はわからない時は、なんずなく噛みたす」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「西瓜は3日目にレスばっかずいう点が圹持ち臭いかな
●、死䜓なし、銃殺、こういうずきに掚理芋せおないずいうのは䜕かしらもっおいる感觊」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「ちなみに村の時も狩人探す緎習はしおる身代わり君
結構倖れるけど」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「おっず、霊胜の存圚を忘れおいた」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï 劃宮 千歳 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            劃宮 千歳 は無残な姿で発芋されたした
            (劃宮 千歳 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
ペッシヌ さんの遺蚀
村人ですね
劃宮 千歳 さんの遺蚀
村人だよ☆
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡è¥¿ç“œ
「・五日目
ここでW䜿っお勝負かけおくんのならたず3W残り。
だっお5吊りだぜヌ昚日の時点で。占い狩人ロラれる。
えできない倫鉄板護衛
するわけないじゃああああああああん
共有鉄板護衛だよ垞識的に。

指瀺出しおる゚ッグマンよりもやらない倫の方が噛たれやすいっぜいかな。
たあ二択だし成功したら埡の字っおこずでこっち護衛しようか。

『護衛  やらない倫』」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「おはよう(・ω・Ž)」
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「あれそこ噛みしちゃうんだ」
¢¡ã§ããªã„倫
「占いCO
トトリのさらしの色は●だろ。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おはよう」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「占い 十六倜は●だったよ」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
察抗はおおよそ狌、日䞋郚もな。
霊ロラで䞀匹死んでるずしおそこのペアで狌は出揃っおる。
あずは狐は䜕凊に消えたかずいうこず。
霊ロラで死んでるなら朜䌏狂人がいるこずになるが、たぁ驚異にはならない。
――――なら。察抗に囲われた狐を党力で抌し぀ぶすのみ。
◆トトリ(82)  「今日はペッシヌさん吊りですねここだけみたいですし」



露骚過ぎるかだが躊躇しない。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「えヌ、そこ噛み」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「おはようございたヌす。
今日も䞀日頑匵っちゃいたしょヌ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「で  そんなずころをただ噛むか」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「え」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす、皆様。
䞍肖、この十六倜咲倜。みなさたの人狌退治のお圹に立おるよう
埮力ながら力を尜くしたいず思いたす。

䞍思議な噛みをしたすね。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「五日目
護衛やる倫 噛たれ
さヌおず。西瓜-できない倫でのWたではほが確定でいいだろ。
狌じゃねえならわざわざ出る必芁もねえ。぀たり内蚳は
真狌-真狂狐。これでいいな。
やる倫・ない倫・゚ッグマンの3択 ここは䞀番抜きやすいず思われそうな
やる倫護衛。GJで吊りが増えるんだからな」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「えヌ咲倜ずかショボンSGにすんのヌきっ぀いこずかんがえるなヌ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「んヌ、残り4吊り。で互い芖点狌は出揃ったず」
¢¡ã‚„る倫
「はいはい●吊り●吊りっず」
¢¡ã‚„らない倫
「以倖だなそこ玙は」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「えヌそこは●投げるずころ。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「お疲れ様
狩人吊らない意識っお倧事よね」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「あれ
なぜ噛たれたのかが解らない 」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない倫西瓜
散歩者みさお

この぀のラむンによる勝負ず芋たす。占い真狌、狩人真狌が本線でしょう。
占い真狂、狩人真狌の可胜性はありえなくはないですが

その堎合、個人的には西瓜の日蚘、二日目

【あず最埌の発蚀で狩人臭出しちゃった♪ごめんね♪
 うん、割ず排萜なんないけどさ。】

この蚘述が

西瓜(118)  「無駄手っぜいさくや
狩人死んだら元も子もないし
占いの○残らないし」

この発蚀をさすならば、隙りが狙っおそこたで蚀えるか、ずいう点を含めるず、西瓜が真目、ず芋たす。」
¢¡ã§ããªã„倫
「んそこ●になるのか」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「もったいないずこ噛んでるなヌ
千歳はお疲れ様。」
¢¡è¥¿ç“œ
「うヌん、あっおやる倫噛みずは思っおたけど
そこ噛みはちょっず予想倖だな」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「あ、できない倫さんが隙りなんですね」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「あヌ、お互い芖点の狌は完党補足したわけだな、これで」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「芋えにくい䜍眮からけっこう匷めに䞻匵しおたのが気になっおはいたよ
ここ囲いだず  ああああああ 難しい」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「咲倜-トトリでロラっお6人で決め打ちする」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「䜕この噛み」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁこれで私が砎たんしたわけで」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ずいうこずはだ、お互いにその暪にいるのは、ほが間違いなく狌ではないずいうこずになる  違わないな」
¢¡è¥¿ç“œ
「それがいいよ
私はただ吊り増やせる可胜性があるしねショボン」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「ありがずう。私芖点での散歩者の隙りが確定したした。
狐非生存、残り想定するならば、今日、私は絶察に吊られるべきではないず蚀えたすか。

私ずトトリ様でラン、でしょうか。」
¢¡ã‚„らない倫
「これはアレか
狩人護衛占い鉄板で占い盞互占いフラグか」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「  んなんでそこ噛むん
た、GJをよっぜど恐れたっおこずかねえ  
っおこずは 西瓜-できない倫-咲倜でWだ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「珟時点でショボンさん確定村ヌ」
¢¡ã§ããªã„倫
「予枬ずは違ったが
狌は党お補足した。
あずの刀断圹はお前ら村人の仕事だろ。
俺には占いの仕事しかできねぇよ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ずりあえず
もはや確定○は決定
●の配眮も決定」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「た、狩人しおるのは互いに護衛堎所は悪くない
ここで占い護衛ずかやっおたら速攻真切るずころだけどそんなに甘くないか」
¢¡ã‚„らない倫
「その展開だずゞョボンが人柱になるのが勿䜓無いが」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「狌はあず回の噛みでGJ出させないようにしなければいけない
いやはや
2/4」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「ずいうか占いに●に狩人に霊胜に
党露出。吊りは回。」
¢¡ã§ããªã„倫
「Yesだろ゚ッグマン
どうする占えず蚀われれば即時占う。
それずも吊りで凊分」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「GJ出ないずころを遞んで噛んだのね。」
¢¡è¥¿ç“œ
「●ロラし぀぀6人で決め撃ち。
吊りが増えたらもっかいロラをはさむ䜙裕がある。
っおずころかな」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「うん、これは散歩者さん明らかに真です、わたし村人ですし。
それずは特にないのでヌ。たヌる。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「W生存はほが間違いないだろ。
咲倜・トトリ吊りきっお 埌はあたしず西瓜の信甚勝負だな倚分」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「10864
぀たり私ずトトリ様をロヌラヌした堎合、占狩ラむンを決め打぀䜜業になりたす。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「混乱するぞこれどういう  」
¢¡ã‚„る倫
「最埌に占いは狩人ず互いを占うべきだず思うお銃殺が出る可胜性も0じゃないお」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「みさお  
霊胜の内蚳はならどうなる、蚀っおみろ
真狂狐だずいうのか」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「いや、ゞョボンじゃないし。そもそも柱なんおしおないし
この状況で柱なんおするわけがないやらない倫」
¢¡ã‚„らない倫
「いや、普通に●ランからの明日結果埅ちで良いかな

流石に狩人が狐ず混じりず蚀われる奎は居るか」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「狩人があず3GJ出したらしゅヌりょヌ。
GJなら、ただ狩人最終日に行けるけど。」
¢¡è¥¿ç“œ
「いやいやいや
●ロラだっおやらない倫
察抗占いしおもいいけどほが噛んでこないっお、この流れ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「いや、真狂狐ありえるでしょうあれ」
¢¡ã‚„らない倫
「ん、すたん把握間違えたショボン」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ショボンは人柱どころか○だ、ほが確定でな」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ずいうこずで、占いはお互いを盞互に占え
銃殺狙いで、ずいう意味だ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「倜の間に考えた結論ですが、散歩者停が芋えた今、私の掚理が村の圹に立぀こずを祈っおいたす。

西瓜は自分の【倱蚀】を日蚘にずりあえげおおり、それは間違いなく、狩人目線での発蚀ず蚀えたす。
これを隙りが蚀えるか。私は蚀えない、ず刀断したした。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「ずいうか、僕ほが確定○でしょ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「真狂狐が党力でなさそうに芋えるのは
私芖点だけだよ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「真狂狐じゃねえの結構序盀からそう思っおたけどな
ぶっちゃけ あそこで狩人COするや぀が狐はねえよ゚ッグマン
んでもっお散歩者芖点咲倜狌なんだから
W生存、ここで完党に確定だ」
¢¡ã§ããªã„倫
「みさおずゎキブリ どっちが狐っぜいず蚀われたらゎキブリだよな
みさおが狐なら黙っおれば幞せなんだから」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「私目線、誰を狐にしろず
あず、霊狐混じりにさせたら、狩人に真GJっお教えるようなものじゃんかなた」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「今日は私ずトトリ様でラン、これは揺るぎたせん」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「村なら私狐疑いのほうが自然」
¢¡ã‚„らない倫
「○が4぀
埌は占い決め打ち展開
問題は人倖の配眮だけだな」
¢¡è¥¿ç“œ
「ぶっちゃけCOしおない人で●貰っおないのはどういう内蚳だろうが確定○です。うん」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「たあ、●出たら説埗のしようないですし。咲倜さんず䞀緒に吊られちゃう流れなので仕方ないですよね 。
村人さん勝぀事を信じおたすよ」
¢¡ã‚„る倫
「狌が2匹かLWだず思うお
ずいうか八割残り二匹だお」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「ここで吊り間違えるずやばい
ここでただ狐ずか蚀っおるや぀がいたらそい぀人倖だね」
¢¡ã§ããªã„倫
「了解だ
吠えろ、俺のゎキゞェットォォォ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「私芖点察抗でおきた時点で
真狂狌だろうなヌずかおもっおたけど
なんも蚀わなかったわからないから黙った」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「ランずいうかロラっぜいですけどねヌ咲倜さん」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「もう぀。

察抗占い確定○䜜りを考えたのはできない倫様の方が先。
共有が○にいるこずを考えおそれをためらったのは非垞に信頌が高い。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「私は埡坂狌or狐乗っ取り狙い、真玅狂、フェむ真が割ず路線だったので埡坂、フェむ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï トトリ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「ずころで西瓜食べたいのに
西瓜食べたいっおシスメを流すず
実にアレなこずになっおしたう村で私が絶望した」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãŠãªã‹ãŒãã†ãã†ãªã‚ŠãŸã—た
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï トトリ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï トトリ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ãƒˆãƒˆãƒª €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï トトリ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï トトリ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï トトリ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「埡坂は出方みお、決め打っおるし目的あるから狂狌
真玅はな感じ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「フェむのCO確認しお出おきおいるから、私狐はないよかなた」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³ €Ï トトリ €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
6 日目 ( 1 回目)
トトリ7 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
日䞋郚みさお0 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → トトリ
十六倜咲倜3 祚投祚先 1 祚 → トトリ
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → トトリ
西瓜0 祚投祚先 1 祚 → トトリ
冷蔵庫裏の散歩者0 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → トトリ
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → トトリ
ショボン0 祚投祚先 1 祚 → トトリ
            トトリ は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「ずいうより、最近の占いのCO埌の挚拶はあれフェむ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「お疲れ様」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「さお、日蚘ず互いの●読み盎すか」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「た、そヌなっちたうわな」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「お疲れだな」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「ヒャッハヌ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「うわヌ、これき぀い。
トトリお疲れ様」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「お぀かれさたヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「もうしわけない 噛みず○間違えたした」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ずいうかこれ、  詰んでないか」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「信甚高いぜヌ
信甚高いぜヌ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「ずなるず蟛いな 信甚差が 西瓜私になっおる可胜性高し」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「うわヌ、これ透けすぎですよ お぀かれさたでしたヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「この鉄火堎で䜕をしおいるのかず  」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「うおヌ。発蚀が飲み蟌たれおいる」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狐混じっおるならほが詰み
明日●吊っお狩人占いで5人になればだか」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「あ、そうなんだ、
おいうか霊胜っお挚拶遅いべきそれずも早いべき
●の時のこず考えるず迷うのです」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「いや、構わねえ もうこうなったらそこ3人以倖党員確定○だからな」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「どっちでもいいんじゃないかしらず私は考えおるわね。」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「真狌 真狂狐 狩人真狌

これならただ刀らんが あるかね」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ショボン○トトリ○やる倫○日䞋郚○劃宮千歳●」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「だったら●出し先以倖は誰噛んでも構わねえっおこった。
GJ避けるっお意味では最善の噛みだぜ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「そんな朜䌏占いがいたずきに代わりに噛たれる仕事なんお共有ずかに任せればいいず思うんですよフェむ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「朜䌏占い候補で噛たれたくないから早めがいいんじゃない
私銃殺あったら察応しようずは思ったから、様子少し芋おたけど。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「今日抜かれるのは我々のどちらか、もしくはやる倫、ショボン、この確定○矀  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ€ÎÆÈ€êžÀ
「぀、です。

・自分の倱蚀を日蚘に取りあげた西瓜。か぀、それは確かに倱蚀ず刀断できるレベルの発蚀であるこず。
・察抗○占いを瀺唆し぀぀共有が暫定○にいるこずを考え䞭止したできない倫ず、共有に指瀺を求める発蚀をし、察抗占いをした散歩者
・占い真狌で芋ながら、占い護衛を考えたみさお」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「明日は咲倜吊り、明埌日決め打ち展開だな  
このたただず蟛いが やるっきゃねえ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「ふむ、なるほどありがずう」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「占い先はできない倫な 圓然●で」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「狩人に狐が混じっおいるのが怖いが、しかし占いが今日は確実に抜かれないのだから、占いに狩人を占わせればいいだけの話だろう」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「そう蚀っおいただけるずありがたいです  
明日ぱッグマン噛みで」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「噛みは  護衛゚ッグマンにしおおくんで
やる倫・ショボン・ない倫から䞀人遞んどいおくれ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「真玅さん狐だったんですね。
えヌず、たしか䞀番最埌でしたよね  ちょっず意倖でした」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「銃殺かみあわせも意味無いだろうしな」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ゆえに狌は狩人を抜くわけにもいかない、ず」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「了解したした
できない倫●でいきたす」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 冷蔵庫裏の散歩者 €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌ、西瓜-できないラむンのが信甚できるかな」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「意味はないな
残っおいた占いが真で決定なのだから」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「あ、スマン 護衛先で䞀番理由曞けそうなの゚ッグマンだ
そこ倖しおくれ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ショボン  かな
これでされるずどうしようもない」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ああ、その展開で倚分問題無いだろ

占いず狩人で●乱舞だったらもう埌はきめうちだなガチの」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「正盎狂人目線混乱したトトリ
ずはいえ、狩人に真盲信ゲヌさせたくないので、●出したけど、フェむに。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「了解です゚ッグマンはずし」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「やはり真狐真狂狌だず思うが  
どちらにしろ西瓜できない倫が真目だが」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「朜䌏占いの倉わりに噛たれるべきずころ
玠村でしょう。私はかなり様子芋しおいたす。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「あぁ、狌のミスでしたか。
どうもおかしいず思ったなぁ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï ゚ッグマン €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「GJださせるわけにいかないんだよね
これきっ぀いなヌ狌
やっぱりGJだされたら終わるか」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「ただ、それをしすぎるず狩人候補が絞られる件。かなた」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「今日はセヌフ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「あず咲倜さんが普通に今日みおおも村ぃ。
ちょっず厳しい」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「狌は」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「挚拶早い人がやる倫村では倚いですし、
挚拶遅くするスタむルは十分」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï ショボン €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            ショボン は無残な姿で発芋されたした
            (ショボン は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
ショボン さんの遺蚀
玠村Ž・ω・
個人的な心象では、西瓜-できないラむンの方が信甚できる
ずいうかトトリ-みさおがあんたり村偎っぜくない
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïŒ’分系かヌ
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「狌芖点だず狐混じり読み切れたすけど狂人芖点混乱しちゃいたすよね。
うヌん、やっぱり護衛ずらしありずか思っちゃったのが䞍味かったです。」
¢¡ã‚„る倫
「おはようだお」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう」
¢¡è¥¿ç“œ
「・六日目
四択 四択なんだよなあ。
゚ッグマン、やらない倫、やる倫、ショボン。
劃宮噛みは明らかにGJを恐れおいる噛み。
もっずも護衛が぀きづらい、ず狌が考えるのはどこか。

 たずやる倫を護衛から陀倖。
察抗が護衛しおいるず䞻匵噛めないから。
たあ、護衛倖したっお蚀い匵る可胜性はあるんだろうけどさ。たずは倖しおおく。
んヌ 共有ずショボン。やらない倫は私が昚日護衛しおたので噛みにこないず芋お 

よし、劃宮噛んでからの共有噛み通しず芋る。
゚ッグマン護衛。

『護衛  ゚ッグマン』」
¢¡ã§ããªã„倫
「ゎキゞェットCO
冷蔵庫裏の散歩者は●だ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「占い できない倫●」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「六日目
護衛゚ッグマン 噛たれ
  なるほどね ずこずんGJを避ける噛みをするっおか。
咲倜-できない倫-西瓜でWはほが間違いねえだろう。
その堎合、どこを噛んできそうだ
ショボン、やる倫、゚ッグマン、やらない倫  
ここたでは党員確定○だ どこ噛んできおもおかしくねえが

やる倫は陀倖。昚日あたしが護衛しおる堎所を噛むのは怖いはず。
ない倫も陀倖かな。連護衛䞻匵っおのがありそうな感じ。楜だし。
ず、なるず゚ッグマンかショボンだが  ゚ッグマンだ。
昚日のあたしの護衛理由芋お ショボンを噛みやすい堎所だからっお倖すず読むぜ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「正盎かなた噛みだけで、占い挑戊いったのがき぀いフェむ」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「咲倜、占い、占い、狩人二択だから
あず2GJたでは倧䞈倫よね。」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
50床の熱湯からホり酞団子、ゎキブリホむホむは基本ずしお
旧匏のゎキゞェットはもちろん最新匏のゎキゞェットアヌス、
さらに匷力なゎキレンゞャヌも完備。
最埌にパ叩きずホりキ、ちりずりを装備しお――――

――――この地から去ね、ゎキブリィ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「お疲れさた(・ω・Ž)」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「おはよう」
¢¡ã§ããªã„倫
「 わけがわからない」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「  悪い。読たれた」
¢¡è¥¿ç“œ
「ちっ、倖した。
やるやら噛みこないっおのは合っおたが」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「
うん、そりゃそうなんだ
そりゃそうなんだよ
そりゃそうなんだっおば
溶けないよねそりゃ  」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「おはようございたす、皆様。
䞍肖、この十六倜咲倜。みなさたの人狌退治のお圹に立おるよう
埮力ながら力を尜くしたいず思いたす。

今日は私吊りの流れ、でしょう。
せめおの村人の矩務ずしお、私の掚理を残しおおくこずにしたす。」
¢¡ã‚„らない倫
「真狌 真狂狐 狩真狌

あるかね」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「お぀かれさたでしたヌ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「  なん  だず  」
¢¡ã‚„る倫
「銃殺は無しず」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあ、読みは正解だったからいいや(・ω・Ž)」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「西瓜真狩人である点

これは昚日説明した通りです。たさしく狩人目線での倱蚀をし、か぀それを日蚘に倱敗したず
蚘茉した。
これが隙りにできるかどうか。そこたでの隙りはできないず刀断し、真の玠盎な感想、ず芋たす。」
¢¡ã§ããªã„倫
「みさおヌ
䜕か蚀い残すこずは」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「埡坂狂人が意倖すぎるけど」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ様」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「咲倜の村アピ匷いヌ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「今日があっお本圓によかった  
西瓜朜䌏狂人  」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「真狐だず思ったが、違ったず  
あヌ、もうわかっおいるずは思うが、占いは狩人を今回は占い頌むな
自分芖点停のほうを」
¢¡è¥¿ç“œ
「安党手で咲倜吊りっしょ確定○」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「今日は断固ずしお咲倜吊りだ
残りW、ここでそこ吊らねえず 明日が来ねえ。
真狌-真狂狐でいい 察抗は狌。その内蚳でたず間違いねえだろない倫」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「おっ぀ヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「●吊りで狩人占いからのきめうちが最倧想定

今日狩人決めうちもアリ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「できない倫真占い垫である点

日目の発蚀が、これです。

できない倫(55)  「死䜓なしに乗じお、確定○䜜るのも悪くないんだが
もずもず確定○の茩を確定○にしちたったりする可胜性があるからな」

冷蔵庫裏の散歩者(79)  「盞互占いのタむミングは共有頌むよ」

発蚀の埌ろが発蚀順であるならば、【確定○䜜りを考えた】のはできない倫様が先。
か぀、共有が暫定○にいるこずを考慮しおいる。
散歩者の発蚀はあきらかに远埓でのタむミング。そしおやる倫占いで信頌を取りにいっおいる。

占い芖点ずしおの思考が深く、信頌がおけるのはできない倫様である、ず刀断できたす。」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「なんで私がWで霊胜を隙らなければならないのよショボン」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「そいやおねヌさん」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「そだねヌで霊胜を隙る必芁がない」
¢¡ã‚„る倫
「今日は片方狩人吊っお占いは残りを占うこずいいおこれで狐の可胜性はぐぐっず䜎くなるいないずは蚀えないけど」
¢¡ã‚„らない倫
「䜕故3W確定ず刀るみさお」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「最近狌の時の方が終盀の村アピ匷いんですよ私」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「どしたの」
¢¡è¥¿ç“œ
「それはかなりありがたいんだけど、どうせなら●ロラでお茶濁しお欲しいな
明日、吊り増えお狩人ロラれる可胜性があるやらない倫」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「ねえよできない倫
あたしが真狩人なのは 明日分かる。それでいい
どうせそこWだろ 狩人COを狐がする必芁が
少なくずもあのタむミングではねえよ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「どっちかずいうず、真玅真狂、で埡坂かフェむのどっちかが狐ず思っおたんだよね」
¢¡ã§ããªã„倫
「なんか埌ろからのフォロヌがすごいだろ。
流石ミニスカメむドは栌が違うな。

ちょっずめくっおいい」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「個人的な印象だけで蚀わせおもらうなら、西瓜できない倫のラむンが信甚では倧差だ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「フェむ真芋した理由はなんか䞀番芖点が玠盎に出おいる感じだったんですよね」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「先に十六倜吊れおないのがすごくたずいよ  」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「ほむほむ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「で、埡坂狐かなヌず」
¢¡ã‚„る倫
「みさおが怪しいお」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「なんか人倖やっおるず
あれ、私こんなに殎り匷かったっけずいう違和感が出おきたしおね
困ったな。村ず人倖の時の動きが少しず぀乖離しおきた」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「ああ、埌共有。吊り増えたら圓然占いロラ先だぜ
もう1回GJ出せばいいんだからな私は」
¢¡è¥¿ç“œ
「いやいやいや
ここたで連携しおるのが狐狌ずかないよ
どう芋たっおみさお-ゎキブリで2Wだず思うんだけど」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「占いず狩人が狌狌で繋がっおいたわけで、ならみさおの囲い時期から考えるずそちら狌が濃い」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「私狐なら朜䌏する ずいうか、隙ったこず無い」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「さっきの村も勝っおたね、
LWタむプに目芚める」
¢¡ã‚„る倫
「占いが●出しおるのにそりゃねヌお西瓜」
¢¡ã‚„らない倫
「3W残り確定は真狌 真狂狐 狩人真狌のみ
2隙りの意芋は殆ど芋られなかった気がしないでもないな」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「。日䞋郚みさおが停狩人である点

  真狌-真狂狌 或いは真狌-真狂狐で芋お間違いねえだろ。
ず、なるずここは占い護衛以倖にやるこずがねえ。

その内蚳を持っお、「占い理由行が嫌いだから」ずいう理由で護衛先を決められる理由を知りたい。
占い真狌で芋るならば、護衛をミスすれば狌護衛。
占いの真莋ず護衛先に぀いおもっず慎重になるべきなのに、日蚘にそれが芋られない。

埌曞き時間的䜙裕のない日蚘ず芋たす。」
¢¡ã§ããªã„倫
「んヌず
明日みさおが○で死んでない狂人 だったずしおもありえるのか
PPはないわけだななら俺はもう仕事は終えおいるも同然。
どヌんず構えおいようぜ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「内蚳どうなっおんの  」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「ここで盲信しお負けんのか悪いがお断りだ。

西瓜はたず狌 狐があそこで出る必芁もねえ。
できない倫も、その狌が庇う時点で狌濃厚なんだよ最初から」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「元から倚分LWタむプではあるんですがねヌ
村の時にあそこたで匷くは殎れないわ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「鍋でなら隙るけど 
普通だず隙れないなぁ 狐」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ずいうわけで、私ずしおは冷蔵庫裏から吊り、ずしたいず思う」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「っおいうか●だし先が明らかに間違っおる」
¢¡ã‚„る倫
「やる倫は共有の指瀺に埓うお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「だいたい、倜のうちに考察した、私芖点で停である占い・狩人、真である占い・狩人に察する考察です。

今日は私吊り。明日、刀断の手助けになればず思いたすわ。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「やっおみるず案倖楜しかった。勝おないけどŽ・ω・狐の隙り」
¢¡è¥¿ç“œ
「ありがたいけど、いいの
それ安党手じゃないよ゚ッグマン」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「やめろ 咲倜吊らねえず マゞで終わる」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「メむドに●はき぀い。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「おっず、今日決め打っちゃうのか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï 冷蔵庫裏の散歩者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「狐の霊胜はどきどきする
超考えるから」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「だよねヌ。私に●投げないず狌勝おないよね」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„る倫 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「あヌ、決め撃たれちゃいたしたか」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 日䞋郚みさお €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「あれを狌ず蚀い匵るには蟛いなあ昚倜」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「今日決めう぀ずか、共有剛毅だな。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「やる倫を序盀に占いされちゃったのも厳しいですね
噛めずにいたのも」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡åå…­å€œå’²å€œ €Ï 冷蔵庫裏の散歩者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「隙りの散歩者さんが噛み先ず●出し先間違えたんですの」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「咲倜さんがねヌ。吊り逃れられない状態になっおからおっそろしいくらい村なんだよねŽ・ω・
それず比范するず流石にトトリは盞手が悪いŽ・ω・」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「冷蔵庫真はほが消えおしたうんですよこれで」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã‚‚うすぐ分ヌ
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「ずいうか消えたすね」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあでも、ゎ(ry)のグレヌ噛たれる時点で停でいいよそこ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「ですね。
冷蔵庫真なら3W生存だもの。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï 冷蔵庫裏の散歩者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 十六倜咲倜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
7 日目 ( 1 回目)
日䞋郚みさお1 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → 冷蔵庫裏の散歩者
十六倜咲倜4 祚投祚先 1 祚 → 冷蔵庫裏の散歩者
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → 日䞋郚みさお
西瓜0 祚投祚先 1 祚 → 冷蔵庫裏の散歩者
冷蔵庫裏の散歩者3 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
やる倫0 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 十六倜咲倜
            十六倜咲倜 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「あっぶねえ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「おっしいね
お疲れ様」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「仕事ぶり・仕事内容は最䜎だったが

最䜎限の仕事はしたぞJOJOヌ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「぀たり、明日朝が来た時点で決めうち。」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「んヌたヌそりゃそっちだよな、ず」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「これは  」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「ったくよヌ
安党手捚おるくらいにあたしが胡散臭いっおか たあそうだよなあ
すたねえ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「お疲れ様」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「んじゃたこっち劄信しおくれおる゚ッグマン守りたしょか」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「悪い
どちらにも察応指向でしおしたっただろ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「あぶねヌ」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「やばいお・・・」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï ゚ッグマン €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「今日は私吊りでいいずころですわ。
お疲れ様です。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「お疲れŽ・ω・」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「うむ、指瀺間違いだ
すたない」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「お぀かれ様でした。」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「お぀かれさたでしたヌ」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ここに来おできない倫信頌できないずかやる倫の心境が詰んでるお・・・」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「最埌に、私ずトトリ様、どちらが村人でどちらが狌だったかを刀断しおくれればいいこずです。」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさたです」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「いや、たぶんこれは狩人の信甚ずいうより占いの信甚ですね
たぁミラクル芋おがんばりたしょう
次はどこ抜きたすか」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあ、決めうちでもいいけど咲倜さん吊りが無難手だしねŽ・ω・」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「で、たあ焌け石に氎だけど
吠え軜く枛らしおおこう。噛み先は そうだな、やらない倫で頌める
護衛先はやる倫にしずくわ」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「流石に散歩ずみさおで狐狌は無いだろう

霊胜真狂狐か」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「狌目線かめるのはやる倫、だがカムず苊しい」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「意倖ず危なかった
狩人に䞇䞀狐が入っおいた堎合にたずかった」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 日䞋郚みさお €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「無理でそメむド
私が狂占いなら喜々ずしお●うちにいくレベルだもん」
¢¡ã‚„る倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ずいうか殺すんだったら殺しおくれおトむレいきたいんだおおおお」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「やらない倫了解したした」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ああ、それが懞念だったな
ただ党員自分芖点での吊り先ずしお間違っおは居ないから、埌は説埗合戊かね」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「それは、死なないフラグだ  やる倫」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「やる倫」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「ここから共有逆噎射  うん、きっずこれです」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「できない倫真以倖芋えないがな  
咲倜はあそこで、今日は自分吊りずも蚀っおいたしなあ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「ありえるから困るŽ・ω・逆噎射」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ああ、だがやらない倫、正盎自分が信じられなくなっおいるので、おかしいず思ったら蚀っおくれ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「明日決めうちタむム 勝おる気がしたせん、はい」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「占い真狌なら占うべき狩人も確定

たヌ2W展開から確定○のきめうちか」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「狩人日蚘は毎晩曞いおおくものですよ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「西瓜●出しおおきたす」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(¿Íϵ)
「あ、すたん やっぱやる倫噛んでくれ」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「最終的に信甚ずれた
ずいう蚀い方は傲慢か。
信じおくれた村が優秀なんだ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「共有二人のこすのはだめだぁ
きめうたれるぞぉお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšïœºïœ¹ïœºïœ¯ïœºïœ°
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「指什塔の片方は砎壊しないず」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「でも狌目線GJだせないのか
明らかに護衛いるずころは噛めないよね」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあアレだね。信甚勝負なるず玠村は割ずやるこずないけど  
楜しい(・ω・Ž)」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「1GJ出たほうが良かったわねこれなら。」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「難しいけど
それでも劣勢で共有残しはき぀い」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï やる倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            やる倫 は無残な姿で発芋されたした
            (やる倫 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
やる倫 さんの遺蚀
確定○だしなにも曞かなくおもいヌお
十六倜咲倜 さんの遺蚀
村人

霊胜狐混じり濃厚。その堎合、フェむが狐目ですね。
真狌真狂狐が本線。
ずなるず狌有利堎でしょうか。
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 8 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡è¥¿ç“œ
「・䞃日目
昚日散歩者吊れおれば楜だったんだけどな、ず。
んじゃこっち信じおくれおる゚ッグマン守りたしょか。
明日吊り増えなければ決め撃ち。
さお、正念堎。有利ずはいえ気を匕き締めようか。

『護衛  ゚ッグマン』」
¢¡ã§ããªã„倫
「しんのすけCO
野原みさえは●だゟ」
¢¡ã‚„らない倫
「おはよう」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「䞃日目
護衛やらない倫 噛たれ
あっぶねえ  安党手捚おるなよ共有
そこたで胡散臭いのか私は うん、たあ仕方ねえけども
護衛先はやる倫だ やらない倫・゚ッグマン・やる倫だったら
゚ッグマンは完党に狌の味方しおる堎所。噛たれねえず思う
やらない倫・やる倫の2択だが  
やらない倫噛たれおやる倫残った堎合。
やる倫は共有に埓うっお蚀っおる堎所だ。゚ッグマンずここ残すのが䞀番楜だろう。
぀たり、噛たれやすいのはやらない倫だ、ず読むぜ
狌芖点 怖いのはこっちだろうよ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「共有は盞談できるからねヌ
確定○抜きの時点でさっさずは抜いおおきたい。」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
西瓜かみさえの2択なんだけど

オラ、鬌ババは駆陀するべきだず思うんだゟ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「占い 西瓜●」
¢¡ã‚„らない倫
「おいできない」
¢¡ã§ããªã„倫
「おいィ」
¢¡è¥¿ç“œ
「ん、たヌ吊り増えなかったか。
決め撃ちタヌむム」
¢¡ã‚„る倫()
「トむレ行っお来るお」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「やる倫お疲れ様。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「わりず灰芖ははずれおたしたね。みさおは眮いお、千歳占っおたしたし。
トトリ占いで●が出そうなのは、想像したしたけど。

どちらかずいうず真狂真狌狐で芋おたりもしたした。
死䜓無しの日の埡坂様が元気がなかったので。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「わりず灰芖ははずれおたしたね。みさおは眮いお、千歳占っおたしたし。
トトリ占いで●が出そうなのは、想像したしたけど。

どちらかずいうず真狂真狌狐で芋おたりもしたした。
死䜓無しの日の埡坂様が元気がなかったので。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「もう理由なんおないさ」
¢¡ã§ããªã„倫
「なにこれ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「あヌ、悪い
決め打぀なら今日からでも、䜕の問題もなかったな
昚日のは普通に指瀺ミスだ
私はヒヌロヌであっお譊察ではないから、謝るので蚱しおくれ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「×占っお ○疑っお」
¢¡è¥¿ç“œ
「共有は狩人ず占いどっち吊るのか指瀺よろしくね」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「決め打ちだ。
どうせ自由投祚は共有2人組しかいねえ。
W生存、ここで倖したら負ける。頌むから信じおくれ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「いっおらっしゃいŽ・ω・やる倫」
¢¡ã‚„らない倫
「 察抗●なんだから俺芖点占うべき占いは確定しおいるぐらい行っお欲しかったんだけど できない」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「みさえじゃなくおみさお、なんだが、普通に間違えたでいいのかそれは  」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「ああ、埌狩人ず占いどっち吊るか決めずけよ
村の祚が割れたら぀け狙われかねねえ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「いっおらヌ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「んにゃヌ 単に発蚀が吞い蟌たれおただけメむド」
¢¡ã§ããªã„倫
「たぁ、ずにかく決め打ちに倉わりはない

俺は過半数投祚されただけで死ぬぞ」
¢¡ã‚„らない倫
「ああ狩人な」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「できない倫䜕やっおるの」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「共有頌むよ 今日が実質最終日なんだから」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「たお最期に油断するな」
¢¡ã§ããªã„倫
「ネタだゟ゚ッグマン」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「吊るなら占いからがたあ垞道Ž・ω・」
¢¡è¥¿ç“œ
「狩人察決把握。
さお、みさお。殎りあうか」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「狩人吊りでいいんだなやらない倫
念のため確認しずくが」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「ああ、そうでしたか。発蚀吞いこたれは厄介ですね。」
¢¡è¥¿ç“œ
「たず、お前が真狩人だずしお、あの暫定○状態から、"出る意味があったのか"」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「基本長文発蚀なので、吞い蟌たれるず発蚀が枛る」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「たヌ、わたしは村人でも人狌でも垞に疑われ䜍眮ですし。
人狌匕いちゃうず䞭盀以降死亡でどヌしおも他人任せになっちゃうんですよね」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「どちらでも同じなんですけどね」
¢¡ã§ããªã„倫
「ずいうか、これだず霊胜が
真狂狐 なのか
なにこの真っ癜霊胜ズ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「共有の祚だけだな、浮動祚は」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「すごいねヌ。●芋るたで察立軞しか芋おなかった
灰芖党然しおなかったŽ・ω・」
¢¡è¥¿ç“œ
「あそこはどう考えおもグレラン。
完党グレヌがただ残っおたんだから。
それでもあそこで出たのは『私真芋されるのが怖かったから』、だろ」
¢¡è¥¿ç“œ
「みさお芖点、私は停。
翌日に、私が噛たれおないこずを確認しおから悠々ず出おもよかったはず」
¢¡ã§ããªã„倫
「狩人ランなのか占いランなのかだけ指瀺しおくれ
バラけるぞ」
¢¡ã‚„らない倫
「どうせ倖したら終わりだ
狩人に皆指向しおくれ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ん いや、狩人より占いじゃあないのか普通
が出るかもしれないだろう、残しおおけば」
¢¡è¥¿ç“œ
「䜕故、あのタむミングで、察抗COしたか。
それが説明されない限りあんたに負ける気はたったくしないね」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「出る意味あんじゃねえか
あそこで出ねえずできない倫真決め打ちされかねねえっおこずだ
どうせあたしが噛たれようが もうそんなのは関係なかったんだからな

むしろそっちが出るタむミングがはっきりしすぎだぜ
グレランになった途端に出おくる。
出たタむミングで差を぀けようっおのなら そりゃ無理だよ」
¢¡ã§ããªã„倫
「どっちだよおい」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「みさおが殎らないなヌ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「あヌ、私がおかしいのかもしれないな
やらない倫の指瀺に埓っおくれ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「いやどうせ狩噛たれちゃうから゚ッグマン」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「いや ここで倖せば私が噛たれお終わる>゚ッグマン
もうGJは出せねえっおこずだ。だから信じおくれっお蚀っおるんだよ」
¢¡ã§ããªã„倫
「了解だろ

んじゃみさえ。
あの䞖でひろしず仲良くな」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「○もらいですし、信頌勝負路線なら○から村アピも必芁かず思いたしお。
やらない倫様、かなた様村芋で千歳様は吊り䜍眮ず芋おたしたね。」
¢¡è¥¿ç“œ
「そんなに切矜詰たっおなかったろ
共有がCOしおもペッシヌ吊りから明日COでよかったはず」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「これで
狂狌―真狌狐ずかならいいな
先生超嬉しい」
¢¡ã‚„る倫()
「戻っおきたお真玅霊胜隙るずかどんだけだお」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「灰から出たずいうのがね
できない倫の○に真狩がいたら砎綻するのに」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「どっちでも同じだよ 吊り䜙裕あれば、占いロラは既定路線だけど。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚ず3分で投祚完了されない方は死しお地獄ぞ堕ちおしたいたす
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï 日䞋郚みさお €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 日䞋郚みさお €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã˜ã‚ƒãƒŒæ±ºã‚æ‰“っちゃう日です
ゆっくり胃を痛めおいっおね
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「吊りのがれずもいえるしね。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï 西瓜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ €Ï 西瓜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚„る倫()
「いよいよLWかお」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï 日䞋郚みさお €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「さお、どうなるか」
¢¡çœŸçŽ…(バッタ◆Rider/vpxg)
「狌負けかな。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあ勝おそうかなŽ・ω・」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「意倖ず分けるかな」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「たけそヌだね」
¢¡ã‚„る倫()
「そヌか党郚狩人GJだったのかお」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「だよ。決め撃たせたくないから、●いお、狐生存に芋せかけおただけで。」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「やる倫様
霊胜に狐がいる以䞊、狐噛みはありたせんゆえ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚„らない倫 €Ï 日䞋郚みさお €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
8 日目 ( 1 回目)
日䞋郚みさお4 祚投祚先 1 祚 → 西瓜
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → 日䞋郚みさお
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → 日䞋郚みさお
西瓜2 祚投祚先 1 祚 → 日䞋郚みさお
冷蔵庫裏の散歩者0 祚投祚先 1 祚 → 西瓜
やらない倫0 祚投祚先 1 祚 → 日䞋郚みさお
            日䞋郚みさお は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「これは負け  かな」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「西瓜も蚀っおたけど
出るタむミングミスったな間違いなく。すたん仲間の皆」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「察抗狩人のほうが真倚いパタヌンはグレラン指定村
信頌勝負では察抗狩人が停パタヌンが倚い」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ですよね  」
¢¡è¥¿ç“œ€ÎÆÈ€êžÀ
「ん、OKOK
勝利」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï できない倫 €Îžî±Ò€ËÉÕ€­€Þ€·€¿
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んヌ」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「んヌ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「負けたヌ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「やあお疲れ」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª(ひなた◆enpi2TUI66)
「わヌ、負けたしたヌ。みさおさんお぀かれさたでしたヌ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€(12346◆Qh0N0X6bYw)
「お疲れ様ヌ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた」
¢¡ã§ããªã„倫€ÎÆÈ€êžÀ
「ありがずう、西瓜、そしお村の皆」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「終わりなら、早噛みで頌む 」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「お疲れŽ・ω・」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「早噛み蚱可いただけたすか」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ(ゆずどら◆UgLAnispec)
「お疲れ様ですわ。」
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「できないの最終日占い理由ず
みさおの頑匵りに心動かされただろ」
¢¡ã‚„る倫()
「なるほど・・・十六倜さん」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³(kituneco ◆qk9Of1vPpk)
「お぀かれヌ」
¢¡ã‚„る倫()
「お぀かれだお」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ(tk◆Msgo7V7vNY)
「どちらにせよ早噛みです」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã©ã†ãžãƒŒã”自由に
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「たぶん間違えおないず思うのだがなあ  
劄信が過ぎるか」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「たあ、真でも停でもあの日ならペッシヌorやらない倫吊り(やらない倫共有だったけど)なんで出なくおよかったね
翌日でも十分信甚は取れるŽ・ω・みさお」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…(¿Íϵ)
「ありがずヌ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 西瓜 €òÀꀀ€Þ€¹
¢¡ã‚„らない倫(¶ŠÍ­ŒÔ)
「ただたあ散歩の発蚀攟棄ずCO出るタむミングで決め打っただろ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³(¶ŠÍ­ŒÔ)
「あ、終わったかこれ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €¿€Á¿Íϵ€Ï やらない倫 €ËÁÀ€€€ò€Ä€±€Þ€·€¿
            やらない倫 は無残な姿で発芋されたした
            (やらない倫 は狌の逌食になったようです)
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
やらない倫 さんの遺蚀
共有CO

盞方ぱッグマンだろ
日䞋郚みさお さんの遺蚀
ç‹ŒCO、無理か──すたねえ仲間たち、あずただ芋ぬ狂人。
あそこは泉さんよりショボン噛んどけばよかったかな
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 9 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ã‚„らない倫(◆REjXgbXuMc)
「たあ間違えおたら糧にするだろ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「ああ、だな 翌日で党然間に合ったわ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎(trial◆iDXZwpU.VA)
「真狩人目線、噛たれたらなおさらに。だね。」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›(dummy_boy)
「今回は占い隙り担圓にスムヌズに意思䌝達が出来ればよかったですねえ
出来れば倜になるず同時に方針が打ち出せればよかった」
¢¡ã§ããªã„倫
「鉄道CO
西瓜はPASMOより普及しおる」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡è¥¿ç“œ €Ï 冷蔵庫裏の散歩者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚„らない倫(◆REjXgbXuMc)
「お疲れ様だろ」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「なんだ、続いおいるなら勝ったのか」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「実は闇鍋だったんだな、うん」
¢¡ã§ããªã„倫
「理由
西歊線なめんなよチクショり」
¢¡è¥¿ç“œ
「食べ物CO
実はメロン」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€… €Ï 西瓜 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚„る倫()
「勝った第䞉郚完だお」
¢¡è¥¿ç“œ
「護衛先蟲家のおばちゃん」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「じゃあ、粛々ず吊り䞊げおしたおう
お疲れ様だ」
¢¡ã‚„る倫()
「お぀かれだお」
¢¡ã§ããªã„倫
「倕匵メロンなら食べるぞ西瓜」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³ €Ï 冷蔵庫裏の散歩者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³(アンダヌドッグ◆vaxPIb7J4c)
「なん  だず  (・ω・Ž)実はメロン」
¢¡è¥¿ç“œ
「投祚枈みヌ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ(ちゅるや◆L4/i/NrLmw)
「散歩者には蟛い勝負任せちたったな
狌初めおっお蚀っおたけど」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã§ããªã„倫 €Ï 冷蔵庫裏の散歩者 €Ëœè·ºÅêÉŒ€·€Þ€·€¿
9 日目 ( 1 回目)
゚ッグマン0 祚投祚先 1 祚 → 冷蔵庫裏の散歩者
できない倫0 祚投祚先 1 祚 → 冷蔵庫裏の散歩者
西瓜1 祚投祚先 1 祚 → 冷蔵庫裏の散歩者
冷蔵庫裏の散歩者3 祚投祚先 1 祚 → 西瓜
            冷蔵庫裏の散歩者 は投祚の結果凊刑されたした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãšã„うこずでお疲れ様でした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãŠã‚ã§ãšã†ã”ざいたすやる倫
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã§ã¯éš£ã®ç¿ é¯–でGMが寂しそうにしおいるので
遊びにいったらいいんじゃないかな
           ・倜が明けるず前の日に亡くなった方の遺蚀曞が芋぀かりたした
冷蔵庫裏の散歩者 さんの遺蚀
占い
ショボン○トトリ○やる倫○日䞋郚○十六倜●できない倫● 西瓜●
[村人勝利] 村人たちは人狌の血を根絶するこずに成功したした
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ çµ‚了時間2010幎7月30日22時30分
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「䜕せ狐はいないので銃殺察応なんお考えなくおいい
考えるこずは誰を残しお誰を぀り誰に●を打぀か システムのバックフォロヌが真占い真狩人にはあるので連携が倧倉です」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「ホむホむはやめお ゎキゞェットにしお」
¢¡ã§ããªã„倫
「お疲れ様だ」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「お疲れ様」
¢¡ã‚„る倫
「お぀かれさただお」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「お疲れ様ヌ
私が狂人でした たる」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「お疲れŽ・ω・」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãšã„うこずでお疲れ様でした
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「お぀かれさたでしたヌ」
¢¡ã‚„らない倫
「お疲れ様だろ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「お疲れ様でした」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「お疲れ様だ」
¢¡è¥¿ç“œ
「お疲れ様でしたヌ 真玅狐」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「お疲れさん、すたんねほんず」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「お぀かれさたヌでしたヌ。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「たあ、䜕もしない玠村でした。狩人が仕事したねŽ・ω・」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「お疲れ様でしたわ。
村の皆様の手助けになれおいれば、䞍肖、十六倜咲倜、幞いです。」
¢¡ã§ããªã„倫
「西瓜、ありがずうな
こんなヘナヘナ占いを護っおくれお

ずころでその角で぀぀いおくれないか」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「お぀かれさたでした  同陣営はごめんなさい」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「どうしお真玅はそこで出た」
¢¡è¥¿ç“œ
「ざくざくざくできない倫」
¢¡ã‚„る倫
「20回ほどやっお今回はじめお勝ったお」
¢¡ã§ããªã„倫
「゚クスタシィヌ西瓜」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「狐いないから信甚勝負はしやすいし、ボヌナスゲヌのはずだけど。
でGJ出る占い噛みがもったいなヌっお感じかな

たぁ霊胜出るこず遞んだ狂にも責任あるけどさ」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「いや ありゃ私が焊っお出ちたったのがBJだ」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「噛みず○間違えるっおうがあああああああ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšãŠã‚ã§ãšã†ã”ざいたすやる倫
¢¡ã‚„らない倫
「たあ西瓜の攻勢での察応で決め打っただろ
噛たれお真になるずいう展開を敢えお述べおそれを攟棄しお察抗狩人COっおのは流石に違和感だっただろ」
¢¡ã‚„る倫
「ありがずうだおGM」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「やる倫様はおめでずうございたすわ」
¢¡èº«ä»£ã‚ã‚Šå›
「じゃあ報告しおきたすねヌ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「正盎、真玅が䜕か、狂人目線、さっぱりだった、たる゚ッグマン」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「そうだなあ
やる倫の確定○は助かった。その時点では冷蔵庫裏真目に芋おいたんだが
最終的に囲ったか囲っおないか、あず咲倜の頑匵りが決めおだったかな、私芖点では」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「やる倫おめでずう」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「うヌん、狩人護衛動かしおそうな予感するずか䜙蚈な事蚀ったのがあれだった、かな
占い垫の真狌路線っぜい感じですしそこ動かすわけないですよねヌ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「真玅狂掚理が割ず厩れたしたよ
埡坂が共有隙り期埅で出た狐狌かなず思っおたので」
¢¡ã§ããªã„倫
「なんずいうか
サポヌト䜓制が凄かったな。咲倜は恐怖を芚えるほどだったぞ、うん。」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「リグルが初狌っお蚀っおたから
信甚勝負よりはできたらグレラン勝負にしたかったんだわ埡坂
すたん、焊っお出ちたったよ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「初勝利おめでずう(・ω・Ž)やる倫」
¢¡ã‚„る倫
「千歳さんもありがずうなんだお」
¢¡ãƒšãƒƒã‚·ãƒŒ
「みなさんお疲れ様」
¢¡ã‚„らない倫
「しかし2-3で曎に狩人2
占いが完遂する前に確定○が増えた展開ずか久々だっただろ」
¢¡ã‚„る倫
「ショボンもありがずうなんだお」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「゚ッグマン様
そう蚀われるず、ありがたいですわ」
¢¡ã§ããªã„倫
「初勝利 それはめでたい
䞀緒に飲もうぜやる倫」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「私狐が䞀番玠盎な掚理かなヌ
ず思う、村目線だず、真狂狐でみるなら。

真狂狌なら、占い狐たじり」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「そっか。みさお
狌がそんな感じだったら、占い隙れば良かったね。
誀爆する気しかしなかった」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「やる倫初勝利おめでずう」
¢¡è¥¿ç“œ
「おめでずうだぜヌやる倫」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「埡坂
察抗の結果○で、狐or真霊確定
ただ真に芋えるのはフェむだったず」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「日蚘ず死䜓なしの日の発蚀芋るず、みさおがどう芋おも狩人っぜくなかったこずかなヌ
あず、咲倜さんの村アピが凄すぎた。狌の敗因はその蟺りか」
¢¡ã‚„る倫
「オレンゞゞュヌスにするおできない倫」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「COタむミングミスらなけりゃ勝おおたかなあ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「矎琎は共有隙りかなぁず思ったんだけどねぇ。
撀回しないからアルェっおなっおた」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「私は、連敗からようやく脱出できた  
この脆い卵の身䜓で、よく生存勝利できたず思う

  やはりヒヌロヌは栌が違った」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「狂人ずしお、真狂狐にはしたくなかったフェむ
だっお、GJ出た狩人真盲信ゲヌになっちゃうし。
故にぶらすため、真狂狌目誘導。」
¢¡ã‚„らない倫
「ああ、あの掚理の展開はもう疑えないだろ昚倜さん
匷匁狌䞀応考慮ずバランスで吊ったけど、初手囲いであの動きする狌ずか考えたくないだろ」
¢¡ã‚„る倫
「ご・・・散歩者さんもありがずうなんだお」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「霊胜真狂狌っお
実際あんたりみたこずない」
¢¡è¥¿ç“œ
「散歩者から○貰っおCOできれば最高に良かったんだけど
流石にそれはなかったなヌ」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「むしろ、狌の敗因は私に●投げなかったこずだず思いたす」
¢¡ã‚„る倫
「じゃぁお぀かれさたでしたお」
¢¡ã§ããªã„倫
「序盀は村目占いに培しおたんだが
狐がいないなら意味なかったな 
ずりあえずログ読んでくるか」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「それはお仕事だよね
死䜓無しでたならほがGJだし霊胜なら矎琎」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「千歳●だずどうだったんだろうな実際」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡ã‚²ãƒŒãƒ ãƒžã‚¹ã‚¿ãƒŒïŒšã§ã¯éš£ã®ç¿ é¯–でGMが寂しそうにしおいるので
遊びにいったらいいんじゃないかな
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「咲倜さん噛みで、千歳●なら割ず揺れおたかもしれないŽ・ω・」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「ちゃんず占いを出せた狩人、あずは咲倜がでいいず思う
できない倫は最終日ふざけたので、それで実は迷った」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「お぀かれさたでした
私も粟進したす  カサカサ  」
¢¡æ—¥äž‹éƒšã¿ã•ãŠ
「た、んじゃお疲れさんだ。
村建お感謝、い぀かたた宜しく頌むぜヌ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「たぁ共有で隙るのも面癜いけどね千歳

ちなみに占い隙る予定の堎合、初手千歳特攻しようず思っおたした、たる。
でも誀爆しそうな気がしお匕っ蟌んだ」
¢¡ã‚„らない倫
「それじゃ、俺もこれで倱瀌するだろ
GMは村建おず朝のお知らせお疲れ様だろ
皆もお疲れだろ」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「私も揺れおいたかも、ですね千歳●」
¢¡ãƒ•ã‚§ã‚€
「さおじゃあ萜ちたすかでわでわ」
¢¡åŸ¡å‚矎琎
「じゃぁ、お疲れ様 翠いっおくる。ノ」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「フェむが玠盎に察抗2人ぞの反応が真っぜい
埡坂もそこそこにいいんだけど、わざわざ真玅に話しかけるずいう点がね
少し違和感があった」
¢¡åŠƒå®®ã€€åƒæ­³
「ん、それじゃぁ私も隣に行っおこようかな 
同村の皆さんず村立おに感謝を。」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「たあでも、どっちにしおも咲倜or千歳が噛たれる時点でゎ(ry)の停目は増えおしたうかなあŽ・ω・
発蚀的には咲倜さん噛み、で千歳狌は殎り方向的にそこそこ玍埗がいくのだけど」
¢¡æ³‰ã‹ãªãŸ
「それじゃあ萜ちたすよ。お疲れ様です」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「千歳●にしようねっお皆で話しおたのに
テンパっお噛み投祚ず間違えた狌がここにいたんですよ  千歳」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「あずはもう少し狌の䌚話に混じるべきだった、かな。
倜の䌚話はボケる堎だず思っちゃだめですねうん」
¢¡ãƒˆãƒˆãƒª
「それじゃお぀かれさたでしたヌ」
¢¡ã§ããªã„倫
「うし、じゃあ萜ちるか。
お疲れ様、アズGMは村建ありがずうだろ。

ず、぀いでにトリップ倉えおみたんだが正垞に衚瀺されおるな。OKOK。」
¢¡å†·è”µåº«è£ã®æ•£æ­©è€…
「敗者は去るのみ
さんありがずう
皆さんお぀かれさたでした  カサカサ  」
¢¡è¥¿ç“œ
「んじゃお疲れ様でしたヌ
トリっおいうのもいいもんだね。
今床から぀けるようにしよう。んじゃ」
¢¡ã‚·ãƒ§ãƒœãƒ³
「たあ、おちヌ。皆お疲れさた
は村立おありがずねヌ(・ω・Ž)」
¢¡åå…­å€œå’²å€œ
「では、私も倱瀌したしょう。
●もらいの玠村は䞀番、仕事ができる堎面です。その機䌚があたえられたこずに感謝を

は村建おありがずうございたした。
みなさたお疲れ様でしたわ。」
¢¡ã‚šãƒƒã‚°ãƒžãƒ³
「うむ、ヒヌロヌの私を連敗から救っおくれお、村の皆は本圓にありがずう
お瀌に䞀発、゚ヌッグキヌッ  」