FUTURE OBJECT

全く個人の多目的無目的サイト IEでの表示崩れはドンマイだ
―――― 【真実】之須ク【悲報】也(しんじつこれすべからくひほうなり) ――――

2014.03.16 Sun

2003年7月20日以来初のカウンターダウン。

真実、これすべからく悲報なり。CGIの全凍結などと結構重大なことを平日の深夜に決定してメール1通で済ますってなかなかの根性よねatpages。 ま、社会人、取引でモノを売り買いする身になれば「タダより高いものはない」のは十分身にしみて分かってるから、そもそも安定収入がある社会人がこんなとこ使ってる時点で怒りはしないけどさ。
 まあatwikiの事件の余波だろうから基本は半永久ですかね。次の無料鯖を探しますか。今からPHPを勉強するのもアリといえばアリだが。

2014.03.02 Sun

努力すれば報われる。ただし、常人が「努力」と呼ぶ程度のものでは多くは為し得ない。

最近寝癖が気付いてしまった【真実】など。まぁ、寝癖は常人並みの努力もできていないが。

さて、当サイト60,000HITを達成したものの、もう検索ばっかりで誰に感謝するのかさっぱり分からないので、とりあえず喜ばしいとだけ表明するに留める寝癖であるが。
 50,000HITが12.08.19だから、ちょうど1年半で10,000HITといったところ。その前の40,000→50,000には3年近くかかっているからペース倍増ですよ。 まあ原因は明らかで、最近はやっぱり「=」ばかり。例の追加ページが効いてる。アレは論自体もそうだが、 実は書き方を大元の「Kiss the Moon」様に似せてあるんですよ。疑問文に疑問文を重ねて。だから結構強引な論理の飛躍があるけど、初見だとあんまり引っかからないでしょ?(笑)

とまぁ地味に舞い上がってますが、これからもよろしくお願いします。99%の人は1度しか来訪してなさそうだけど……(笑)。

さて先月はあんまりついったもやってないのでネタも若干のみ。
 火星にまだ水があったら、こんな感じになっていたらしい(海外の反応)  http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/36458528.html
 おや、懐かしい(笑)。寝癖もARIAに感化された頃平面地図を作っていたのはご存知の通り。リンク先の画像は寝癖のページだと上段3つ目くらいの水位だね。 7年ぶりくらいにプログラムを立ち上げて改めて3枚目の画像を作ってみた。まぁ何か参考になれば(ホント「何か」だな……)。元記事の1枚目はこの画像の左半分、2枚目「裏側」が右半分だね。

あとはタイトルにちょっと関係あるけどこれかなー。

“見てるとコツコツ積み上げるようなタイプのゲームというのは結構人気で、「ゲームなのになんであんなせせこましいのかよくわからない」という人もいるようだが、 私はゲームやらない人だけどあれはわかる。現実がクソゲーすぎて、「コツコツやればレベルが上がる」こと自体がファンタジーなんだよな。” (https://twitter.com/La_Girouette/status/436456845608112128

あまり賛同できないな。ずっと昔、某氏も「東方」がパターン覚えゲーなので練習するほど上手くなるのが現実と違う、みたいなことを言っていて反発した覚えがあるが、

現実ってそこまで理不尽か……?

前回の内容になるけど、寝癖自身含め、そういう事言ってる奴って「はぐれメタル狩りたい」だけなんじゃないの? ゲームコツコツやるかわりにコツコツデッサンすれば画のレベル上がるだろうし、 その時間数学に当てれば理解が深まるし、バイトすれば金と社会経験が溜まるよ? 
 そうやってコツコツ積み上げたものがあるからこそスマートに対応する術も知ってるわけで、社会ではそういった連中に成功を攫われることだって多いけど、 「社会人」になった瞬間は全員が横並びゼロから同時スタートなんてわけではないので。(まぁ日本企業の年功序列には正直辟易してるのも事実。あとやり直しが効かない社会も問題。)

例を挙げれば以前問題になった岩波書店のコネ採用だな。個人的には賛同できないが、理解はできる。最初からコネがなかった場合、「全く知らない人間と知り合いになって入社推薦してもらえる」 ほどの人間関係構築力ってのは社会において極めて強力なスキルだ。それを求めることは理解できる。俺らヲタにこういうスキルが揃ってる奴は少ないが(? 同好の士ってすぐ集まるよね)、 それはヲタのクラスでは成長しないだけの別の「スキル」というだけなんだよ。

「超人類との共存は無理だ」とか、「自分の成長を信じることの対価」とか言ってる寝癖だけど(笑)、今の立場も実力も、今までの人生で支払った対価をだいたい反映してると思うよ。 そりゃ、天災とか戦争で全部無くなる、とか運動、芸術あるいは数学方面の本当の「超人類」と比較したらどうにもならないけどさ。

とまぁ、偉そうにリア充っぽい言論を語ってみる。もっとも、寝癖は週末ごとに結構躁鬱の気があるので来週末は反対の事言ってるかもしれないけど(笑)。

(あ、それとも「現実がクソゲー」って「ただイケ」の話か……? それなら大賛成だ、この世は理不尽そのものだ(爆

2014.02.14 Sat

社会の厳しさは「社会は厳しくあらねばならない」と考えてるやつらによって作られている。

で、ネットのデマは「見抜ける人でないと(ネットを使うのは)難しい」と考えてるやつらによって作られている。

タイトルの言葉を発した人間が2chのひろゆき氏だと知ったので、ちょっと揶揄してみた。深い意味は無い。
 いや、あるかな。これ→ https://twitter.com/mugen6kiri/status/434499794199785472

さて、「らんダン」ようやくクリアの寝癖であるが。プレイ時間50時間、Lv128でした。ゲームバランスとしてはパワーインフレを良い方向に捉えれば完璧。 個人的には中盤以降若干ゲンナリした。まぁクリア後にもいろいろあるのは知ってるけど、とりあえず次のゲーム行こう。
 昨年デジゲー博で入手の「星樹の機神」プレイ開始。ふむ、スプライトが多いと若干カクカクするな。あと例によってボイスが一番容量食ってるのな。まぁいいけど。

らんダンやったからかどうか分からないが、先日の「【やる夫で】学ぶ冒険者生活の現実【世界樹の迷宮Ⅱ】」 は読んでいて精神的にクるものがあったね(笑)。何か涙が止まらない。例えて言うなら……そう……『世界に衝撃を与えた理研の女性科学者が自分とほとんど同い年』 と気付いたときのような……嫉妬を超越した虚脱感。折りよく「成長」に関するついったのTLも沢山入って来たりしてなー。

“DTMにしろ動画にしろモデリングにしろ数年前の感覚だったら「続けているうちにこんなことができるようになった」といった小さな進歩も喜べたけど、 今は最初からできていないとダメという風潮のせいか、小さな進歩でも喜べなくなってるなーと” (https://twitter.com/Drumaster/status/421513272592842752

“絵描ける人「最初はスライムから地道に倒してレベルアップしていけばいいよ」
 絵描けない人「ふざけんな俺ははぐれメタルが狩りたいんだ」 こんなイメージある” (https://twitter.com/xamethyx/status/425173931461341184

この例文なら、成長してるんだろうけど。常にこの調子だと読みづらそうね。
>【画像】 「9年間で、文章力がどれくらい成長したか比較してみた」 すげえええええ!!!!!!! (http://news.2chblog.jp/archives/51779280.html

まぁアレだ、何かが上達するかしないかは結局、時間と情熱のどれほどを注ぎ込めるか、それに尽きると思うんですよ。 あとは素直に他人に助言を請える人、他人の力をほどほどに使える人。自分より優れた人に引っ張ってもらい、より高い目標へと「乗り換え」を繰り返した人が高みへと昇れるのだろう。
 寝癖みたいな引っ込み思案は少しだけ高い目標なら追いかけられる。だが、レベル差に「断絶」がある場合はそれを埋められない。 まさに「はぐれメタル狩り」がしたい状態なわけだ。そして「客観的に比較」すると恥ずかしくなって意見も聞けなくなってしまうわけだね。 だから子供の頃、ヘタでも恥ずかしくない時期に始めてしまうと上達が早い。大人になったらある程度情報遮断して理想を高く持ちすぎないことが大事なんだと思う…… 自慢できる速さで成長し、そして恥ずかしいレベルで成長を終えた寝癖としては(笑)。画も音も文もプログラムも。

成功体験は寝癖にもないわけじゃない……
 寝癖がCGIを組んでいた頃は、当時の最大手KENT-WEBに本気で追い着く気だった。今から考えるとその考え自体が黒歴史だけど!
 寝癖の研究室時代の実験が類を見ない速さだったのは、似たようなテーマだった過去の先輩のノートと常に競争していたからだ。結局他の研究室から見れば大した速度じゃなかったけど!
 これらの例から簡単に分かることは、「本気で自分が成長できる」と信じたときにこそ、人間は成長するんだな、ということ。 うん、一昨年末の俺の記述と真っ向から矛盾しているな(笑)。ただ、その「信じる」ことの対価は……大きいよね。上記やる夫のバッドエンドみたいな。

“「就活」を現代における「成人になるための通過儀礼」として捉えることができないだろうか、割りといい線行っているアイディアだと思うのだが。
既に大人になっている人にボコボコにされる→それに耐えた者のみが社会的に責任を持てる存在として見做される。”
https://twitter.com/Kaito_ABS/status/428827771104526336

あとはある程度以上のレベルになると「センスの問題」って壁があるけど……。寝癖は先日の通り「音感」自体は大したことないし、 絵描き講座で「こんな狂ったパース(笑)」と言われてる画にもぜんぜん違和感を覚えないのでこのへんは諦めざるを得ないのかなって思ってるけど。

“数学において「意味」など不要、構造を見る上で余計な不純物に過ぎないというような発言をみる。 (中略)対象の「意味」に拘泥してしまう人間は、意味が想像しやすい範囲までしか、当人の数学世界は広がらないだろうとは想像している。”
 “「意味」と同様に「イメージ」も、もしかするとそう。頭のなかで具体的にイメージできることに拘泥する人間は, 脳の描画能力を越えた数学の氷壁を記号操作だけを頼りに登っていくことはできないし,イメージの限界がその人の数学力の限界になる。”
https://twitter.com/active_galactic/status/425217456190156800
https://twitter.com/active_galactic/status/425218346800271360

これは正しい。残念ながら真実です。初めてシュレディンガー方程式を見てハミルトニアンの3次元空間上の意味を考えてしまう人間(俺含む)はその先には進めない。 一切進めない。これは学力とかコツではなく芸術家としてのセンスの問題。
 以前もちょっと書いたけど、大学化学の最初の関門がこれ。高校までに習った長岡-ラザフォード原子モデルを延長して、 「電子」という球体が左右どちらかにくるくると「スピン」している、 という理解をどれだけ早く捨て去れるかが大学学部レベルの有機化学ではカギを握る。
『電子とは固形の「粒子」である』という理解はヲタ的にいえば『エヴァとは「ロボット」である』というようなもので(笑)、 あんまり興味が無い部外者に手っ取り早く説明するには良いが、より深く理解するにはその定義はむしろ邪魔となるのである。
 幸い電子については『電子雲』あるいは寝癖が喩える「HunterXHunterのオーラ」のような「流体」という実在のものをイメージすれば良いので救いがあるが、 電磁気や相対論や量子力学など、数式が虚数を含む世界に入ってくるともはや3次元空間で何かに喩えて理解するのは不可能となってくる。

こういう「異世界」で生きていける「見方」はやっぱり素質なんだろうか? ヲタ界隈の「擬人化」のように、「相応の訓練」を受ければ後天的に身につくものなのだろうか…… ん? それともヲタの「見方」のほうも素質なんだらか??

2014.02.11 Tue

借り物の力で調子に乗るんじゃないよ!

ここにきて日計訪問者数最多を更新ってどういうことなの……アクセスログ見るまでもなく「=」なんだろってのは分かってたけどさ(笑)。 なんかFFVIIIが盛り上がるネタでもありましたかね? ニコ動のつわはす氏の実況動画がエンディングまで行ったとか? 
 このままだとあと1ヶ月くらいで60,000HIT達成できそうだが……これだけ更新サボって逆にペース上がるとか皮肉。フクザツな気分の寝癖であるが。

さて、1月のついったネタからいくつか。

“才能を活かして世の中のために働いて、でも裏切られて絶望して人に仇なす存在になったりもするけれど、最後にはその絶望に打ち勝ち、神様になってこの世界を見守り続ける… 魔法少女ってとてもステキだなって思ったけど、考えてみたらそれ菅原道真公だった。” (https://twitter.com/seisyounagon_/status/126687406329040896
 追加イラスト→http://t.co/IXNJCmLDJu  http://t.co/nosUrE7VyL

魔法少女との大きな違いは、道真公は自分の力だけど、魔法少女は与えられた力ってことだな。
 余談になるかもしれないが、寝癖は昔からの「魔女っこ」作品と昨今の「魔法少女」を同列に扱うことに疑問を覚えている。

元々のエブリデイマジック型「昭和」魔法少女とは、自分の願望を「積極的に」実現するための魔法を行使する。 一方、「セラムン」「CCさくら」以降の指輪物語型「平成」魔法少女は魔法的要因による平和の破壊という外圧と戦うために魔法を行使する。 そして「まどマギ」は平成魔法少女の皮を被ったダークファンタジー。
 「魔法」、超常の力を用いて何を引き起こすのか? それが「戦闘」にしか用いられない平成魔法少女は、本来ドラえもんのポケットから未来の超兵器しか出てこないような非常に偏ったものであろう。

それは一応にも成人男性である「大きなお友達」には自然なことだろう(「昭和」魔法少女好きな大きなお友達は、主人公に共感を覚えて好きなのだろうか?)
 逆に、このような「戦闘美少女」が女児にフツーに受け入れられていること、こっちのほうが、社会学的に注目すべき点のような気もする。うーん、この方面の話題は斉藤環のアレを読まねばならぬか。

あるいは、平成魔法少女のファン層を「大きな」と「本来の」に分けることがもしかして間違っているか? 
 「まどか」そのものなんだ……現代人は。社会で何らかの「役割」を全うすることを求められながら、自分の「役割」が何なのか見えずにいる…… あるいは、もっと重要な役割があるのではないかと心のどこかで期待している。そこに、「役割」が否応なく与えられるわけだ――"彼/彼女らの意思とは無関係に"。
 すると……昭和は「既存の秩序を破壊する」願望(現実には簡単に破壊されないから)、平成は「既存の秩序を守る」願望(現実には簡単に破壊されるから)があるわけか? 

うむ、思想が袋小路に入ったんで中断。また思いついたら追記。

(140302追記:ああ論法を間違えた。意思とは無関係に役割が与えられ、彼らの日常が「侵略」されるわけだ。「自衛のため」の闘争、これほど疑いを抱かず戦える理念は無い。)

“科学は強力だから、魔法側が少しでも一貫性やら再現性のある行いを示してしまうと、もう科学はエニグマ暗号解読の勢いで、それのルールを白日のもとに引きずり出して、仲間にしてしまう。” (https://twitter.com/ogawaissui/status/424795605995495424

うん、寝癖が「とある」の感想で語ったのと同じだ(120609)。こういう吸引力がある世界は、確かにその外側からは嫌われるかもしれないね(笑)。 「東方」「艦これ」嫌いのロジックと心理的には似たようなもの……なのかも(笑)。

“I, Robotってなんか変な英語だなー俺がしらないだけだろうけど、と思ってたんだけど!あれ、英語のカタコトなんだろうか!” (https://twitter.com/dancom/status/420976018921226240

残念ながら英文法の基本中の基本(S+V+C)をわざわざ「論理的なロボット」が外すことはありえない。" I "と"Robot"は同格の並列、訳せば「ロボットである私は」「私ことロボットは」が適当と推察する。
 当時にしてみれば、応答型機械であり"itself"にすぎないはずのロボットが主体的代名詞" I "を使っている(自我を持っている)時点でエポックメイキングだったのではないかな。  英単語の語源+キリスト教的思想なんて、とても寝癖が立ち入れる次元の話じゃないけどね。

あとは感動的な成人式など。→https://twitter.com/paper_kamikiri/status/422699050844950528

2014.02.09 Sun

Big Brother is watching YOU

等と言いつつ、結局1ヶ月放置してしまった寝癖であるが。
 いやね、「やる夫」シリーズを読み漁っていたですよ。もーしわけない(申し訳なさそう感ゼロ)

読了一覧。まとめサイトはエロ系広告があるので注意。
 「愛と勇気と優しい弾丸」(WAオマージュオリジナル) http://www.yaruyomi.com/title/loveandcourage.html
 「やる夫とやらない夫が騎兵隊を設立するようです」(7(セブン)~モールモースの騎兵隊~) http://www.yaruyomi.com/title/kiheitai.html
 「【黒の剣】やる夫は全てを斬るようです」(黒の剣) http://matomemo3.blog.fc2.com/blog-category-26.html
 「やる夫は戦う先生にあこがれるそうです」(サモンナイト3) http://gnusoku.blog41.fc2.com/blog-entry-3144.html
 「【エターニア】やる夫は静かに暮らしたいようです」(テイルズ オブ エターニア)  http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-220.html
 「やる夫は未開惑星の勇者のようです」(スターオーシャンセカンドストーリー) http://tenukinablog.blog133.fc2.com/blog-entry-182.html
 「【やる夫で】学ぶ冒険者生活の現実【世界樹の迷宮Ⅱ】(世界樹の迷宮Ⅱ) http://burakio.blog93.fc2.com/blog-category-32.html
 「やる夫が割と気楽に世界樹を登るそうです。」(世界樹の迷宮II) http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-93.html
 「やる夫はネイピア商店を経営しているようです」(世界樹の迷宮III) http://www.yaruyomi.com/title/napier.html

さて、1月分のtwitterネタをまとめる前に、珍しく、実に珍しく映画などを見に行った話などをば。
 工場の人に呼ばれたわけなんだが、正直、同じ工場ってだけで普段仕事で何の接点もない人たちだったので、なんで寝癖が呼ばれたか……最悪それこそ、アッーー! な展開まで警戒して行ったわけですが、
 結論から申し上げると「学会」への勧誘でした。
 寝癖が「有給で学会」に行ったという話を勘違われたっぽい。まぁ、中卒高卒の方々に単に「学会」と言って先にそっちが連想されるのは驚くべきことではないけどさ…… これだからあの団体は嫌いなんだッ……!(笑)

閑話休題、見たのは「大脱出」というタイトルなわけだが……うん、2014年にもなってこんなお茶目な収容所が見られるとは思わなかった。
 何を狙ってか知らないが、囚人同士が自由に会話できるってどういうことよ……?

俺が設計者なら、まず「情報」と「連携」を奪う。独房で完全に検閲されたインターネットなどを利用するのは自由。ただし囚人同士が面と向かって相対することはない。 囚人の表情や脈拍などの身体情報、喋った内容をビッグデータとして把握。
 それから「思想」を砕く。イスラム教徒だからとて堂々と祈らせるなど言語道断。先のネットの情報を操作して洗脳し、自発的な服従へ持ち込む。

……これ、全部50年前にオーウェルが「思考警察」で実施済みだよ? そしてそのある程度の実効性は「金盾」が実証しているよ? 
 あとは「最高の牢獄」旧共産圏で用いられ、日本社会が嫌いな人がよく言う「相互監視社会」をいかに作り出すか。例えば監獄内にひとつの社会を作り上げ、密告によって待遇に差をつけるか。

……まあ寝癖はその道のプロじゃないのでこれ以上深くは考えないが、「1984」と「MONSTER」とネトウヨ系まとめブログで中国人の反応を読むくらいで簡単にこの映画よりマシな「思想の牢獄」の案は浮かぶわけだよ。
 ハリウッドのアクション映画だからってここまでアホウで本当に良いのだろうか? アメリカ人は……って向こうから見た日本の萌えアニメとかもそうなんだろうかなぁ(笑)。

2014.01.03 Fri

ギターなんて弾けないよ?

実は音楽理論をカケラも知らない寝癖であるが。

いぁ、コイツですよ今日の話題は。「クズでもわかる音楽理論 (http://ch.nicovideo.jp/neon_genesis_evangelion/blomaga/ar409874)」です。
 実のところ、「音を楽しむ」という意味において寝癖は音楽教育を受けてます、……が、その音楽教室では「理論」は重視していなかったので。
 最近になって「IV度」とか「マイナー」とか言われて「あぁ、コレがそういう名前だったのか」となる状態。ただし絶対音感は無い。
 それでも(レベルは別にして)耳コピくらいはできるし、(レベルは別にして)若干の作曲の真似事ならできるわけですよ。レベルは別にして。(大事なことry

さて、上記の記事にある「メジャー/マイナーコード」「平行律」を一番よく理解しやすいのはこのBGMを例にとることだと思うんだ。
 【テトリス】KATYUSHA【祈璃】(http://www.nicovideo.jp/watch/sm14137110)

コイツの前半のメロディーラインだけを拾ってみよう。
(鳴らしてみる)
 さて、元動画のコメにもあるように(寝癖じゃないよ)、最初は「明るい」曲調で正直これがあの「カチューシャ」とは思わないよね。じゃあ、このピアノロールを丸ごと選択して…… cherryやdominoなら、下に向かってドラッグするとこの「メロディー」全体、つまりキーを下げることができるはずだ。
(鳴らしてみる)
 曲調はまだ明るいままだね。では、黒鍵盤になっているところを全部半音下の白鍵盤に下げてみよう。今回だとド、ファ、ソがそれぞれ#になっているはずだ。これを演奏すると?
(鳴らしてみる)
 おお! これはみんなが去年熱唱した(爆)ちょっと暗めの「カチューシャ」に間違いない!

さて、ここで一番最初の明るいメロディーラインを別のパート(チャンネル)にコピペして、同時に演奏してみよう。→(鳴らしてみる)
 綺麗にハモりましたね。暗い曲調と明るい曲調を重ねたはずなのに! ちなみに両方明るいの、両方暗いのにするとなんだかムズ痒くなる曲が生まれるので試せる人はやってみてほしい。
 これが、元記事で言ってる「メジャースケールは別のキーのマイナースケールと同じ構成音」と言う奴の実例だったりするわけだ。

ん~~……で、寝癖も最初に書いたとおり理論より感覚派なので、「だから何なのか?」と言われると答えに窮する。が、まぁ元記事のように文字だけで書かれるよりは分かりやすいかなとか。
 ちなみに元曲はハ長調→ハ短調なので最初に下げたキーを元に戻せばこの通りだ。→(鳴らしてみる) まぁ、キーがズレてたってことにこの記事書いてから気付く辺り、寝癖の音感自体はヘボい事実を端的に示している(笑)。

あとはいわゆる「コード進行」かなー。音の並べ方には「お約束」があって、次にどんなコードが来るかというのは「予測変換」よろしくある程度パターンが予想できるわけだ。 この「お約束」に載せてあげると新鮮味が無くてもノリ良く、多くの人に評価される曲ができやすい。「王道進行」とか検索してみると宜しかろう。
 ちなみに寝癖は音に対しても「王道崩し」が大好き……(笑)。だから平沢進とか浜渦正志とかを高評価するんだよね。

2014.01.02 Thu

実家の実家に挨拶に行った寝癖であるが。
 静岡弁では「~~だろうか」を「~~だらか」という、というのは懐かしのparaFla!スレで知ったのだが、これを実際静岡県民に聞いてみると 相手の賛同を得たとき「でしょー?」の意味として 「だらー?」と言う、ということが明らかになった。つまり、「いつやるか? 今だら!」となるのであり、ハルヒのEDは「冒険だらだら」となるわけだ。……なんか間違ってる気がしてきた。

 

てなわけで(?)、早速先月後半のついたーまとめ。

某ゲームのバグがひどいという件、寝癖としては画面見て真っ先に 「ジントは首をかしげ、その反動でゆっくりと回転し始めた」(うろ覚え)みたいな宇宙船内の描写かと思ったが違ったのね(笑)。寝癖はああいうホンの細かい設定の描写に気が利く作品は大好きだな。 「時の車輪」で異能者が「絶対力で椅子を引く」とか、攻殻で当たり前のように電脳で会話するとか。
 ただ、このツイートしてる人も自分でプレイしたわけではないのかな? どうも前後の文脈を見ると「ついカッとなって」投げ飛ばされたって描写のようだな。それほどのバグならもう少し話題になるはずだし。

バグといえばこっちは話題にもなったし、本当に酷いですねぃ。いや、伺ゴを弄ったことがあるので「なにやっちゃったのか」は 大体見当つくんだけどね~(笑)。アドレス欄の表示からするとブラウザゲーだよね、スマホでもやっぱりブラウザごとの動作確認をしないとこうなるってパターンなのだらか。
 スマホ向けサイトデザインというのも興味がないわけではないが、PCサイトとしてすらもうOpera以外の確認を怠っていると言うのに、まあ自分のスマホで確認はできても一般化は無理だろうね。

それから謎の暗号"Cicada"の記事。ネット上だけじゃなく街の片隅にQRを貼るとか組織的な犯行だろ? いよいよプラチェ女子高生探偵団(古っ)の出番なんじゃないか?  みたいな事を考えました。ついに時代が15年前の渡辺浩弐に追い着こうとしているのか。中々興味深く、恐ろしくもある。 こういう圧倒的発想の転換とかも含めてな……ッ!

艦これが大嫌いだ http://anond.hatelabo.jp/20131220075852なんていう記事も読みましたな。分かる、非常によく分かるぞ同志(笑)。 同好の士を次々奪われる事に対する嫌悪、一般には「嫉妬」と呼ぶ。俺も一時期は東方が大嫌いだった(100119, 23)ものだよ。

今までオリジナルや他の二次創作でいい作品作ってた人たちが次々に「東方! 東方!」って今までの活動を全面休止して 東方しか語らなくなるから嫌い。まるで何かのウィルスに罹患したかのように。 しかも「幻想郷入り」の設定どおり誰も帰ってこない(笑)。その点は本当に嫌い。単なる嫉妬? 分かってはいるさ。
様々な作品があるにもかかわらず、『東方』というものが一つにしてしまった罪は重い。

まぁ、それでも「他人が何を好もうと、自分が好きなものだけやってれば良い」、という開き直りができればこの嫉妬は簡単に回避できるのだよね。 寝癖の場合、もう出てから何年も経ってるフリーゲームをやってるうちに「今の流行」は比較的冷静に見ることができるようになった。
 上記のリツイートした日に、タイミングよくこんなものも見つけたわけだ。

“オタク趣味で一番大事な心構えは何だろう?萌え?こだわり?可愛い?カッコイイ?私はこう思います、
「"認められなくても良い"という覚悟」
オタク趣味はアングラでなければならないんですよ。パンピーに認められたらダメなんですよ” (https://twitter.com/hebiichigo12/status/413801182121832449

相手はパンピー(一般人)ではないが、これが真理だろう。先の艦これ嫌い記事を書いた人はこの「覚悟」が足りてない。嫌々艦これやってるのは「人気取りたい」が要因だろう、と思う。
 ちなみに寝癖は以前ほど嫌いでこそないが「東方」とは基本的に関わらず界隈を外から眺める方針を撤回していないし、東方キャラが出てくる「だけ」とされる二次創作も、読むための 「前提知識ライブラリ」が足りないので気に入らない(補間的想像力はあるので、読めないことはない。ただ気に入らない)。
 おそらく「なろう」の「安直な異世界召喚モノが嫌い」という人も同じような理屈なのだろう。そしてそもそもヲタでない人間にはこうなるわけだ――

“最近艦これについて全く知らない人に説明してて衝撃だったのは「艦船が擬人化されて、美少女で」っていうのがもう伝わらなかったことだな。 相応の訓練を受けてない人は「無生物の擬人化」っていうとトーマスとかカーズみたいな「モノに顔が付いて喋ってる」状態しか想像できないらしい。” (https://twitter.com/adonis_fish/status/412071914375372800"

「相応の訓練」!!
 おそらく、艦これファン以外にもヲタにとって衝撃の事実だろう。我々は「相応の訓練」を何年にも渡って繰り返し受けてきた結果、一般人とは隔絶した「眼」を持つに到ったのだ。 まさにお互い見えているものは「異世界」という他ない。いやぁ異世界は近くて遠いものですな!(爆

12月後半は結構話題が濃いな……もう少しあるけど、また次回の更新ネタに回そう。

2014.01.01 Wed

あけましておめでとうございます。(しれっ

あ、例の記録はまだ「日記モドキ」からアクセスできるよ。トップからは降ろすけど、これだけはいつか必ず更新するから(多分毎年9月前後に)。

去年はいよいよヤヴァイ更新速度になってしまったな。しかし12月になってから「ツイッターの自分まとめサイト」としての更新方法というのを考え出したので、今年は若干改善できると思う。
 ちょうどWinXPの更新に伴い実機を買い換えようとしたところなので、春先にはハード系の話題ができると思う。
 それから昨年脱出できなかったネトウヨ的活動を今年こそ控えるぞ(笑)。IT系の資格試験の勉強も始めたい(受けるかどうかはともかく)。「化学」の話題もできれば良いな。

と、そんな感じでいろいろ構想はあるのだが、どこまで実行できるかというと……昨年始めの「目標」が全滅している現状、大々的に掲げることではないなと。
 とりあえず、月間1回以上の更新ができるよう頑張ります。
 誰に対するお願いか正直よく分からない寝癖であるが、本年もよろしくお願い致します。

これ以前の日記