クレジットカード

■はじめに
日本のクレジットカード会社は系列で分類することができます。つまりそれだけ業態の違うクレジットカード会社が多いということになります。アメリカ ではブランドを提供するVISAやマスターカードのようなブランドホルダーとクレジットカードを発行する金融機関(イシュアー)、加盟店の契約や開拓を行 うアクワイアラーというパターンが定着しています。しかし、日本では金融機関だけではなく様々な業種の会社が設立したクレジットカード会社があり、それぞ れ国内ブランドを持ち、クレジットカード加盟店を開拓してカード発行を行っています。

 

こういった設立の経緯から日本のクレジットカードは様々な特長を持ったクレジットカードが発行されています。クレジットカードを選ぶひとつの方法と してはこれらの系列によるサービスの特長から選ぶということも考えられます。ここではクレジットカードを系列別に紹介していますので、クレジットカード選 びの参考にしてください。

 

クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード 比較 クレジットカード ランキング カード クレジット credit card クレカ

 

■銀行系クレジットカード
銀行の子会社や関連会社が発行しているクレジットカードを銀行系クレジットカードと呼んでいます。銀行系クレジットカードは現在2種類に分けることができます。ひとつは銀行グループのブランドのクレジットカードを発行するために設立されたクレジットカード会社が発行するもので、JCBカード、UC カードや UFJカード、DCカードなどが代表的なものです。これらのブランドでは同じ銀行グループ内の地方銀行が設立したクレジットカード会社がグループを形成しています。もうひとつは信販会社や流通系のクレジットカード会社で資本提携によって銀行グループとなったケースがあります。

 

資金を確保するために銀行グループとなった信販会社や、親会社の経営破たんで銀行グループに買収された流通系クレジットカード会社が発行するクレジットカードは、同じ銀行系でも違う特長を持ちます。クレジットカードのサービス自体は銀行グループ内にあっても変わることがないため、実質的には信販系や流通系のクレジットカードのままということができます。クレジットカード会員にとっては親会社がどこであっても提供されるサービスが問題なので、これらのクレジットカードは銀行系であるという認識はありません。

 

前者の銀行系クレジットカードは長い間1回払とリボ払いの支払方法に限られ、分割払いができるようになったのは2001年でした。旧通産省の方針で銀行系クレジットカード会社は割賦購入あっせん業者の登録ができなかったのです。リボ払いについては特例として途中で認められるようになりましたが、分割払いは長い間認められなかったため、信販会社などは分割払いを前面に打ち出したTVCMを行っていました。現在ではその信販会社も銀行子会社となり、利用者の大半が1回払を利用しているという状況は皮肉な結果です。

 

クレジットカード 審査 クレジットカード ポイント クレジットカード 年会費無料 クレジットカード 即日発行 クレジットカード 申込

 

■信販系クレジットカード
信販会社が発行するクレジットカードを信販系クレジットカードと呼んでいますが、ほとんどの信販会社が大手銀行グループの傘下となっているため、表面上信販系クレジットカードはオリコカードだけといてもいいでしょう。しかし銀行の傘下になってもクレジットカードのサービスには変更ないため、旧信販会社が発行するクレジットカードを信販系クレジットカードとして分類しています。

 

信販会社の最大手であった日本信販はすでに信販事業をジャックスに譲渡してクレジットカード専業会社となっています。しかし発行されているニコスカードは信販会社時代のまま継続されているため信販系クレジットカードということができます。同じ三菱UFJニコスでもUFJカードやDCカードは銀行系クレジットカードであり、同じクレジットカード会社のなかで異なる系統のクレジットカードを発行する特殊なケースとなっています。

 

逆に旧国内信販も信販会社でしたが楽天グループに買収され楽天KCとなり、信販事業もオリエントコーポレーションに譲渡した点では日本信販と同じ道をたどっています。しかし、提携カードとはいえカード発行の中心となっている楽天カードは、楽天のスーパーポイントをメインのサービスにしたもので信販系クレジットカードとはいえません。このように信販系や銀行系、流通系といった分類はすでに過去のもので今後は新しい分類をするか、もはや分類自体意味がないといえるかもしれません。

 

キャッシング カードローン 消費者金融 JCBカード アメリカンエキスプレス ダイナース VISAカード マスターカード

 

■流通系クレジットカード
流通会社を親会社とするクレジットカード会社が発行するクレジットカードが流通系クレジットカードです。親会社の経営難により銀行グループの傘下となるケースもありますが、提供されるサービスは変わらないため、資本形態が変わっても発行されるクレジットカードは流通系クレジットカードと呼ばれます。 OMCカードやセゾンカード、P-Oneカードなどはその代表的なクレジットカードです。

 

流通系クレジットカードのサービスは親会社の集客が大きな目的であるため、親会社のポイントサービスの連動したものが多くなっています。また特定日に関連店舗での割引を受けることができるのも流通系クレジットカードの大きな特長です。流通系クレジットカードの会員は女性が多いため、女性を意識したサービスが多くなるのです。ポイントプログラムでもポイント付与の単位を100円にするなど、無駄なくポイントを貯めることができるのも流通系のクレジットカードに多いサービスのひとつです。

 

ゴールドカード プラチナカード ブラックカード 電子マネー Edy Suica PASMO iD クイックペイ ETCカード ETC クレジットカードリンク集

 

■消費者金融系クレジットカード
消費者金融業者が発行するクレジットカードはキャッシング機能がメインで、ショッピング機能も選択できる方式となっています。国際ブランドはマスターカードでVISAブランドはほとんど利用することができません。しかし、クレジットカードとして利用する分にはまったく支障はありません。審査基準もパートやアルバイトも対象としているため入会しやすいといわれていますが、貸金業法改正後は以前ほど入会しやすいかどうかは疑問が残ります。

 

海外旅行 マイル デビットカード クレジットカード クレジットカード 還元率 クレジットカード 海外旅行保険 クレジットカード

 

■交通系クレジットカード
鉄道会社や航空会社、その関連会社が発行するクレジットカードを交通系クレジットカードと呼んでいます。交通系クレジットカードは鉄道会社のプリペイド式の乗車券カードや航空会社のマイレージプログラムと連動したサービスが提供されることが特長です。基本的には本業である鉄道事業や航空機事業の集客のために発行されるクレジットカードといっていいでしょう。特に航空会社のマイレージカードは経済的に余裕がある層が会員となるケースが多いため、銀行系や信販系のクレジットカード会社も提携カードを多く発行しています。

 

マイレージカードは一般のクレジットカードに比べて年会費も高く、フライトによるマイルを貯めるだけであればクレジットカード機能付きのマイレージカードを作る必要はありません。つまりわざわざ高い年会費を支払ってマイレージカードの申込をする場合には、ショッピングを利用してマイルを貯めるという意識があることを示しています。そのためクレジットカード機能付きのマイレージカード会員はショッピングの利用率や利用単価も高く、クレジットカード会社にとっては魅力的な会員となります。三菱UFJグループがJALカードを買収した理由はそういった点にあります。

 

クレジットカード比較 ライフカード JALカード クレジットカード比較 NTTカード ANAカード アフィリエイト 楽天カード アメックス マイルカード クレジットカード審査

 

■オイル系クレジットカード
オイル系クレジットカードは石油の元売会社が設立したクレジットカード会社が発行するクレジットカードや、提携カードのことをいいます。オイル系クレジットカードの特長は、やはりガソリン代が安くなるという点にあります。基本的には自社の系列のガソリンスタンドでクレジットカードを利用すると、会員価格でガソリン代が値引きされたり、ポイントが貯まってキャッシュバックを受けたりという特典があります。

 

年会費が無料のクレジットカードでは主に定額で割引となるケースが多く、年会費が有料の場合はポイントプログラムによってより多くの割引を受けることができる仕組みになっています。主なオイル系クレジットカードには、ENEOSカード、出光カード、昭和シェルスターレックスカード、コスモ・ザ・カード・オーパスなどがあります。

 

【クレジットカードのネタ】
二人三脚のライフとアイフルはこれからどうなっていくのか動向を見守りたいです。
>>ライフとアイフル

(最終更新日:2010年12月5日)

 

【相互リンク集】
リンク集1|

リンク集2|
リンク集3|

リンク集4|
リンク集5|

リンク集6|
リンク集7|

 

リンク集8|
リンク集9|

リンク集10|
リンク集11|

リンク集12|
リンク集13|

リンク集14|
リンク集15|

リンク集16|

 

リンク集17|
リンク集18|

リンク集19|
リンク集20|

リンク集21|
リンク集22|

リンク集23|
リンク集24|

リンク集25|

 

リンク集26|
リンク集27|

リンク集28|
リンク集29|

リンク集30|
リンク集31|

リンク集32|
リンク集33|

リンク集34|

 

リンク集35|
リンク集36|

リンク集37|
リンク集38|

リンク集39|
リンク集40|

リンク集41|
リンク集42|

リンク集43|

 

リンク集44|
リンク集45|

リンク集46|
リンク集47|

リンク集48|
リンク集49|

リンク集50|
リンク集51|

リンク集52|

 

リンク集53|
リンク集54|

リンク集55|
リンク集56|

リンク集57|
リンク集58|

リンク集59|
リンク集60|

リンク集61|