AO入試対策ロードマップ

AO入試合格を目指す受験生をサポート!小論文の書き方を志望理由書のポイント

メインにしたい小論文&楽しむ暗記術

小論文にマジで恋した「サポート@小論文」です!
AO入試対策といっても何を準備すれば分からない受験生。戸惑う受験生はまずは小論文の勉強が必要です。大学受験や高校受験で人気のAO入試は教科試験が課せられないのが一般的ですからね。
AO入試では小論文や小論文の準備は大切ですが、その対応は教科の勉強を優先させるためどうしても、滞り気味になりがちです。そこで「サポート@小論文」が初めて書く入試小論文の手順を具体的に例を挙げて説明しましょう。

いきなり書き始めるのでなく下書きやメモを準備してメモでは設問に従って、順を追って考えを文章にしていきます。しかしこれはあくまで自分の頭の中を整理するための下書きですから、きちんとまとまっている必要はありません。頭に浮かんだことをもっと具体的に書き出してみましょう。

AO入試の勉強はたとえば『『 まず、充分に学力のない学生をAO入試(書類や面接で合否を判定)とAO入試で拾い上げます。すると一般入試の定員が減り、競争率が上昇。大学の偏差値は上がります。 -社会(週刊文春)-雑誌』』について考えてみることも大切ではないでしょうか。

【小論文の書き方 ポイント】まずは論述までの作業の行程自体はよく理解することが大切です。それができれば次の段階は、読み手の心に強く訴えかける力を備えた、説得力ある論述にするために、柔軟な発想(切り口、視点)で自問自答を行い、分析メモの内容をさらにもう少し丁寧に掘り下げ、深めていく姿勢も必要になります。
二俣周辺でもAO入試対策が可能な塾はないのでしょうか。
シンセツで用足ししても気になることはやはりAO入試関連なのは仕事柄でしょうか。

【テーマの考え方】 古今東西を見るなら、「母国語と外国語を混ぜて話す」ことは、決して日本独自の現象ではありません。例えば英語にしても、フランス語などの外国語を多数取り入れて成り立っているそうですし、東南アジアなどには、英語と現地の言葉をミックスした、独自の言語が生み出されている国もあるそうです。また、日本語についても、「本来の日本語」と、「海外から取り入れた言葉」との間に、明確な線引きをすることは難しいのではないでしょうか。


そんな感じで風邪ひかないように気をつけましょうね。

関連記事

... これも日本と同じ? 日本の就職難の最大の原因は、無駄に大学生を増やしたこと 低学力でもOKなAO入試や、無試験でも入学できるFランク大学、誰でも卒業できる大学。 こんなことを続けている限り、日本の大学に未来はありません。 ...(続きを読む)

この記事の関連ワード
志望理由書 小論文 例 志願理由書 テーマ 

次ページへ »
Copyright © 2009 AO入試対策ロードマップ. All rights reserved