¢«Ìá€ë
【流石1259】やる倫たちの普通Œ¡¡¡Á実に普通に立おなおしおみる¡Á[10ÈÖÃÏ]
さお、どうしたしょうかね。 ◆GMキル子
 (dummy_boy)
[村人]
[GM]

(死亡)
本の虫 ◆パチュリヌ
 (tk◆Msgo7V7vNY)
[狂人]
(死亡)
俺が来たからにはもう色々ず駄目だ ◆パヌマン
 (できない倫◆5DYYl3NWdY)
[霊胜者]
(死亡)
初、効鯖参戊ですわね ◆神無月めぐみ
 (めぐみルク◆5gXdZJfWdc)
[人狌]
(生存䞭)
敗者が払うモノは呜に決たっおんだろ!! ◆鬌䞞矎茝
 (trial◆iDXZwpU.VA)
[劖狐]
(死亡)
やるおっ ◆やる倫
 (リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
[人狌]
(死亡)
でっおいう ◆でっおいう
 (KRO◆ksrAnkingc)
[村人]
(死亡)
よろしく。恋い焊がれる殺戮ずかいいよね ◆叀明地こいし
 (IFV◆dP9jsyueYI)
[共有者]
(死亡)
いぇヌ ◆投石機
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[狩人]
(死亡)
でっおいうっおいう ◆桃でっおいう
 (斧マン◆ec8CwCkFnY)
[占い垫]
(死亡)
銀色の王女 ◆四条 貎音
 (緋色◇8NBuQ4l6uQ)
[村人]
(生存䞭)
ポニヌテヌルだけは嫌いだな ◆キョン反
 (ヒゲ◆mGHigeMwxI)
[共有者]
(死亡)
  みたわね ◆閣䞋
 (ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
[村人]
(死亡)
黒惚状っす ◆黒プリニヌ
 (猫ノミ◆UFJ9tXBoHk)
[村人]
(生存䞭)
あたい ◆Aチルノ
 (氷月)
[村人]
(死亡)
できるこずは倚分できたす ◆できる倫
 (汚い忍者◆rx0uqZlKZM)
[村人]
(生存䞭)
はじたるざたすよ ◆泉こなた
 (◆e596wfOJqI)
[人狌]
(死亡)
¢¡Aチルノ(氷月)
「長颚呂はしたくないよ」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「あ でも匕き分けだヌ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「匕き分けだねヌ 良かった狐的に」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「匕き分け゚ンドっぜいな」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「匕き分け確定 か」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「回目で たじで」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「匕分けだ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「あヌ匕けわけかな」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「ん 匕き分け決定だよね これで」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「早いなおいチルノ」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「たしか、この投祚でも吊れるはず」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「だヌ、これキッツいな
四条が倉える気ねぇや」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「できる倫 かえるかね」
¢¡Aチルノ(氷月)
「颚呂はやあがりしおきた
 けど、あたい噛み村勝ちだよね‥」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「ひきわけかなぁ」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「悩んでる悩んでる」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「匕き分けオチ か」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「できる倫にニヌ゜を履かせお誰を喜ばせる぀もりだ  
履かせるずいうか吐かせるならただ解るが」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「そうか・・・ パヌマン」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(KRO◆ksrAnkingc)
「うわヌ凄く匕き分けっぜいっおいう

パヌマンは少し自重しようっおいう
あヌハむ゜ックスよりもガヌタヌベルトに憧れるっおいう」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「䜕をいっおんだこいちゃん」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「匕き分けのかほりがするぉ・・・」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「ただ、できる倫の人は匕き分け嫌うからなヌ
回匕き分けたら祚倉える気がしおきた。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ねぇよこいし」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「ぶれず、か」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「癜はやはり汚れが目立぀コヌディネヌトが難しいよなマルチヌ」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「できる倫ニヌ゜っお ありだず思う パヌマン」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「できる倫ぶれるかなぁ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「色は黒も癜もいいが、瞞々っおのも悪くはないず思うんだよ
たぁ優先は䜎くなるが」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「匕き分け。
貎音次第になったね。村は。
狐ずしおは匕き分けがうれしいけど」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「やばいかな」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「  うっし、匕き分け
四条ヌ、ただ間に合うぞヌ」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「四条さん・・・頑匵れヌヌ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「これはなんずも」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(KRO◆ksrAnkingc)
「貎音ェ っおいう」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「うわ・・・これは埮劙になっおきたお・・・」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「た、最終日たで行ったんだ
䞋界のこずは䞋界に任せお霊界はニヌ゜ックスに぀いおでも語ろうぜ」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「入れたか」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「うヌむ」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「おろろ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「おヌ」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「延長は適床に」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「珟状勝ち高め」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「プリニヌ萜ちるパタヌン だ、な」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「できる倫・・・めぐみにいれなさそう・・・」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「たずは匕分け以䞊」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「あ勝ったかお・・・」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「できる倫次第かな」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「お、黒が予想倖のめぐみ投祚
ここはできる倫かず思ったが」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「おっし」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「 これ、どうなんだ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「めぐみ吊りは無理だなヌ」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「んヌ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「確かに確定○噛みだわな桃でっおいう」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「たぶん、できる倫ずプリニヌで割れる」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「祚が割れそうだな
できる倫祚、めぐみ祚、黒プリニヌ祚っおずこか」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「ぱちぇ噛んでチルノかんでるだからプリニヌ陀倖しおくたせんかなっおいう」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「じゃない噛みに
だから別にそれほど、ずは。」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「あヌ 確かにだったなぁ 鬌䞞
じゃ芋たこずなかったや
」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狂狌わかったら囲いにいくでしょ。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「閣䞋が狌なら、確かに占いを噛みに行くよな
霊胜なんお噛んでる暇がねぇ」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「ただいたヌ
 さお、どう転ぶのか」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「いけそう 
怒気怒気」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「狂狌なら完党グレヌ(笑)なんだけどねほが」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「3COの狂なら霊抜き●はいいんだけど、2COなら狂目線狂狌目ずなる、霊胜噛みだから。
●出す狂は悪い子目ず思うよこいし」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「たたたた狂アピず重なる堎合もあるから、そんなこずは無いんだなヌ 鬌䞞
ずいうかやったこずもやられたこずもある。 霊抜き狂から●」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「だねヌ だからやる倫は狂想定しおた。
私●がなおさら投石機」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「やはり0祚どころ
ずはいえ迷走気味なずころだったからな」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「いや初日二日でもも真か狌だず思うんだ
やる倫真なら噛たれるだろなヌず」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「そこ噛むか」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狂は霊抜きの日に●出さないでしょこいし」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ほい、お疲れさんず
䜕気に䞀番村目で芋られおいたずころだしな、無理もないか」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「個人的に朜䌏狂人は凄い怖い。
内蚳ずれお掚理が党郚ずれる。
初日圹職が頭から消えずどんどんずれおいく」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「チルノお぀かれお颚呂はいっおきなお」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「どこかなぁ 
SGにできないのは四条 貎音さんだけど、めぐみ投祚はしないよねあそこ」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「お疲れさたヌ」
¢¡Aチルノ(氷月)
「きた  ず 颚呂入っおくるね」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「そこ噛むか 意倖」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたですのっおいう」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「あれ・・・ そんなに桃狌っぜかった
狂じゃないの」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「Aチルノだずおもうよ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 8 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「どこ噛むかなヌ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「たぁ、䜕だ
どんな状況だろうず、村のグレラン力が『村狌』なら村が勝぀だろ
それだけのこずだろ、結局は

明日も村を吊ったら回、グレランに倱敗しおいるこずになる
それだけのこずだろ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「桃でっお狌想定しおたパヌマン」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「吊られなかったら逆にびっくりしたすわっおいう」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁ正盎桃が狌にしか芋えおなかったしねヌ私は。」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「私は単玔に占いロヌラヌ意芋
朜䌏狂人ずしお狂狌䞻匵」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「閣䞋ずやる倫か鬌䞞

でも
やる倫 0 祚 投祚先 1 祚 → 閣䞋

なんだよな
桃は神無月投祚だけど」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「たぁ 䜕だ・・・ 共有ずしおの仕事は䞀応したず思う・・・
桃吊ったのは悪かったけど」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「なんおいうか吊られそうなずころが狐だずやばいっお考えの占いも
狂狌に拍車かけおたかなヌっおいう」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「んヌできる倫吊りな予感」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「初手・占い 想定じゃないパヌマン」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「んヌ占いを噛むそぶりがない事が拍車をかけたかねできない倫」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「正盎に困らないな
」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「ずいうか、パチュリヌも黒プリニヌも、あんたり意芋だしおないでっおいう含め
桃でっおの○がびみょい
ただパチュリヌ噛みならでっおいう狌は無いず思う うん」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「●で泉が村で、だからグレヌから狐探し
で鬌䞞も村だったずしお

でも、ここで共有を噛む明らかにLW、ずなるず狌はどこで匹吊れたかっおこずになるから  んヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(KRO◆ksrAnkingc)
「できる倫吊っお終わらなければめぐみ吊りだったのにっおいう」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「土噚土噚」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれヌ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ずいうか村が狂狌に怯えすぎおる気がしなくもない
投石機噛みが原因かね」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お疲れだおヌ
でっおいう陣営は敗北だお」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「ここ逃れたらめぐみ勝ちかなヌ」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「朜䌏狂人しおみたら
狌がいいこず働いおくれた」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ほい、お疲れさんず
やはり最埌に物を蚀うのは村アピヌル力だよな」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お兄様お぀かれさたですのっおいう」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「はいでっおいうお疲れ様。」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「でっお、お疲れ様ヌ」
¢¡ã§ã£ãŠã„う(KRO◆ksrAnkingc)
「だから蚀ったのにっおいう」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「うっし」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「めぐみ 䜕で生きおるの理論・・・ でないかなぁ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「真がいるのに党グレヌ戻しっおいいよね」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「蚂正はっちゃけた意芋出しおなくお ね」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「占いロラしおたら
桃でっおから吊りできるようにしたかね
で鬌䞞にもあずで誘導しただろう
狌の●だし」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「いいですねぇ
狌が祚
にたにた」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「ごくり 」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「䜕か初日のこなたさんが、の段階で䜕かはっちゃけた意芋だしお 劙に匕っ蟌んでたから
狌ありえっかなヌ いいかなヌ ずは思っおた 鬌䞞」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「四条は噛たないでしょう。
あそこ最終日めぐみには投祚しない䜍眮だから。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「四条噛みじゃねぇかな
合っおるし。村目で芋られおるし」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「だから 最悪考えるず、あの時点で占いロラに持っお行きたいのは本音。
村でもねこなた」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「それはありがたいですわっおいう投石機」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「でっおいうか四条、
どちらかかね噛みは」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「最悪想定、っお実は䜙裕があるずきくらいなんだよな

なのでこの堎合はもう○を䞀切気にしないか、あるいは培底的に楜芳芖するか
うんでっおいうが吊られるならそれは本人の村っぜさが足りなかった、ず

でっおいうだしな」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「狂狌っおそんなもんだよ鬌䞞矎茝」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「狩人 初日から真決め打ったよ桃でっおいう」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「どきどき」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「さヌお、どうなるかねぇ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「でも今回、こなた狌だったから良かったけど。
狂狌で回●無駄吊りさせられたら、勝ち目無いよこいし」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「うヌん、䞉日目ならうらなえたかなヌっおかんじですのっおいう」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「COなしっお蚀ったら吊られるし
発蚀で吊りのがれはかりこいし」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「めぐみが真に誘導すべきはやる倫の○なんだけどね
狐ありうるずころ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「だねヌ ちくせうパチュ」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「すたん、ブラックアりトがひどいから再起動しおくる」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「あぁ、鬌䞞さんなし蚀わないの・・・ 狐だったかヌ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「回チャンスはあったよ
初日、二日目、䞉日目桃でっお」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「占いCOなら圓然、霊胜は朜䌏
COでもできるこずなら朜䌏しお欲しいだろ
COで初めお出るか出ないか迷う
COなら出お護衛貰えばいいよな」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「狌が最高の䜍眮に●うったね
それだけだ」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「だせるわけがないですのっおいう矎茝」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「銃殺出さない、占いが悪い桃でっおいう」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「暫定○はグレヌ戻しっお確かに蚀ったけれど
ここたで疑われるず切ないですのっおいう」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ずいうか占いなのに嬉々ずしお出る霊胜が俺は埮劙なんだよな鬌䞞
察抗もいないのに、にするんだぜ
出たずしおもの霊胜は垞に疑われる、「噛たれお助かった」ずかな

察抗が出たらCOするさ、でなきゃ朜っお護衛を集䞭させたいずころだろ」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「いけるっぜい 」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「パチュリヌ噛みで でっおいうは狌はないよおおお」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「こいしちゃんお疲れ様。」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「Aチルノは盞倉わらずテンポずれおるなヌ」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたですのっおいう」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あらはやい。みんなよっぜど螏たれたり劄想されたりするの
いやなのね」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「はい、お疲れ様」
¢¡å€æ˜Žåœ°ã“いし(IFV◆dP9jsyueYI)
「ふおう 桃真だったか
できる倫村、でっおいう非狌ぐらいしかわからんかった」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お぀かれだおヌ」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「ブラックアりトやめろ
もう文句蚀わんからせめお玫をな」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「さお、黒プリニヌが正しいな
ここたで来たら狐なんぞ知るかで狌狙い

んで発蚀の方向性で色々ず霟霬あるな
「もしも真狂・真狌ならパチュリヌは確定○」⇒「䜕で確定○ず蚀い切れる」ずか

この蟺、倚匁ならそこを突っ蟌たれるこずはないんだろうが
桃やチルノみたく発蚀量が少ないず揚げ足取りになりかねないだろ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「2COなら霊䞍圚なら、占いは銃殺出さない限りロラだしね。
パヌマンはそのたた朜䌏で良かった

 占いの時も朜䌏も霊胜あり、ずいうのは参考になった。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 7 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「その無駄を真占いで䜿わせたのが倧きい
やっぱり真占い吊りっお最高だよねパヌマン」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「狂人も噛たれちゃったしね
2重○は痛い」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「桃は仕方ないでしょパヌマン」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「小鳥さんもなヌ、黙っおりゃそれなりに綺麗どころなのに勿䜓無いよなアレ」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「うヌん、霊噛みされお狐が萜ちおるずこれはしかたないですのっおいう」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「狐が既に●で消されおいるずいう䞍思議
ここたでの吊りで無駄吊りは僅か回なんだよな」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「残念ね。螏んでいるのは劄想䞭の小鳥よできない倫」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「めぐみのポゞションずしおはグレ噛みできる䜍眮ではないから。
共有噛みじゃない」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「だぁヌ、俺だっお逝きたかなったさこいしちゃん

぀か、ディスプレむのディフェンス盎んねぇ
やめろ、ブラックアりトすな、玫にもなんじゃねぇ」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「うヌん、めぐみさんが狌でしたのねっおいう」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「狩人確認するなら噛みきりだけど
さお」
¢¡æ¡ƒã§ã£ãŠã„う(斧マン◆ec8CwCkFnY)
「お぀かれさたですわっおいう」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「Aチルノは吊り数が少ないずきは私はもう迷走村ずしか芋ないな。
初手のグレランで吊るずころだし。」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あらはやい。
やっぱり螏たれたい倉態はできない倫くらいなのかしら。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「おおっず投祚が遅れたヌ棒読み
これは倧倉なこずになっちゃったぞヌ」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「お疲れさんだ
俺はお前さんを信じた」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お぀かれさた
ここで共有噛み切れば狌はいけるず思うね」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お぀かれだっおいう」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「おっず、投祚投祚ず
螏たれちゃかなわねぇな  」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「吊れないずころず芋るず
四条貎音くらい」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「Aチルノは倚分吊れるず思うんだよねぇ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「この村なら噛たれなければっおずこだったのに ちくせうパチュ
本圓に。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「吊り数は回しかない
ここでグレヌの村人ず暫定○が神無月よりも村っぜければ村の勝ち
そうでなければ村の負け。実にシンプルでいいな」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「正盎暫定○含めお党員が怪しい」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狂人なら占い真混じりは䞻匵しないでしょ 」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「桃でっおいう 「察抗であるやる倫さんも狂か狌か䞍明ですのでっおいう
ただ、鬌䞞さんを占っずきの理由が
だれかの協力を埗おたんじゃないかなっお気がしたすのっおいう」

ちゃうわオリゞナルだお」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「やっべ、ディスプレむのディフェンスが䞍安定に」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「䞋界にいたら狌や狐よりも朜䌏狂人よりにみるかなぁ鬌䞞矎茝」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「䞊手く3日目から占い2人が䞡停っぜいず蚀い続けおきたかいはあったかな」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狐だけどねパヌマン
たぁ狐っぜくは行動しおなかった。
初日発蚀10でミスったず思ったし」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「お前さんはただのグレヌの村人だし  鬌䞞」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「だねヌこなた
かなり迷走するよね 明癜なW候補がいおも村認定しおたしなヌ 前。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「逆に蚀うず。村が狂狌を譊戒しすぎおいる、っおのはどうなんだろうな
泉ず鬌䞞が村っぜく吊られたがゆえなのか、暫定○が怪しいのか
これは䞋界の連䞭に聞かないこずにはわからんか」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「さお、発蚀的には2぀りのうち぀りチルに䜿いかねないのがね・・・」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「したったな、めぐみを頌んでおけばよかった
  ズレ盎っおりゃなぁ。」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「めぐみ吊れっお遺蚀したよパヌマン」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「めぐみちゃんが空気だなあ」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「Aチルノの人っおやたらず村ず芖点が剥離するなぁ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「そのセンサヌを元に「めぐみを吊れ」ずたで残したら䌊織様の氎着写真をくれおやるがキョン」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「Aチルノは䜕故占い真いるず考えられるのかな」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「んヌお぀かれさた。」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「うわぁ、なんずいうドンピシャセンサヌ
めぐみじゃないの」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「共有お疲れ様。」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「お疲れだおヌ。」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「私芖点だず真狌が確定しおたから
占いの双方の発蚀を殎っおた」
¢¡ã‚­ãƒ§ãƒ³ïŒˆåïŒ‰(ヒゲ◆mGHigeMwxI)
「はい、お぀かれさたでしたヌ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「玔粋な䞀ファンずしお『興味ありたす』GM
そうだろうやる倫、お前も氎瀬䌊織の氎着写真みたいよな」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 6 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「発動おそいなぁ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「結局、初日占いず初日狂人の可胜性はむヌブン
それでも村が狂狌を疑いたくなるのは、  発蚀、なのかね」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狂狌に芋えたから、ロヌラヌ論
桃でっおが真ずは䞻わなかった」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「あ、やっぱ投石噚狩人だったお・・・
䜕ずいうセンサヌ」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あらそう、じゃあここにある氎瀬䌊織の氎着写真はいらないわねパヌマン」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「長すぎたりAA䜿うず消えるこずあるから泚意なやる倫
翠星石鯖はルむズコピペをぶち蟌んでも平気だったが」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「ただの○が早期にあそこたでロヌラヌ抌ししたせんお
真狌の朜䌏狂だからこそロヌラヌ論者」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「遺蚀加筆したかったお
もっず怚念こもった感じに・・・」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「、これはきたったかしらねぇ。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「だから俺はただのパヌマンだずGM
できる倫 䞋界にいるじゃないか、あんなロリコンずは違うんです」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あぁ、初心者ならもうプロデュヌスなんお難しいこずはできないわね・・・
小鳥にいっおできるの圚籍蚘録、消しずいおもらうわできない倫」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「そりゃないでしょこなた」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「ぶ狐に出したのかお」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「お疲れ様。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「小鳥鯖はここずわかめおの䞭間っお感じだよな

・遺蚀はあるが、始たっおからの曎新は䞍可実質䜿甚䞍可
・護衛に成功しおも狩人にはわからない
・噛たれおも狐にはわからない

噛たれ銃殺がないくらいか」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「お疲れ
共有噛みしおくれたら
桃の○に誘導しおあげたしたのに」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「いや、今回の吊りでっおこず鬌䞞矎茝」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「やる倫お疲れ様。
たぁなんだかんだで狐に●、仕事はしおいるから、自信もっお良いよ。」
¢¡ã‚„る倫(リアルやる倫◆KktMWGYn3o)
「はい吊られたお疲れだお」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「たあ、こっちからだよね
お぀かれさたんさ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「桃は真狌だから、吊るでしょこなた
やる倫は狂狌だからやっぱり吊るし。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「ありがずう。
芋に行っおみるわ。小鳥鯖
」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「桃吊れないよなぁこれは」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「私なんお狐ないんだし
共有噛みきっおくれたら
桃でっおの○に誘導しおたよ」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「どうだろうねぇ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「実は俺も初心者なんだ閣䞋
週末の初心者村で䌚おうぜ」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「お垰りなさい。
たぁ遺蚀はおいおいおがえればいいんじゃないかしら。
あず、アむマスが䜿っおいるわかめお颚味の小鳥鯖ずいうのがあるから
芚えおおくずいいわ。あそこなら芚えのある人がいるでしょうし閣䞋」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「今倜の占いで神無月にヒットしたら、おそらく残り人くらいでケア吊りされるだろうな
えヌず、桃のグレヌは  

四条、黒プリニヌ、できる倫、神無月。分のだ」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「めぐみはいけるようないけないようなっお䜍眮だな」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「この展開だったら、ふっ぀ヌに共有かんでいけばそれで
○灰灰狌にしなくおも、狌芖点ず村芖点が違うから狐ケアも自然ずできる」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「最終日に残せるかなヌ
私は残さない。するなら、桃でっおの○残しの最終日䜜る、かな。
●う぀狌想定でもそこに2Wいないだろうし。」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「もどり。
遺蚀システムを含めるず実質初心者Coね私。
パヌマンさんの指摘は䞞々肯定ね。」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「䞡停想定するなら絶奜の䜍眮振る舞いだが
2重○は痛いか」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「どうだろねぇ
最終日に持ち蟌めれば䜕ずかなるかもっおかんじ鬌䞞矎茝」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「めぐみは吊るでしょこなた
霊抜きの時点で結構垌望もっおたのになヌ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「ロラの合間に狌芋぀けおくれるならなんだが」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「村ばかり応揎するのも䞍憫だろGM
ちゃんず他の勢力も応揎しないずな  狐ずかQPずか」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「Aチルノ吊っおヌ埌なんずかできるかどうかかなぁ」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「倧䞈倫よ。
霊界にこないず真実なんおわからないんだから。
あなたの犠牲で村がか぀できない倫」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「䞡停論者ずしお占いロヌラヌだけいっおるんだから残せばいいのに」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「よっしゃ朜䌏狂人噛み、ず
お疲れ様だろ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狂人お疲れ様。」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「おっ぀ヌ」
¢¡ãƒ‘チュリヌ(tk◆Msgo7V7vNY)
「げヌここで噛たれるか」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「信甚勝負でAチルノ○うちはこれ、囲いず芋られるぞ 」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「たぁ生きおおも桃の護衛ははずさない
ここで共有噛みなら次の日考えるくらい」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 5 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ちょっず埅おネタはやめおもらおうか
ハヌレムずはオランダにある街のこずですよ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「たぁこれは村勝ちでしょ。」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狐は今吊られたした。
噛たれなければ吊られる気がしねヌのに
ちくせう」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「あら狂噛み」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「村芖点じゃ、確定○じゃないんだよな
狂狌を想定した堎合は、ただの暫定○
しかし共有は護衛がありえる堎所」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「確定○なんかないよこの展開だず
叞什塔぀ぶせば良い」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「共有噛みするべきでしょう、この展開なら。
でっお仮想狌にするべき。」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「あら 朜䌏狂人を 」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「いやここは確定○を噛もうぜ」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「もう、共有を剛殺に噛もうぜ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「狩人遺蚀残したかな、どうだったかなヌ」
¢¡é¬ŒäžžçŸŽèŒ(trial◆iDXZwpU.VA)
「ん、もも真か。
めぐみが臭いだけに吊られたのがくやしいなヌ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「偶数なら朜䌏狂人も脅嚁じゃないんだよな
しかも奇数になる可胜性は党お消えた、ず」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「狐さんお疲れ様。」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「狐おっ぀ヌ☆」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「難しいかねぇ 」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「人で吊られおくれるかどうか」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「吊り逃れるか 
朜䌏狂人がどうなるかだなぁ」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「鉈ならだせるわねできない倫」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ちょうどいい具合に狐ず狌が始末できた、やる倫も吊れる
桃たで吊られる可胜性もあるが、その前に神無月を占うかどうかだな」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「さおさお」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「10>8>6>4」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「膝か  キル子の膝っお䜕かミサむルずか出おきそうなんだよな
004みたく」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「明日の霊界速報のネタがきたったわね。できない倫」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「ロヌラヌロヌラヌ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「あヌ狐●だったか
おっず芋萜ずし芋萜ずし」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「お土産に萩原さんの履いた゜ックスを頌む閣䞋」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「GM〜ふお寝するから膝かしお〜」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「はいはい。いっおらっしゃい。」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「しばらく離籍したす。
皆さんグッドラック」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「狌はたぁいいか狐ず狂人の動きが気になるずころ

護衛はしなかったが芋た感じ桃真しかなかったできない倫」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「おはよう⇒「グッドモヌニング嚘。占いCOが望たしいがCOなら霊胜朜っおいいんじゃね」

占い確認COか⇒「占い垫は人か。真狂、あるいは真狌。狂狌ありえるがそれはただ考えなくおいいな」


こんな感じに無駄口を垂れるだけでなぜか掚理しおるず思われる 䞍思議」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「はい、投石さんもお疲れ様。」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「ひゃヌ、目は確かだね
さすが」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「あヌ。なるほどね。
確かにテンプレ発蚀で問題ないのかもね。
」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「グレヌ噛み、ず
お疲れさんだ狩人。狌はむむ勘をしおやがるだろ」
¢¡æŠ•çŸ³æ©Ÿ(DS◆IaSoTYoBkw)
「ここで抜かれ・・るだず」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 4 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「んヌ、䜕ずかなりそうなならなさそうな」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「吊られるかどうかは発蚀数的に他も芋るな四条
噛たれた堎合は遺蚀あるし占い保護っおこずでいいかなヌず」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「ぞヌ、それは知らなかったGMキル子」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「飲たれるずきは最初にブラりザの曎新ボタン抌すずいいわよこなたちゃん
私はそれで今のずこ盎っおる。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「初日の発蚀は党おテンプレだな閣䞋
予め決めたこずを垂れ流しおいるだけだが、意倖ず発蚀皌ぎなのがバレないだろ

昔はメモ垳にびっしりずその日の発蚀予定が」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「発蚀飲たれるんだよなぁなぜか
私も、〜回飲たれた」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「おい埅おい぀から俺が愚民になったGM
あ、そこもっず匷く螏んでください匷く」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「これで、狐が倧人しく死んでくれりゃたあただいけるかねぇ」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「村人で最初の昌っお䞭身のある発蚀や掚理する材料が乏しすぎお
どうしおも発蚀数が枛っちゃうから、ツヌル系䜿われるず
露骚に凹んで芋えるんでしょうね。」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「ああ・・・やっぱりそうね。
それならうみゃたんやたるるるるるん。さん、>>6姉様かしら。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「早苗以前に『霊胜は朜䌏するもの』っお担任の先生が四条」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「アむマス村に居たした。
もし䞀緒に遊べおいたなら光栄ですわ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「お疲れさんだ、泉
なかなかむむ展開だな、狂人が出損ねたらしいぜ」
¢¡æ³‰ã“なた(◆e596wfOJqI)
「あっぶないなぁ
っおいうか、朜䌏狂人ですかそうですか」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「発蚀ツヌルはほずんどの人が䜿っおるず思うわ。
こちらはわかめおのツヌルより䜿いやすいし。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「俺は発蚀を倜にじっくり芋たい掟だしな、しかも䟿利なのでちょくちょく䜿わせおもらっおるだろ
昌間はテンプレ発蚀を垂れ流すがいただに20発蚀が遠いだろ  」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「ツヌルを䜿っおからずいうもの身長も䌞びお女の子にもモテモテです」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あら、真護衛鉄板になるかしらこれ。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「わかめお䞀筋か
っおこずはこっちは初か、それは䜕よりだろ閣䞋」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「ん・・・もしかしおアむマス村にいたこずあるかしら。
お名前をみたこずがある気がするわ。」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「ツヌルずかそういうのは党く導入しおないけど
他の人たちはほが䜿っおるのかしらね。ツヌル。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「胞が無いようだが  」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「じゃあ劂月千早でもいけるのね。」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「あず、ご指摘の通りやるお系は始めおね。
ずっずわかめお䞀筋だったし。」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あら、アむドルがいるんだから圓たり前でしょ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「銬鹿にするな高槻やよいでも双海亜矎でもむケるぜ」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「さりげにミッション・むンポッシブルを俺に抌し付けおいないか
くそぅ、い぀から霊界はアむドルの販促堎になった」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「氎瀬䌊織じゃないずむケないずいうのはなしよできない倫」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「ブランクあけっおずころかしら。
寡黙を吊っお倚匁を占うのは基本だから玍埗しおるわ。
むしろ今内蚳芋ながら䌚話ず行動芋れるからそんなに悪いものじゃないけどね。

もちろん吊られにいったわけじゃないわよ」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「安心しなさい。埌で Wantの圚庫党郚売りさばいおくれるらしいから閣䞋
できるわよね。できない倫」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「そうだな  俺の昌飯代週間分、でどうだろうか閣䞋」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「぀、間違えおいるGM

俺はパヌマンだ
螏むのは奜きだが螏たれるのはもっず奜きだがそれも盞手による」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「それを知るにはそれなりの代償が必芁
それは刀っおいるのかしら」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「真狌―真の狂人朜䌏
おたけに狌に●が出たず来たもんだ

あずは狐さえ始末できればどうにでもなるな
閣䞋はお疲れさん、寡黙吊りか
発蚀数的に䞍慣れな印象を受けたがどうよ」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「むしろ螏たれなさいよ。
奜きでしょうできない倫」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「埅お、確認させろGM

閣䞋、黒のストッキングかそれずもニヌ゜ックスなのか
たずはそれが倧事だろ」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「しかもパヌマンきたじゃない。
さぁ、できない倫、閣䞋の足元にひざた぀きなさいな。」
¢¡ãƒ‘ヌマン(できない倫◆5DYYl3NWdY)
「おっず、噛たれたか
お疲れさんだ、喜ばしいこずだろ」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 3 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「   
それはちょっず・・・・・」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「たぁ寡黙は吊られるずいうのはある意味悲しい宿呜だわ。
閣䞋なら閣䞋らしく愚民どもを足でこき䜿うずよろこぶわよ。
特にパヌマン。」
¢¡é–£äž‹(ロンド・ベル◆5EJ71eKlNQ)
「たヌ
ステ気味になっちゃったしね」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あら閣䞋ちゃん萜ちなのね。アむドルにはがんばっおほしかったけど。
お疲れ様。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Æü€¬Íî€Á¡¢°Å€¯ÀÅ€«€ÊÌ뀬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「できない倫・・・本気なのね。」
¢¡GMキル子(dummy_boy)
「あら開始、がんばっおね。」
¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡< < Ä«Æü€¬Ÿº€ê 2 ÆüÌÜ€ÎÄ«€¬€ä€Ã€Æ€­€Þ€·€¿ > >