8月 13

仙台教諭殺害、被害者の妻を逮捕…事前に計画

仙台市泉区の私立高校教諭松本秀夫さん(当時56歳)が自宅前で殴殺された事件で、宮城県警泉署の捜査本部は12日、松本さんの妻、美代容疑者(44)を殺人の疑いで逮捕した。

 発表によると、美代容疑者は今年4月30日夜、同区南光台東、会社役員松山哲士(38)、同区高森、すし店経営梅原啓(27)両容疑者(いずれも殺人容疑で逮捕)と共謀し、自宅の玄関先で秀夫さんの頭などを金属バットで数回殴るなどし、殺害した疑い。美代容疑者は「一切関係ない」と容疑を否認している。

 捜査本部は、松山、梅原両容疑者が、3人で事前に殺害計画を話し合っていたなどと供述していることなどから、逮捕したとしている。

ヤフーニュース

8月 13

「はやぶさ」後継機、今度は何を目指す?

小惑星探査機「はやぶさ」の後継機開発が、国の宇宙開発委員会で了承され、2014年打ち上げに向けて動き出す。

 小惑星との往復で世界を驚かせたはやぶさの技術を生かす、新たな挑戦。今度は何を目指すのか。実現できるだろうか。

 後継機「はやぶさ2」の目的地は、直径約1キロ・メートルの小惑星「1999JU3」。1号機が行った小惑星イトカワとの大きな違いは、炭素を含む化合物が豊富にありそうなことだ。「生命の起源を探る旅になる」と、宇宙航空研究開発機構の吉川真准教授は語る。

 地球上に生命が現れたのは、約38億年前。生命を形作るアミノ酸などの炭素化合物は、古代の海で自然に合成されたとの考え方が主流だった時代もある。しかし、隕石(いんせき)や彗星(すいせい)からアミノ酸が見つかり、「生命のもとになる有機物は、宇宙から飛来した」との説も有力になってきた。小惑星は、太陽系の初期の状態をとどめているといわれ、そこから有機物を含む試料を持ち帰れば、飛来説の検証や発展につながる。

8月 13

ホテル滞在の高校生食中毒=206人が症状訴える―大分

大分県は11日、同県九重町の「筋湯観光ホテル」(古賀義敏代表社員)に宿泊した長崎県佐世保市の県立高校の生徒ら451人のうち206人が食中毒の症状を訴えたと発表した。うち57人が医療機関を受診した。全員快方に向かっているという。
 県食品安全・衛生課によると、提供された食事の一部からサルモネラ属菌が確認され、生徒ら8人のほか調理師ら従業員3人からも検出された。 

ヤフーニュース

8月 12

AKB65万枚!CD不況ブッ飛ばした

アイドルグループ・AKB48の新曲「ヘビーローテーション」(18日発売)の初回出荷枚数がAKB最高となる約65万枚となることが10日、分かった。6月に開催されたメンバーの人気ランキング決定戦「第2回選抜総選挙」で1位に輝いた大島優子(21)が初のセンターを務め、CDジャケットではメンバーがランジェリー姿を披露するなど注目を集めている同作。“CD不況”もどこ吹く風の驚異的数字をはじき出し、まだまだAKB旋風は続きそうだ。
  ◇  ◇
 爆発的人気を誇るAKBが、前作「ポニーテールとシュシュ」で記録した初回出荷枚数50万枚の自己最高記録をあっさりと塗り替えることになった。
 新曲「ヘビーローテーション」の同65万枚は、発売元の創業69年目を迎える老舗レコード会社・キングレコードの歴代最高記録で、関係者も「前例のない数字」と驚くばかり。オリコンによると、現時点で今年最も売れたシングルは、嵐の「Troublemaker」で約69万枚。現在、「ポニー‐」が約60万枚を売り上げているだけに、単純比較すれば「ヘビー‐」が今年ナンバー1の楽曲となる可能性も十分ある。
 「ヘビー‐」は、AKBとして初めて着うたサイト・レコチョクで初登場1位に輝いた楽曲でもあり、グループの勢いを象徴するようなアップチューン。6月の総選挙で選ばれた初センターの大島や前田敦子(19)らメンバーがランジェリー姿を披露するCDジャケットも話題を呼んでいる。
 CDにはジャケットに総選挙の上位3人がいるタイプAと大島単独のタイプBがあり、注文の比率は五分五分。関係者は右肩上がりの注目度に「地方からの注文が増えており、人気が全国区になってきたことが今回の数字につながったのでは」と分析。東京・秋葉原からスタートしたAKBの勢いは、全国へと広がっている。

ヤフーニュース

8月 12

ミクシィ、2日続けてシステム障害 アクセス困難

会員制ソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)の国内最大手「ミクシィ」(本社・東京)のインターネットサイトが11日正午ごろからログインできない状態になった。同サイトは前日10日にも午後5時20分ごろから午後11時半ごろにわたって使用できない状態となり、同社では「前日の不安定な状態が続いている。原因は特定できており、復旧作業にあたっている」と話している。

SNSは登録者同士が、サイトを通じて日記の公表や情報交換をするサービス。ミクシィは同サービスの最大手で、今年7月時点での会員数は約2102万人。月間ページビューは297億に達している。

 10日のトラブルに際し、同社は「ただいまアクセスしにくい状況です 復旧作業をおこなっております。申し訳ございませんが、しばらく時間をおいてから再度アクセスをお試しください」とのエラーメッセージを表示していた。

 今回のシステム障害で、ユーザーが同サイトに保存しているデータへの影響はないという。

ヤフーニュース

8月 10

<X JAPAN>米のロックフェスに出演 観客が「Xジャンプ」

ロックバンド「X JAPAN」が8日(日本時間9日)、米イリノイ州のシカゴ市で開かれた野外ロックフェスティバル「ロラパルーザ」に出演し、18年前に米ニューヨークの「ロックフェラーセンター」で発表して以来念願だった米国進出を果たした。新しい船出には、米国や日本から2万人が集まった。

リーダーのYOSHIKIさんが09年7月に頸椎(けいつい)を手術、またボーカルTOSHIさんが同年秋に声が出なくなるという大きな障害を乗り越えて迎えたこの日。「新人の気持ちなので何でもあり。失うものは何もない」とYOSHIKIさん。会場ではリハーサルもできず、ぶっつけ本番となったが、「Xはライブバンド。いろんなことがある。それくらいじゃひるまない」と強気だった。

 開演時刻前には、5人がステージ袖で円陣を組み気合を入れた。「Hello、Chicago.Are you ready!」というTOSHIさんの絶叫に歓声が巻き起こり、英語歌詞の「Rusty Nail」で幕開けした。現在も首の痛み、手のしびれがあるというYOSHIKIさんだが、出演した50分の間、笑みをうかべ続けた。ハリウッド映画「ソウ4」のタイアップ曲として発表した「I.V.」では、興奮した観客が左右に大きくうねった。最後は、すべて日本語で歌った「X」。TOSHIさんが演奏中のYOSHIKIさんの背後に立ち、右肩をさすっていたわった。この曲では、ファンが手を顔の前で交差し、曲に合わせはねる「Xジャンプ」が恒例だが、初めての観客も多い中、ジャンプする人の数は曲が終盤になるにつれて増えた。

 公演後にYOSHIKIさんは「ステージは99点。残り1点は、これからの可能性」と語り、「いろんな問題が起こるけど、絶対突き進みます」と、力強く宣言した。Xジャンプについては「ジャンプする人が徐々に増えていくのが見えました。心が開かれていく感じがした。うれしかった」と充実感に満ちた表情で語った。

 ステージは氷室京介さん、GLAYのTAKUROさんも見守った。氷室さんは公演後、「いいスタートを切ったね」とYOSHIKIさんをねぎらった。

 X JAPANは、14、15日に日産スタジアムで初の単独野外コンサート。9月25日からは米ロサンゼルスを皮切りに米国、カナダなどを回るツアーを予定している。

ヤフーニュース

8月 10

浜田幸一元衆院議員を逮捕=借金担保の株、勝手に売却―2億円背任容疑・千葉県警

借金の担保として差し出した株券を勝手に売却し、融資元の会社に2億円の損害を与えたとして、千葉県警捜査2課などは10日、背任容疑で、同県富津市大堀、元自民党衆院議員で会社役員の浜田幸一容疑者(81)を逮捕した。同課によると、「答えるつもりはない」と供述を拒否している。
 逮捕容疑は、千葉市稲毛区の産廃処理会社から2億円の融資を受ける際、担保として差し出した株券を名義変更を理由に同社会長(65)から一時返還してもらい、2006年3~4月、数百株を数回にわたって無断で売却、同社に貸付金2億円相当の損害を与えた疑い。
 浜田容疑者は05年6月下旬ごろ、保有する他人名義の株券を担保に融資を受け、同年10月中旬に名義を同容疑者に変更するとして一時返還を受けた。関係者によると、東証マザーズ上場のIT(情報技術)企業、アドバンスト・メディアの株券で、約2億2000万円で売却したとみられる。同課によると、産廃会社会長と浜田容疑者は仕事を通じて知り合い、数十年来の付き合いだという。同容疑者は融資金を一切返済しておらず、今年2月、同社が県警千葉北署に告訴した。
 浜田容疑者は同県議などを経て、1969年に旧千葉3区から衆院選に出馬し、初当選した。自民党副幹事長や同党広報委員長などを歴任し、当選7回。国会の名物男として「ハマコー」の愛称で知られた。一方で、不規則発言などが目立ったほか、80年には米ラスベガスのカジノで多額の金を賭けた賭博が発覚し、議員辞職に追い込まれた。93年に長男の靖一氏に地盤を譲り、政界を引退した。
 引退後も高額納税者の長者番付に名を連ね、評論家としてテレビ出演するなどしていた。

ヤフーニュース

8月 10

詐欺容疑 養父の保険金960万詐取、養子縁組の夫婦逮捕

東京都奥多摩町で07年2月、埼玉県坂戸市泉町の大沢菊夫さん(当時61歳)が林道から沢に転落して死亡する事故があり、警視庁捜査1課は10日、大沢さんを養父とする養子縁組を結び生命保険金約960万円をだまし取ったとして、住所不定の元暴力団幹部、阿久津好男(68)と妻タツ子(58)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。捜査1課によると、阿久津容疑者は「詐欺は納得できない」、タツ子容疑者は「保険会社をだましていない」と供述し、いずれも容疑を否認しているという。捜査1課は大沢さんが死亡した経緯についても両容疑者を追及する。

 逮捕容疑は、大沢さんが事故死したようにみせかける虚偽の事故報告書を作成。07年3月30日に大沢さんに掛けていた生命保険の保険金約960万円を詐取したとしている。捜査1課は大沢さんは自殺した可能性が高いとみており、両容疑者が自殺を唆した可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、阿久津容疑者らは、大沢さんが07年2月21日午後2時40分ごろ、奥多摩町の鋸山林道で車椅子に乗った知人と一緒にいたところ、知人がブレーキを放してしまったために坂道を走り出した車椅子と衝突し約30メートルの沢に転落した説明。大沢さんは頭を強く打ち4日後の同月25日に死亡した。その後、受取人となっていたタツ子容疑者に約960万円の生命保険が支払われたという。

大沢さんは事故の数年前までバス会社に勤務していたが、その後路上生活をしていた。04年ごろに阿久津容疑者と知り合い、埼玉県坂戸市で一緒に暮らしていたという。大沢さんは同11月に知人女性と結婚。その後、05年4月にタツ子容疑者が大沢さん夫妻の養女という形で養子縁組を結んだという。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】

 ◇「転落事故はおかしい」

 大沢さんが死亡した現場は、JR青梅線奥多摩駅の南約1.5キロの林道で、高さ約80センチのガードレールの下は切り立ったがけだ。がけ下には大きな岩が点在し、岩の間をぬうように流れる沢がある。

 近くで働く土木作業員の男性(58)は「ガードレールがあるので転落事故はおかしいと思っていた。最近、警察が来たので事件なのかなと思った」と話した。近所に住む男性(72)によると、大沢さんは現場近くの残土処理場でトラックからこぼれた砂を掃除する仕事をしていたという。

ヤフーニュース

8月 10

猛暑で売れすぎ…販売休止 サントリーのビール風味飲料「オールフリー」

サントリー酒類は10日、今月3日に新発売したノンアルコールのビール風味飲料「オールフリー」の販売を一時休止すると発表した。猛暑と健康志向で人気が集中。当初の生産計画を上回る受注があり、生産が追いつかないためだとしている。

同社が一時販売休止を行うのは、2005年7月のプレミアムビール「ザ・プレミアム・モルツ」以来、5年ぶりという。

 オールフリーは同社の武蔵野工場(東京都府中市)のみで生産。8月までに当初30万ケース(1ケースは大瓶20本換算)を生産する計画だったが、10日時点ですでに40万ケース分の受注があった。

 同工場だけでは生産が間に合わないため、8月中のオールフリーの出荷は見送ることにした。

 同社では「9月上旬を目標に販売を再開したい」とし、オールフリーの増産体制を検討している。

 オールフリーは「アルコール0%」「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」の3要素を実現した世界初のノンアルコールビール飲料。コンビニエンスストアなどの店頭想定価格は350ミリリットル缶で143円前後。10日時点で約20万ケースを出荷したという。

 ノンアルコールビール飲料をめぐっては、キリンビールが昨年「フリー」を発売し、大ヒット。今月3日には、アサヒビールがカロリーゼロを両立した新商品「ダブルゼロ」を、またサントリー酒類が「オールフリー」を発売し、販売競争が激化している。

ヤフーニュース

8月 10

グーグルコリア家宅捜索、個人情報収集の疑い

【ソウル10日聯合ニュース】警察は10日、個人の通信情報を無断で収集した容疑で米インターネット検索大手グーグルの韓国法人、グーグルコリアを家宅捜索した。捜索は午前10時から午後6時までに及び、捜査官16人がコンピューターのハードディスクや書類など関連資料を押収した。
 警察関係者によると、グーグルコリアは、グーグルが無料地図情報サービスの1機能として提供している、地図と写真を組み合わせたサービス「ストリートビュー」韓国版制作のため情報を収集する過程で、個人間の通信情報を無断で収集し、通信秘密保護法に違反した疑い。
 グーグルは昨年末からストリートビュー韓国サービスの準備を開始。特殊カメラを搭載した車両で道路を走行し街の風景を撮影しながら、無線機器に対する位置情報サービス機能の改善を目的に、無線LANネットワークに設置されている電波中継機(アクセスポイント)のシリアルナンバーを収集した。シリアルナンバーは公開情報だが、これとともに、個人間の通信内容も収集、保存していたことが分かっている。パソコンやスマートフォン(高機能携帯電話)で無線LANを利用し個人がやり取りしていた、インスタントメッセンジャーの会話内容や電子メール住所などが、これら収集情報に含まれているものと推定される。
 警察は、どのような情報をどれだけ収集したのか、押収した資料を分析し具体的に確認する考え。容疑が明らかになれば、グーグルコリア関係者を出頭させ、調べを行う計画だ。
 グーグル「ストリートビュー」は、米国、ドイツ、ニュージーランド、オーストラリアなどでも、個人情報を無断で収集し、問題となっている。

ヤフーニュース